デートに行きたいけど、暑いのは苦手…夏はおでかけに困りますよね。 そこで、茨城県内の涼感スポットや涼しい室内を中心に、カップルにおすすめなおでかけスポットをピックアップ。 科学館や水族館、工場見学、沢や滝など全力で夏デー […]

デートに行きたいけど、暑いのは苦手…夏はおでかけに困りますよね。
そこで、茨城県内の涼感スポットや涼しい室内を中心に、カップルにおすすめなおでかけスポットをピックアップ。

科学館や水族館、工場見学、沢や滝など全力で夏デートを楽しもう!

記事配信:じゃらんニュース
※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

つくば・牛久エリア

牛久大仏

牛久大仏
出典:じゃらん 観光ガイド 牛久大仏

ギネスブックにも認定されている世界一120mの高さの青銅製立像の牛久大仏。高さ85mの大仏胸部までエレベーターで上がることができ、晴れた日には展望窓からスカイツリーや富士山を望むことができます。

\口コミ ピックアップ/
大仏様の大きさに、驚き、感動!胎内にも入ることができるので、是非入ることをオススメします!素晴らしい景色が眼下に広がります!敷地内には、綺麗なお花や可愛い動物達もいて、のんびり楽しめます。
(行った時期:2016年7月)

牛久大仏
住所/茨城県牛久市久野町2083
「牛久大仏」の詳細はこちら

牛久シャトー

牛久シャトー
出典:じゃらん 観光ガイド 牛久シャトー

牛久駅の東方に立つレンガ造りの建物。1903(明治36)年神谷傳兵衛氏によって建てられた。シャトー内部にワイン資料館があり、明治・大正時代に使用されたフランス直輸入のワイン・シャンパン醸造機械やワインに関する資料が展示されている。
敷地内には売店、地ビールのビアレストラン、ワインレストランがあり、芝生の上での野外バーベキューも楽しめる。

\口コミ ピックアップ/
ローストビーフなど、オシャレで高級感を味わえるレストランで食べる事ができます。また、外には、バーベキューが出来る施設がありました。売店もありお土産も買うことが出来て、地元では有名な場所です。
(行った時期:2013年6月)

牛久シャトー
住所/茨城県牛久市中央3-20-1
「牛久シャトー」の詳細はこちら

つくばエキスポセンター

つくばエキスポセンター
出典:じゃらん 観光ガイド つくばエキスポセンター

見て・触れて・楽しめる科学館。2012年12月にはプラネタリウムデジタルプロジェクターの最新鋭機種を導入し、ドーム映像が明るく高精細にリニューアル。

\口コミ ピックアップ/
ここはプラネタリウムと様々な化学を利用した体験コーナが充実しています。プラネタリウムは時間帯によって内容は違いますが、星座の説明のコーナでは詳しくつくばの夜空を例に説明を受けられて参考になりました。
科学を使用した体験コーナーは非常に数が多いです。中でも人間が入れる巨大シャボン玉はすごかったです。他にも音を題材にした体験コーナーや電気を題材にした体験コーナなど子供から大人まで遊べます。
6月までは3Dに関する体験コーナーもあり、これも面白かったです。
まともに見ると少なくと半日は必要な施設です。ただ食事などで一旦出て、再入場できるのは良いサービスだと思いました。
(行った時期:2017年5月6日)

世界最大級のプラネタリウムが何と言っても目玉の科学センター。やはり迫力が違いますね。童心に帰って天体ショーを楽しみました。
(行った時期:2016年9月)

つくばエキスポセンター
住所/茨城県つくば市吾妻2-9
「つくばエキスポセンター」の詳細はこちら

宇宙航空研究開発機構筑波宇宙センター

宇宙航空研究開発機構筑波宇宙センター
出典:じゃらん 観光ガイド 宇宙航空研究開発機構筑波宇宙センター

学園都市で最先端の宇宙研究・開発を行なうのが筑波宇宙センター。展示室では人工衛星やロケットエンジンなどの実物大のモデルによって本物の宇宙開発に触れることができる。また見学案内係が案内する見学ツアー(要予約)も実施しており、こちらは宇宙ステーション試験棟など展示室以外にも見学が可能だ。
スケールに魅せられる最先端の宇宙開発!

