茨城はおすすめデートスポットがいっぱい。 冬ならではのグルメスポットに水族館や動物園も! 袋田の滝や鹿島神宮をのんびり散歩するのもおすすめ。 カップルに嬉しい冬のデートにうってつけの人気スポットをご紹介! 記事配信:じゃ […]

茨城はおすすめデートスポットがいっぱい。
冬ならではのグルメスポットに水族館や動物園も!
袋田の滝や鹿島神宮をのんびり散歩するのもおすすめ。

カップルに嬉しい冬のデートにうってつけの人気スポットをご紹介!

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

アクアワールド茨城県大洗水族館

アクアワールド茨城県大洗水族館
出典:じゃらん 観光ガイド アクアワールド茨城県大洗水族館

那珂川に近い海岸に建てられている。熱帯系・寒帯系の淡水魚・海水魚580種、68 800点が飼育されている。出会いの海ゾーン、暗黒の海ゾーン、世界の海ゾーン、ミュージアムゾーン、イルカ・アシカオーシャンライブ、アクアウオッチング・森と川ゾーン、出会いのデッキ、オーシャンゾーン、マーケットプレイスに分かれている。イルカショー、餌付けショー、ペンギンショーなどを見ることができる。

\口コミ ピックアップ/
茨城県大洗町エリアにある人気の水族館です。順路も整備されていて利用しやすく家族連れにもおすすめです。
(行った時期:2016年11月)

アクアワールド茨城県大洗水族館
住所/茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8252-3
「アクアワールド茨城県大洗水族館」の詳細はこちら

袋田の滝

袋田の滝
出典:じゃらん 観光ガイド 袋田の滝

奥久慈のシンボル。四度の滝とも呼ばれ、厳冬期には結氷する。新緑期、紅葉期がにぎわう。

\口コミ ピックアップ/
トンネルをくぐり抜けていくと、ダイナミックな滝が目の前に現れるのでとても迫力があります。秋は紅葉も見れるのでオススメです。
(行った時期:2016年11月)

袋田の滝
住所/茨城県久慈郡大子町
「袋田の滝」の詳細はこちら

大洗海鮮市場

大洗海鮮市場
出典:じゃらん 観光ガイド 大洗海鮮市場

大洗の魚介類直売店独自のサービスも好評水戸・大洗から毎朝直送される新鮮な魚介類や自家製の干物の購入ができる。特に大洗の地ハマグリは焼いても身がちぢまないという自慢の品で、県外からも買いに来るお客が多いとか。購入したハマグリ、サザエ、ホタテ、イカなどはその場で焼いてくれるといううれしいサービスを行っており、人気を集めている。

\口コミ ピックアップ/
海鮮を食べたい方にオススメです。
大洗の海鮮がいろいろと食べられます。
店頭販売もあるので、ちょこちょこ食べたい方にもオススメです。
(行った時期:2016年11月)

大洗海鮮市場
住所/茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8253-56
「大洗海鮮市場」の詳細はこちら

道の駅日立おさかなセンター

道の駅日立おさかなセンター
出典:じゃらん 観光ガイド 道の駅日立おさかなセンター

近くの久慈漁港から揚がった常磐沖の新鮮な海の幸を産地価格で販売しており地元の人や観光客でにぎわいを見せている。駐車場あり(300台)。

\口コミ ピックアップ/
あんこうの時期にいくとあんこう鍋と海鮮丼のセットが食べられます。あんこうのから揚げは一度食べると病みつきになります。
(行った時期:2016年11月)

道の駅日立おさかなセンター
住所/茨城県日立市みなと町5779-24
「道の駅日立おさかなセンター」の詳細はこちら

鹿島神宮

鹿島神宮
出典:じゃらん 観光ガイド 鹿島神宮

「息栖神社」「香取神社」と共に東国三神社に数えられる古社。皇紀元年の創建と伝えられる鹿島神宮は、ご祭神が武甕槌大神で、武の神様として古くから皇室や将軍家の崇敬を受けてきました。日本三大楼門のひとつといわれる朱塗りの楼門や、極彩色豊かな本殿など、国の重要文化財指定の社殿や宝物が多く、なかでも国宝、「フツノミタマノツルギ」は全長が約3メートルもある直刀で、奈良・平安期の製作といわれています。

