令和最初の夏休みを目前に控え、昨年に引き続き「一度は行きたい夏絶景」を調査しました。今年も、星野リゾート トマム 雲海テラスと与論島 百合ヶ浜が1位、2位を独占する結果となり、夏絶景の中でも根強い人気を誇ることが分かりま […]

令和最初の夏休みを目前に控え、昨年に引き続き「一度は行きたい夏絶景」を調査しました。今年も、星野リゾート トマム 雲海テラスと与論島 百合ヶ浜が1位、2位を独占する結果となり、夏絶景の中でも根強い人気を誇ることが分かりました。この時期、この時間にしかみられないプレミアム感が、“一度は行ってみたい”という憧れ絶景として人気を押し上げたようです。

その他、夏ならではの爽やかな青の景色が広がるスポット、朝時間・夜時間限定の絶景スポットのほか、猛暑の夏だからこそ訪れてみたい、清涼感溢れる絶景スポットなどがランクインする結果となりました。

記事配信:じゃらんニュース

じゃらん 一度は行きたい夏絶景ランキング2019

じゃらん 一度は行きたい夏絶景ランキング2019

【アンケート調査概要】インターネット調査:『じゃらん』掲載スポットを中心に画像選択方式によるアンケート/ 調査時期:2019年6月21日(金)~2019年6月24日(月)/ 調査対象:47都道府県在住 10代~50代男女/ 有効回答数:1,024名(MA)

夏絶景TOP10にランクインしたスポットを紹介します

1位:【北海道】星野リゾート トマム 雲海テラス

星野リゾート トマム 雲海テラス

見渡す限り奇跡の風景が広がる雲海テラス。刻々と表情を変え、二度と同じ表情を見られない雲海に出逢える確率は営業期間中、約40%。5月~10月の早朝がオススメ。展望スポット「クラウドウォーク」は、空中散歩をしているような不思議な感覚に。

2位:【鹿児島県】与論島 百合ヶ浜  

与論島 百合ヶ浜

死ぬまでに行きたい100景にも登録された与論島の「百合ヶ浜」。大金久海岸から1.5kmの沖合に浮かぶ島で、白い砂浜とエメラルドグリーンの海の色が美しい。大潮の干潮時の数時間、運が良ければ見られる奇跡の絶景。

3位:【長野県】ヘブンスそのはら 天空の楽園日本一の星空ナイトツアー2019 

ヘブンスそのはら 天空の楽園日本一の星空ナイトツアー2019

環境省による2006年の全国星空継続観察で「星がもっとも輝いて見える場所」1位に認定された標高1,400mにある高原。手が届きそうなほど近くで星が光り輝き、ガイドが季節の星座を紹介するエリア、リクライニングチェアやソファーで星を眺めるエリアなど、3つのエリアから選んで楽しむことができる。

開催期間/2019年7月6日(土)~10月21日(月)

ヘブンスそのはら 天空の楽園日本一の星空ナイトツアー2019
「ヘブンスそのはら 天空の楽園日本一の星空ナイトツアー2019」の詳細はこちら

4位:【岐阜県】円原の伏流水

円原の伏流水

「ぎふ・水と緑の環境百選」にも選ばれる清流。気温と湿度の高い夏の朝には、川霧が立ち込んで幻想的な雰囲気になる。川を流れる水が地下に潜り、再び岩間からこんこんと湧き出る円原の伏流水は、夏でも水温が13℃と冷たく、辺り一帯もひんやりとしている涼スポット。

円原の伏流水(えんばらのふくりゅうすい)
「円原の伏流水」の詳細はこちら

5位:【京都府】天橋立 砂浜ライトアップ

天橋立 砂浜ライトアップ

日本三景の一つ「天橋立」の夏の風物詩が今年も開催される。ライトアップされた砂浜は、時間と共に変化する光で幻想的な世界を楽しむことができる。2019年8月31日(土)、9月1日(日)は2日間限定の砂浜BARも登場。

開催期間/2019年7月13日(土)~9月1日(日)

6位:【山形県】三淵渓谷

三淵渓谷

山形県内屈指の大きさを誇る長井ダムにより生まれた「ながい百秋湖」の上流域にある、小さな渓谷。断崖絶壁が250mほど続き、川幅が3~5mと非常に狭いため、ボートでしか行くことができない静寂で神秘的なスポット。川の魚影も見ることができたり、水面に風景が映り込めば宙に浮くようにも感じられ、感動の連続。

