大阪と言えば粉モン&串カツ!大阪グルメを満喫する食べ歩きおすすめのスポットや、フォトジェニックな異国情緒あふれる街なみ、人気のパワースポットなど、女子旅に嬉しい大阪のおすすめ観光スポットをご紹介します! 記事配信:じゃら […]

大阪と言えば粉モン&串カツ!大阪グルメを満喫する食べ歩きおすすめのスポットや、フォトジェニックな異国情緒あふれる街なみ、人気のパワースポットなど、女子旅に嬉しい大阪のおすすめ観光スポットをご紹介します!

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

大阪グルメを味わう!

通天閣

通天閣
出典:じゃらん 観光ガイド 通天閣

なにわのシンボルの展望塔「通天閣」。明治45年(1912)、新世界のシンボルとして、凱旋門をモチーフとするビルディングの上にエッフェル塔風の鉄塔が建てられた。高さ64mという当時東洋一の高さを誇ったこの鉄塔は、「天に通じる高い建物」との意味で、明治初期の儒学者・藤沢南岳により「通天閣」と命名された。その後、火災に遭って解体されたが、昭和31年(1956)市民の要請を受けて再建され、現在に至る。2代目の通天閣は103m、初代より39m高い。5階には大阪を一望できる展望台や、足の裏をなでると幸運が訪れるという神・ビリケン像などがあり、年間70万人が訪れている。通天閣の頂上の丸いネオンは、色の組み合わせで明日の天気を知らせる「光」の天気予報装置でもある(白=晴れ、橙=曇り、青=雨)。また、地階の歌謡劇場では土・日には、各地方で活躍する演歌歌手のステージも。

\口コミ ピックアップ/
レトロな新世界の飲食店街を抜けると、そこはこれぞ!大阪って感じの通天閣に!
高さはもちろんあべのハルカスには負けるものの、これぞ大阪にきたって感じは負けません!
やっぱりこの前で写真は一枚取るべきですね^_^
帰りはやっぱり新世界で串揚げ三昧ですね。
(行った時期:2017年9月20日)

なにわのシンボル通天閣。高さはないですが夜のライトアップと電飾文字は新世界の景色の中でとても存在感があります。観光の際に展望台に何度か登りましたが周りの景色を楽しむというよりは5階の展望台にいる3代目になるビリケンさんに逢いに行くという感じかも♪ビリケンさんのオリジナルグッズもたくさんありますよ。
(行った時期:2017年9月16日)

通天閣
住所/大阪府大阪市浪速区恵美須東1-18-6
「通天閣」の詳細はこちら

新世界

新世界
出典:じゃらん 観光ガイド 新世界

通天閣にジャンジャン横丁、大きなフグ提灯の看板などで有名な大阪市南部の下町。新世界の始まりは明治36年(1903)、天王寺および現在の新世界で催された第5回内国勧業博覧会に遡る。その跡地の東半分には天王寺公園がつくられ、残った西半分には中央にシンボルとして通天閣(初代)と、その南側に有料遊園地のルナパークがつくられた。これを契機に芝居小屋や映画館などが集結して発展し、新世界がかたちづくられていくことになる。現在、ルナパークも映画館も閉館したが、通天閣の展望台には遠方からの観光客で賑わっているほか、真下にある地下の通天閣劇場では毎週月曜日、各地方で活躍する歌姫たちが演歌を熱唱し、通天閣劇場TENGEKIでは毎週土日に漫才や上方落語などで観客を楽しませている。また、土・日曜日には松竹の芸人により落語や漫才が行われている。南北130mの間に串カツ屋、どて焼き屋、囲碁将棋クラブなど約50軒の店が軒を連ねる「ジャンジャン横丁」も元気そのもの。土日・休日になると、ツアー客が大勢で訪ねて、ビリケンさんやフグ提灯の看板などをバックに記念写真撮影を楽しむ。

\口コミ ピックアップ/
大阪に来たなと感じさせてくれる場所です。
独特の雰囲気でテレビで見た街並みそのままでした。
大阪観光に良いと思います。
(行った時期:2017年9月)

新世界は朝早くから空いてるお店が
多くて結構みんな飲んでます!
串カツはもちろんなのですが他にもおいしい
お店が多々ありますよ!
(行った時期:2017年7月)

