「厄年だから、厄払いか厄除けにおすすめの神社やお寺が近くにないかな?」なんて話を耳にするけど、そもそも厄年って何?実際にどこで何をすればいいのかな? そんな疑問ともこれでサヨナラ!厄年を迎えたら、いつどこで何をするべきか […]

「厄年だから、厄払いか厄除けにおすすめの神社やお寺が近くにないかな?」なんて話を耳にするけど、そもそも厄年って何?実際にどこで何をすればいいのかな?
そんな疑問ともこれでサヨナラ!厄年を迎えたら、いつどこで何をするべきか解説します。
厄年に行きたい、全国でも厄払い・厄除けに御利益があると評判の寺社をご紹介します。

記事配信:じゃらんニュース
※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

<目次>
■厄年って何?
■2019年の厄年は何年生まれの人?
■厄払い・厄除けにおすすめの寺社はコチラ!

厄年って何?

厄年は誰にでも訪れます

厄年には良くないことが起こる?

厄年とは数え年で男性が25・42・61歳、女性が19・33・37・61歳になる1年間のことを呼び、その前年を前厄、後年を後厄として、それぞれ3年間の注意を促しています。中でも男性42歳、女性33歳は「大厄」と呼び、特に注意が必要な年齢です。

厄年の時には変化や人生の転機が訪れる人が多いと言われ、予期せぬ災難にあいやすく、体調や精神的にも落ち着かないことが増える傾向にあるそうです。

この年齢での進学・就職・転職・昇進・退職・結婚・出産など、ちょっと考えただけでも思い当たる人もいるのでは?

何をすればいいの?

では、厄年の年齢になったら、災厄を回避するために何をすればいいか悩みますよね。

厄年になったら、旧暦のお正月でもある「節分」の前までに神社やお寺で厄払い・厄除けの祈祷をしてもらいます。多くの寺社で祈祷の受付をしているので、事前に確認しておくと確実です。
また、祈祷を受ける時の服装は男女とも露出が少なく、煌びやかではないものが好ましいと言われているので、気を付けてくださいね。

1月1日から厄年が始まるので、初詣と一緒に厄払い・厄除けをするのがおすすめです。

※災厄を除くために祈祷することを、神社では厄払い、お寺では厄除けと呼びます。
※厄年の数え方や行事、祈祷に最適の時期、祈祷料等は地域や寺社ごとで異なります。

2019年の厄年は何年生まれの人?

該当する年齢の方は厄払い・厄除けへ

男性はコチラ▽

2019年の厄年 男性

女性はコチラ▽

2019年の厄年 女性

※[]内の年齢は数え年での年齢です。

厄払い・厄除けにおすすめの寺社はコチラ!

【北海道】 北海道神宮

北海道神宮

出典:じゃらん 観光ガイド 北海道神宮

北海道の総鎮守。創建1869年。約18万平方メートルの境内地は桜の名所となっている。毎年、初詣をはじめ、多くの参拝客が訪れるほか、6月には北海道神宮例祭(札幌まつり)が開かれ、お囃子にのって神輿や山車が市内を練り歩く姿が見られる。

口コミピックアップ

近くに住んでおり、友達と厄払いに行ったのが初めて。その後も札幌を離れましたが、度々行きます。気持ちがキュット引き締まる大切な場所です。
(行った時期:2018年10月)

お参りに訪問。拝殿まで森の中を歩くのですが浄化される気がします。心穏やかになれますね。お参りをかねてまわりをゆっくりあるくことをおすすめいたします。きっと良いことがありますよ。
(行った時期:2018年2月)

北海道神宮
住所/北海道札幌市中央区宮ヶ丘474
「北海道神宮」の詳細はこちら

【福島県】 開成山大神宮(みちのくのお伊勢様)

開成山大神宮(みちのくのお伊勢様)
出典:じゃらん 観光ガイド 開成山大神宮(みちのくのお伊勢様)

伊勢神宮の御分霊としては我が国で唯一のものといわれ、東北のお伊勢様として信仰をあつめている。

口コミピックアップ

東北のお伊勢様と言われています。寺社仏閣巡りからは外せません。さくらの季節だけでなく開成山公園に行った時には必ずお参りしています。
(行った時期:2017年9月)

家族で七五三や厄払いなどに利用しています。今年も家族のお祓いに行こうと思っています!(*^^*)お祭りも楽しんでいます。
(行った時期:2017年4月)

開成山大神宮(みちのくのお伊勢様)
住所/福島県郡山市開成3-1-38
「開成山大神宮(みちのくのお伊勢様)」の詳細はこちら

【栃木県】 惣宗寺(佐野厄よけ大師)

