渋谷最高峰の地上約230mを誇り、日本最大級の屋上展望空間「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」が2019年11月1日(金)、大規模複合施設『渋谷スクランブルスクエア第1期(東棟)』に誕生します。 世界的な注目を集める […]

渋谷最高峰の地上約230mを誇り、日本最大級の屋上展望空間「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」が2019年11月1日(金)、大規模複合施設『渋谷スクランブルスクエア第1期(東棟)』に誕生します。

世界的な注目を集めるクリエイティブ集団・株式会社ライゾマティクスのライゾマティクスデザイン部門が演出プランナーに採用され、非日常的な空間演出と“開放感”溢れる展望施設として、渋谷のダイナミズムを体感できる新たな街のシンボルになること間違いなし!

展望空間には様々なコンテンツが組み込まれていて、今までにない楽しみ方ができますよ。チケット情報も発表されたので、詳細をご紹介します♪

記事配信:じゃらんニュース

渋谷最高峰の展望施設「SHIBUYA SKY」って?

SHIBUYA SKY
渋谷スクランブルスクエア第1期(東棟)SHIBUYA SKY 俯瞰イメージ
SHIBUYA SKY
渋谷スクランブルスクエア第1期(東棟)SHIBUYA SKY フロア全体イメージ

「SHIBUYA SKY」は、大規模複合施設『渋谷スクランブルスクエア第Ⅰ期(東棟)』の14階・45階・46階・屋上に位置する展望施設です。

非日常への期待が膨らむ上昇空間「SKYGATE(14階~45階)」、見ることへの新たな気づきを得る屋内展望回廊「SKY GALLERY(46階)」、圧倒的な“開放感”を味わえる屋上展望空間「SKY STAGE(屋上)」の3つのゾーン構成でそれぞれの空間の役割に応じ、入り口から出口までを一連の体験ストーリーで演出されているんです。

富士山や東京スカイツリー(R)など、日本・東京の名所を360度一望できるパノラマビューを最大限に満喫できる演出やアクティビティが屋上展望空間に用意されるそうです!また14・45・46階の屋内展望施設では、天候に左右されない環境で渋谷ならではの楽しみ方ができるんだとか。

また、オリジナル商品を取り揃えたスーベニアショップやカフェ&バーなど、コンテンツが盛りだくさんなので、そちらも注目ですよ♪各階を詳しくご紹介していきます!

<14階~45階 上昇空間>「SKY GATE‐感性を開く路(みち)‐」

SHIBUYA SKY
渋谷スクランブルスクエア第1期(東棟)SHIBUYA SKY「SENSING HALL」イメージ
SHIBUYA SKY
渋谷スクランブルスクエア第1期(東棟)SHIBUYA SKY 「TRANSITION POD」イメージ

14階~45階の「SKY GATE‐感性を開く路(みち)‐」では、「人はいつの時代も、まだ見ぬものを求めて登る。日常から離れ、感覚に身をゆだねる飛行体験」がテーマ。

入口から出口までを誘導する光「LEADING LINE」や、天井に設置された約30平方メートルのLEDによるインタラクティブ体験ができる「SENSING HALL」など、屋上への期待感を演出してくれます!

SHIBUYA SKY
渋谷スクランブルスクエア第1期(東棟)SHIBUYA SKY 「LEADING LINE」イメージ

また14階のチケットカウンターと45階を往復する体感型エレベーター「TRANSITION POD」では、速度や重力に合わせた天井映像や立体音響で、日常から非日常へ誘われていきますよ。

<46階 屋内展望回廊>「SKY GALLERY‐視点が拡がる展望ギャラリー‐」

SHIBUYA SKY
渋谷スクランブルスクエア第1期(東棟)SHIBUYA SKY「TIME RIVER」イメージ

46階の屋内展望回廊「SKY GALLERY」には、眺望体験と空間演出の融合によって、見ることへの新たな気づきを得るためのコンテンツが配置されます。

「TIME RIVER」は、10台の4K 70インチディスプレイに映し出される映像が、来場者の「触れる」行動によって変化していく「時の流れと人のかかわり」を感じさせてくれるコンテンツなんだとか!

