暑~い夏は、どうしても食欲が減退気味。でも、そんな時にこそぴったりなグルメもあるのです。それは、辛くてスパイシーな料理だったり、ヒンヤリ喉ごしのよいひと皿だったり。 そこで今回は、関東近郊で食べられる、夏に食べたいご当地 […]

暑~い夏は、どうしても食欲が減退気味。でも、そんな時にこそぴったりなグルメもあるのです。それは、辛くてスパイシーな料理だったり、ヒンヤリ喉ごしのよいひと皿だったり。
そこで今回は、関東近郊で食べられる、夏に食べたいご当地グルメをご紹介。
ガツンと辛いのを求めるなら、ダントツで勝浦タンタンメン!スパイシー系は種類豊富なので、全制覇してみるのもおすすめ♪

ひんやりグルメがお好みならば、ご飯系なら生しらす丼のほかモダンにアレンジした湯波ごはんも。ご当地感満点の麺グルメにも注目です!
この夏はご当地グルメをめぐる旅へでかけてみませんか?

記事配信:じゃらんニュース

1.くろよんロイヤルホテル【長野県大町市】

ダムの町で出えるユニークなカレー。

くろよんロイヤルホテル

黒部ダムカレー1650円

・提供期間/通年

リゾートホテルのメインダイニングで味わえる黒部ダムカレーはランチ限定。ポークカツレツを遊覧船に見立てる遊び心を加えつつ、紫米入りライス、熟成を経たルーなどひと皿にこだわりが満載。

黒部ダムカレーとは?
国内最大級のスケールを誇る黒部ダムをモチーフに、ご飯を堰堤、カレーソースを貯水池に見立てたカレーライス。各地のダム周辺で見かけるダムカレーの元祖的存在だ。

くろよんロイヤルホテル
TEL/0261-22-1530
住所/長野県大町市平日向山高原2020
営業時間/11時30分~14時
定休日/なし
アクセス/長野道安曇野ICより40分
駐車場/60台
「くろよんロイヤルホテル」の詳細はこちら

2.たべま専科めんや【埼玉県北本市】

ライスにもトマトイン!歴史ある名産地へ。

たべま専科めんや

北本とまとカレー750円

・提供期間/通年

ルーは挽肉をベースにしたキーマカレー風。数種類使うスパイスは、辛さ控えめで香りよくブレンドする。ライスは煮詰めたトマトソースを絡めて赤い色に。完熟トマトの旨みを随所に生かした味わいだ。

北本トマトカレーとは?
まだ国内ではトマトが珍しかった昭和初期に栽培を始めた北本エリア。そんな名産地で生まれたこのカレーは、ライスとルー、トッピングにトマトを使うのが決まり事だ。

たべま専科めんや
TEL/048-541-4509
住所/埼玉県北本市東間3-100-22
営業時間/11時30分~14時、17時~22時30分
定休日/月
アクセス/圏央道桶川北本ICより15分
駐車場/6台
「たべま専科めんや」の詳細はこちら

3.麦挽屋 今助【群馬県藤岡市】

辛さ増しOK!キムチとトマトの新感覚。

麦挽屋 今助

キムトマ焼きうどん680円

・提供期間/通年

麦挽屋 今助
五目ごはんとお漬物付きでボリューム十分

製麺会社直営の食事処。具やソースに藤岡産トマトを使うのはもちろん、うどんは厳選した小麦粉で打つなど良質な食材をセレクト。辛いキムチとトマトの意外な組み合わせだが、食べて納得のおいしさだ。

キムトマ焼きうどんとは?
藤岡市特産のトマトにキムチを合わせるアイデアで誕生したご当地グルメ。うどんに絡むソースはピリ辛なものの、トッピングのスクランブルエッグでマイルドな味わいに。

麦挽屋 今助(むぎひきや いますけ)
TEL/0274-22-0103
住所/群馬県藤岡市藤岡879
営業時間/11時30分~15時
定休日/火
アクセス/上信越道藤岡ICより5分
駐車場/20台
「麦挽屋 今助」の詳細はこちら