また、県の天然記念物に指定されている境内の森は、東京ドーム約15個分の広さを持ち、多くの貴重な植物が群生しています。木漏れ日の中を散策するなど、森林浴にも最適なスポットです。鹿嶋にお越しの際は、ぜひ鹿島神宮にお立ち寄りください。

鹿島神宮の入口、大鳥居横では、観光ボランティア「鹿嶋ふるさとガイド」の受付もしています。ボランティアガイドの説明を聞きながら境内散策をすれば、楽しく鹿嶋の歴史を知ることができます。

\口コミ ピックアップ/
車で行きました。朝7時頃到着しました。地元の方々が朝早くからお参りにみえています。神宮の中を日課なのでしょうか。お参りとジョギングされています。こんな素敵なところが近くにあると幸せですね。お朱印をいただけるのは8時からです。
(行った時期:2016年11月)

鹿島神宮
住所/茨城県鹿嶋市宮中2306-1
「鹿島神宮」の詳細はこちら

茨城県天心記念五浦美術館

茨城県天心記念五浦美術館
出典:じゃらん 観光ガイド 茨城県天心記念五浦美術館

岡倉天心ら五浦ゆかりの作家たちの業績を紹介。国内外の名作を紹介する企画展、近代日本画を中心とする所蔵品展の開催。

\口コミ ピックアップ/
芸術祭で立ち寄りました。非常に綺麗な美術館です。中のカフェで昼食。景色も良く味もそれなりでお薦めです。
(行った時期:2016年11月)

茨城県天心記念五浦美術館
住所/茨城県北茨城市大津町椿2083
「茨城県天心記念五浦美術館」の詳細はこちら

筑波山

筑波山
出典:じゃらん 観光ガイド 筑波山

美しい姿から富士山とも対比され、「西の富士、東の筑波」と並び称される。古くは万葉集にも詠まれた名山で、日本百名山、日本百景の一つに挙げられている。百名山のなかでは最も標高が低く、開聞岳(標高924m)とともに1000m未満の山。 男体山と女体山の二峰があり展望が良く、筑波山神社からケーブルカー8分乗車後、徒歩15分で男体山山頂、つつじヶ丘からロープウェイ6分乗車後、徒歩15分で女体山山頂にいける。

\口コミ ピックアップ/
都内からもアクセスしやすく、山登りが出来、またロープウェイやケーブルカーもあるので、各年齢層が楽しめる山だと思います。
ただ男体山女体山共に山頂が狭いため、休日は沢山の人でごった返し、山頂への通路が渋滞になったりします^ ^
(行った時期:2016年11月)

筑波山
住所/茨城県つくば市(八郷町・桜川市)
「筑波山」の詳細はこちら

偕楽園

偕楽園
出典:じゃらん 観光ガイド 偕楽園

1842年(天保13)年、徳川斉昭が「民と偕に楽しむ」という趣旨で開いた。当時の面積は14万8 000平方メートル、その大半を梅畑としたが、これは「種梅記の碑」にあるように、その実を梅干として非常の時に備えるのがねらいであった。

1873年(明治6年)、常磐神社(光圀・斉昭を祀る)の境内に一部を充てたので、現在の面積は11万平方メートル、東側が梅林、西が老杉木・竹林になっている。園内の梅は約3 000本、品種が豊富なことでも知られ、早春にはたくさんの観梅客で賑わう。ほかにツツジやハギも植えられ四季折々花の香りに包まれる。

園内には、偕楽園開園の由来や使用規定を記した偕楽園記の碑、水戸八景の一つ僊湖莫雪の碑、正岡子規の句碑など、たくさんの碑が点在している。杉林の崖下には茶の湯に使った吐玉泉が、今も大理石の井筒からこんこんとあふれている。