新世界
住所/大阪府大阪市浪速区恵美須東界隈
「新世界」の詳細はこちら

道頓堀

道頓堀
出典:じゃらん 観光ガイド 道頓堀

松竹座にカニ道楽、そしてグリコの看板などによって象徴される道頓堀は、大阪・ミナミの代表的な繁華街。道頓堀の名は、慶長17年(1612)に私財をなげうって川を開削した安井道頓(やすい・どうとん)の名前に由来。その後、幕府の都市計画によって道頓堀の南側に大坂中の芝居小屋が集められ、47軒の水茶屋が許可されて長らく日本の芝居の本場として栄えた。芝居に大勢の人が集まってくると、食べ物屋も自然に繁盛した。現在、芝居小屋は戎橋近くの松竹座だけが残っているが、飲食店は道頓堀通りの北側にさまざまなジャンルの店が軒を連ね、一年中賑わいを見せている。また近年では、食と芸能のテーマパーク・道頓堀極楽商店街をはじめ、川面の遊歩道・とんぼりリバーウオークなども開業/開通し、道頓堀の新たなスポットとして人気を集めている。

\口コミ ピックアップ/
ここ道頓堀。
グリコの看板は有名ですね!
よく写真を撮ってる人を見ます。
人がたくさんいる場所です。
(行った時期:2017年10月)

大阪といったらここには必ず行ってみたいところ!グリコの看板の前でグリコポーズはマイナーになってきてるけどこれを一度は見てみたかった!そして道頓堀にはたくさんの商店街が並んでてどれも個性豊かな看板で目がいく面白さ!たこ焼きもお好み焼きもほんとに美味しい!
(行った時期:2017年9月)

道頓堀
住所/大阪府大阪市中央区道頓堀
「道頓堀」の詳細はこちら

かに道楽本店

かに道楽本店
出典:じゃらん 観光ガイド かに道楽本店

\口コミ ピックアップ/
この看板を見ないと大阪行った気がしません。
飛び出す3D看板が大阪らしく、そのなかでもこれが1番の老舗(笑)
とりあえず見て損はなし!
(行った時期:2017年10月)

大阪名物のかに道楽は外のかにがゆっくりと動いていて記念撮影されている方がいっぱいいました!かに入りのお弁当も買えて観光にはぴったりです!
(行った時期:2017年9月)

かに道楽本店
住所/大阪府大阪市中央区道頓堀1-6-18
「かに道楽本店」の詳細はこちら

黒門市場

黒門市場
出典:じゃらん 観光ガイド 黒門市場

食いだおれ大阪を代表する、通称「大阪の台所」と呼ばれる大市場。堺筋から一筋東を南北に広がり、総延長580mある通りには、鮮魚店をはじめ青果店、さまざまな店が約180店舗ほど軒を連ねる。早朝から、食材の買い出しにやって来たミナミの料理人達で多く賑わう。グルメをうならせる飲食店も豊富だ。
料理人や主婦で賑わう「ミナミの台所」的市場

\口コミ ピックアップ/
何かないかなーとぶらぶら立ち寄りましたが人が多く活気がありました!その場で食べれるものも多くて楽しめました、
(行った時期:2017年10月)

繁華街から近く、観光客もたくさん訪れます。
食べ歩きできるお店も最近は増えたので手軽に行けます。
大阪の台所として有名です。
(行った時期:2017年10月3日)

黒門市場
住所/大阪府大阪市中央区日本橋2-4-1
「黒門市場」の詳細はこちら

法善寺横丁

法善寺横丁
出典:じゃらん 観光ガイド 法善寺横丁

ミナミの繁華街にありながら、静かななにわ情緒を漂わせている法善寺横丁。東西両端にある門にそれぞれ掲げられた「法善寺横丁」の文字は、西は藤山寛美、東は3代目桂春団治によるもの。長さ80m、幅3mの2本の路地が東西に伸びる横丁内には、老舗の割烹やバー、お好み焼き、串カツ店などがずらり、風情ある石畳に行き交う足音がコツコツと鳴り響く。もともとこの地は浄土宗天龍山法善寺の境内で、参拝客相手の露店がいつしか横丁に発展したもの。太平洋戦争の空襲で寺も横丁も焼失したが、戦後、盛り場として復活。織田作之助の小説「夫婦善哉」の舞台として知られ、歌謡曲「月の法善寺横丁」にも歌われた。戦火をくぐり抜けた不動尊は、願いを込める人たちがかけた水で、全身に緑の苔がびっしり。旧中座の2回にわたる火災を乗り越え、復活を遂げた法善寺横丁は、かつての風情を残しつつ、浪速の人情も守りつつ、今も活気溢れる街だ。

