2018年は、ギルトフリー(罪悪感なし)の料理やスイーツを提供するお店が続々登場。 カロリーを気にせずに楽しめるとあって、話題になりました。 今回は、東京都内で食べられるギルトフリーな料理&スイーツを5店舗厳選。 話題の […]

2018年は、ギルトフリー(罪悪感なし)の料理やスイーツを提供するお店が続々登場。
カロリーを気にせずに楽しめるとあって、話題になりました。

今回は、東京都内で食べられるギルトフリーな料理&スイーツを5店舗厳選。
話題のお店をチェックしてみてくださいね!

記事配信:じゃらんニュース

身体が喜ぶヴィーガンメニュー

ヴィーガン(ビーガン)とは、肉、魚の他に、卵、乳製品など動物性食品を摂らないこと。健康に気を遣うモデルやハリウッドセレブの間で流行中の料理なんです。

1.BOTANIST cafe(ボタニスト カフェ)【渋谷区】

BOTANIST cafe
BOTANIST BURGER(ボタニストバーガー)ドリンク付き1,400円
BOTANIST cafe
BOTANICAL CARBONARA(ボタニカルカルボナーラ)1,200円
BOTANIST cafe
AVOCADO FLOWER TOAST(アボカドフラワートースト)1,000円

ボタニストバーガーは、ふわふわのバンズに挟まれているのは、深い味わい大豆のパテ。アボカドとたっぷりの野菜と一緒にいただきます。
コクのあるヴィーガンチーズと、オリジナルのオーロラ風ソースが味の決め手♪

ボタニカルカルボナーラは、見るからに濃厚なカルボナーラ風パスタですが、これもヴィーガン。
旬のグリーン野菜と米粉でできたもちもちのグルテンフリーパスタに、アーモンドミルクをベースにしたオリジナルのクリームソースが絡みます。

アボカドフラワートーストの上には、ひよこ豆とスパイスを混ぜ合わせた特製のフムスが。花のように美しく盛り付けられたアボカドの上に、ハーブ・ブラックセサミ・ヘンプシードがトッピングされています。

BOTANIST cafe(ボタニスト カフェ)
TEL/03-5766- 3778
住所/東京都渋谷区神宮前6丁目29-2 助川ビル2階
営業時間/ 11:00~20:00(L.O.フード19:00 ドリンク19:30)
定休日/不定休
アクセス/JR原宿駅より徒歩5分、東京メトロ明治神宮前駅より徒歩2分
「BOTANIST Tokyo」の詳細はこちら

情報提供元/株式会社I-ne

ヘルシーなお粥をカスタマイズ

安全な食や健康的な生活への意識が高まりを見せている中、罪悪感なく毎日飽きずに食べられるものを求める気持ちは自然なもの。

粥有十利 (しゅうゆうじり)という言葉にあるように、お粥には高い効能があります。

消化が良く、内臓への負担が少ない。疲れた身体、二日酔いで辛い身体を癒し、元気にしてくれる。そんなお粥は、日本の新しい外食文化の1つになるかもしれませんね。

2.CAYUZO(カユゾー)【目黒区】

CAYUZO
CAYUZO

「鶏粥」や「七種野菜のあんかけ粥」といった健康的かつヘルシーなメニューはもちろんのこと、和食材を利用した「上削花鰹×もろみ」、中華圏では欠かせない「八角(星の形をしたスパイス)角煮×パクチー」や「アラブ調味料デュカ×海老アボカド」など、斬新なメニューが続々登場。

白がゆ290円、フルセット(ドリンク+サラダ+一品料理+デザート)740円~というリーズナブルな価格設定も魅力的です。

お粥の内容は不定期で変更されるので、毎回新しい発見に出会えるかもしれません。

CAYUZO(カユゾー)
TEL/03-5738-8499
住所/東京都目黒区大橋2-22-3Mビル1階
営業時間/7:00~20:00(予定)
※変更の可能性あり
定休日/日曜(予定)
アクセス/東急線池尻大橋駅より徒歩2分
「CAYUZO(カユゾー)」の詳細はこちら

情報提供元/株式会社LCI(ライフカルチャーイノベーションズ)

