日本酒、ビール、ワイン、焼酎…日本全国にあるお酒の数々。それぞれの地のお酒を愉しむというのも旅の醍醐味のひとつですよね。 ただ「数がたくさんあって選べない」「どれを買ったらいいの?」という悩みもつきもの。 そこで今回は、 […]

日本酒、ビール、ワイン、焼酎…日本全国にあるお酒の数々。それぞれの地のお酒を愉しむというのも旅の醍醐味のひとつですよね。
ただ「数がたくさんあって選べない」「どれを買ったらいいの?」という悩みもつきもの。

そこで今回は、お酒選びのプロが教えるお酒のの選び方と、お土産におすすめのお酒を紹介します。工場見学や試飲ができる施設もあるので、観光ついでにも立ち寄れます。ぜひチェックして、お好みのお酒を探してみてくださいね。

記事配信:じゃらんニュース

プロに聞く!旅行先でのお酒の楽しみ方

その土地ならではのお酒との出会いを楽しもう

皆さんが旅先を選ぶとき、各地の大きなお祭りやイベントなどを目当てにお出かけすることも多いと思いますが、旅先選びのキーワードを「お酒」に変えてみると、少し変わった楽しみが広がるはずです。

年明けから春先にかけては、多くの日本酒蔵でお酒の仕込みが行われ、現地に足を運べば出来立てしぼりたての日本酒に出会えるでしょう。秋口には、南九州で掘りたてのお芋を原料に焼酎造り。山梨、長野、山形ではワイン造りが行われています。

少し前までは、酒造りの現場を見学できるところは少なかったのですが、今では日本酒、ワインをはじめ人気のクラフトビールに至るまで、試飲のほか、事前予約をすれば解説付きの見学会に参加できるなど、一般開放しているところも増えています。

実際に酒造りの様子を見たり、造り手から直接説明を聞いたりすると「どんなところで、どんな人が、どんな想いで」造られたお酒なのかを知ることができます。お酒が出来上がるまでの物語に思いを馳せて味わうと、お酒の美味しさが増すはずです。

また、地元の酒屋さんでは、その土地限定のお酒を扱っていることも多く、新たなお酒との出会いも良い思い出になることでしょう。

「とにかく飲む!」のも、もちろん楽しいのですが、お酒を深く知ることは、その土地の歴史や文化などを知ることにもなります。お酒は人生を豊かにしてくれる存在であることを、旅を通して是非体感してください。

アドバイスしてくれたのは日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)広報

1.はこだてビール(はこだてビール)【北海道函館市】

函館山の天然の地下水を使い丁寧につくられたビール

はこだてビール
はこだてビールは、副原料を使用していない、モルト(麦芽)100%のビール。左から、「五稜の星」「明治館」「北の一歩」
はこだてビール
レストランでは、出来立てのはこだてビールを、醸造タンクを眺めながら味わえる
はこだてビール
レンガ造りの建物。夜にはライトアップされる

「はこだてビール」で注目したいのは、函館という立地だからこそのこだわり。それは、ビールの醸造に使う水を、函館山の麓へ毎日汲み上げに行っていること。山の麓の水は、一般的に硬質でビールの醸造に適しているといわれているんです。ビールのネーミングも、「五稜の星」「北の夜景」など函館ならではとなっていて、旅のお土産にぴったりです。

お土産を買う前に、まずはビールを味わいたいですよね。「はこだてビール」は醸造レストランとなっているので、北海道発祥のご当地ソウルフードを味わいながら、出来立てのビールを味わうことができます。デザートメニューの「はこだてビール味ソフトクリーム」(数量限定・432円)も見逃せません!ここでしか味わえないソフトクリームは、是非食べておきたいところ。

お腹が満たされたら、ショップでお土産用ビールを購入。食べて、飲んで、お買い物が楽しめる、グルメなひとときを満喫しちゃいましょう。

はこだてビール
TEL/0138-23-8000
住所/北海道函館市大手町5-22 明治館通り
営業時間/11時~15時、17時~21時30分(LO21時20分)
定休日/水曜
アクセス/車;函館空港より車で20分、JR「函館駅」より徒歩7分、市電「魚市場通り」より徒歩1分
料金/レストラン:ビール 300ml 567円、500ml 945円 ほか
「はこだてビール」の詳細はこちら

2.遠野麦酒「ZUMONA」(上閉伊酒造株式会社)【岩手県遠野市】

日本酒造りの伝統がビール造りに生かされた名品

上閉伊酒造

上閉伊酒造

上閉伊酒造
上からアルト、ヴァイツェン、ゴールデンピルスナー。ラベルには『遠野物語』でお馴染みのカッパが描かれている
上閉伊酒造
蔵の一角にはビール用の熟成タンクがズラリ