\口コミ ピックアップ/
法善寺横丁には、敷居の高いお店が多いのかと思っていましたが、案外、リーズナブルなお店が多くて驚きました。歩くだけでも楽しいですご、是非、思い切って暖簾をくぐって欲しいですね、
(行った時期:2017年10月)

難波の喧騒から一本入るだけで昔ながらの懐かしさを感じることができます。老舗の飲食店も多く、ゆっくりと大阪を楽しみたい人には最高の場所と思います。
(行った時期:2017年8月)

法善寺横丁
住所/大阪府大阪市中央区難波1丁目付近
「法善寺横丁」の詳細はこちら

インスタントラーメン発明記念館

インスタントラーメン発明記念館
出典:じゃらん 観光ガイド インスタントラーメン発明記念館

1958年に世界で初めてのインスタントラーメン=チキンラーメンが誕生したこの発祥の地・池田に、1999年にオープン。日清食品の創業者・安藤百福が「チキンラーメン」を開発した当時の小屋が再現されたり、カップヌードル型の体感シアターでは、カップヌードルの開発エピソードや製造工程が紹介されている。また、小麦粉をこねるところからはじめる「チキンラーメンファクトリー」(有料・要予約)、好きなスープと具材を自由に選んでオリジナルのカップヌードルを作ることができる「マイカップヌードルファクトリー」(有料・予約不要)で、発明と発見の原点を体験できる。「世界の食を変えた」とまで言われるインスタントラーメンの秘密に迫ってみては。

\口コミ ピックアップ/
駐車場もありますが、少ないので、電車で行きました。駅から5分なので、雨でも大丈夫です。
チキンラーメン作りは予約必須です。2人ペアで1時間半かけて、チキンラーメンを作ります。
丁寧に教えてくれるので、こどもでも大丈夫です。
オリジナルラーメン作りは、予約不要ですが、混んでいます。
カップに絵を描いて、4種類の味(普通・シーフード・トマト・カレー)から1種、具はコーン、チーズ、ナルト、卵、葱などから4種類選びます。
テイスティングで、カップラーメンの販売機から選んで買って食べることも出来ます。テーブルは少ないですが、それほど待たずに座れました。
今はハロウィンの飾りがしてあって、かわいいです。
(行った時期:2017年10月)

施設内はとても綺麗で、昔から現代までのカップラーメンが展示されていて、面白かったです。また、具材の種類や味が自分で選べて、オリジナルのカップラーメンを作ることができ面白かったです。トマト&チーズのカップラーメンを作りました。
(行った時期:2017年7月)

インスタントラーメン発明記念館
住所/大阪府池田市満寿美町8-25
「インスタントラーメン発明記念館」の詳細はこちら

異国情緒を感じる街

御幸通り(コリアンタウン)

御幸通り(コリアンタウン)
出典:じゃらん 観光ガイド 御幸通り(コリアンタウン)

JR環状線の鶴橋駅と桃谷駅の間にある商店街で、キムチやチヂミなど韓国食料品店や飲食店、民族衣装の店が300m程の通りに約150店舗が軒を並べる。多くは在日コリアンの人々による経営で、街中にハングルがあふれ、全国で最も在日コリアンの人々が集中する地域とされる。近年では、地元の人たちがNGOを結成し、他地方から修学旅行などで訪れる中高生を相手に、キムチづくりの体験やハングルの入門講座教室、街案内などをしているそうだ。ちなみに「御幸通り」の名称は、5世紀ごろこのあたりに百済から渡来した人々が暮らしており、当時の仁徳帝がその様子を視察に訪れた際に休んだ場所(いまの商店街の西外れにあった森)へ「御幸森神社」が建立されたことが由来であると伝えられている。

\口コミ ピックアップ/
買い食いできるお店も多いです。
韓流スターのグッズや韓国化粧品もこちらで購入できます。
少し外れにある冷麺館が好きです。
(行った時期:2017年5月)