SHIBUYA SKY
渋谷スクランブルスクエア第Ⅰ期(東棟)SHIBUYA SKY「PARALLEL WINDOWS」イメージ
SHIBUYA SKY
渋谷スクランブルスクエア第1期(東棟)SHIBUYA SKY「DATA SCAPE」イメージ

そして東側の回廊には、目の前の眺望を切り取った街並みを起点として「時間、世界、自分」をテーマに、視点の変化を楽しむことができる「PARALLEL WINDOWS」が設置されます。

さらに「DATA SCAPE」では、約30平方メートルのLEDディスプレイに様々な渋谷のデータをビジュアライズした映像と、目の前の渋谷の眺望を合わせることで、渋谷の“今”が表現されますよ。最先端技術と様々な景色の掛け合わせを楽しんでみてくださいね。

<屋上 展望空間>「SKY STAGE‐解き放たれる空の舞台‐」

SHIBUYA SKY
渋谷スクランブルスクエア第1期(東棟)SHIBUYA SKY 「SKY EDGE」イメージ

屋上の展望空間「SKY STAGE」では、空と一体になり、圧倒的な開放感を味わうことのできる様々な演出やアクティビティが用意されています。

渋谷の象徴であるスクランブル交差点を直下に見下ろすことのできる「SKY EDGE」は、東京に観光へ来た方にお勧めしたい絶景スポットです。

SHIBUYA SKY
渋谷スクランブルスクエア第1期(東棟)SHIBUYA SKY 「CLOUD HAMMOCK」イメージ
SHIBUYA SKY
渋谷スクランブルスクエア第1期(東棟)SHIBUYA SKY 「GEO COMPASS」イメージ
SHIBUYA SKY
渋谷スクランブルスクエア第1期(東棟)SHIBUYA SKY「CROSSING LIGHT」イメージ

他にもネットに寝そべり空を見上げながら想像の時間を楽しめる「CLOUD HAMMOCK」や、SHIBUYA SKYの最も高い一から360度パノラマビューと、その先に広がる地球を想像することができる「GEO COMPASS」、そしてサーチライト18台が天空を彩る「CROSSING LIGHT」(※)など、どれも刺激的な演出やアクティビティになっていますよ。

※日没後からの点灯を予定。季節により演出内容は異なります

46階からの景色が一望できるカフェ&バーやスーベニアショップにも注目!

SHIBUYA SKY
渋谷スクランブルスクエア第1期(東棟)SHIBUYA SKY 「Paradise Lounge」イメージ

カフェ&バー「Paradise Lounge(パラダイス ラウンジ)」は、46階から東京の景色を一望できるミュージック・バーです。渋谷の街やスクランブル交差点をイメージした空間で、軽食やスイーツなどのクラシックなメニューをモダンにアレンジして提供されます。

世界的に有名なデザイナーであるトム・ディクソンが起用され、音楽のセレクトはFPM田中知之氏が監修されているんだとか。席数は20席と少なめですが、特別な空間での食事は、きっと思い出に残りますね♪

SHIBUYA SKY
渋谷スクランブルスクエア第1期(東棟)SHIBUYA SKY 「SHIBUYA SKY SOUVENIR SHOP」イメージ

スーベニアショップ「SHIBUYA SKY SOUVENIR SHOP(シブヤスカイスーベニアショップ)」は、日本・東京・渋谷のカルチャーとライフスタイルが体感できるお土産ショップ。

海外の方はもちろん、日本人にも渋谷の魅力を再発見させてくれる商品が並ぶんだとか。2020年のオリンピック開催を目の前に、日本の魅力を再確認してみませんか?

気になるチケットについて♪

SHIBUYA SKY
渋谷スクランブルスクエア第1期(東棟)SHIBUYA SKY 当日窓口チケットイメージ

チケットは9月1日(日)10:00からオフィシャルWEBサイト(※1)にて、11月1日(金)~30日(土)分の入場チケットが先着順で予約受付を開始しています(※2)。

SHIBUYA SKYの入場チケットは9:00~22:00(営業時間は9:00~23:00)までで、全ての時間で20分ごとの日時指定券となります。開業日の11月1日(金)は営業時間が10:00~23:00となるので注意してくださいね。また、12月1日(日)以降は窓口にて当日券が販売されますよ。

入場チケット料金/
【WEBチケット】大人(18才以上) 1,800円、中・高校生 1,400円、小学生 900円、幼児(3~5才) 500円、3才未満 無料
【窓口チケット】大人(18才以上)2,000円、中・高校生 1,600円、小学生 1,000円、幼児(3~5才)600円、3才未満 無料