遠野は、ビールの原料であるホップの生産地。その遠野でつくられる地ビールは、約230年続く日本酒の酒造会社が、伝統と技術を生かして醸造したもの。

「ZUMONA」という名前は、昔話の「むかしむかしあったずもな」の「ずもな(~そうな)」からきているそう。民話の里としても知られる遠野ならではのネーミングなんです。
日本酒造りにも使われる水を使い醸造された地ビールは、遠野の自然の恵みが詰まった名品。

おすすめは「ヴァイツェン」「ピルスナー」「アルト」の3種類の味のオリジナルセット。飲み比べを楽しめるので、ビール好きにはたまりません!

上閉伊酒造
TEL/0198-62-2002
住所/岩手県遠野市青笹町糠前31-19-7
営業時間/9時~17時
定休日/土・日曜
アクセス/JR「遠野」駅より車で10分
料金/ヴァイツェン 432円、ピルスナー 432円、アルト 432円
「上閉伊酒造」の詳細はこちら

3.江戸開城(東京港醸造)【東京都港区】

高層ビルが立ち並ぶ都心に蘇った酒蔵

東京港醸造
「江戸開城」のほか、季節ごとのお酒が並ぶ
東京港醸造
ゆったりと買い物ができる店舗。向かい側のビルには蔵があり、蔵の前ではテイスティングカーが営業している

東京都港区という都心にあり、鉄筋コンクリートのビルで酒造りをしているのが、東京港醸造。土地も限られたビルの中で、お酒造りができるの?と不思議に思う人もいるかもしれません。実は江戸時代、芝は若松屋(現在は株式会社若松)が酒造りをはじめた場所だったのです。

その酒造りを現代に蘇らせたのが、東京港醸造。都心では唯一の酒蔵として、2016年7月より製造を開始しました。東京の水道水を利用して造られる日本酒は、日々変化をし続ける東京をイメージして、すべて同じ味わいにするのではなく、タンクごとに仕込みを変化させているそうです。

蔵のあるビルの向かいにはショップがあり、ゆっくり日本酒を選ぶことができます。買う前に、まず飲みたい!という方は、テイスティングカー(角打ち)で説明を聞きながらお酒を味わえますよ。

東京港醸造
TEL/03-3451-2626
住所/東京都港区芝4-6-10
営業時間/11時~19時
定休日/日曜・祝日
アクセス/JR「田町」駅より徒歩10分、都営「三田」駅より徒歩5分
料金/純米吟醸 江戸開城 2160円、大吟醸 江戸開城 4860円
「東京港醸造」の詳細はこちら

4.ハマワイン(横濱ワイナリー)【神奈川県横浜市】

2017年誕生、横浜の海を臨む都市型ワイナリー

横濱ワイナリー
ぶどうの香りを大切にした「ハマワイン」
横濱ワイナリー
街中のビル内に醸造用の施設がある

ハマワインを造っているのは、元町や中華街などの繁華街からも近い場所にある「横濱ワイナリー」。ワイナリーといえば、ぶどう畑が広がる自然の中の施設をイメージするかもしれません。この「横濱ワイナリー」は都市型ワイナリー。ぶどう畑は所有せず、国内で買い付けたぶどうで醸造をしています。

ハマワインの特徴は、低アルコールに仕上げてあること。原料のぶどうの香りを大切にしたワインで、やさしいすっきりとした味わい。アルコールが苦手な人でも楽しめる味わいです。
ワイナリーが営業している日は、事前予約をすれば見学することも可能。どのように造られるのかを知ってから、ワインを飲むとその味わいも深まるはず。

横濱ワイナリー
TEL/045-228-9713
住所/横浜市中区新山下1-3-12 鈴木ビル1階
営業時間/12時~18時 (木金土は~19時)
定休日/火曜
アクセス/横浜高速鉄道「元町・中華街」駅より徒歩3分に変更
料金/みなとみらい 2700円、本牧 2700円、山手 2900円など。
「横濱ワイナリー」の詳細はこちら


出典元

出典元:じゃらんニュース

【じゃらん】有名温泉から穴場まで温泉旅館・ホテル5,000件以上が予約OK!


人気の国内ツアー

関連記事

旅行新聞 最新ニュース速報!

じゃらんの予約は旅行新聞

国内旅行ニュース

海外旅行ニュース

エアライン最新情報

楽天トラベルは旅行新聞

ホテル・旅館情報

Facebookでシェア twitterでツイート Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly ページ上部へ戻る