秋も深まり、どんどん紅葉が綺麗に見られる季節になりましたね。 今回は2018年11月におすすめする関西の紅葉スポットを26選紹介します。 近場なところを紹介しているので気軽にお出かけできますよ。 大阪城公園では紅葉と天守 […]

秋も深まり、どんどん紅葉が綺麗に見られる季節になりましたね。
今回は2018年11月におすすめする関西の紅葉スポットを26選紹介します。

近場なところを紹介しているので気軽にお出かけできますよ。
大阪城公園では紅葉と天守閣のコラボが見れたり、紅葉のトンネルと鳥居の競演は圧倒されるほどの絶景。定番名所だけでなく、穴場スポットもあるので参考にしてみてください。

例年の見頃情報も載っているので、お出かけの際はチェックしてくださいね。

記事配信:じゃらんニュース

<目次>
■三重県の紅葉
■福井県の紅葉
■滋賀県の紅葉
■京都府の紅葉
■大阪府の紅葉
■兵庫県の紅葉
■奈良県の紅葉
■和歌山県の紅葉

1. 天開山 泰運寺【三重県松阪市】

約700本の鮮やかな紅葉と観音像めぐりがお楽しみ。

天開山 泰運寺
八角梵鐘の周辺や、休憩所からの眺める紅葉がひときわ美しい

見頃/11月上旬~下旬

子授けの寺として知られ、法華経が刻まれた八角梵鐘でも有名。境内をカエデやモミジが彩り、秋色の装いに。国道166号線からは、33体の観音像をめぐりながら約30分のハイキングも楽しめる。

天開山 泰運寺(てんかいざん たいうんじ)
TEL/0598-46-7121(飯高地域振興局 文化観光担当)
住所/松阪市飯高町波瀬631
営業時間/参拝自由
定休日/なし
料金/無料
アクセス/伊勢道松阪ICより1時間25分
駐車場/15台
「天開山 泰運寺」の詳細はこちら

2. 赤目四十八滝【三重県名張市】

視界一面が秋色に包まれる滝めぐりへ。

赤目四十八滝

見頃/11月上旬~下旬

渓谷に整備された約4kmの遊歩道で、23瀑の滝と紅葉の優美なる競演に出合える。「不動滝」や道中を彩るライトアップは幻想的!

徒歩5分(入山口から)で「赤目温泉 隠れの湯 対泉閣」
TEL/0595-63-3355
住所/名張市赤目町長坂682

赤目四十八滝(あかめしじゅうはちたき)
TEL/0595-63-3004(赤目四十八滝管理センター)
住所/名張市赤目町長坂861-1
営業時間/8時30分~17時
定休日/紅葉シーズンはなし
料金/入山料高校生以上400円、小中学生200円
アクセス/名阪国道針ICより35分
駐車場/周辺駐車場700台(1日800円)
※紅葉ライトアップ~竹灯り「七変化・黄昏時の紅葉2018」 11/3~25 16時30分~19時
「赤目四十八滝」の詳細はこちら

3. 萬徳寺【福井県小浜市】

国指定名勝の庭園に紅葉が映える。

萬徳寺

見頃/11月中旬~下旬

江戸時代に造られた埋石式の枯山水庭園をヤマモミジが鮮やかな彩る。本堂へと続く階段は、紅葉トンネルのよう!「日本紅葉百選」にも選定。

車で30分で「いきいき長寿村あみーシャン大飯 湯ったり温泉」
TEL/0770-77-3410
住所/大飯郡おおい町本郷82-14

萬徳寺
TEL/0770-56-2308
住所/小浜市金屋74-23
営業時間/8時30分~17時
定休日/なし
料金/拝観料400円
アクセス/舞鶴若狭道小浜ICより10分
駐車場/20台
「萬徳寺」の詳細はこちら

4. 日吉大社【滋賀県大津市】

空を覆う紅葉トンネルが風雅な山王鳥居と競演!

日吉大社
山王鳥居は神仏習合の信仰を表す独特の形で「合掌鳥居」とも

見頃/11月上旬~下旬

平安京の裏鬼門に鎮座したことから、方除け・厄除けの神社として知られる。境内には約3000本もの紅葉が艶やかに彩り、大宮橋から山王鳥居へと続く紅葉アーチは、まるで別世界に誘われるかのよう。

日吉大社
TEL/077-578-0009
住所/大津市坂本5-1-1
営業時間/9時~16時30分
定休日/なし
料金/拝観料大人300円、小学生150円
アクセス/名神京都東ICより15分
駐車場/50台(11月の土日祝のみ有料。2時間迄500円、2時間超1000円)
※ライトアップ 11/10(土)~25(日)17時~20時30分
「日吉大社」の詳細はこちら

5. 国宝彦根城・玄宮園【滋賀県彦根市】

国宝の天守閣を借景とした風光明媚な紅葉美に酔う。

国宝彦根城・玄宮園
池の畔に佇む鳳翔台でお抹茶とお茶菓子を味わうのも風流
国宝彦根城・玄宮園
ライトアップでは、赤や黄色の紅葉が妖艶に煌めき、幻想的

見頃/11月中旬~12月上旬

近江八景を模した池泉回遊式の玄宮園は、井伊家4代藩主・直興が造営したとされる大名庭園。彦根城の天守閣と鮮やかな紅葉が華麗にコラボする様はまさに別世界。
天守閣からは庭園や琵琶湖を一望!