\口コミ ピックアップ/
展示館スペースドームで、実物大の人工衛星や本物のロケットエンジン、きぼう、日本実験棟の実物大モデルなどを間近に見学できます。宇宙の研究が良くわかりました。
(行った時期:2016年10月)

館内説明ツアーを予約して行きました、平日なのに30人位の参加がありました。ツアー参加者でないと入れない訓練施設の見学、説明。実際に日々使用している司令室の見学、説明もあり大満足でした。
(行った時期:2017年1月31日)

宇宙航空研究開発機構筑波宇宙センター
住所/茨城県つくば市千現2-1-1
「宇宙航空研究開発機構筑波宇宙センター」の詳細はこちら

地質標本館

地質標本館
出典:じゃらん 観光ガイド 地質標本館

国内唯一の地学専門の総合博物館。岩石の標本のほか、地球のメカニズムを学べる模型などが展示。

\口コミ ピックアップ/
筑波にある地質に関する博物館。子供向きかと思っていたら大人でも十分楽しめました。鉱物の標本がたくさんあって、中には珍しいものや美しい色をしたものなど、なかなか見られないものばかりで興味深く見学できました。
(行った時期:2016年9月)

中に入るには産総研の入り口の警備員さんのところで受付が必要です。門を入って少し進むとすぐ左手にあります。
富士山の断面模型があったり、日本の断層の模型展示があったり、視覚的に立体的に学習を進められます。鉱石の展示も多数あり、なかなか見ごたえがあります。
(行った時期:2016年7月)

地質標本館
住所/茨城県つくば市東1-1-1
「地質標本館」の詳細はこちら

ミュージアムパーク茨城県自然博物館

ミュージアムパーク茨城県自然博物館
出典:じゃらん 観光ガイド ミュージアムパーク茨城県自然博物館

ミュージアムパーク茨城県自然博物館は、「過去に学び、現在を識り、未来を測る」を基本理念に平成6年11月13日にオープンしました。当館の特徴は大きく分けて3つあります。
一つめは、茨城県最大の自然環境保全地域である菅生沼に隣接した雑木林・谷津田など里山環境を合わせ持つ15.8ヘクタールに及ぶ広大な敷地です。この豊かな自然環境は、そのまま、本館で学んだ知識を体験できるまたとない自然体験学習の場となっています。
二つめは、来館者が“46億年の「時と空間の旅人」”となって、宇宙の進化と地球の生いたち、自然と生命の不思議な営みについて展開するストーリー性のある本館展示です。順路に沿って進みながら、いつの間にか地球46億年の歴史をひもといている自分を発見する事ができるでしょう。
三つめは、ミュージアムパークと名前がついておりますように、公園のように気軽で楽しい雰囲気にあふれ、いつでも・だれでも・自由意志で学べる、まさに生涯学習時代にふさわしい地域のコミュニティスペースとして機能していることです。
どうぞこの機会に来館され、ご自身で進化する博物館を体験していただければ幸いです。常設展示室(5部門)「宇宙・地球・自然・生命・環境」企画展示室 年3回程度の企画展開催屋外施設 無料駐車場約1,000台有り

\口コミ ピックアップ/
小学生の頃、遠足で行ったことのあったミュージアムパーク。
でっかい恐竜の模型がある、そのくらいの記憶しか無かったのですが改めて訪れることに
大人になった今来てみると驚きに発見の連続!
周りの子供と同じ様にはしゃいでしまいました!
恐竜、宇宙、地球、様々なテーマに、溢れるミュージアムパーク
大人でも子供に戻れる場所です。
(行った時期:2015年10月)

館内は涼しく冷房が効いています。
小学校の遠足で子供の頃に行ったのでノスタルジーを感じました。
隕石の展示、恐竜の化石など興味がそそられるものがあり大人になってから再訪しても楽しめます。
(行った時期:2016年7月2日)

ミュージアムパーク茨城県自然博物館
住所/茨城県坂東市大崎700番地
「ミュージアムパーク茨城県自然博物館」の詳細はこちら

水戸・笠間エリア

水戸芸術館

水戸芸術館
出典:じゃらん 観光ガイド 水戸芸術館

水戸市制100周年を記念し開設された。音楽、演劇、美術の各部門に専用のホールを持ち、全てオリジナルの企画により運営される。また、高さ100mのタワーもあり見学もできる。

\口コミ ピックアップ/
街中に突然現れ、不安定にも見える巨大な芸術的建造物。
最上階まで登れて、景色も最高です。
一見の価値有りですね。
(行った時期:2014年6月6日)

水戸芸術館は、水戸の中心部にあり、音楽、美術、演劇の3部門があって、それぞれとても高いレベルの催し物があります。また、館のシンボルであるタワーは、3角形のチタンのパネルを組み合わせたくねくねタワーでとても変わった目立つタワーです。
(行った時期:2016年12月)

