いよいよ2019年の幕開け。 今年は「平成最後」で、新しい元号がスタートする年。 メディアでは「平成最後」が声高に叫ばれていますが、ここ三重県の伊勢神宮は本当に関わりが深い場所。 伊勢神宮内宮では皇室の御先祖と言われる最 […]

いよいよ2019年の幕開け。
今年は「平成最後」で、新しい元号がスタートする年。

メディアでは「平成最後」が声高に叫ばれていますが、ここ三重県の伊勢神宮は本当に関わりが深い場所。
伊勢神宮内宮では皇室の御先祖と言われる最高位の神様、天照大御神(あまてらすおおみかみ)をお祀りしています。

改元を迎える2019年。まさに今が「平成最後の初詣」の機会!
そこで今回は改めて参拝マナーや伊勢神宮のQ&Aをお伝えするとともに、参道のあったかグルメや開運グッズをご紹介!
混雑回避術も参考にぜひ初詣に訪れてみて下さい。

記事配信:じゃらんニュース

事前にチェック!初詣のアクセス術

1. スムーズに行くなら電車がオススメ
渋滞必至のため電車が楽ちん。
名古屋駅から発車する各電鉄では参拝用フリー切符や、周辺の観光地の入館券をセットにした切符を販売しています。
どう過ごしたいかを考えて切符を探しましょう。

2. 車で行くなら「パーク&バスライド」
初詣時期の神宮付近は、駐車はおろか通行も禁止。
少し離れた「三重県営サンアリーナ」が臨時駐車場になりシャトルバスが運行します。
駐車1台1000円でシャトルバス乗車は無料。

3. 泊まればゆったり早朝参拝もできる!
前日から泊まりで行けば朝5時からの開門に合わせ、人の少ない早朝に参拝できるのが魅力です。

伊勢詣の基本のキ!

天照大御神(あまてらすおおみかみ)をお祀りする日本神社界の中心的存在。
伊勢神宮とは内宮と外宮以外の別宮を合わせた125社の総称。
正式名称はずばり「神宮」。その名からも他の神社とは別格だと分かります。
内宮では皇室の御先祖と言われる最高位の神様、天照大御神をお祀りしています。

外宮から内宮の順にお参りするのが習わし。
神宮のお祭りが外宮から先に行われるのにならい、まずは外宮、その後に内宮をお参りするのが基本。
両宮間は3種のバスが運行していて約10分間とアクセスも良いですよ。
時間があれば両宮はもちろん、別宮にもお参りをしよう。

伊勢神宮 外宮(豊受大神宮)

伊勢神宮 外宮(豊受大神宮)

天照大御神の食事を司る神様。
天照大御神に食事を供えるため1500年前に呼ばれた豊受大御神(とようけのおおみかみ)を祀ります。
外宮の由来は「外にある宮」という意味で、実は内宮と同列ではないんです。

伊勢神宮 内宮(皇大神宮)

伊勢神宮 内宮(皇大神宮)

日本の最高神が鎮座する。
皇室の御祖神で太陽にも例えられる天照大御神を祀ります。
皇位のしるしとなる三種の神器のひとつ、八咫鏡(やたのかがみ)がご神体。
約2000年前より鎮座する日本最高位の神社です。

伊勢神宮 外宮(豊受大神宮)(とようけだいじんぐう)
TEL/0596-24-1111(神宮司庁)
住所/伊勢市豊川町279
参拝時間/12月:5時~17時、1月~4月:5時~18時
定休日/なし
料金/参拝自由
アクセス/JR・近鉄伊勢市駅より徒歩5分

伊勢神宮 内宮(皇大神宮)(こうたいじんぐう)
TEL/0596-24-1111(神宮司庁)
住所/伊勢市宇治館町1
参拝時間/12月:5時~17時、1月~4月:5時~18時
定休日/なし
料金/参拝自由
アクセス/JR・近鉄伊勢市駅より三重交通バスで16分
「伊勢神宮」の詳細はこちら

内宮周辺「おかげ横丁・おはらい町」

内宮から北へ続くおかげ横丁・おはらい町は、伝統的な建物が並び江戸時代にタイムスリップした雰囲気。
グルメやお土産を堪能しよう!