惣宗寺(佐野厄よけ大師)
出典:じゃらん 観光ガイド 惣宗寺(佐野厄よけ大師)

比叡山18世座主元三大師を祀るため元三大師と呼ばれる。

口コミピックアップ

厄年なのか、厄ばかりでした。なので厄払い出来て良かったです。厄を払いすっきりしました。良いお寺です。
(行った時期:2017年7月)

厄年だったので、お正月に早速厄払いに行きました。一般の初詣の人と列が分かれていて、家族みんなで入れました。
(行った時期:2017年1月)

惣宗寺(佐野厄よけ大師)
住所/栃木県佐野市金井上町2233
「惣宗寺(佐野厄よけ大師)」の詳細はこちら

【神奈川県】 寒川神社

寒川神社
出典:じゃらん 観光ガイド 寒川神社

口コミピックアップ

神奈川のパワースポットで有名場所です。八方除け神社で厄祓いは全てこちらでお願いしました。境内は全て石畳になったのでとても歩きやすく、スロープもあるのでベビーカーでも安心です。お土産には赤福に似た八福餅!美味しくてオススメです。
(行った時期:2017年8月)

日本でも、お目にかかれない
八方除、すべての邪気
災難を払うという本当に
有り難い神社。
大パワースポットにあやかりたい
参拝客が多く訪れています。
(行った時期:2017年2月)

寒川神社
住所/神奈川県高座郡寒川町宮山3916
「寒川神社」の詳細はこちら

【静岡県】 法多山尊永寺

法多山尊永寺
出典:じゃらん 観光ガイド 法多山尊永寺

口コミピックアップ

法多山尊永寺は遠州三山の1つに数えられています。
とても広い境内を持つ寺で、参道沿いには門前町もあります。
厄除の寺として有名なので、年始には多くの参拝者が訪れるそうです。
(行った時期:2017年4月10日)

静岡では厄除けで有名なお寺です。御守の袋が選べるのも楽しいです。
参拝後に参道でいただく厄除け団子が絶品です。
(行った時期:2015年6月)

法多山尊永寺
住所/静岡県袋井市豊沢2777
「法多山尊永寺」の詳細はこちら

【三重県】 松尾観音寺

松尾観音寺
出典:じゃらん 観光ガイド 松尾観音寺

僧行基の作であるご本尊の十一面観音菩薩は、日本で最も古い厄除けの観音様として言い伝えられている。龍神伝説にちなんだ昇龍つつじも有名。

口コミピックアップ

『松尾観音寺』さんは、『日本最古の厄除け観音』として、親しまれている観音寺さんです。『龍神伝説』が有名です。
(行った時期:2016年8月)

松尾観音寺
住所/三重県伊勢市楠部町156-6
「松尾観音寺」の詳細はこちら

【京都府】 石清水八幡宮

石清水八幡宮
出典:じゃらん 観光ガイド 石清水八幡宮

口コミピックアップ

予想以上のパワースポットでした。空気がガラリと変わる場所がいくつかあって、穢れを払ってもらった気がしました。特に、岩清水社は本殿から少し降りたところにあるのですが、すごいパワーを感じます。是非お参りしてください。
(行った時期:2018年5月16日)

石清水八幡宮
住所/京都府八幡市八幡高坊30(男山山上)
「石清水八幡宮」の詳細はこちら

【兵庫県】 東光寺(門戸厄神)

東光寺(門戸厄神)
出典:じゃらん 観光ガイド 東光寺(門戸厄神)

門戸の厄神さんとして親しまれ、毎年1月18日、19日の厄除け大祭には多くの参詣者でにぎわう。

口コミピックアップ

関西では有名な厄除けのお寺です。
境内にはご利益があるという延命魂と言われる木や像があります。摂津国八十八箇所、西国愛染や薬師等の巡礼も出来ますので、効率よくお参りが出来ますね。
車での訪問も可能ですが、車一台でいっぱいの細い道を上る(下る)必要があるので運転に自信が無い方は徒歩での参拝をお勧めします。
(行った時期:2018年6月9日)

昨年に引き続き、後厄ということで伺いました。
関西で厄払いといえばここ!というくらい有名なところです。
昨年同様悪い事が起きないようにお参りしてきました。
(行った時期:2017年1月)

東光寺(門戸厄神)
住所/兵庫県西宮市門戸西町2-26
「東光寺(門戸厄神)」の詳細はこちら

【岡山県】 倉敷由加山

倉敷由加山
出典:じゃらん 観光ガイド 倉敷由加山

口コミピックアップ

日本三大権現の一つであり、厄除けのご利益でも有名なスポットです。比較的人出はありましたが、厄除けのお参りをしてすっきりした気分になれました。
(行った時期:2017年8月)

