楽しいおでかけの思い出にもなる「お土産」。特にご当地の味を自宅でも楽しめるグルメ土産は、自分用に買っても、贈られてもうれしいもの。今回は、お酒のおつまみにピッタリな、お土産を厳選してご紹介します。 日本酒と合わせて食べた […]

楽しいおでかけの思い出にもなる「お土産」。特にご当地の味を自宅でも楽しめるグルメ土産は、自分用に買っても、贈られてもうれしいもの。今回は、お酒のおつまみにピッタリな、お土産を厳選してご紹介します。

日本酒と合わせて食べたい昔ながらのたくあんや、ワインとの相性も抜群のマカロンなど、変わり種も!お酒に合わせて楽しめるおつまみ選びのコツもお伝えします。ぜひチェックして、お酒と相性抜群のおいしいお土産を探してみてくださいね。

記事配信:じゃらんニュース

プロに聞く!お酒に合うおつまみ選び

お酒をより美味しく楽しむ、おつまみの合わせ方のコツ

皆さんはお酒を楽しむときのおつまみをどうやって選んでいますか?
ちょっとした合わせ方のコツを知っておくだけでお酒も格段においしくなります。
お土産選びでも活用できるので、お酒別の選び方をチェックしてみてくださいね!

アドバイスしてくれたのは日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)広報

日本酒:白いご飯に合わせるおかずに悩まないように、お米を原料とする日本酒も料理を選ばず合わせやすいお酒です。日本酒には和食と限定せずに、お米と合わせて味わうと考えると、組み合わせの幅も広がります。

焼酎:原料の持ち味が生きたお酒なので、主原料と相性のよいものを合わせると、お酒も料理もおいしくいただけます。例えば芋焼酎ならコクや甘みの強い味付け、麦焼酎ならさっぱりとしたサラダなどを合わせてみてください。

ビール:一般的に、色が淡いものは、味付けも淡い爽やかな風味のもの、色が濃いものは濃厚な味付けの料理と合う傾向にあります。

ワイン:もっとも分かりやすいのは、おつまみの色とワインの色を合わせるというものです。白ワインには白身魚や白身の肉、赤ワインには赤身の肉など色の濃い食材、というような感じで合わせてみましょう。

1.あまとうの「マロンコロン」【北海道】

地元に愛される名店のロングセラーお菓子!

あまとう 本店
3枚重ねで食べごたえもしっかりのサブレ、「マロンコロン」
あまとう 本店
和風の「抹茶マロンコロン」(1個180円)や、香りが特徴の「紅茶マロンコロン」(1個180円)、「いちごマロンコロン」(1個220円)など、バリエーションも豊富
あまとう 本店
地元に愛されている名店。1階はお菓子の販売、2階は喫茶室となっている

サクッとした口当たりと、オリジナルチョコレートのハーモニーが優しいサブレ「マロンコロン」。味はアーモンド、チーズ、カカオ、ウォルナッツの4種類。お酒のおつまみにスイーツなの?と思うかもしれませんが、チーズやナッツ類は、ワインやビールと相性が良いので、軽く一杯飲みたいときのおしゃれなおつまみとしても◎。

このおいしいお菓子をつくっているのは小樽にある「あまとう」。1929年創業の、地元に愛される洋菓子の老舗です。JR小樽駅近くにある本店は、1階が売店、2階は喫茶店となっています。小樽散策の後に、ゆっくり甘味をいただいて一息つくのもおすすめです。

お土産に買って帰りたい!という方には、JR「札幌」駅にもお店があるのでぜひチェックしてみてください。

あまとう 本店
TEL/0134-22-3942
住所/北海道小樽市稲穂2-16-18
営業時間/1階売店 10時~19時、2階喫茶 10時30分~19時
定休日/木曜日
アクセス/JR「小樽」駅より徒歩6分
料金/マロンコロン 1個195円、4個(箱入り)860円、10個(箱入り)2050円など
「あまとう 本店」の詳細はこちら

●賞味期限
製造日より2か月

●お土産に買うならこちらでも
札幌北口店(JR「札幌」駅構内)
住所/札幌市北区北6条西4丁目
営業時間/9時~20時(金・土~21時)

2.お菓子のくらたの「醤油マカロン」【秋田県】

老舗のコラボから誕生した和テイストの洋菓子

お菓子のくらた 東店
ふんわりとしたクリームのような「醤油マカロン」
お菓子のくらた 東店
お土産にもぴったりのパッケージ
お菓子のくらた 東店
米粉を使ったモチモチのスポンジ生地の「醤油ろうる」もおすすめ

マカロンといえば丸い形を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、この「醤油マカロン」は、一口大の円錐形。見た目はふんわりとしたクリームのような、醤油の香ばしさと口どけの良さが特徴の洋菓子です。

甘じょっぱいので、日本酒ならすっきりした飲み口の生酒(または生貯蔵酒)、ワインなら甘口のものと合わせるのがおすすめ。家飲みの締めのスイーツとしていただくのもよさそうです。

こんなおしゃれな、お菓子を生み出したのは、1853年創業の老舗「お菓子のくらた」。そして、お菓子に使う醤油も、同じ1853年創業の「安藤醸造」がつくっています。秋田の老舗のコラボスイーツには、ロールケーキの「醤油ろうる」などもあるので、ぜひチェックしてみてください!