韓国にいるみたいな雰囲気でした!キムチやチャンジャのお店がたくさんですごく色々な匂いがしました!食べ歩きも良さそう!
(行った時期:2016年11月)

御幸通り(コリアンタウン)
住所/大阪府大阪市生野区桃谷3丁目周辺
「御幸通り(コリアンタウン)」の詳細はこちら

アメリカ村

アメリカ村
出典:じゃらん 観光ガイド アメリカ村

大阪・ミナミで最も活気があふれ、関西の若者文化をリードしてきた「アメリカ村」。地下鉄心斎橋駅の西側、長堀通りから道頓堀までの範囲に広がる一帯を指す。その中心となるのは三角公園。ここでは、芸人やミュージシャンを志す若者たちのパフォーマンスや、フリーマーケットなどが行われており、週末には20万の若者が周辺を闊歩する。付近は江戸時代、大阪湾から道頓堀を遡って炭が集められたことから「炭屋町」と呼ばれていた。1970年代になって倉庫を改装した店舗で古着やジーンズが売られ始め、アメリカ西海岸で仕入れた中古レコードや雑貨なども販売され話題になった。「アメリカ村」という名前は百貨店で開かれた「アメリカ村夏の陣」というイベントから命名されたもの。この名にふさわしく、この街に行けば、いつでもアメリカ西海岸の文化に接することができると言われていた。現在も、ファッションだけでなく、音楽なども楽しめる場所として健在だ。

\口コミ ピックアップ/
アメリカ村はファッション関係の個性的なお店がたくさんあります!たこ焼きなど食べ歩きながらブラブラしました!有名な三角公園は人がたくさんいました。アメリカ村ならではの雰囲気を楽しめました。
(行った時期:2017年9月)

SNS映えのスイーツが増えてきていて
たくさんあります!見た目だけじゃなくて
味もおいしいのでここで食べ歩きもいいと思います!
(行った時期:2017年8月)

アメリカ村
住所/大阪府大阪市中央区西心斎橋1丁目~2丁目付近
「アメリカ村」の詳細はこちら

必見!パワースポット

住吉大社

住吉大社
出典:じゃらん 観光ガイド 住吉大社

阪堺電気軌道の天王寺駅前から住吉鳥居駅までおよそ16分、「すみよっさん」と呼ばれ、三が日の初詣参拝客数は毎年200万人を超える、大阪でいちばん人気の高い神社。全国約2300社余の住吉神社の総本宮であり、摂津国一の宮、旧社格は官幣大社。古くから航海安全の神として信仰され、創建は1800年前に遡る。ご祭神は第一本宮から第四本宮順に「底筒男命/そこつつのをのみこと」「中筒男命/なかつつのをのみこと」「表筒男命/うはつつのをのみこと」、そして「神功皇后/しんぐうこうごう」。本殿が四つに別れ、第一本宮~第三本宮までが縦に、第四本宮は第三本宮の横に、あたかも大海腹をゆく船団のように建ち並ぶ配置は他にないもの。「三社の縦に進むは魚鱗の備え 一社のひらくは鶴翼の構えあり よって八陣の法をあらわす」とも伝えられている。柱・垂木・破風板は丹塗り、羽目板壁は白胡粉塗り/屋根は桧皮葺で切妻の力強い直線/出入り口が直線型妻入式という3つの特徴をもつ「住吉造」でつくられており、こちらも神社建築史上最古の特殊な様式で、国宝に指定されている。20を超える摂社/末社をもち、夏越祭など各種祭行事も多い。境内にある反橋や大小260余の石灯篭、「住吉神代記」などは指定文化財。

\口コミ ピックアップ/
太鼓橋などの写真撮影スポットもあり、本殿も荘厳。五大力と書かれた小石やおもかる石など、いろいろなパワースポットがありました。
(行った時期:2017年9月)

大阪で有名なパワースポットの住吉大社は観光客賑わってます。駅から降りると目の前にあります。外国の観光客も多く、大阪に行くときは必ず寄ってきます。意外とパワー貰えた気持ちにもなり良いこともありました。喉かな雰囲気も好きですし、周りにも面白い店もあり気さくに応対してくれました。占いのお店もありかなり良く当たることで有名人も多く訪れています。

路面電車もあったりと大阪の下町にもこんなところがあったので逆に新鮮さを感じました。是非、お勧めできる場所なので
投稿しました。
(行った時期:2017年6月)

