旅情を掻き立てる落ち着いたしつらえのお風呂。 とろりとした温泉の湯に足を踏み入れた瞬間、目前に広がる見渡す限りの絶景に心奪われる―。 それはまさに想像を超える極上の空間かもしれません。 地元の貴重な食材を大胆に使い、見た […]

旅情を掻き立てる落ち着いたしつらえのお風呂。
とろりとした温泉の湯に足を踏み入れた瞬間、目前に広がる見渡す限りの絶景に心奪われる―。
それはまさに想像を超える極上の空間かもしれません。
地元の貴重な食材を大胆に使い、見た目も味も繊細な料理の数々を堪能した後は、再びプライベート空間でゆったりとお湯に浸かり、満天の星々を眺めるという幸せ。
夫婦で過ごす特別な日、カップルにとって大切な日のデート、プライベートな空間は忘れられない時間を演出してくれます。

そんな一度は泊ってみたいと誰もが憧れる、露天風呂付き客室のある極上贅沢宿をご紹介します。

記事配信:じゃらんニュース

1.御宿 The Earth【三重県・鳥羽市】

満月の夜のサプライズ。海にのびる光の道と波音のBGMに酔う。

御宿 The Earth
「リラクゼーションスイート」の客室露天風呂には、自家源泉の温泉がなみなみ※現在は、石造りの浴槽に改装されています。

絶景time

客室のテラスと露天風呂では季節を問わず、日の出と月の出が観賞できる。満月の夜にはムーンリバー、月のない夜は満天の星も。

「嵐を観る宿」という一風変わったキャッチフレーズを冠する「御宿 The Earth」。その言葉の意味は、細い山道を車で上りきり、宿に辿り着くなり明らかになる。伊勢志摩国立公園内で5万4000坪の原生林を抱く岬の先端、太平洋をぐるりと見渡すロケーションは、まさに別天地の迫力である。「晴れの日はもちろん、雨の日もありのままの自然を体験できる場所」。

どの部屋からも雄大な海景色が望めるが、特に東向きの客室は日の出や月景色が美しいとか。満月の眺めを誕生日のサプライズにと、「リラクゼーションスイート」を予約した。88㎡の広さに海一望の露天風呂や離れのリラクゼーションルームまで備えた、申し分のない空間である。広々としたテラスに出れば、鳥の声や波音など自然のBGMに癒やされる。

御宿 The Earth
地球の輪郭を感じられる、絶景の展望台。ここからも朝日やムーンリバーが望める
御宿 The Earth
夕焼けや漁火の海景色が美しい「バー南風MAZE」
御宿 The Earth
「リラクゼーションスイート」には4名定員と2名定員の2タイプがある。東を向き、空気が澄んだ日にはテラスから富士山が望めることも
御宿 The Earth
ダイニング「嵐」は館内屈指のビューポイント。朝食時の眺めも素晴らしい
御宿 The Earth
伊勢志摩と各地の旬の食材を融合させた和会席の夕食。大阪の老舗料亭出身、山川基次総料理長の技を堪能あれ
御宿 The Earth
天井に天の川がきらめく「貸切風呂Healing」は、利用料60分3240円
御宿 The Earth(おやど ジ アース)
TEL/0599-21-8111
住所/三重県鳥羽市石鏡町中ノ山龍の栖
アクセス/電車:近鉄鳥羽駅よりタクシーで25分※定刻発の無料送迎バスあり/車:伊勢道伊勢ICより35分
「御宿 The Earth」の詳細はこちら

2.蛍雪の宿 尚文【群馬県・水上温泉】

眼前に迫る紅葉に魅了され、2人きりのテラスで寛ぐ休日。

蛍雪の宿 尚文
母屋の露天風呂付き客室には意匠の異なる3タイプが。写真は「あけび」のテラス

絶景time

朝の澄んだ空気の中で、露天風呂から眺める紅葉は格別。陽光に照らされる晴れの日も、艶めきを増す雨の日も、それぞれに美しい。

秋気澄むある週末、色付く上州の山々を愛でながら車を走らせ、群馬県・水上温泉郷へ。
温泉街を抜けた静かな山里に、「蛍雪の宿 尚文」は現れた。軽やかな風に背中を押されつつ門をくぐると、紅葉をまとった庭園の風流な佇まい。
田舎造りの重厚な建物を背景に、紅、黄、緑と彩り豊かな景色が目を奪う。ホタル水路が整備され、夏の夜には淡い光が飛び交うというこちらの庭園。面積は約500坪と、朝夕のぶらり散歩にあつらえむきの広さである。