4.元祖 勝浦式担々麺 江ざわ【千葉県勝浦市】

辛いだけじゃない!奥深き味の旨辛麺。

元祖 勝浦式担々麺 江ざわ

担々麺800円

・提供期間/通年

表面を真っ赤に覆うのが、秘伝の自家製ラー油。辛いけど箸が止まらなくなるのは、その下に潜む醤油スープや挽肉などの具材が辛さを旨みに変えてくれるから。慌てずに食べ進めるのがおすすめ。

勝浦タンタンメンとは?
胡麻ダレではなくラー油たっぷりのタンタンメン。漁師や海女さんが仕事で冷えた体を温める料理として勝浦で広まったそう。挽肉と刻んだタマネギ入りがスタンダード。

元祖 勝浦式担々麺 江ざわ
TEL/090-4410-5798
住所/千葉県勝浦市白井久保296-8
営業時間/11時30分~18時(スープがなくなり次第終了)
定休日/月(臨時休業あり)
アクセス/圏央道市原鶴舞ICより50分
駐車場/10台

5.春本食堂【神奈川県湯河原町】

じんわりと効く辛みが後を引くおいしさ。

春本食堂

担々やきそば650円

・提供期間/通年

1964年創業、「おいしいものをリーズナブルに」がモットーの中華食堂。専用のタレで辛みを加えた担々やきそばも、ボリュームたっぷりお値段控えめがコンセプト。オレンジを搾って味の変化を楽しもう。

湯河原担々やきそばとは?
湯河原はタヌキが発見したと伝わる温泉で、名前の由来は歌の「たんたんタヌキの~」から。地元産の柑橘や温泉たまごを添えたピリ辛やきそばを温泉街の17店で味わえる。

春本食堂
TEL/0465-62-2779
住所/神奈川県足柄下郡湯河原町中央1-1639
営業時間/11時~19時30分
定休日/木
アクセス/西湘バイパス石橋ICより20分
駐車場/3台

6.小嶋屋総本店【新潟県十日町市】

淡い緑に艶めく魚沼発祥の個性派そば。

小嶋屋総本店

天へぎそば1人前1485円~

・提供期間/通年

間もなく創業100年を迎える老舗。石臼挽き自家製粉のそば粉100%をフノリでつないで打つへぎそば、醤油やダシにこだわるつゆなど伝承の技を受け継ぐ。薬味にカラシを付けるのもこの店の古い習わしだ。

小嶋屋総本店
大きな水車が店のシンボル

へぎそばとは?
麺は海藻のフノリをつなぎにして打ったもの。その独特なそばをへぎと呼ばれる板状の器に盛って提供する。フノリによるなめらかな喉ごしと弾力ある食感がそば好きを魅了。

小嶋屋総本店
TEL/025-768-3311
住所/新潟県十日町市中屋敷758-1
営業時間/11時~21時
定休日/なし
アクセス/関越道六日町ICより30分
駐車場/40台
「小嶋屋総本店」の詳細はこちら

7.泉の里【埼玉県川島町】

ゴマの香りが濃厚!農家に伝わる夏の料理。

泉の里

すったて1100円

・提供期間/4月末~10月

泉の里
特製つゆを入れて完成

地元での食べ方を体験できるよう、客がゴマなどをすりながらつけ汁を作るスタイル。地元産の金ゴマや熟成味噌など素材は吟味したものばかり。手打ちそばかうどん、ご飯からお好みで選べる。

泉の里
オールディーズが流れる店内

すったてとは?
名前は「すりたて」がなまったもの。すり鉢でゴマや夏野菜をすりおろし、味噌と冷水を加えたつけ汁で麺類をいただく農家の家庭料理。汁をご飯にかけて食べることも。

泉の里
TEL/049-291-0132
住所/埼玉県比企郡川島町吹塚755-1
営業時間/11時~14時30分、17時~22時
定休日/水
アクセス/圏央道川島ICより5分
駐車場/30台
「泉の里」の詳細はこちら

8.大洗町漁協 かあちゃんの店【茨城県大洗町】

ひんやりトロ~リ、生だけの特別な食感。

大洗町漁協 かあちゃんの店

生しらす丼900円

・提供期間/通年

漁協直営の食事処で、水揚げされたばかりの地魚がメニューの主役。調理をするのは漁師の奥さんたち。鮮度自慢の生しらす丼は噛むとトロリとした味わいで、卵黄を混ぜると濃厚さがさらにアップする。