年始の初詣や厄除け必ず由加山で行います。厄除けは特に有名なようで県外の方々も沢山お参りに来られています。
(行った時期:2016年1月)

倉敷由加山
住所/岡山県倉敷市児島由加山2852番地
「倉敷由加山」の詳細はこちら

【徳島県】 薬王寺

薬王寺
出典:じゃらん 観光ガイド 薬王寺

四国88カ所霊場、第23番札所。厄除根本御祈願所として知られる。

口コミピックアップ

地元では厄祓いで有名なお寺。県外からも多くの方が参拝に来られています。
男厄坂、女厄坂などがあり、階段にお賽銭を置いて歩くことで厄祓いになるとのこと。
一番上まで登ると景色がよく、空気もきれいで気持ちが晴れやかになりました。
(行った時期:2018年8月)

厄年になってしまったので、家族で厄払いに行きました。男坂を上りながら、1円玉を落とすことで、厄を落とすことになるそうです。
(行った時期:2017年9月)

薬王寺
住所/徳島県海部郡美波町奥河内字寺前285-1
「薬王寺」の詳細はこちら

【福岡県】 愛宕神社

愛宕神社
出典:じゃらん 観光ガイド 愛宕神社

火徳の神、厄除け、禁酒・禁煙その他の禁断の神として崇敬される。

口コミピックアップ

厄除け祈願のために、愛宕神社へ行きました、車がなくても室見駅から歩いて行けます。本殿はとても立派で、パワーをもらいました。
(行った時期:2018年9月)

高台にある神社で、海や福岡タワーを見渡すことができいい眺めでした。厄年でしたので、厄除けのお参りをしました。
(行った時期:2018年8月)

愛宕神社
住所/福岡県福岡市西区愛宕2-7-1
「愛宕神社」の詳細はこちら

まとめ

これで厄年も怖くない!しっかり厄払い・厄除けをして、心安らかに過ごせるといいですね。

※この記事は2018年12月時点での情報です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください



出典元

出典元:じゃらんニュース

【じゃらん】有名温泉から穴場まで温泉旅館・ホテル5,000件以上が予約OK!


人気の国内ツアー

関連記事

旅行新聞 最新ニュース速報!

国内旅行ニュース

  1. さぎの湯荘
  2. タクシーデリバリーができる飲食店
  3. 十和田湖
  4. 夏油温泉 元湯夏油
  5. Go Toキャンペーン運営事務局の公募開始、「観光」「飲食」など4分野を一括調整、6月8日まで
  6. 若竹の杜 若山農場
  7. 寝台列車
  8. クルック、オンライン体験商品の提供を開始、国内旅行商品も拡充、事業者向けにはニューノーマル支援サイトを立ち上げ

海外旅行ニュース

エアライン最新情報

  1. JTA、4月旅客数84.3%減 利用率21.8%
  2. ANA元機長「バレなければいい」飲酒問題、国交省に報告書提出
  3. エア・カナダ・カーゴ、欧州と南米の計5都市にネットワークを拡大
  4. オーストリア航空が6月15日から運航再開、6月中に37都市に就航
  5. マーティンエアーカーゴが貨物路線を拡大、就航地は67都市に回復
  6. ユナイテッド航空、制服生地を再活用したマスクを従業員に提供
  7. イベリアの短中距離線、7月に40都市 8月には53都市へ運航再開へ
楽天トラベルは旅行新聞

ホテル・旅館情報

  1. コロナ禍を乗り越える温泉旅館の挑戦、休館中の新たな取り組みから営業再開への思いまで経営者に聞いた
  2. 『ディナーセット』・『お弁当』ホテルの味をご家庭に
  3. 世界大手の旅行BtoB「ホテルベッズ」、予約システムにパートナー事業者の公衆衛生ガイドラインを表示
  4. いまこく テイクアウト
  5. 【テイクアウト】日替わり洋風弁当&ランチBOX
  6. 定額制住み放題サービス「ADDress」、ホテル・旅館と連携、新たな住み方・リモートワークなどのニーズに対応
  7. 変なホテル、家族向けにロボットと滞在するテレワークプラン、仕事中はロボットが子どもの遊び相手に
  8. 星のや京都、夏の風物詩「鵜飼」を1日1組限定で、宿泊客限定、3密ない貸切船で1人6.5万円
Facebookでシェア twitterでツイート Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly ページ上部へ戻る