お菓子のくらた 東店
TEL/018-889-3615
住所/秋田県秋田市広面字屋敷309
営業時間/9時~18時 ※喫茶コーナーは10時~17時
定休日/無休
アクセス/JR「秋田」駅より徒歩10分
料金/醤油マカロン1袋 460円、醤油ろうる 1本 1350円ほか
「お菓子のくらた 東店」の詳細はこちら

●賞味期限
製造日より60日間

●お土産に買うならこちらでも
JR「秋田」駅内 秋田ステーションビル トピコ2階
営業時間/8時~20時

3.銀座 三河屋の「昔のたくあん」【東京都】

江戸のスローフードを味わう!丁寧につくられた、たくあん

銀座 三河屋

銀座 三河屋
お土産にはもちろん、自宅用にも購入したい一品
銀座 三河屋
お店は銀座の「金春(こんぱる)通り」沿いにある

江戸時代から続く老舗「銀座 三河屋」による、完全無添加の昔なつかしい、すっぱいたくあん。

塩分は一般的なたくあんに比べて薄めの約4%。使用する大根は宮崎県田野町で栽培されたものを寒風で自然乾燥させたもの。

赤穂の海水塩、北海道の道南産天然昆布、そしてほのかな甘みを添える和歌山県かつらぎ町の柿の皮と糠…これらをすべて合わせ、半年以上漬け込まれたものが「昔のたくあん」です。

上質な味わいは、日本酒(純米酒)のおつまみにもぴったり。そのまま食べるのはもちろん、刻んで野菜サラダのアクセントにしてもおいしいですよ。

たくあんを使ったアレンジレシピを考えてみるのも楽しいですね!

銀座 三河屋
TEL/03-3571-0136
住所/東京都中央区銀座8-8-18
営業時間/11時~20時
定休日/日曜・祝日
アクセス/JR「新橋」駅より徒歩5分
料金/昔のたくあん 180g 648円
「銀座 三河屋」の詳細はこちら

●賞味期限
製造日より4か月(常温・開封後要冷蔵)

4.まめや 金澤 萬久の「有機大豆の炒り豆・みたらし豆」【石川県】

シンプルだからこそ原料にこだわった極上の一品

まめや 金澤 萬久
ていねいにつくられた炒り豆。和洋菓子店ならではの、みたらし風味に仕上げられた「みたらし豆」は是非食べてみたい
まめや 金澤 萬久
手描きの豆箱入りは、自分用にも買いたくなりますね
まめや 金澤 萬久
袋タイプも可愛らしい絵入り

ビールがついつい進む、おつまみといえば、炒り豆。シンプルだけど、味わい深い炒り豆をつくるのは、金沢の和洋菓子店「まめや金澤 萬久」。

石川をはじめとする国内産の有機大豆を使用した炒り豆は、ひとつひとつ手描きされた可愛らしい絵柄の白い豆皿入りです。

みたらし豆は、金沢の大野醤油、砂糖、唐辛子などで、みたらし風味に仕上げられたもの。冷えたビールのお供はもちろん、甘味とコクのある味なので、熟成したお酒と合わせてみるのもおすすめ。

スイーツとして豆を味わいたいなら、チョコレートでコーティングしたちょこ豆も!かりっとちょこ豆・ビター&抹茶(豆箱入り972円)は、大人のほろ苦いチョコレートが豆本来の味わいを引き立てている新しいおいしさです。

まめや 金澤萬久(かなざわよろずひさ)本店
TEL/076-258-3366
住所/石川県金沢市岩出町ハ50-1 ぶどうの木 本店敷地内
営業時間/9時30分~19時
定休日/不定休
料金/有機大豆の炒り豆・みたらし豆 豆箱入り972円、袋タイプ340円
アクセス/IRいしかわ鉄道「森本」駅より徒歩15分
「まめや 金澤 萬久」の詳細はこちら

●賞味期限
出荷日より約30日

●お土産に買うならこちらでも
JR「金沢」駅すぐ 金沢百番街 あんと
住所/金沢市木ノ新保町1-1
営業時間/8時30分~20時

5.おたべの「京町家ケーキ」【京都府】

和菓子なのに洋菓子!?生八つ橋が新食感のケーキに!

