徳島で毎年開催されている「阿波おどり」の楽しみ方は、多種多様!今回は2019年の開催日程や見どころなどを徹底レポート。 踊る阿呆になるもよし!見る阿保になるもよし!本場徳島市の阿波おどりを楽しんで♪ 夏の旅行でぜひ訪れた […]

徳島で毎年開催されている「阿波おどり」の楽しみ方は、多種多様!今回は2019年の開催日程や見どころなどを徹底レポート。
踊る阿呆になるもよし!見る阿保になるもよし!本場徳島市の阿波おどりを楽しんで♪

夏の旅行でぜひ訪れたい&初めて徳島に行く人にもおすすめの徳島の観光スポットもご紹介します。
記事配信:じゃらんニュース

<目次>
■<徳島の阿波おどり>ってどんなお祭り?
■「2019年阿波おどり」開催概要
■「2019年阿波おどり」の見どころ解説
■徳島のおすすめ観光スポット

<徳島の阿波おどり>ってどんなお祭り?

徳島の阿波おどり

日本三大盆踊りや、四国三大祭りの代表的な存在の「阿波おどり」。
400年の歴史を持つ徳島発祥のお祭りです。
盆踊りをベースにさまざまな文化が取り入れられ、徳島の伝統芸能として定着されたという阿波おどり。

阿波おどりに欠かせないのが踊り子と鳴り物。
三味線や太鼓、鉦鼓、篠笛などの鳴り物が、リズミカルな「はやし」を奏でます。
そして2拍子の伴奏に合わせて踊り子のグループ「連」が踊り歩き、観客を魅了しています。

今年の夏は本場徳島の阿波おどりを楽しんでみてはいかが?

「2019年阿波おどり」開催概要

阿波おどり

■2019年の開催日程:8月12日(月)~8月15日(木)
※前夜祭 2019年8月11日(日)

■開催時間・開催場所
<前夜祭>
2019年8月11日(日)/11:00、15:00、19:00
※上演時間 約80分/休憩あり
開催場所:アスティとくしま

<選抜阿波おどり>
2019年8月12日(月)~8月15日(木)/11:00、13:30、16:00
※上演時間 約70分/休憩あり
開催場所:あわぎんホール

<有料演舞場>
2019年8月12日(月)~8月15日(木)/二部入替制
(一部:18:00~20:00、二部:20:30~22:30)
開催場所:市役所前演舞場、藍場浜演舞場、紺屋町演舞場、南内町演舞場

<無料演舞場>
2019年8月12日(月)~8月15日(木)/18:00~22:30
開催場所:両国本町演舞場、新町橋演舞場、元町演舞場、おどり広場(新町橋東おどり広場、両国広場、両国橋南おどり広場)、まちかどの阿波おどり(両国橋南詰おどりロード、秋田町おどりロード)

→「会場」へのアクセスは公式サイトをチェック!

「2019年阿波おどり」の見どころ解説

【見どころ1】 阿波おどりを知ってみて踊って楽しむ!

<男踊り>
阿波おどり

豪快で躍動感溢れる男性の踊り。
自由奔放でダイナミックな踊りは迫力があります!
女性による男踊りもあります。

<女踊り>
阿波おどり

気品溢れる女性踊りは、集団美を追求している連が多いそう。
艶っぽく上品で優雅な女性踊りは、見ていてうっとり♪

<連とは?>
阿波おどり

踊り子のグループのことを「連」と言います。
総数は1000を超えていて、イチオシは迫力満点の有名連です!

<にわか連>
経験不問、服装自由なので思い立ったらすぐ踊れちゃう!見ているだけじゃ物足りない!そんな人たちを受け入れてくれます。

<総踊り>
圧倒的な迫力!踊り子1000人、鳴り物数百人が繰り広げる踊りは圧巻ですよ。

【見どころ2】 さまざまな演舞場で、じっくり観覧する!

阿波おどり

徳島市の中心部に設置される「演舞場」。

まずは開幕式の会場になっている「市役所前演舞場」や、「南内演舞場」がおすすめ。
桟橋が狭く、踊り子との距離が近いのが特徴で、踊りを真正面から見られる特別観覧席があるのは「南内演舞場」だけ!

無料演舞場でおすすめなのは「両国本町演舞場」と「元町演舞場」。
「両国本町演舞場」は全演舞場の中で最長!踊り子泣かせの演舞場だそう。
「元町演舞場」は2018年に復活!にわか連の踊り込みも行われるので、一緒に踊って楽しめますよ。

→「演舞場」の詳細は公式サイトをチェック!

【見どころ3】 お祭りの楽しみの一つ、屋台を楽しむ!

阿波おどり 屋台

お祭りの楽しみの一つでもある屋台。
開催期間中は200以上もの屋台が出店予定。
定番の屋台はもちろん、徳島のご当地グルメも楽しめちゃいます!