水戸芸術館
住所/茨城県水戸市五軒町1-6-8
「水戸芸術館」の詳細はこちら

茨城県立歴史館

茨城県立歴史館
出典:じゃらん 観光ガイド 茨城県立歴史館

民俗考古(古代中世)近世の4部門で構成し,茨城県全般の資料や作品が展示してある。

\口コミ ピックアップ/
縄文から近現代まで茨城県の歴史を学ぶことができる。庭園には明治に建てられた和洋折衷の旧水海道小学校、水戸農業高等学校の旧本館があります!
(行った時期:2016年7月)

もちろん時期によって展示内容はかわります。歴史館の建物そのものというより、全体的な敷地がばかに広くて散歩に歩くだけでもなんとなくたのしいです。敷地内には旧水海道小学校本館などものこされており、なかには給食の展示があったり笑 展示はさることながら、その全体としてたのしむことができる良い場所です。
(行った時期:2015年4月)

茨城県立歴史館
住所/茨城県水戸市緑町2-1-15
「茨城県立歴史館」の詳細はこちら

茨城県近代美術館

茨城県近代美術館
出典:じゃらん 観光ガイド 茨城県近代美術館

近・現代の作品を中心とし、日本画・油絵など絵画約700点、版画280点、彫塑80点などを展示している。ロダン・ルノワール・横山大観、佐伯祐三らの作品のほか、茨城県ゆかりの作品も展示されている。館内には、スライド上映や講演のできるアートフォーラムがある。

\口コミ ピックアップ/
千波湖近くに建つ県立美術館です。館内の天井が高く展示室が広いので、開放感があり、落ち着いて作品を鑑賞できます。
(行った時期:2016年7月)

最近の各県の美術館は作品が充実していて驚きますが、ここもなかなか見ごたえがありました。茨城県にゆかりある画家だけでなく、モネ、ルノアールなどの作品もありましたが、入館料はとても安く満足度は高かったです。
(行った時期:2016年9月)

茨城県近代美術館
住所/茨城県水戸市千波町666-1
「茨城県近代美術館」の詳細はこちら

徳川ミュージアム

徳川ミュージアム
出典:じゃらん 観光ガイド 徳川ミュージアム

水戸徳川家伝来の秘蔵品

\口コミ ピックアップ/
さすが徳川家と思わず思ってしまうほど、貴重な品々が展示されていました。パネルなどによる説明がわかりやすく、江戸時代のさまざまな歴史を知る良い機会になりました。
(行った時期:2016年9月)

徳川家ゆかりの物がたくさん展示されています。様々な博物館、美術館が日本中のそこかしこにありますが、「大名家」特に「水戸徳川家」のまとまった史料がみられるのはここ、徳川ミュージアムだけだそうです。水戸駅から車で10分程度だそうですが、車がなければバスでいけます。
(行った時期:2015年4月)

徳川ミュージアム
住所/茨城県水戸市見川1-1215-1
「徳川ミュージアム」の詳細はこちら

笠間芸術の森公園

笠間芸術の森公園
出典:じゃらん 観光ガイド 笠間芸術の森公園

総面積54.6haの笠間芸術の森公園には、陶炎祭などが開催される「イベント広場」や、コンサート会場となる「野外コンサート広場」、陶造形物を屋外展示した「陶の杜」、平成18年7月には自然を活かし計画された「あそびの杜」がオープンしました。また、隣接して茨城県陶芸美術館や笠間工芸の丘、匠工房・笠間があります。

\口コミ ピックアップ/
笠間にいきレンタサイクルで焼き物めぐりをしていた際にふらっと立ち寄ったところ公園内で焼き物市が開かれていました。多くのお店が出展されていました。公園内は美術館、売店、焼き物を体験できる施設などいろいろ揃っています。お稲荷さんのお店がありここで買いお昼にしました。
(行った時期:2013年10月)

笠間芸術の森公園
住所/茨城県笠間市笠間2345
「笠間芸術の森公園」の詳細はこちら


出典元

出典元:じゃらんニュース

【じゃらん】有名温泉から穴場まで温泉旅館・ホテル5,000件以上が予約OK!


人気の国内ツアー

関連記事

旅行新聞 最新ニュース速報!

じゃらんの予約は旅行新聞

国内旅行ニュース

海外旅行ニュース

エアライン最新情報

楽天トラベルは旅行新聞

鉄道関係最新情報

ホテル・旅館情報

Facebookでシェア twitterでツイート Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly ページ上部へ戻る