そろそろ赤ちゃん連れでの旅行デビュー♪を考えているパパさん、ママさん、必見です。今回は赤ちゃん連れ旅行で「思わず焦った失敗談」を集めました! 赤ちゃんにとってはいつもと異なる環境の連続だからこそ、想定外のことが起こりがち […]

そろそろ赤ちゃん連れでの旅行デビュー♪を考えているパパさん、ママさん、必見です。今回は赤ちゃん連れ旅行で「思わず焦った失敗談」を集めました!

赤ちゃんにとってはいつもと異なる環境の連続だからこそ、想定外のことが起こりがち。当事者だったらきっと笑えない!と思ってしまう大変なエピソードから、後から振り返ったらほっこり笑える失敗も。もちろん、失敗談に対するアドバイスもあるので、ぜひ参考にしてくださいね。
記事配信:じゃらんニュース

念のための荷物が多すぎて…カバンもママも大混乱。

念のための荷物が多すぎてかなりの荷物の量になり、さらに服をまとめて持って行ったため、いろいろ混ざってしまって荷物が大変なことになりました。また、飛行機の予約をしたのが遅かったようで、帰りの便が最終便しかとれず、タクシーを使うことに…。

\ADVICE/
初ベビ旅は荷物が多くなってしまうもの。せめて服を使う日別にパッキングするなど、仕分けをしっかりしておくとカバンが整理されて取り出しやすいです。

夜寝てもらって移動のはずが気をつかってママが寝れず…。

赤ちゃんが寝ることを期待して夜のフライトにしたのですが、周りが就寝モードなので、泣かせないようにと必死で一睡もできませんでした。また、温かい地域だったので夏服ばかり持っていった室内が冷房ガンガンでとても寒く、現地で慌てて長袖を購入しました。

\ADVICE/
公共交通機関は周囲に気をつかいますよね。乗る前にいろいろ見せて起こしておいたり、乗った直後に授乳して睡眠を誘ったりしてるママも多いですよ。

いつもと違う環境に食事、おっぱいトラブルにも注意!

授乳間隔がまだ短く、頻回授乳の時期の旅行のこと。いつものように授乳をリラックスしてあげられず、飲みむらができておっぱいが張ってしまいました。手搾りで搾乳しても治らずパンパンに…。乳腺炎のような感じになってしまいとても痛かったです。

\ADVICE/
環境が変わると赤ちゃんがいつものようにおっぱいを飲めず、トラブルにもなりやすいもの。食べすぎや、いつもと違う食事で乳腺炎にならないよう注意しましょう。

ついついあげすぎちゃうベビーのおやつが在庫切れ!

大人しく乗り物に乗っていてもらったり、レストランなどで静かに待ってもらうために、ついいつもより多めにおやつをあげすぎて、在庫を切らしてしまいました。ベビー用のおやつはコンビニなどで調達ができないので旅先で入手するのが大変でした。

\ADVICE/
おやつもですが、粉ミルクやおむつもいつもより消費してしまったりします。念のためにドラッグストアの場所もチェックしておけると安心ですね。

宿選びを人任せにして失敗。熱すぎる温泉に入れない!?

同行者に宿選びを任せていたのですが、宿泊した旅館の客室内にお風呂がなくシャワーのみ。そのため温泉に行ったのですがお湯が熱くて赤ちゃんを入れることができなくて困りました。洗面器に温泉をくんでそこに赤ちゃんを入れるという強硬手段をとるはめに…。

\ADVICE/
現役ママや経験者でないと宿選びのポイントがわからないかもしれません。先に要望を伝えるか、お風呂など大事な部分は確認しておけるとよかったですね。

いつもの時間に寝てくれない!露天風呂に入れませんでした。

環境が違うからか興奮してなかなか寝てくれず、夜の寝かしつけにいつもより時間がかかってしまいました。ホテルの大浴場の利用時間を過ぎてしまって、とても楽しみにしていた露天風呂に入れませんでした。先に露天風呂を利用できる時間をちゃんと確認しておけばよかったです。

\ADVICE/
旅先で興奮し寝てくれないのはよくあること。思い切って昼間機嫌のいいタイミングでパパに任せて温泉に行ったり、早朝に朝風呂したりするのもおすすめです。

おもらしされちゃった!子どもの着替えはあるけど…。

お出かけ先で抱っこしていた時、あれ?あたたかい…何か変…?と思ったら、私の膝の上でおもらしをしていました。赤ちゃんの服だけでなく、私のスカートも濡れてしまいました。赤ちゃんの着替えは持っていましたが、ちょっとしたお出かけだったので自分の着替えは持っておらず、とっても焦ったし、後の処理が大変でした。