生しらす丼とは?
大洗は県内屈指のしらすの産地。しらすは傷みやすいため生で食べられるのは漁師の特権だったが、近年は漁港周辺の飲食店でも扱うように。ご飯と生しらすはベストマッチ。

大洗町漁協 かあちゃんの店
TEL/029-267-5760
住所/茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8253-20
営業時間/10時~15時
定休日/月(祝日の場合は翌日)
アクセス/東水戸道路水戸大洗ICより15分
駐車場/50台
「大洗町漁協 かあちゃんの店」の詳細はこちら

9.ランカトルグ カフェ ニッコー【栃木県日光市】

伝統食材の湯波をモダンな感覚で味わう。

ランカトルグ カフェ ニッコー

汲み上げゆばのとろゆばごはん1200円

・提供期間/通年

ランカトルグ カフェ ニッコー
特製タレとそぼろをかけて召し上がれ

日光東照宮そばのレトロモダンなカフェ。ランチの人気メニューがこのひと品だ。汲み上げて冷やした生湯波は、大豆の豊かな風味が口いっぱいに広がり至福の味。温泉たまご&黒米ご飯との相性も抜群だ。

湯波とは?
古い寺社のある日光で、精進料理や修行者の食料として大切にされてきた湯波。温めた豆乳の表面にできる薄い膜を引き上げたもので、栄養価が高いのにとってもヘルシー。

ランカトルグ カフェ ニッコー
TEL/0288-53-1193
住所/栃木県日光市安川町4-1
営業時間/12時~17時
定休日/水、不定
アクセス/日光宇都宮道路日光ICより10分
駐車場/なし
「ランカトルグ カフェ ニッコー」の詳細はこちら

10.ちよだ【山梨県甲府市】

キリッと締めた極太麺を、豪快にすする!

ちよだ

おざら720円

・提供期間/通年

約40年前にほうとう用の麺でおざらをメニュー化したところ評判となり、おざら=極太麺の流れを作った店。冷水で締めた麺を野菜やきのこがたっぷり入った温かいつけ汁でいただくのがちよだ流だ。

おざらとは?
山梨風のつけうどん。元々はひやむぎなどを具だくさんのつけ汁で食べる家庭料理だが、近年はほうとう用の幅広極太麺が定着。そのため「夏のほうとう」と呼ばれることも。

ちよだ
TEL/055-222-5613
住所/山梨県甲府市丸の内2-4-8
営業時間/11時30分~13時30分LO、17時30分~22時30分LO(土日11時30分~14時LO、18時~20時LO)
定休日/月(土日は要事前確認)
アクセス/中央道甲府昭和ICより15分
駐車場/なし
「ちよだ」の詳細はこちら

11.道の駅ふるさと豊田【長野県中野市】

ご飯がどんどん進む!生野菜のふりかけ。

道の駅ふるさと豊田

やたら丼750円

・提供期間/7月下旬~8月

道の駅ふるさと豊田
何種類もの野菜をひたすら細かく刻む

家庭料理のため飲食店で見かけることが少ないものの、夏限定で味わえるのがこちら。シャキシャキとした食感と味噌漬けの塩分が心地よく、夏の食欲減退時にぴったり。夏野菜は体を冷やす効果も。

やたらとは?
夏野菜と大根の味噌漬けを細かく刻んで混ぜた北信濃の郷土料理。名前の由来はご飯にのせるとやたらに旨いから、という説も。ピリ辛野菜ぼたんこしょうを入れるのが定番。

道の駅ふるさと豊田
TEL/0269-38-2277
住所/長野県中野市永江2136
営業時間/11時~17時
定休日/水(祝日は営業)
アクセス/上信越道飯山豊田ICより1分
駐車場/40台
「道の駅ふるさと豊田」の詳細はこちら

※この記事は2018年7月時点での情報です



出典元

出典元:じゃらんニュース

【じゃらん】有名温泉から穴場まで温泉旅館・ホテル5,000件以上が予約OK!


人気の国内ツアー

関連記事

旅行新聞 最新ニュース速報!

じゃらんの予約は旅行新聞

国内旅行ニュース

海外旅行ニュース

エアライン最新情報

楽天トラベルは旅行新聞

鉄道関係最新情報

ホテル・旅館情報

Facebookでシェア twitterでツイート Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly ページ上部へ戻る