住吉大社
住所/大阪府大阪市住吉区住吉2-9-89
「住吉大社」の詳細はこちら

堀越神社

堀越神社
出典:じゃらん 観光ガイド 堀越神社

第33代・推古天皇の時代、四天王寺建立と同時期に、聖徳太子が叔父の第32代・崇峻(すしゅん)天皇を偲んで茶臼山に建立したと伝えられ、四天王寺七宮のひとつに数えられる神社。古くから明治中期まで境内の南沿いに美しい堀があり、この堀を越えて参詣したので、「堀越」という名がつけられたという。境内には、かつて八軒家の渡辺の津にあった熊野第一王子の窪津王子が祀られている。交通量の多い谷町筋に面しているが、樹齢数百年におよぶ樹木などによって、境内は閑静な雰囲気を保持している。大阪では、「堀越さんは一生に一度の願いを聞いてくださる神さん」との言い伝えがあり、古くから親しまれている。

\口コミ ピックアップ/
広い通り沿いにもかかわらず、入ると心静まります。
大きな木があり、触れるとわらの匂いも心地よくパワーをもらえた気がしました。
(行った時期:2017年2月19日)

聖徳太子が崇峻天皇を偲んで、風光明媚な茶臼山の地に四天王寺建立と同時に創建建立。明治の中期まで境内南沿いに美しい堀があり、この堀を越えて参拝したとの事、「一生に一度の願いを聞いてくれる」と言い伝えがあるそうです。本当のお願い事はとっておこうかなと思いました。
(行った時期:2016年10月15日)

堀越神社
住所/大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-8
「堀越神社」の詳細はこちら

四天王寺

四天王寺
出典:じゃらん 観光ガイド 四天王寺

1400年前の推古天皇元年(593)、物部守屋と蘇我馬子の合戦に勝利したことを受けて、聖徳太子が四天王を安置するために建立したと伝えられる、日本初の本格的な仏教寺院。その伽藍配置は大陸の影響を色濃く受けた「四天王寺式伽藍配置」といわれるもので、南から北へ向かって中門、五重塔、金堂、講堂を一直線に並べ、それを回廊が囲む形式。日本では最も古い建築様式のひとつだそうだ。仏教の根本精神の実践の場として、中心伽藍の北には、仏法修行の道場である「敬田院」、病者に薬を施す「施薬院」、病気の者を収容し病気を癒す「療病院」、身寄りのない者や年老いた者を収容する「悲田院」の四箇院が設けられている。その後、幾度の戦禍と災難によって伽藍は焼失へ。現在の伽藍は昭和38年(1963)、当初のものを厳密に再興したものだそうだ。全敷地面積33000坪、甲子園球場の3倍の広さをもつ四天王寺の境内には、聖徳太子を祀っている「太子殿」や、近畿三十六不動尊第一番の霊場の「亀井不動堂」、日本庭園の「極楽浄土の庭」など、たくさんの見どころが。また毎年4月22日、聖徳太子を偲んで行われる「聖霊会舞楽大法要」では、「天王寺舞楽」が舞われている(国の重要無形民俗文化財)。

\口コミ ピックアップ/
朝一、ホテルチェクアウトして即お参り。
9時前でも朝市がたってて、大阪の活気を満喫。
飛鳥奈良時代ファンにはたまらない寺院。戦後建て直されたとはいえ、往時の威容に想いを馳せるのは簡単です。
四月に聖徳太子のお誕生日にひらかれる舞楽法要、聖霊会は圧巻。
(行った時期:2017年8月)

平日行くと、けっこうのんびり散策できる大阪の癒し&パワースポットです。でもお彼岸などは超ものすごい人出になっているので要注意です。
(行った時期:2017年5月)