\口コミ ピックアップ/
あの広い園内が梅の花でいっぱいになるのですね~。私はシーズンオフに行ったので、梅は咲いておらず足元に落ちている梅のタネのみでした。
(行った時期:2016年11月)

偕楽園
住所/茨城県水戸市常磐町1丁目
「偕楽園」の詳細はこちら

笠間芸術の森公園

笠間芸術の森公園
出典:じゃらん 観光ガイド 笠間芸術の森公園

総面積54.6haの笠間芸術の森公園には、陶炎祭などが開催される「イベント広場」や、コンサート会場となる「野外コンサート広場」、陶造形物を屋外展示した「陶の杜」、平成18年7月には自然を活かし計画された「あそびの杜」がオープンしました。また、隣接して茨城県陶芸美術館や笠間工芸の丘、匠工房・笠間があります。

\口コミ ピックアップ/
笠間にあるとても広い公園です。イベントの際は、駐車場がとても混雑しています。またみんなで遊びに立ち寄ってみます。
(行った時期:2016年11月)

笠間芸術の森公園
住所/茨城県笠間市笠間2345
「笠間芸術の森公園」の詳細はこちら

月待の滝もみじ苑

月待の滝もみじ苑
出典:じゃらん 観光ガイド 月待の滝もみじ苑

地元の人達も知らなかったという月待の滝を、何とか多くの方々に見て頂きたいという思いから開店したそば処。月待の滝の地下水を使った石臼挽きそばは味も風味もさわやかで、自家焙煎したコーヒーも美味。また、新緑、紅葉と絶景の月待の滝を見ながら食事ができ、2階からも素晴らしい景色が楽しめる。月待の滝の目の前で旨いそばやコーヒーを

\口コミ ピックアップ/
やはり、ここは裏見の滝目的で来ますね。そして、その滝を見ながらのお蕎麦。待ち時間も大してなく、すぐに提供されました。
(行った時期:2016年11月)

月待の滝もみじ苑
住所/茨城県久慈郡大子町川山1369-1
「月待の滝もみじ苑」の詳細はこちら

牛久大仏

牛久大仏
出典:じゃらん 観光ガイド 牛久大仏

ギネスブックにも認定されている世界一120mの高さの青銅製立像の牛久大仏。高さ85mの大仏胸部までエレベーターで上がることができ、晴れた日には展望窓からスカイツリーや富士山を望むことができます。

\口コミ ピックアップ/
大仏は近くで見ると迫力大です!小動物園もあり、うさぎやリスなどいます。餌もあげられて子供達は喜んでいました。お猿のショーもやっていて楽しめました。
(行った時期:2016年11月)

牛久大仏
住所/茨城県牛久市久野町2083
「牛久大仏」の詳細はこちら

笠間工芸の丘

笠間工芸の丘
出典:じゃらん 観光ガイド 笠間工芸の丘

「工芸の丘」は、ロクロや手ひねりで作品を作る体験工房や、笠間焼作家の展示室、人間国宝“松井康成”氏の常設展示室、笠間焼を中心としたお土産コーナー、軽飲食のできるカフェラウンジなどの施設があります。

\口コミ ピックアップ/
ゆっくりと見て回れました。いろんな作品があって、楽しめました。またイベントの際に立ち寄ってみたいと思います。
(行った時期:2016年10月)

笠間工芸の丘
住所/茨城県笠間市笠間2388-1
「笠間工芸の丘」の詳細はこちら

千波湖

千波湖
出典:じゃらん 観光ガイド 千波湖

日本三名園(兼六園(金沢市)、後楽園(岡山市)、偕楽園(水戸市))の一つである偕楽園の下に広がる淡水湖です。千波湖とその周辺は、偕楽園の借景となっている自然豊かな空間であり、市民や多くの観光客に親しまれている。

\口コミ ピックアップ/
千波湖の周りをウォーキングやランニングしている方が多くいます。整備されているので走りやすいです。千波湖の白鳥などを見ながら楽しみながら出来ます。
(行った時期:2016年11月)