※1.オフィシャルWEBサイト(https://www.shibuya-scramble-square.com/sky/
※2.11月分の入場チケットは、オフィシャルWEBサイトからの申込限定で完全予約制となります

まとめ

日々進化を続ける渋谷に、日本最大級の屋上展望空間を有する展望施設「SHIBUYA SKY」が誕生するなんて、ワクワクしますね。

海外からの観光客の方はもちろん、日本人も日本や渋谷の魅力を再発見できる、魅力的なスポットになっているそうなので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

▼あわせて読みたい
渋谷に新名所誕生!「スクランブルスクエア東棟」が2019年秋に開業【東京】

SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)
住所/東京都渋谷区渋谷2‐24-12 渋谷スクランブルスクエア14階(チケットカウンター)、45階・46階(屋内展望施設)屋上(屋上展望空間)
営業時間/9:00~23:00(最終入場22:00)
※年末年始の営業時間は、変更となる可能性があります
定休日/なし ※臨時休館となる可能性があります
アクセス/JR・東京メトロ 渋谷駅より徒歩1分
「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」の詳細はこちら

情報提供元/渋谷スクランブルスクエア株式会社

※この記事は2019年9月時点での情報です

■消費税の税率変更に伴うお知らせ 2019年10月以降に係るお支払につきましては、施設利用時に現地にて税率変更による差額分のお支払いが発生する場合がございます。実際のお支払い金額に関しましては、ご利用いただく施設までお問い合わせください。



出典元

出典元:じゃらんニュース

【じゃらん】有名温泉から穴場まで温泉旅館・ホテル5,000件以上が予約OK!


人気の国内ツアー

関連記事

旅行新聞 最新ニュース速報!

国内旅行ニュース

  1. 【TO GO“BENTO”】テイクアウトのご案内
  2. お届け弁当
  3. 【テイクアウト料理】中国料理「万陽華」のお料理をお値打ちにご自宅で
  4. ウィラー、高速バスの運行再開へ、6月1日から隣席を空席に、東京/大阪など7路線の昼便で
  5. あべのハルカス展望台、5月21日から再開へ、300人の入場制限で
  6. コロナ禍中の旅行への意識調査、旅行再開は近隣エリアから、3密を避ける傾向が顕著に、インバウンド受け入れは約6割が否定的

海外旅行ニュース

  1. 東南アジア6カ国とインド ⇔ 日本の出入国の規制状況を整理した(5月20日版)
  2. 韓国・中国・台湾・香港 ⇔ 日本の出入国の規制状況を整理した(5月19日版)

エアライン最新情報

  1. 国際航空運送協会、世界の航空再開へ5原則を発表、免疫パスポートなどテクノロジーで開発を
  2. フィンエアー、成田・中部・関空線を再開へ、7月から、アジア路線を中心に通常便の約3割の運航目指す
  3. タイ国際航空が破綻、更生手続きを申請、国際線の運休は6月末まで延長
  4. 航空分野の感染予防ガイドライン発表、空港と機内の留意点で、機内食は簡素化、マスク着用も要請
  5. フジドリームエアラインズ、5月18日から運航を再開へ、静岡/福岡線など一部路線から
  6. 航空会社の新型コロナ対策、これからはマスク着用がスタンダードに、搭乗前の非接触チェックインも
楽天トラベルは旅行新聞

ホテル・旅館情報

  1. 【TO GO“BENTO”】テイクアウトのご案内
  2. お届け弁当
  3. 【テイクアウト料理】中国料理「万陽華」のお料理をお値打ちにご自宅で
  4. 老舗旅館・加賀屋の分煙への取り組み、若女将が語った改正健康増進法への対応とは?(PR)
  5. 楽天、定額制で18施設30泊分の宿泊販売、期間限定で先着10人、在宅勤務やテレワークの広がりを受けて
  6. アメリカン航空とハイアット、医療従事者に無料往復航空券と3泊分の宿泊を進呈、コロナ禍終息後の休暇を支援
  7. カラカミ観光、非接触型ホテル運営システムを開発へ、テクノロジー企業と共同で他社提供も視野
Facebookでシェア twitterでツイート Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly ページ上部へ戻る