赤福本店

赤福本店
赤福ぜんざい520円

ぜんざいは冬季限定メニュー!
三重を代表する名物としておなじみの赤福。
店舗では冬季限定でぜんざいを提供。
丁寧に炊き上げた雑味のない小豆に、こんがり香ばしい餅がよく合います。

赤福本店
TEL/0596-22-7000
営業時間/5時~17時(赤福ぜんざいは9時~)※繁忙期時間変更有
定休日/なし
「赤福本店」の詳細はこちら

宮忠

宮忠
三角錐盛り塩固め器1140円

自宅を清めて、運気をアップ!
宮大工が造る神棚や神具の専門店で、神宮の盛り塩と同じ形を簡単に作ることができるグッズを発見。
塩を詰めてひっくり返すだけ。自宅で作って穢れを払いましょう。

宮忠(みやちゅう)
TEL/0596-23-8839
営業時間/9時30分~17時30分
定休日/なし

かみなりや

かみなりや
擬革紙(ぎかくし)の名刺入れ5400円

新しい小物を揃えて新年をスタート。
店内にはスタイリッシュな革製品がずらりと並びます。
擬革紙とは江戸時代に革を模して作られた紙。
5年前に「三重県指定伝統工芸品」に認定されています。
新年最初に持てば仕事の運気も上がりそう!

かみなりや
TEL/0596-26-1333
営業時間/9時30分~17時30分※季節により異なる
定休日/なし

豚捨

おかげ横丁 豚捨
コロッケ100円

サクサクで何個でもいけそう♪
2019年で創業110年を迎える和牛卸し&レストラン。
屋号とは異なりコロッケは和牛のみ。
衣はサクサク、中身はホクホクの味を求め、多くの人が行列を作る人気メニュー。

豚捨(ぶたすて)
TEL/0596-23-8802
営業時間/9時30分~17時30分※季節により異なる
定休日/なし

神路屋

神路屋
御朱印帳1944円~
神路屋
伊勢桧(いせひのき)の御朱印帳2376円

デザイン豊富な御朱印帳が揃う。
伝統工芸品と生活道具を扱う店。
御朱印帳はイマドキのオシャレな柄から、本格的な工芸品まで幅広いラインナップ。
しおりやバンドなど御朱印帳の周辺グッズも揃います。

神路屋(かみじや)
TEL/0596-23-8822
営業時間/9時30分~17時30分※季節により異なる
定休日/なし
「神路屋」の詳細はこちら

伊勢角屋麦酒 内宮前店

伊勢角屋麦酒 内宮前店
浦村産カキフライ串5粒550円

ビール×カキフライが最高!
古代米を使ったビールなど珍しい地ビールが揃っています。
食べ歩きできるカキフライは浦村産の新鮮な牡蠣を使用したもの。
大きな身に大満足!

伊勢角屋麦酒 内宮前店(いせかどやビール)
TEL/0596-23-8773
営業時間/11時~20時(LO19時30分)※木は~15時
定休日/なし
「伊勢角屋麦酒 内宮前店」の詳細はこちら

若松屋

若松屋
ひりょうず350円

9種の具が入る熱々グルメ。
豆腐をまぜたすり身に、たけのこや枝豆、うずら卵など9種の具が入った「ひりょうず」が人気商品。
その場で出来立てをくれるのでほっかほか!

若松屋
TEL/0596-23-8833
営業時間/9時30分~17時30分※季節により異なる
定休日/なし
「若松屋」の詳細はこちら

吉兆招福亭

吉兆招福亭
招き猫おみくじ350円

招き猫だらけの専門店。
人気は招き猫型のおみくじ。
おしりのヒモをひっぱると結果が出ます。
招き猫の専門店だけあって所狭しと商品が並び、上げたい運気によって選べます。

吉兆招福亭(きっちょうしょうふくてい)
TEL/0596-23-8852
営業時間/9時30分~17時30分※季節により異なる
定休日/なし
「吉兆招福亭」の詳細はこちら

おみやげや

おみやげや
上)おかげ犬御守木札432円、下)おかげ犬みくじ350円

かみなりや

キュートなおみくじで運だめし。
「おかげ犬」をモチーフにしたグッズが揃う店。
背中のおみくじを取ればオブジェとしても使えます。
白・黒・黄と3種類あるので、好みの色を探して。

おみやげや
TEL/0596-23-8838
営業時間/9時30分~17時30分※季節により異なる
定休日/なし

>>>次ページは、外宮周辺グルメ・開運グッズと、今更聞けない参拝マナーをご紹介!



出典元

出典元:じゃらんニュース

【じゃらん】有名温泉から穴場まで温泉旅館・ホテル5,000件以上が予約OK!


人気の国内ツアー

関連記事

旅行新聞 最新ニュース速報!

じゃらんの予約は旅行新聞

国内旅行ニュース

海外旅行ニュース

エアライン最新情報

楽天トラベルは旅行新聞

ホテル・旅館情報

Facebookでシェア twitterでツイート Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly ページ上部へ戻る