渋谷・桜丘町に開店したベーカリー「GREEN THUMB(グリーンサム)」。食のセレクトショップとして人気のベーカリー「365日」が監修されたそうです。パン好きの方なら、どんなお店なのか気になるところですね。 街にふさわ […]

渋谷・桜丘町に開店したベーカリー「GREEN THUMB(グリーンサム)」。食のセレクトショップとして人気のベーカリー「365日」が監修されたそうです。パン好きの方なら、どんなお店なのか気になるところですね。

街にふさわしいおしゃれなお店の前には、小さな麦畑。麦畑のあるパン屋さんなんて、ワクワクしますよね。2019年5月10日(金)にオープンしたばかりの「GREEN THUMB(グリーンサム)」についてお伝えします!

記事配信:じゃらんニュース

クラフトカルチャーとしてのパン屋とは?

GREEN THUMB

2008年のリーマンショックで株価が大暴落し、世界中が大打撃を受けたことはみなさんご存じですよね。これ以降、アメリカを中心に消費文化に対する価値観は大きく変わっていきます。アメリカではコーヒー・クラフトビール・ケーキ屋・ウィスキーなどの分野でこだわりのある新しいお店が次々に誕生し、大きなムーブメントとなり世界中に広がりました。

この文化はクラフトカルチャーと呼ばれ、そのようなお店を造っている人たちは「Makers」と呼ばれるようになります。素材・製法にこだわり、お客様の手元に商品を直接届けるクラフトカルチャーは、日本でも着実に広がっているようです。

日本の食卓でお米以上の存在感を示すようになったパンを使って、このクラフトカルチャー分野で新しい提案をするのが「GREEN THUMB(グリーンサム)」。

ショップ前には麦畑を設け、近未来都市のパン屋さんのあるべき姿を模索していくとか。食べ物だけではなく、人・店・街と一緒に成長していくという工夫が店の内外にあふれています。

育てて愛でていく、新しいカタチ

GREEN THUMB

「食べることは生命を育て、愛でることにつながる」。この考えをベースに、パン・人・お店、そして街をも育てていくという信念のベーカリーです。なかなか奥が深そうですね。

お店を訪れると最初に視界に入るのはお店の前の小さな麦畑。これは、自然に寄り添って、今という時代に合う形で、この街で植物や野菜を育ていこうというお店の姿勢だそうです。

今までにない近未来型・都市型という意味、おわかりいただけましたか?もしかしたら、このお店の形が将来のパン屋さんのスタンダードになっていくのかも。

パン屋さんでギャラリー?

GREEN THUMB

心が動く体験は、心を豊かにして人の成長に影響を与えます。芸術に触れる感性を育てていってほしいという想いから、このベーカリーでは陶芸や器を中心にしたギャラリーも準備中とか。お腹だけではなく、視界も心も満たしてくれるパン屋さん、訪れないわけにはいかないでしょう。

60種類ものパンが入れ替わりに並びます!

GREEN THUMB

パンの種類は幅広く、その作り方はとてもきめ細やかです。パンごとに成形方法は変えられ、パン生地の気泡の大きさ・数をコントロール。焼きは、火の通りの違いが食感にも影響することを考慮し、パンの種類に合わせて慎重に行われます。

味はもちろん、歯切れ・口どけなど、細部にまでこだわって慎重に作られているのです。毎朝の朝食にセレクトしたいベーシックな食パンはもちろん、おかずにもなるパンなど、約60種類あります。これらのパンが入れ替わりで店頭に並ぶので、パン好きなら一度の来店では満足できず、何度も通ってしまうかもしれませんね。

日常使いから特別な日まで

GREEN THUMB

GREEN THUMB

365日の食の積み重ねが、人と心と体をつくるというコンセプトで展開する代々木八幡のベーカリー「365日」は、開店以来パン好きの支持を集める人気店。今回渋谷桜丘町にオープンしたベーカリー「GREEN THUMB(グリーンサム)」は、この「365日」の監修なので、それだけでも期待がふくらみます。