アジア初上陸!カリフォルニア発の注目スイーツショップ

添加物ゼロ、白い糖や小麦粉不使用など体に害のある素材を一切使わず、
ひとつひとつ手作りで丁寧に作られているフローズンポップコーン。

お子様でも安心して食べることができます。

3.Sweet XO Good Grief(スウィート エックスオー グッド グリーフ)【渋谷区】

Sweet XO Good Grief

Sweet XO Good Grief

連日、お店の外まで行列ができるほど注目を集めている、Sweet XO Good Grief(スウィート エックスオー グッド グリーフ)。カルフォルニア発、アジア初上陸のお店です!

フローズンポップコーンをベースにジェラートや綿あめなどとコラボレーションしたメニューが、インスタ映えすることもありおすすめメニューになっています。

Sweet XO Good Grief(スウィート エックスオー グッド グリーフ)
住所/東京都渋谷区神宮前1-16-6原宿77ビル1階
営業時間/11:00~20:00
定休日/無休
「Sweet XO Good Grief(スウィート エックスオー グッド グリーフ)」の詳細はこちら

日本初!オーストラリア発祥の「ブリスボール」専門店

砂糖不使用、ドライフルーツやナッツ等100%自然素材からうまれた、罪悪感ゼロのおやつ「ブリスボール」。

見た目の美しさからもギフトとしても大好評です。

4.FOOD JEWELRY(フードジュエリー)【渋谷区】

FOOD JEWELRY

FOOD JEWELRY

オーストラリア発祥のギルトフリースイーツ「ブリスボール」が日本初の専門店。

しっとりとした食感のなかに、ナッツやドライフルーツのカリッとした歯ごたえが感じられ、食べごたえ抜群!

FOOD JEWELRY(フードジュエリー)
2018年1月10日(水)より渋谷ヒカリエストアにオープン(常設ストア)
住所/東京都渋谷区渋谷2丁目21-1 渋谷ヒカリエ ShinQs 地下2階
営業時間/10:00~21:00
「FOOD JEWELRY」の詳細はこちら

自然派ローカロリースイーツ専門店

1931年創業の天然甘味料専門メーカー「クインビーガーデン」が運営する、自然派ローカロリースイーツショップ「Lady Bear」。はちみつ・メープルシロップ・アガベシロップが持つ自然由来の甘さを使い、砂糖を極力控えたスイーツが店頭に並んでいます。

5.Lady Bear(レディ ベア)【渋谷区・中央区】

Lady Bear

Lady Bear

特に話題を集めているのは、見た目も美しいジャースイーツ。

甘酸っぱいはちみつ苺ジャムがアクセントの「はちみつパンナコッタ」や、果実がたっぷり入って1個98kcal以下の「クリスタルアガベ」など、季節により様々なラインナップが揃います。

ヘルシースイーツとは思えない個性豊かなスイーツは、見ているだけでも気分が上がります!

Lady Bear(レディ ベア) NEWoMan 新宿店
住所/東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 NEWoMan新宿 JR新宿駅 新南改札内 2階 エキナカ
営業時間/【平日】8:00~22:00【土日祝】8:00~21:30
定休日/無休

Lady Bear(レディ ベア)築地総本店
住所/東京都中央区築地 4-5-4 築地しろくまビル 1階
営業時間/10:00~18:00
定休日/土日祝
「Lady Bear」の詳細はこちら

まとめ

肉や魚を使用していないフードや、砂糖不使用のスイーツなど、罪悪感なく食べられるって嬉しいですよね。
チェックして、是非お店で味を確かめてみてください。

※この記事は2018年12月時点での情報です



出典元

出典元:じゃらんニュース

【じゃらん】有名温泉から穴場まで温泉旅館・ホテル5,000件以上が予約OK!


人気の国内ツアー

関連記事

旅行新聞 最新ニュース速報!

じゃらんの予約は旅行新聞

国内旅行ニュース

海外旅行ニュース

エアライン最新情報

楽天トラベルは旅行新聞

ホテル・旅館情報

Facebookでシェア twitterでツイート Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly ページ上部へ戻る