四天王寺
住所/大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
「四天王寺」の詳細はこちら

枚岡神社

枚岡神社
出典:じゃらん 観光ガイド 枚岡神社

大阪平野の東端、生駒山の西麓にある枚岡神社へは、近鉄奈良線枚岡駅から東へ歩いてすぐ。延喜式の神名帳にもその名がある河内国一ノ宮の古社で、創祀は神武天皇即位前3年と伝えられる。後に奈良の春日大社に枚岡神社の二分霊を祀ったことから「元春日」とも呼ばれている。本殿は豊臣秀頼が片桐且元に造営させたと伝えられるが、現在の本殿は1826年に再建されたもの。府下随一と言われる秋祭りは、ふとん太鼓の宮入や地車の曳行などが行なわれ、勇壮かつ華やか。毎年年末の12月25日に、新しいしめ縄を掛け替えて大勢で笑う「注連縄掛神事」(しめかけしんじ)通称「お笑い神事」が行われます。年初には、その年の稲の実りを、小豆粥を使って占う「粥占神事」が行なわれる。境内は楠、杉などの古木が多く、環境省の「かおり風景100選」に指定を受けた。毎春、境内南側の枚岡神社梅林では約500本の梅が咲き競う。

\口コミ ピックアップ/
枚岡秋郷祭を見に行きました。初めて見ましたが、すごく迫力があって、見惚れてしまいました。感動的です。
(行った時期:2017年10月)

枚岡神社周辺では、春に梅・桜・新緑、夏にアジサイ、秋にもみじ等の紅葉と四季折々を味わうことができます。
特に梅は環境省の「香り風景百選」にも選ばれています。
(行った時期:2017年3月)

枚岡神社
住所/大阪府東大阪市出雲井町7-16
「枚岡神社」の詳細はこちら

外せない!観光スポット

大阪城天守閣

大阪城天守閣
出典:じゃらん 観光ガイド 大阪城天守閣

大阪一有名な観光スポットで、国内外からたくさんの観光客が集まる。平成の大改修で、飾り金具や鯱などの金箔が押し直されて、より輝きを増した。天守閣内には貴重な歴史資料、美術品などが展示されている。夜にはライトアップされて、幻想的な天守閣を見ることができる。大阪に来たら、見逃せないスポット。
高台に幻想的な姿が浮かび上がる

\口コミ ピックアップ/
大阪城に来たついでに天守閣にも登ってみました。景色がすごく綺麗でビックリしました。観光にオススメです。
(行った時期:2017年7月)

3階、4階は重要文化財が展示されているため、写真撮影はできないのですが、他の場所は写真撮影可能でした。しゃちほこ、伏虎のレプリカコーナーも撮影できました。
(行った時期:2017年6月)

大阪城天守閣
住所/大阪府大阪市中央区大阪城1-1
「大阪城天守閣」の詳細はこちら

梅田スカイビル

梅田スカイビル
出典:じゃらん 観光ガイド 梅田スカイビル

大阪・梅田の新都心「新梅田シティ」の中核施設であり、梅田のランドマークのひとつでもある「梅田スカイビル」。1993年に完成、地上40階建てビル2棟を上部で連結し、39階の空中レストラン、40階の展望ギャラリーに加え、屋上部分では地上170mの風に吹かれながら、大阪の街並みを一望できる「空中庭園展望台」がある。建物内部はオフィス・店舗・ショールーム・イベントホール・映画館、さらに地下にはレトロ的な雰囲気の飲食街「滝見小路」などを備えている。ビルの敷地の南側には「中自然の森」、北側には「花野」という、四季折々の自然に触れられる散策コースがあり、多くの市民が訪れている。また、中央広場では、折々の国際色豊かなイベントなどが催され、賑わっている。

\口コミ ピックアップ/
ここの空中庭園から素晴らしい景色が
見れます!夜景がオススメなんですが
昼間もまた違ってきれいでした!
(行った時期:2017年8月)

360°パノラマ空中庭園が自慢。35階まではエレベーターで上がりますから、そこからはシースルーエスカレーターに乗り換えます。それが空へ旅立つような高揚感が感じられます。
(行った時期:2017年7月)