おたべ 本館
京町家ケーキ 抹茶
おたべ 本館
京町家ケーキ 黒糖きなこ
京町家ケーキ
パッケージには町屋の外観が描かれている(左:「宇治抹茶味」6個入り、右:「黒糖きなこ味」6個入り)
おたべ 本館
おたべ本館。お土産用に購入するなら、JR「京都」駅にもお店がある

生八つ橋と抹茶、京都のお土産として思い浮かぶ2つがコラボして、しかもケーキになってしまったと聞けば、一度は食べてみたいもの。

「宇治抹茶味」は抹茶の生八つ橋にふんわりとした抹茶ケーキと濃厚な黒豆あん入り抹茶チョコでサンドしたもので、「黒糖きなこ味」は黒糖を練り込んだもっちり食感の生八つ橋ときなこのスポンジ生地を黒糖あん入りきなこチョコでサンドしたものです。「京町家ケーキ」は、香りを楽しんでもらえるように、あえてにっきは使っていないんです。

お酒も甘いものも大好き!という人には、日本酒(純米酒系や生もと系)との組み合わせもおすすめ。日本酒はお米からできているので、和の食材が使われたスイーツとは相性がよいのです!京都で造られる日本酒と味わってみてはいかがでしょうか。

おたべ 本館
TEL/075-681-8284
住所/京都府京都市南区西九条高畠町35-2
営業時間/9時~18時
定休日/無休
アクセス/近鉄「十条」駅より徒歩10分
料金/京町家ケーキ 宇治抹茶味4個入り 821円、6個入り1166円、10個入り1922円/京町家ケーキ 黒糖きなこ味 6個入り1166円
※黒糖きなこ味をお求めの場合は、事前にご連絡をお願いいたします。
「おたべ 本館」の詳細はこちら

●賞味期限
製造日より10日間

●お土産に買うならこちらでも
JR「京都」駅 おたべ八条口店 (京都駅八条口 近鉄モール「みやこみち」内)
営業時間/9時~20時
※八条口店は、宇治抹茶味4個入り、6個入りのみの販売です。

6.八幡屋礒五郎の「七味マカロン」【長野県】

老舗の技!甘くてスパイシーな和テイストのマカロン

八幡屋礒五郎の「七味マカロン」
パステルカラーの「七味マカロン」
八幡屋礒五郎の「七味マカロン」
7種類のマカロンが、カラフルでオシャレな箱に入っていて、見た目も可愛らしい!
八幡屋礒五郎 本店
老舗の品格が感じられる八幡屋礒五郎 本店の外観

東京の浅草「やげん堀」、京都の清水「七味家本舗」そして信州の善光寺「八幡屋礒五郎」。これらは三大七味と呼ばれていて、それぞれに風味の特徴があります。このうちのひとつ「八幡屋礒五郎」は、江戸時代中期に七味唐辛子を善光寺の境内で売り出したことが始まりといわれているそうです。

そして現代。江戸時代から続く老舗が、七味の素材を使って、7種類のかわいらしいマカロンをつくりました。和を感じさせる色は、唐辛子・紫蘇・山椒・柚子・麻種(おたね)・生姜・胡麻と七味のそれぞれの素材が生かされています。アーモンドパウダーとメレンゲを混ぜて焼いた香ばしい生地に、七味の素材を加えたバタークリームがサンドされていて、甘いスイーツでありながら、和のスパイシーな味わいを楽しめます。

ビールやワインのおつまみとして、お土産にもぴったりです。

八幡屋礒五郎 本店(やわたやいそごろう)
TEL/026-232-8277
住所/長野県長野市大門83
営業時間/9時~18時30分
定休日/無休
アクセス/JR「長野」駅より徒歩20分
料金/七味マカロン 1個154円、1箱(7個入り)1218円
「八幡屋礒五郎 本店」の詳細はこちら

●賞味期限
製造日より冷蔵保存で5日間

●お土産に買うならこちらでも
JR「長野」駅 駅ビルMIDORI 長野店2階(信州おみやげ館ORAHOエリア内)
営業時間/9時~20時

まとめ

いかがでしたか。お酒にマッチするおつまみの選び方を参考に、お土産探しを楽しんでみてくださいね。スイーツ系からしょっぱいおつまみ系まで意外な組み合わに出会えるかもしれません。

※この記事は2018年12月時点での情報です



出典元

出典元:じゃらんニュース

【じゃらん】有名温泉から穴場まで温泉旅館・ホテル5,000件以上が予約OK!


人気の国内ツアー

関連記事

旅行新聞 最新ニュース速報!

じゃらんの予約は旅行新聞

国内旅行ニュース

海外旅行ニュース

エアライン最新情報

楽天トラベルは旅行新聞

ホテル・旅館情報

Facebookでシェア twitterでツイート Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly ページ上部へ戻る