世界自然遺産に登録されている東京都の離島、小笠原諸島。 日本のどこにもない圧倒的な自然は、時間をかけても訪れる価値アリ! 日常から遠く離れた場所で、思いっきり自然に触れ、リフレッシュしたい!という方にぴったりです。 今回 […]

世界自然遺産に登録されている東京都の離島、小笠原諸島。
日本のどこにもない圧倒的な自然は、時間をかけても訪れる価値アリ!

日常から遠く離れた場所で、思いっきり自然に触れ、リフレッシュしたい!という方にぴったりです。

今回は島旅のプロとして、離島と島旅の情報サイトを運営する島旅研究家「いづやん」氏に、小笠原諸島でおすすめの観光スポット・グルメを教えていただきました!
長時間移動のコツもお伝えします。

記事配信:じゃらんニュース

<目次>
■小笠原諸島までのアクセスと長時間移動のコツ
■小笠原諸島の魅力とは?
■小笠原諸島のおすすめ観光スポット
■小笠原諸島のおすすめグルメ


■小笠原諸島までのアクセスと長時間移動のコツ

世界自然遺産、小笠原諸島(写真は南島)
世界自然遺産、小笠原諸島(写真は南島)

アクセスは海路のみ!

小笠原諸島のうち、人が暮らすのは父島と母島のみ。アクセスは海路しかなく、東京の竹芝桟橋から父島行きの定期船「おがさわら丸」が就航しています。空路はありません。

「おがさわら丸」は竹芝客船ターミナルを午前11時に出港し、24時間の航海を経て、翌日午前11時に父島の二見港に入港します。通常は、ほぼ一週間に一便が運航しており、ピークシーズンには3・4日に一度のペースになります。

母島へは、父島から「ははじま丸」が就航しています。通常午前12時に出港し、2時間の航海となります。ははじま丸の船客待合所は、おがさわら丸の船客待合所から徒歩1分の場所です。

長時間移動でも大丈夫!プロが教える移動のコツ

24時間の船旅には、とにかく楽な格好が重要。乗船後、自分の席に荷物を置いたら、寝起きが楽な部屋着やサンダルに着替えましょう。

晴れていれば売店でビールやドリンクを買ってデッキに出て海を眺めながらのんびりしても良いですし、レストランも朝昼夜と営業しているので、食事をしたり、飲んだりすることができます。

長い船旅で退屈したら、楽な格好で食べたり横になったり、外に出てみたり、と数時間ごとに気分を変えましょう。シャワールームも綺麗なので、気分転換を兼ねてシャワーを浴びてもいいと思います。

到着後の旅本番に備え、体力を温存のためにひたすら寝るのもひとつの手です。

小港海岸
小港海岸(父島)


■小笠原諸島の魅力とは?

母島・乳房山
日本のどこにもない自然に出会える(写真は母島・乳房山)

手つかずの大自然が残る「東洋のガラパゴス」
東京から南に1000km、大小約30の島々で構成される小笠原諸島。聟島(むこじま)列島、父島列島、母島列島、西之島、火山列島(硫黄列島)、南鳥島、沖ノ鳥島から成り、父島・母島以外は人の住まない無人島です(硫黄島と南鳥島には、自衛隊や気象庁職員が駐留)。

小笠原諸島は世界自然遺産に登録されているとおり、日本のどこにもない自然が魅力です。
大陸と陸続きになったことがなく、小笠原固有の動植物が数多く生息し、気候も亜熱帯気候。船で上陸した瞬間から「空気が違う」のが感じられるほどです。

ジニービーチ
ジニービーチ(父島)

エメラルドグリーンの印象が強い沖縄の海とは違い、周囲が深海であるため「ボニンブルー」と呼ばれる深い群青の海では、サンゴ礁や熱帯魚をシュノーケルでも簡単に見ることができます。
ダイビングでは大物を見ることができるので、ダイバーにとっても小笠原の海はとても魅力的。
船で沖に出ればミナミハンドウイルカやハシナガイルカ、ザトウクジラやマッコウクジラを観察することができます。

山に目を向ければ南方のジャングル、とも感じられる森が広がり、トレッキングも楽しめます。運が良ければ小笠原固有の鳥やオオコウモリを見ることもできるかもしれません。

島内をただ気ままに歩いて海を眺めるだけでも、緑の濃さと海の青さに癒やされること間違いなし。周囲に都市や他の島がないので、晴れれば夜空いっぱいの星空は確実に見ることが出来ます。