梅田スカイビル
住所/大阪府大阪市北区大淀中1-1-88
「梅田スカイビル」の詳細はこちら

大阪市中央公会堂

大阪市中央公会堂
出典:じゃらん 観光ガイド 大阪市中央公会堂

大阪・中之島の緑と水に囲まれ赤レンガが映える大阪市中央公会堂は、文化、芸術、社会活動の場として利用されているレトロ建築であり、大阪城天守閣とともに大阪市のシンボルでもある。建物は鉄骨煉瓦造の地上3階、地下1階。ネオ・ルネッサンス様式を基調としつつ、バロック的な壮大さを持ち、細部にはウィーン分離派様式も取り入れられている。アーチ状の屋根と、洋画家の松岡壽によって天地開闢が描かれた特別室の天井画・壁画が特徴だ。竣工は大正7年(1918)、建設費の100万円(現在の50億円)は、当時の株式仲買人の岩本栄之助の寄付によるもの。設計者は明治時代の建築界を代表した岡田信一郎と辰野金吾ら。2002年には改修工事が終了し、80年ぶりに竣工当時の姿として甦った。かつて社会福祉家のヘレン・ケラーや、ソ連の宇宙飛行士・ガガーリンなども訪ねている「大集会室」は、現在、講演会やコンサート会場として利用されているほか、地下1階の「中之島倶楽部」では、レトロ&モダンな雰囲気の中で洋風創作料理をゆっくり楽しめる。

\口コミ ピックアップ/
SHOPがあり、自分や知人へのお土産に購入しました。クリアファイルやクッキーなどがあったのですが、大阪や中央公会堂がモチーフになっているですが、とてもおしゃれです。
(行った時期:2017年3月)

大阪市中央公会堂
住所/大阪府大阪市北区中之島1-1-27
「大阪市中央公会堂」の詳細はこちら

海遊館

海遊館
出典:じゃらん 観光ガイド 海遊館

太平洋を取り囲む自然環境を再現した世界最大級の水族館。飼育展示されている生き物の数は620種、30,000点にのぼる。同館で1番の人気者・ジンベエザメなどが悠々と泳ぐ巨大な水槽「太平洋」をはじめ、熱帯魚が泳ぐトンネル型の水槽「魚のとおりぬけ・アクアゲート」、ペンギンたちのいる「南極大陸」など、趣向さまざまな水槽が魅力。海遊館の建物全体で『環太平洋生命帯』を表現しているといい、見学者はいったん8階まで上がった後、スロープを下りながら、10の地域に生きるさまざまな魚たちや海の表情を間近に見ることができる。2013年3月に増設した「新・体感エリア」人気。再入館手続きをすれば、当日なら何度でも入館可能。夜5時以降に入場すれば、魚たちの夜の生態も垣間見える。

\口コミ ピックアップ/
上から降りていく水族館なので、何度もジンベイザメ等の中央水槽が見えて楽しいです。場所によって雰囲気も変わる感じがして好きです。
(行った時期:2017年9月)

様々な海の生き物をリアルにダイナミックに体感出来て、楽しく過ごせました。
中でもアクアゲートは、まるで海底トンネルを通っているようで周り1面水と魚に囲まれて感動モノでした!
(行った時期:2017年6月)

海遊館
住所/大阪府大阪市港区海岸通1-1-10
「海遊館」の詳細はこちら

天王寺動物園

天王寺動物園
出典:じゃらん 観光ガイド 天王寺動物園

\口コミ ピックアップ/
天王寺動物園のコアラがかわいかったです。
木にしがみついて、まるまって寝ていました。背中もかわいい。
(行った時期:2017年9月)

可愛い動物達はもちろんたくさんいるのですが
最近レストランやフードも可愛くて
おいしいのが増えました!sns映えしますよ!
(行った時期:2017年9月)

天王寺動物園
住所/大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-108
「天王寺動物園」の詳細はこちら

なんばグランド花月

なんばグランド花月
出典:じゃらん 観光ガイド なんばグランド花月

吉本のホームグラウンドとして建設された「なんばグランド花月」。頭文字をとった「NGK」の略称で馴染み深い。吉本タレントや芸人による漫才や落語が上演されている。同劇場の目玉ともいえる「吉本新喜劇」も、連日の上演だ。ストーリーは主に民宿や商店などで展開され、予期せぬアクシデントに登場人物たちが立ち向かうというもの。アドリブを交えた舞台では、新喜劇メンバーによる、それぞれの独自ギャグも披露される。そして、吉本興業創業100周年を機に、2012年4月8日リニューアルオープンし、大阪の味・名産品の店舗も充実しており、お笑いを楽しむだけでなく、食べて、体験できるプランなども用意している。

\口コミ ピックアップ/
ベテランの芸人さんが多くて感動しました。コント、漫才はとても面白かったです。飲食自由で気楽に楽しめます。
(行った時期:2017年9月)

なんばグランド花月といったら吉本新喜劇♪毎回大笑いです。とっても楽しい♪お土産売り場も充実しているので選ぶだけでも楽しいです。前では新喜劇メンバーのマスコット人形がいて記念撮影もして貰えます。
(行った時期:2017年9月16日)