食べ歩きを楽しむのもよし!ゆっくり踊りを楽しみながら味わうのもよし!
グルメも踊りも楽しんでくださいね。

■徳島のおすすめ観光スポット

徳島には海や山、川など夏に楽しめる観光スポットがたくさんあります。
ちょっと足を伸ばして雄大な景色を満喫してはいかが?
自然に囲まれて、心も癒されそう♪

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

渦潮

渦潮"
出典:じゃらん 観光ガイド 渦潮

鳴門海峡の干満潮時に狭い瀬戸を通過する潮が1~2mの落差を生じ直径20mもの大きな渦をつくりだす。

\口コミ ピックアップ/
橋の上からは、何度か見ましたが、そばに降りて見られることを知り行ってみました!
感動して、よく見入ってしまいました!
(行った時期:2019年5月)

丁度潮の良いときに行きました。小雨が降る中でしたが沢山のお客様でした。渦のそばに近づくにつれ興奮度は高まり、
他の船がそこを通過するのを見るとドキドキしました。
本当に間近まで行く事が出来るので、自然のすごさを肌で感じる事が出来ます。大潮がやはりいいですね
(行った時期:2019年5月)

渦潮
住所/徳島県鳴門市鳴門町
「渦潮」の詳細はこちら

大鳴門橋

大鳴門橋"width="670"
出典:じゃらん 観光ガイド 大鳴門橋

淡路島の鳴門岬と鳴門公園を結ぶ長大吊橋。 橋長1,629m 中央径間876メートル 幅25メートル 主塔の高さ144.3メートル

\口コミ ピックアップ/
海を結ぶ大鳴門橋。とても大きな橋でした。
夜のライトアップはとても綺麗で、橋を渡る最中もテンションが上がって楽しかったです。
(行った時期:2018年2月)

ガラスの床から真下にあるうずしおを見てみたくて、渦の道を海上散歩しました。スリル感があって楽しめました。
(行った時期:2018年5月)

大鳴門橋
住所/徳島県鳴門市鳴門町
「大鳴門橋」の詳細はこちら

眉山

眉山"width="670"
出典:じゃらん 観光ガイド 眉山

\口コミ ピックアップ/
途中まで車で行けて、駐車場からはほんの少し階段を上ります。きれいに整備され、お花も咲いていて、気持ちが良いです。
(行った時期:2019年5月)

吉野川を望む夜景が素晴らしかったです。
徳島市内の街並みが一望でき、昼間の景色や夜の夜景や満点の星空が綺麗でした。
(行った時期:2019年3月)

眉山
住所/徳島県徳島市眉山町
「眉山」の詳細はこちら

吉野川

吉野川"width="670"
出典:じゃらん 観光ガイド 吉野川

別名『四国三郎』と呼ばれ、全長は194kmある。愛媛県石鎚山地の瓶ヶ森山が源。流れが穏やかなため、カヤック体験やキャンプ、川遊びなどが楽しめる。

\口コミ ピックアップ/
大自然の中に流れる吉野川は、遊覧船で景色を楽しんだり、激流をボートで川下りをする川遊びもできます。スリルがあって楽しめました。
(行った時期:2018年5月)

吉野川はびっくりするくらい、おおきくて、雄大で
水の色がとてもきれいでした。こんなかわのそばで散歩したいなぁ。
(行った時期:2017年11月)

吉野川
住所/徳島県美馬市穴吹町三島
「吉野川」の詳細はこちら

※この記事は2019年6月時点での情報です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください



出典元

出典元:じゃらんニュース

【じゃらん】有名温泉から穴場まで温泉旅館・ホテル5,000件以上が予約OK!


人気の国内ツアー

関連記事

旅行新聞 最新ニュース速報!

国内旅行ニュース

  1. 定光寺・定光寺公園
  2. 清水寺
  3. 北海道神宮
  4. オーシャンスパ Fuua
  5. ヴェンキ
  6. 東福寺
  7. チャノン

海外旅行ニュース

  1. トラベルボイスより転載
  2. ベルリンおすすめレストラン12選!ミシュランから格安まで
  3. トラベルボイスより転載

エアライン最新情報

  1. トラベルボイスより転載
  2. トラベルボイスより転載
  3. トラベルボイスより転載
  4. トラベルボイスより転載
  5. トラベルボイスより転載
  6. トラベルボイスより転載
  7. トラベルボイスより転載
  8. トラベルボイスより転載
楽天トラベルは旅行新聞

ホテル・旅館情報

  1. トラベルボイスより転載
  2. トラベルボイスより転載
  3. トラベルボイスより転載
  4. トラベルボイスより転載
  5. トラベルボイスより転載
  6. トラベルボイスより転載
  7. ボージョレヌーヴォー デギュスタシオン フェスタ
  8. トラベルボイスより転載
Facebookでシェア twitterでツイート Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly ページ上部へ戻る