どこを見ても、目の覚めるような光景が続く、それが小笠原の魅力かもしれません。


■小笠原諸島のおすすめ観光スポット

小港海岸(父島)

白い砂浜で海水浴や星空観察を

小港海岸
砂浜が美しい小港海岸

真っ白な砂浜が広がる海水浴場。遠浅で泳ぎにも最適ですが、民家が近くになく周囲が丘に囲まれていることから、星空観察にも最適です。

小港海岸
住所/東京都小笠原村父島
アクセス/(1)商工観光会館「B-しっぷ」からバスで17分(小港海岸下車徒歩2分) (2)商工観光会館「B-しっぷ」から車で17分(駐車場から徒歩2分)
「小港海岸」の詳細はこちら

境浦と濱江丸(父島)

気軽に冒険気分を味わえる

境浦と濱江丸

メイン集落の大村から車で5分のところにある静かな海岸。少し沖には太平洋戦争時に沖で被雷して座礁した濱江丸の姿があり、シュノーケルでも見に行くことができます。

ちょっとした冒険気分を気軽に味わえる場所です。

濱江丸
出典:じゃらん 観光ガイド 濱江丸
境浦と濱江丸
住所/東京都小笠原村父島字境浦
アクセス/(1)商工観光会館「B-しっぷ」からバスで6分(境浦海岸下車徒歩3分)
(2)商工観光会館「B-しっぷ」から車で6分(駐車場から徒歩3分)
「境浦と濱江丸」の詳細はこちら

ジニービーチ(父島)

歩いては行けない美しいビーチ

ジニービーチ

父島の南西に位置するジニービーチは、すぐ南にある南島と同じ石灰岩からできた真っ白な砂のビーチ。
歩いていくことはできず、シーカヤックなどで上陸することになりますが、真っ白な砂と海のコントラストが素晴らしく、行ける機会があればぜひチャレンジしてもらいたいです。

ジニービーチ
住所/東京都小笠原村父島
アクセス/シーカヤックや遊覧船から泳いで上陸可
「ジニービーチ」の詳細はこちら

旭山(父島)

船が出入りする二見港の街並みと海を一望できる

旭山から二見湾を望む
旭山から二見湾を望む(海に浮かんでいる生け簀は2019年4月時点は無い)

父島の北に位置する旭山に登れば、船が到着する二見港の町並みと二見湾の海を一望できます。そのまま絵葉書にできそうな、美しい風景写真を撮ることができますよ。

旭山
住所/東京都小笠原村父島
アクセス/商工観光会館「B-しっぷ」から車で11分(下車徒歩30分)
「旭山」の詳細はこちら

小笠原ビジターセンター(父島)

小笠原ビジターセンター
小笠原ビジターセンターで旅行中の計画を立てよう

小笠原を初めて訪れたなら、まずはここで情報収集。小笠原の自然、歴史、文化などを知ることができる施設です。
各種パンフレットや地図などももらうことができるので、滞在の予定を組み立てるのに役に立ちます。
もちろん、小笠原にしかいない固有種などの珍しい動植物や、島の歴史などの展示も充実しています。

小笠原ビジターセンター
館内の展示やガイドウォーク、各種プログラムも充実している
小笠原ビジターセンター
住所/東京都小笠原村父島字西町
営業時間/8:30~17:00
定休日/おがさわら丸出港中(観光船入港時、GW・夏期などは開館。詳細はHPをご確認ください)
アクセス/父島二見港から徒歩5分
駐車場/約8台(無料)
料金/無料
「小笠原ビジターセンター」の詳細はこちら

ウェザーステーション展望台(父島)

潮騒に包まれながらサンセットを望む

ウェザーステーション展望台
夕日と広い海に癒されよう

父島随一の夕日スポットといえば、ウェザーステーション展望台。晴れた日の夕暮れは島民や観光客が集まり、夕暮れを眺めています。

冬場ならここからザトウクジラのブローやブリーチが見られることも。何もなくても本やビールを持ち込んでのんびりするにもうってつけの場所です。

ウェザーステーション展望台
住所/東京都小笠原村父島字西町
アクセス/(1)商工観光会館「B-しっぷ」から徒歩で40分 、(2)商工観光会館「B-しっぷ」から車で7分 、(3)商工観光会館「B-しっぷ」からバスで5分(三日月山入口下車徒歩20分)
「ウェザーステーション展望台」の詳細はこちら

長崎展望台(父島)