なんばグランド花月
住所/大阪府大阪市中央区難波千日前11-6
「なんばグランド花月」の詳細はこちら

万博記念公園

万博記念公園
出典:じゃらん 観光ガイド 万博記念公園

1970年に開催された「日本万国博覧会」の成功を記念し、その跡地に「緑に包まれた文化公園」として、「日本庭園」「自然文化園」さらに文化・スポーツ・レジャー・宿泊施設群が整備された、総面積約260haの公園。「自然文化園」は岡本太郎氏による博覧会のシンボル「太陽の塔」を中心に、西側は森から里山、東側は芝生が張られて平野のイメージを醸しだすようにデザインされおり、「森」から「里山」にかけては、四季折々の変化を示す森、小鳥のさえずりや花々の香りや風情を楽しめる自然、幾つもの滝や水の流れや水車小屋など、日本の里山を感じさせる風景がある一方、お祭広場・緑地広場がある「平野」では、さまざまなイベントやお祭りなども催されている。ほかにも、万博開催時に日本政府の出展施設のひとつであった「日本庭園」、文化施設としては世界中のあらゆる民族に関する資料や情報を収集・公開している「国立民族博物館」や、児童文学に関する図書・雑誌その他の資料約65万点を収集・保存している「国際児童文学館」などがある。大阪モノレール「万博記念公園駅」または「公園東口駅」が便利だ。

\口コミ ピックアップ/
公園も広々四季折々の草花が見られて楽しいですが、様々な自転車にも乗れて楽しいですよ!イベントも定期的に開催されていて何時来ても楽しい公園です!
(行った時期:2017年8月)

夏にイルミネーションとプロジェクションマッピングを見に行きました。夜の太陽の党はまた雰囲氣が違ってました。
(行った時期:2017年8月)

万博記念公園
住所/大阪府吹田市千里万博公園
「万博記念公園」の詳細はこちら

※この記事は2017年11月時点での情報です



出典元

出典元:じゃらんニュース

【じゃらん】有名温泉から穴場まで温泉旅館・ホテル5,000件以上が予約OK!


人気の国内ツアー

関連記事

旅行新聞 最新ニュース速報!

国内旅行ニュース

  1. バーチャル背景
  2. 喫茶ツヅキ
  3. 宝雲亭
  4. Tapista
  5. 本わらび餅入りミルクティー
  6. 胸キュン

海外旅行ニュース

  1. 「トラベルバブル(近隣の域内旅行)」構想は成功するか? 世界各国での旅行再開のリスクを考えた【外電】
  2. 韓国・中国・台湾・香港 ⇔ 日本の出入国の規制状況を整理した(6月2日版)

エアライン最新情報

  1. ピーチ、感染対策周知の特設ページ 搭乗前の検温・マスク着用求める
  2. シンガポール航空、関空再開へ 週1往復、成田は週3往復
  3. ジェットスター・ジャパン、国内線7月以降復便も 6月は15路線運休
  4. ユナイテッド航空、羽田-シカゴ7月就航 週5往復、成田-ニューアークは毎日運航
  5. JAL、6月のマイル交換で高知名産品をPR ツアーでも高知を盛り上げ
  6. LCCピーチ、国内全路線で運航再開、6月19日から、感染防止の特設WEBページも開設
  7. ユナイテッド航空、羽田/シカゴ線就航へ、7月7日から、日本発着運航便は4路線に
  8. JALの地域プロモーション活動、6月は機内誌などで高知の魅力を紹介
楽天トラベルは旅行新聞

ホテル・旅館情報

  1. コロナ禍を乗り越える温泉旅館の挑戦、休館中の新たな取り組みから営業再開への思いまで経営者に聞いた
  2. 『ディナーセット』・『お弁当』ホテルの味をご家庭に
  3. 世界大手の旅行BtoB「ホテルベッズ」、予約システムにパートナー事業者の公衆衛生ガイドラインを表示
  4. いまこく テイクアウト
  5. 【テイクアウト】日替わり洋風弁当&ランチBOX
  6. 定額制住み放題サービス「ADDress」、ホテル・旅館と連携、新たな住み方・リモートワークなどのニーズに対応
Facebookでシェア twitterでツイート Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly ページ上部へ戻る