国宝彦根城・玄宮園
TEL/0749-23-0001(<公社>彦根観光協会)
住所/彦根市金亀町3-40
営業時間/8時30分~17時(鳳翔台 茶席9時~16時)
定休日/なし
料金/彦根城共通券(玄宮園・開国記念館含む)大人800円、小中学生200円
アクセス/名神彦根ICより10分
駐車場/70台(1回400円)
※「錦秋の玄宮園ライトアップ」11/17~12/2の18時~21時(最終受付20時30分)入園料:大人700円、小中学生350円
「国宝彦根城・玄宮園」の詳細はこちら

6. 旧彦根藩松原下屋敷(お浜御殿)庭園【滋賀県彦根市】

特別公開される穴場の庭園で秋の散策を。

旧彦根藩松原下屋敷(お浜御殿)庭園

見頃/11月下旬~12月上旬

彦根藩11代目当主が造営した庭園を春と秋だけ一般開放。琵琶湖の水位と連動する汐入型式の池を巡りつつ、赤いモミジを愛でて。

徒歩すぐ「かんぽの宿 彦根」
TEL/0749-22-8090
住所/彦根市松原町3759

旧彦根藩松原下屋敷(お浜御殿)庭園
TEL/0749-26-5833(彦根市教育委員会 文化財課)
住所/彦根市松原町515
営業時間/9時~16時(最終入園15時30分)
定休日/秋の特別公開期間中(11/23~12/2)はなし
料金/入園無料
アクセス/名神彦根ICより10分
駐車場/80台(琵琶湖側臨時駐車場)
「旧彦根藩松原下屋敷(お浜御殿)庭園」の詳細はこちら

7. 鶏足寺(旧飯福寺)【滋賀県長浜市】

参道の一面に敷き詰められた絨毯は圧巻!

鶏足寺(旧飯福寺)

見頃/11月中旬~下旬

735年に行基が開基した寺。現在は廃寺となったものの、苔むす石垣と参道沿いに並ぶ約200本のモミジが幽玄なる美を醸し出す。

車で20分で「須賀谷温泉」
TEL/0749-74-2235
住所/長浜市須賀谷町36

鶏足寺(旧飯福寺)(けいそくじ(きゅうはんぷくじ))
TEL/0749-82-5909(公益社団法人長浜観光協会北部事務所)
住所/長浜市木之本町古橋
営業時間/8時30分~16時
定休日/なし
料金/無料(11/10~27は紅葉散策協力金200円が必要)
アクセス/北陸道木之本ICより10分
駐車場/11/10~27は臨時無料Pを利用
※期間中の土日・祝は国道8号線沿の北近江リゾートよりシャトルバス運行あり
「鶏足寺(旧飯福寺)」の詳細はこちら

8. メタセコイア並木【滋賀県高島市】

駆け抜けたい!シンメトリーの紅葉ロード。

メタセコイア並木

見頃/11月下旬~12月上旬

マキノ高原へと続く約2.4kmのアプローチ道に約500本のメタセコイアが壮大に色づく。周辺の小径も散策し、横からの美景もぜひ。

車で5分で「マキノ高原温泉さらさ」
TEL/0740-27-8126
住所/高島市マキノ町牧野931-3

メタセコイア並木
TEL/0740-33-7101(びわ湖高島観光協会)
住所/高島市マキノ町蛭口~牧野
営業時間/観賞自由
定休日/なし
料金/無料
アクセス/名神京都東ICより1時間20分
駐車場/なし(マキノピックランドのP利用)
「メタセコイア並木」の詳細はこちら


出典元

出典元:じゃらんニュース

【じゃらん】有名温泉から穴場まで温泉旅館・ホテル5,000件以上が予約OK!


人気の国内ツアー

関連記事

旅行新聞 最新ニュース速報!

じゃらんの予約は旅行新聞

国内旅行ニュース

海外旅行ニュース

エアライン最新情報

楽天トラベルは旅行新聞

鉄道関係最新情報

ホテル・旅館情報

Facebookでシェア twitterでツイート Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly ページ上部へ戻る