父島の北東端から絶景を望む

長崎展望台
フォトスポットの展望台

父島の北東端にある長崎からは、向かいの兄島との間にある兄島瀬戸の真っ青な海を眺めることができます。ここは瀬戸なので川のように潮が流れる様子が見られます。

ほどよい高さから島と海の様子を簡単に写真に収められる場所としておすすめです。

長崎展望台
住所/東京都小笠原村父島
アクセス/商工観光会館「B-しっぷ」から車で8分
「長崎展望台」の詳細はこちら

釣浜(父島)

長崎から遊歩道で向かえる釣り場

釣浜
出典:じゃらん 観光ガイド 釣浜

上記の長崎から遊歩道で行くことのできる小さな浜。遊歩道を行く途中から見えるアップダウンのある道と兄島瀬戸の景色も絶景なのでぜひ。

名前の通り釣り場なので魚がいて、サンゴも群生しているのでシュノーケルにはもってこいですが、瀬戸は潮の流れが早く危険なため、浜辺からは離れないようにしてください。

釣浜
住所/東京都小笠原村父島
アクセス/(1)商工観光会館「B-しっぷ」から車で5分(下車徒歩6分) (2)商工観光会館「B-しっぷ」からバスで5分(清瀬下車徒歩25分)
「釣浜」の詳細はこちら

南島

「沈水カルスト地形」の無人島

南島
真っ白な砂浜の南島

父島のすぐ南西にある無人島。世界的にも珍しい沈水カルスト地形で、自然保護のために1日の入島は100人までと決められています。

石灰岩由来の島のため、島内にある砂浜は真っ白。南島の象徴である扇池はその名の通り扇状に広がった砂浜と、波の影響で岩壁に空いた穴が自然のアーチを作り、まるで絵に描いたような風景を作り出しています。

ツアー船やシーカヤックなどに乗らないと行けない場所ですが、小笠原に来たら必ず訪れておきたい場所です。

南島
住所/東京都小笠原村
アクセス/遊覧船やシーカヤックにより上陸可能
「南島」の詳細はこちら

>母島の観光スポットやグルメ情報は次のページ!



出典元

出典元:じゃらんニュース

【じゃらん】有名温泉から穴場まで温泉旅館・ホテル5,000件以上が予約OK!


人気の国内ツアー

関連記事

旅行新聞 最新ニュース速報!

国内旅行ニュース

  1. 有馬本温泉 金の湯
  2. 全国のお父さんに聞いた「父の日、本当は何が欲しい?」
  3. イケアの「おうち時間を楽しくする」アイテム
  4. 愛犬
  5. 香嵐渓
  6. 「メゾンブレモンド1830」のフルーツバルサミコを楽しもう!
  7. ご当地パン
  8. 世界遺産クイズ

海外旅行ニュース

エアライン最新情報

  1. エアブリッジ・カーゴ・エア、500トンの病院用ベッドをモスクワへ輸送
  2. フィリピン航空、6月から定期便の運航再開 移動制限の大幅緩和で
  3. タイの国内ロイヤルシルクラウンジ、6月8日から営業再開へ
  4. ルフトハンザ・グループ、6月の便数を拡大 世界130都市以上に就航
  5. SlackとZoomでエアライン講座 関学がリモート開講中
  6. 成田空港、LCC合同で見送り ピーチとジェットスター、春秋ら「がんばろうT3プロジェクト」
  7. ユナイテッド航空、CEO・社長・COOが交代 新幹部でコロナと闘う
  8. [著者に聞く]『世界の旅客機捕獲図鑑』チャーリィ古庄さん
楽天トラベルは旅行新聞

ホテル・旅館情報

  1. コロナ禍を乗り越える温泉旅館の挑戦、休館中の新たな取り組みから営業再開への思いまで経営者に聞いた
  2. 『ディナーセット』・『お弁当』ホテルの味をご家庭に
  3. 世界大手の旅行BtoB「ホテルベッズ」、予約システムにパートナー事業者の公衆衛生ガイドラインを表示
  4. いまこく テイクアウト
  5. 【テイクアウト】日替わり洋風弁当&ランチBOX
  6. 定額制住み放題サービス「ADDress」、ホテル・旅館と連携、新たな住み方・リモートワークなどのニーズに対応
  7. 変なホテル、家族向けにロボットと滞在するテレワークプラン、仕事中はロボットが子どもの遊び相手に
  8. 星のや京都、夏の風物詩「鵜飼」を1日1組限定で、宿泊客限定、3密ない貸切船で1人6.5万円
Facebookでシェア twitterでツイート Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly ページ上部へ戻る