\ADVICE/
ママの服汚れ、ありますよね。毎回着替えを持って行く訳にはいきませんが、汚れの目立たない服や汚れてもいい服を着るようにするだけでも少し安心です。

ベビーフードを拒否!?健康志向が困ったことに…。

普段から体にいいものをと手作り離乳食にこだわっていて、市販のベビーフードに慣れていなかったため、いざ旅行の時に日持ちのする市販のものを持って行っても食べてくれず困りました。また、チェアベルトを忘れてしまい、さらにベビーチェアがなくピンチに。

\ADVICE/
手作り離乳食を冷凍して持って行き、宿でチンしている上級者ママもいるみたいですよ。宿で離乳食を作ってくれる所もあるので要チェック!

あれ?ウンチが出てない?便秘で不機嫌になり大慌て。

旅行中、2日間ウンチが出ていないことに気づき、おなかをさわってみたらパンパンで焦りました。だんだん機嫌も悪くなってきたので、お風呂場でお腹をマッサージしたり、授乳回数を増やしたりしてがんばった結果、石のようなウンチをしていました。

\ADVICE/
いつものリズムと違うと、普段との違いや何気ないサインを見逃したりします。大人の都合で動きがちな時ほど水分補給を忘れないようにしたいですね。

フェリーが行ってしまう!子どもを抱えて全力疾走。

子どもがよちよちとしか歩けないと、待ったり抱っこしたり想像以上に体力と時間を使いました。さらに、予定を詰め込みすぎていたので、フェリーや飛行機の時間が毎回ギリギリになってしまいました。子どもを抱えて走ってなんとか間に合うような、ヒヤッとするシーンもたびたび…。大人も子どもも疲れてぐったりしてしまいました。

\ADVICE/
歩くのは遅い…でも歩きたいわが子。思い通りにはいきません。初めての旅行は、余裕がありすぎるくらいの計画で丁度いいですよ。

今度は荷物を減らしすぎ!?ママの服が足りなくなった。

子連れでは何度目かの旅行のこと。以前の旅行の時に備えすぎて荷物がかなり多くなってしまった経験から、今度はできる限り荷物を減らしてコンパクトにまとめて行きました。そんな時に限って、自分で蕎麦を服にこぼしてしまったり、子どものおむつ替えでウンチが付いてしまったり…ママの服が足りなくなってしまいとても焦りました。

\ADVICE/
初めは備えすぎ、慣れてくると今度は思いがけず足りない…。経験者ならではの失敗談ですね。そんな時は最終手段、現地洗濯と現地調達で乗り切りましょう。

■まとめ

旅に想定外はつきもの。でも、準備次第できっと楽しく安心した旅行になるはず。
赤ちゃんも、子どもも、大人も楽しめる素敵な「ベビ旅」をしてくださいね!

※この記事は2019年2月時点での情報です



出典元

出典元:じゃらんニュース

【じゃらん】有名温泉から穴場まで温泉旅館・ホテル5,000件以上が予約OK!


人気の国内ツアー

関連記事

旅行新聞 最新ニュース速報!

国内旅行ニュース

  1. おうちでも便利なキャンプグッズ
  2. 港北PA【下り】
  3. 元祖赤のれん節ちゃんラーメン天神本店
  4. 大山の星空
  5. 移動のコツ
  6. ご当地パン
  7. 「道の駅」きらら289
  8. 平尾台

海外旅行ニュース

エアライン最新情報

  1. トラベルボイスより転載
  2. トラベルボイスより転載
  3. トラベルボイスより転載
  4. トラベルボイスより転載
  5. トラベルボイスより転載
  6. トラベルボイスより転載
  7. トラベルボイスより転載
  8. トラベルボイスより転載
楽天トラベルは旅行新聞

ホテル・旅館情報

  1. 北京宮廷料理涵梅舫 テイクアウトメニュー
  2. 【期間限定】お弁当・お料理のお届け・お渡し
  3. <テイクアウト>おとがわ謹製弁当
  4. 【マカロニクラブ】テイクアウトフェア
  5. 【デリバリーサービス】日本平ホテルオリジナル〈STAY HOMEグルメセット〉
  6. テイクアウト用のお弁当
  7. 【期間限定テイクアウト】「山の上ホテルのお弁当」
  8. ホテルグランドパレスのデリバリーサービス
Facebookでシェア twitterでツイート Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly ページ上部へ戻る