三淵渓谷(みふちけいこく)
「三淵渓谷」の詳細はこちら

7位:【高知県】にこ淵

にこ淵

水神の化身とされる大蛇が棲む場所と言われ、神秘的な雰囲気が漂う滝壺。「仁淀ブルー」と呼ばれる透明度の高い幻想的な青は時間帯で色が変わる。駐車場からは徒歩10分ほどで急斜面や岩場など道のりは少し険しいが、目の覚めるようなブルーは感動の絶景。道中は足元が悪いため、サンダルやヒールは避け、スニーカーや動きやすい服装で。

8位:【千葉県】北条海岸 ダイヤモンド富士

北条海岸

北条海岸は「ダイヤモンド富士」の名所。海の向こうの富士山頂上に夕日が沈む圧巻の景色が見られるのは、毎年5月と7月の2回のみ。今年の見頃は7月29日(月)と30日(火)で、シャッターチャンスは18:25頃。

9位:【鹿児島県】荒平天神

荒平天神

錦江湾に突き出た岬の小高い丘にあり、学問の神様・菅原道真公を祀っている海に浮かぶ岬の神社。光が真上から当たる時間は青い海と青い空、朱塗りの鳥居とのコントラストが美しく映える。大潮の満潮時には、海に浮かぶ島となり、神秘的な風景が広がる。

荒平天神(あらひらてんじん)
「荒平天神」の詳細はこちら

10位:【静岡県】竹林の小径

竹林の小径

伊豆の小京都として知られる修善寺温泉。温泉街の中心を流れる桂川沿いに伸びる石畳の道は竹林が配され、趣のある光景。夜にはライトアップし、幻想的な美しさに包まれ、昼とは異なるロマンチックな雰囲気が楽しめる。

※2019年7月3日時点の情報です



出典元

出典元:じゃらんニュース

【じゃらん】有名温泉から穴場まで温泉旅館・ホテル5,000件以上が予約OK!


人気の国内ツアー

関連記事

旅行新聞 最新ニュース速報!

国内旅行ニュース

  1. 【TO GO“BENTO”】テイクアウトのご案内
  2. お届け弁当
  3. 【テイクアウト料理】中国料理「万陽華」のお料理をお値打ちにご自宅で
  4. ウィラー、高速バスの運行再開へ、6月1日から隣席を空席に、東京/大阪など7路線の昼便で
  5. あべのハルカス展望台、5月21日から再開へ、300人の入場制限で
  6. コロナ禍中の旅行への意識調査、旅行再開は近隣エリアから、3密を避ける傾向が顕著に、インバウンド受け入れは約6割が否定的

海外旅行ニュース

  1. 東南アジア6カ国とインド ⇔ 日本の出入国の規制状況を整理した(5月20日版)
  2. 韓国・中国・台湾・香港 ⇔ 日本の出入国の規制状況を整理した(5月19日版)
  3. 欧米豪 主要9カ国 ⇔ 日本の出入国の規制状況を整理した(5月14日版)
  4. 韓国・中国・台湾・香港 ⇔ 日本の出入国の規制状況を整理した(5月12日版)
  5. 日本 → ハワイ・ミクロネシア・太平洋の島々の入国規制状況を整理した(5月5日版)

エアライン最新情報

  1. 国際航空運送協会、世界の航空再開へ5原則を発表、免疫パスポートなどテクノロジーで開発を
  2. フィンエアー、成田・中部・関空線を再開へ、7月から、アジア路線を中心に通常便の約3割の運航目指す
  3. タイ国際航空が破綻、更生手続きを申請、国際線の運休は6月末まで延長
  4. 航空分野の感染予防ガイドライン発表、空港と機内の留意点で、機内食は簡素化、マスク着用も要請
  5. フジドリームエアラインズ、5月18日から運航を再開へ、静岡/福岡線など一部路線から
  6. 航空会社の新型コロナ対策、これからはマスク着用がスタンダードに、搭乗前の非接触チェックインも
楽天トラベルは旅行新聞

ホテル・旅館情報

  1. 【TO GO“BENTO”】テイクアウトのご案内
  2. お届け弁当
  3. 【テイクアウト料理】中国料理「万陽華」のお料理をお値打ちにご自宅で
  4. 老舗旅館・加賀屋の分煙への取り組み、若女将が語った改正健康増進法への対応とは?(PR)
  5. 楽天、定額制で18施設30泊分の宿泊販売、期間限定で先着10人、在宅勤務やテレワークの広がりを受けて
  6. アメリカン航空とハイアット、医療従事者に無料往復航空券と3泊分の宿泊を進呈、コロナ禍終息後の休暇を支援
  7. カラカミ観光、非接触型ホテル運営システムを開発へ、テクノロジー企業と共同で他社提供も視野
Facebookでシェア twitterでツイート Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly ページ上部へ戻る