千波湖
住所/茨城県水戸市千波町
「千波湖」の詳細はこちら

イーアスつくば

イーアスつくば
出典:じゃらん 観光ガイド イーアスつくば

イーアスつくばは、約200店ものショップや文化施設、レストランが一堂に集まる、北関東最大級のショッピングセンター。つくばの新しい情報発信地として、お客さまひとり一人に最適かつ最新のモノやコトを提供し、日々の暮らしに潤いをお届けします。水や緑を取り入れた広場をはじめ、四季折々の草花と触れ合いながら散歩を楽しめる歩道など、人と自然との共生をテーマにした空間づくりが行われています。

地域住民の皆さまに、集いの場、安らぎの場を提供します。託児所やクリニックモール、結婚式場等、ショッピングに限らず様々な機能を併せ持つハイブリッドモール。約200店舗からの最適かつ上質なライフスタイル提案はもちろん、お客さまの暮らしを様々なシーンでサポートしていきます。

\口コミ ピックアップ/
つくば市にあるショッピングモールのイーアスつくばは、映画館やレストランなども充実しているので一日中楽しめる場所です゚゚+゚゚(o(。・∀・。)o)゚゚+゚゚
(行った時期:2016年11月)

イーアスつくば
住所/茨城県つくば市研究学園C50街区1
「イーアスつくば」の詳細はこちら

笠間稲荷神社

笠間稲荷神社
出典:じゃらん 観光ガイド 笠間稲荷神社

京都の伏見、佐賀の祐徳とともに日本三大稲荷のひとつです。1350有余年の歴史があり、庶民の神様として広く全国より信仰を集め、年間350万人以上の参拝者で賑わっています。御祭神は、宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)様です。江戸時代には歴代藩主の厚い崇敬を受けて、社地・社殿などが寄進されました。今日まで多くの人々に胡桃下稲荷・紋三郎稲荷の名で親しまれています。

\口コミ ピックアップ/
笠間にある有名な神社です。近くには稲荷寿司のお店がたくさんあります。お散歩しながら探索できるので良いです。
(行った時期:2016年11月)

笠間稲荷神社
住所/茨城県笠間市笠間1
「笠間稲荷神社」の詳細はこちら

竜神大吊橋

竜神大吊橋
出典:じゃらん 観光ガイド 竜神大吊橋

「竜神大吊橋」は,茨城百景の一つにも挙げられている竜神峡に掛かる鉄橋。平成6(1994)年の開通以来,毎年多くの観光客が訪れる一大観光スポットです。同13(2001)年にはリニューアルが行われ,現在の鮮やかなブルーに化粧直しされました。橋長は375m,歩行者用の吊り橋としては本州一の長さを誇ります。

地上高100mの橋上から望む八溝・阿武隈山系の山並みや水府の街並みもさることながら,橋の中ほどに設置されたアクリルの透過板から見下ろす竜神ダムの湖面も見逃せません。日常では経験できないその眺望からは,身がすくむようなスリルと自然の驚異を感じられることは間違いありません。  

また,同26(2014)年3月からバンジージャンプが始まりました。高さ最大100メートルとなる竜神バンジーは,シーズン常設開催サイトとして日本最大級となります。  

何十回と飛んでいるバンジーファンの方や,高い場所を得意とするバンジーのスタッフでさえ「想像以上のスリル」と口を揃えてコメント。竜神バンジーではウインチ方式を採用します。元来バンジージャンプではジャンプしたあとは下に降りますが,ここでは電動ウインチによって,橋の上に引き上げられます。ジャンプ後はすぐに上に戻り,皆で感動を分かち合えます。

\口コミ ピックアップ/
紅葉の時期はとにかく景色が綺麗です!!
バンジージャンプも出来るようなので、いつかは挑戦したいと思います!
(行った時期:2016年11月)

竜神大吊橋
住所/茨城県常陸太田市天下野町2133-6
「竜神大吊橋」の詳細はこちら

あみプレミアムアウトレット

あみプレミアムアウトレット
出典:じゃらん 観光ガイド あみプレミアムアウトレット

アメリカ西海岸をイメージした緑豊かな環境に建ち、圏央道「阿見東」ICに直結でアクセス抜群。女性に人気のファッションブランドから、世界的スポーツブランド、バリエーションに富んだ生活雑貨のお店など約150店舗が軒を連ねます。またお子様向けのプレイグラウンドや、グルメも充実しており、ご家族でお楽しみいただけるアウトレットセンターです。