母屋の露天風呂付き客室は天然木の温もりに包まれた部屋は二間続きの広々とした造りで、奥に目当てのテラスが。
黄金にきらめく紅葉が眼前に迫り、途端に非日常へと誘われる。デッキチェアに寛ぎ、秋景色との対話を愉しむ贅沢な時間。温泉が注ぐ露天風呂もその場に備わり、部屋から出る理由がもはやどこにも見当たらない。

蛍雪の宿 尚文
大きなケヤキやモミジが紅葉した庭園は、ライトに照らされた夜の表情も味わい深い
蛍雪の宿 尚文
目に鮮やかな秋色に彩られた宿の門。紅葉の見頃は、例年11月上旬~下旬頃
蛍雪の宿 尚文
紅葉の山々を望むロビーラウンジには、群馬の地酒が愉しめる利き酒コーナーも
蛍雪の宿 尚文
夕食は地元農家直送の季節の野菜や群馬県産肉、スタッフが収穫したきのこなど、地産食材を丁寧に調理した「山人料理」を堪能
蛍雪の宿 尚文
庭の木々が露天風呂付きテラスを囲むように色付く
蛍雪の宿 尚文
古民家の趣漂う居心地のよい客室にはマッサージチェアも。大切な人に癒やしのひと時を贈りたい
蛍雪(けいせつ)の宿 尚文(しょうぶん)
TEL/0278-72-2466
住所/群馬県利根郡みなかみ町綱子277
アクセス/電車:JR水上駅よりバスで15分/車:関越道水上ICより15分
「蛍雪の宿 尚文」の詳細はこちら

3.ホテル竜宮 天使の梯子【熊本県・松島温泉】

島影連なる天草の海。自然が織り成す壮大なアートを心ゆくまで。

ホテル竜宮 天使の梯子
露天風呂付きテラスでは波音や潮風の癒やしも。目の前には大小の島々からなる仏島が望める

絶景time

晴れた日の陽光にきらめく海景色も美しいが、ダイナミックなサンセットと夕焼けの眺めは感動必至。秋冬時期の日没は、17時~18時頃を目安に。

熊本県の西部、大小20余りの島々からなる天草地方。群青色の海を彩る多島美が、日本三景の一つ、宮城県松島に似ていることから「天草松島」の名がついたとか。その美景と共に天草の美食を堪能できる宿がある。

熊本本土から風光明媚な4つの橋を経て、辿り着いたのが「ホテル竜宮」。本館ロビーから繋がる「天使の梯子」専用ロビーでチェックインを済ませ、いざ客室棟へ。
客室に入ると、洗練された空間と一幅の絵画のような海景色。濃淡様々な小島を浮かべた内海の穏やかな眺めが、静謐な滞在を約束してくれているようで、疲れが一気に吹き飛ぶ。
テラスには松島温泉が注ぐ露天風呂、窓辺には小上がりも。ゆったりと気の向くままに部屋の各所から味わい尽くした景色が、真骨頂を発揮したのは夕刻だった。黄金に輝く夕日が島影へ沈み、海と空の境には何色もの絵の具を繊細に塗り重ねたような壮大なグラデーションが。

ホテル竜宮 天使の梯子
船のスクリューが飾られた天使の梯子専用ロビー。客船の一室を彷彿とさせる重厚な空間だ
ホテル竜宮 天使の梯子
寝室にはセミダブルベッドが2つ、リビングにはソファと小上がりがあり、思い思いに寛げる
ホテル竜宮 天使の梯子
客室には露天風呂の他に広々とした内風呂も。こちらは温泉ではないが、横幅のある窓から島影の連なる美しい海景色が愉しめる
ホテル竜宮 天使の梯子
食材は伊勢海老、黒鮑、肥後赤牛など。天草で水揚げされた新鮮な海の幸や熊本の厳選食材を用いた、鉄板焼きと創作日本料理に舌鼓を
ホテル竜宮 天使の梯子
別棟「海ほたる」には九州の焼酎40種が揃う「足湯BAR」も
ホテル竜宮 天使の梯子(はしご)
TEL/0969-56-3333
住所/熊本県上天草市松島町合津6136-20
アクセス/電車:JR三角駅よりタクシーで25分/車:九州道松橋ICより1時間
「ホテル竜宮 天使の梯子」の詳細はこちら


出典元

出典元:じゃらんニュース

【じゃらん】有名温泉から穴場まで温泉旅館・ホテル5,000件以上が予約OK!


人気の国内ツアー

関連記事

旅行新聞 最新ニュース速報!

じゃらんの予約は旅行新聞

国内旅行ニュース

海外旅行ニュース

エアライン最新情報

楽天トラベルは旅行新聞

ホテル・旅館情報

Facebookでシェア twitterでツイート Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly ページ上部へ戻る