東京に暮らす人たちの多様なライフスタイルに合わせ、「いつどこで誰と食べるのか」、さまざまなシーンに合わせたパンが入手できるそう。朝ごはんに食べるパン、多忙な仕事の合間にササっと食べるパン、とっておきのごちそうに合わせるパンなど、パンのシチュエーションは本当に幅広いものです。

朝食やランチなどのいつもの日常用はもちろん、記念日のディナーなど、特別な日に準備したいとっておきのパンも手に入りますよ。

まとめ

GREEN THUMB

ショップ前に麦畑があるパン屋さん「GREEN THUMB(グリーンサム)」は、近未来的都市型のパン屋。素材・製法にこだわったパンを、お客様の手元に直接届け、人・店・街と一緒に成長していくという工夫が店の内外にあふれています。

新しいコンセプトはとても魅力的。パン自体も、食パンからおかずになるパン・本格的ハード系まで、60種類が入れ替わりお店に並びます。パン好きの方ならたまらないラインアップでしょう。

新しい体験ができそうなベーカリー「GREEN THUMB(グリーンサム)」は、年中無休で営業しています。渋谷に出た際にはぜひ立ち寄ってみてはいかが?

GREEN THUMB(グリーンサム)
TEL/03-6452-5611
住所/東京都渋谷区桜丘町28-9
営業時間/8:00~18:00
定休日/なし
アクセス/JR・東京メトロ・京王・東急 渋谷駅より徒歩7分
「GREEN THUMB(グリーンサム)」の詳細はこちら

情報提供元/株式会社ロイヤル・アーツ

※この記事は2019年5月時点での情報です



出典元

出典元:じゃらんニュース

【じゃらん】有名温泉から穴場まで温泉旅館・ホテル5,000件以上が予約OK!


人気の国内ツアー

関連記事

旅行新聞 最新ニュース速報!

国内旅行ニュース

  1. 日本遺産
  2. 黄金ソフトNEO
  3. 阿智村「天空の楽園 日本一の星空ナイトツアー 特別営業」
  4. おさえておきたいうに豆知識
  5. 熱海
  6. 四海楼
  7. サウナ
  8. 旅工房、国内旅行に参入、沖縄・北海道ツアーを造成、「Go To キャンペーン」にも参加へ

海外旅行ニュース

  1. HIS、海外出張時の業務を代行するサービス開始、営業代行や現地視察を海外拠点スタッフが代行

エアライン最新情報

  1. JALグループ、6月から10月搭乗分のウルトラ先得などで一部運賃変更
  2. ロイヤルブルネイ航空、6月は香港、マニラなど5都市へ国際線を運航
  3. アマゾン、767貨物機12機導入 旅客機から改修
  4. 「ここは大丈夫かな?よりも安心を」JALの機内消毒、スタッフに聞く
  5. スカイマーク、国内線58%減便 2空港で全便運休、復便傾向も
  6. スカイマーク、6月12日から18日まで15路線462便を運航
  7. アマゾン、コロナに負けず 767-300貨物改修機12機を追加導入
  8. ピーチ、国内線の順次再開にあわせ感染対策に関する特設ページを開設
楽天トラベルは旅行新聞

ホテル・旅館情報

  1. 中国のホテル稼働率が急回復、先行する出張需要でホテル稼働率に新たなパターンが登場、中国の最新事情ウェビナーから
  2. ホテル・旅館の専用個室に泊まり放題の新プラン、定額制住み放題のADDressが開始、ANA定額制航空券の第3弾も
  3. コロナ禍を乗り越える温泉旅館の挑戦、休館中の新たな取り組みから営業再開への思いまで経営者に聞いた
  4. 『ディナーセット』・『お弁当』ホテルの味をご家庭に
  5. 世界大手の旅行BtoB「ホテルベッズ」、予約システムにパートナー事業者の公衆衛生ガイドラインを表示
  6. いまこく テイクアウト
Facebookでシェア twitterでツイート Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly ページ上部へ戻る