\口コミ ピックアップ/
広すぎず、狭すぎず、ちょうど良い大きさのアウトレットモールです。フードコートのお店が少なく、無難なものしか選択肢がないのが残念です。
(行った時期:2016年11月)

あみプレミアムアウトレット
住所/茨城県稲敷郡阿見町大学吉原2700
「あみプレミアムアウトレット」の詳細はこちら

日立市かみね動物園

日立市かみね動物園
出典:じゃらん 観光ガイド 日立市かみね動物園

70種500点もの動物たちが出迎えてくれます。エサをあげたり、触れ合うことができたり、様々な種類の動物を間近に感じることができます。新しくなったキリン舎では、キリンと同じ高さでエサやり体験ができます。夜の動物園では、昼間とはまた違った活動的な動物たちの姿を見ることができます。

ゾウ舎の見えるレストラン「エレファントカフェ」では、常陸牛のパティや茨城県産レンコンの輪切りを入れた「かみねバーガー」が好評です。

\口コミ ピックアップ/
家族連れにオススメの動物園です。小動物から大きな動物まで色々見ることが出来ます。広々としていて、一日中楽しめます。
(行った時期:2016年11月)

日立市かみね動物園
住所/茨城県日立市宮田町5-2-22
「日立市かみね動物園」の詳細はこちら

※この記事は2017年11月時点での情報です

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください



出典元

出典元:じゃらんニュース

【じゃらん】有名温泉から穴場まで温泉旅館・ホテル5,000件以上が予約OK!


人気の国内ツアー

関連記事

旅行新聞 最新ニュース速報!

国内旅行ニュース

  1. コーヒーショップ KAKO 花車本店
  2. 元里坊 旧竹林院
  3. バーガーショップあいかわ
  4. むいかいち温泉 ゆ・ら・ら
  5. 世羅高原農場
  6. ヤフー地図の混雑レーダーが最短20分前更新に、混雑さける行動の参考に
  7. 納屋~Cucina creativa~
  8. 京都ねこねこデニッシュ食パン

海外旅行ニュース

  1. 障害者向け旅行記投稿サイトが登場、身体特性で絞り込み、音声読み上げソフト利用も想定
  2. 東南アジア6カ国とインド ⇔ 日本の出入国の規制状況を整理した(6月3日版)

エアライン最新情報

  1. チャイナエアラインの高松/台北線、運休期間を7月31日まで延長
  2. ZIPAIR就航 JAL系LCC初便は貨物専用便、翼振り成田からバンコクへ
  3. ヴォルガ・ドニエプル、特大ICUユニットを輸送 コロナ貨物需要に対応
  4. デルタのアメリカ/アジア間の貨物専用便、6月は計週14便を運航
  5. ピーチ、再開便告知の特設ページ 運航・運休便を区別、視認性高める
  6. オーストリア航空、15日に運航再開 3カ月ぶり
  7. JAL、国内6路線で臨時便 羽田-伊丹など、週末の需要回復傾向に
  8. アルファーアビエィション、福島や下妻など勤務の整備士を募集
楽天トラベルは旅行新聞

ホテル・旅館情報

  1. コロナ禍を乗り越える温泉旅館の挑戦、休館中の新たな取り組みから営業再開への思いまで経営者に聞いた
  2. 『ディナーセット』・『お弁当』ホテルの味をご家庭に
  3. 世界大手の旅行BtoB「ホテルベッズ」、予約システムにパートナー事業者の公衆衛生ガイドラインを表示
  4. いまこく テイクアウト
  5. 【テイクアウト】日替わり洋風弁当&ランチBOX
  6. 定額制住み放題サービス「ADDress」、ホテル・旅館と連携、新たな住み方・リモートワークなどのニーズに対応
Facebookでシェア twitterでツイート Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly ページ上部へ戻る