1,500円の入場料を払う本屋「文喫(ぶんきつ)」って知っていますか? 「初めて聞いたけど、入場料が必要な本屋さん!?しかも思ったより高い!」と思ったそこのあなた、私と同じです(笑)。中には、「知ってはいるけど、中々足を […]

1,500円の入場料を払う本屋「文喫(ぶんきつ)」って知っていますか?

「初めて聞いたけど、入場料が必要な本屋さん!?しかも思ったより高い!」と思ったそこのあなた、私と同じです(笑)。中には、「知ってはいるけど、中々足を踏み込めずにいた」なんて人もいるかもしれません。

私も本は好きですが、忙しいのを言いわけに最近は本を手に取っていませんでした。そんな私でも楽しめるのか!?もっと詳しく知りたい!ということで、オープン以来人気の絶えない文喫に、じゃらん編集部の村田がその知られざる魅力を探しに行ってきました!

※記事内はすべて税抜価格です

記事配信:じゃらんニュース

文喫とは?

話題の文喫

六本木駅から徒歩1分の場所に「文喫」はあります。2018年12月、青山ブックセンター跡地にオープンし、1,500円の”入場料を払う本屋”として、話題になりました。

文喫のテーマは「本と出会うための本屋」。約3万冊の本が販売されていますが同じ本は1冊もなく、本との一期一会の出会いを大切にしているのです。営業時間は9:00から23:00までなので、1日中滞在することもできますよ!

それではさっそく、文喫で私が感じた8つの魅力をご紹介します!

【魅力1】こんな雑誌あったんだ!?初めての雑誌との出会い

 
話題の文喫

話題の文喫

文喫に入るとまず目に飛び込んでくるのが、約90種類の雑誌が置いてある「展示室」。ここは無料エリアなので、誰でも自由に入ることができます!

普段は自分の興味ある雑誌コーナーしか見ませんが、ずらりと表紙が並んでいると「こんな雑誌あったんだ!?」と思わず気になる雑誌を手に取ってしまいます。しかもこの雑誌が入っている棚、開くんです!中にはバックナンバーが入っているかと思いきや…。

話題の文喫

全然違う雑誌や本が!外に置かれている雑誌に関連した書籍が置かれているようです。ふむふむ、興味深い…。

話題の文喫
気になる雑誌があれば、ここで読んでもOK!

十分に楽しんだら、雑誌エリアの目の前にある受付へ!

話題の文喫

話題の文喫

ここで1,500円を支払うと、バッチがもらえます。館内ではこれが入館証代わりになるので、スタッフさんから見えるところに付けてくださいね。

ちなみに、平日19:00~23:00(土日祝は除く)に限っては、1,000円とお得に利用することができますよ!

それでは、魅惑の有料エリアへ行ってみます!

【魅力2】3万冊の本との、一期一会な出会い

話題の文喫

話題の文喫
一見無造作に積まれている本にも、共通点があるそうです

まず目の前に広がるのが、「選書室」。ここには約3万冊の本がありますが、1冊も同じ本はないんだとか。スタッフさんが本当に面白いと思った本や、他の書店では見たことがないような、個性的な本を仕入れるそうです。旅行関連の本からアート系まで、ジャンルはさまざま。

話題の文喫

ちょっと見渡しただけで、読んでみたいな…と思う本がたくさん出てきます。これだけの本が読み放題、そう思うと、ちょっとワクワクしてきました。もちろん、気になった本は購入することもできます!

一見、個性的な本を置いているにも関わらず、それが逆に「ここでしか手に入らない」と、本を購入されるお客さんは多いそうです。

【魅力3】読書のお供に!おかわり自由なドリンク

話題の文喫
文喫のテーマカラー「初恋ピンク」色のカップ
話題の文喫
喫茶室の入り口でもらえます

ゆっくり本を読みたい、そんなときにお供に欲しいのが飲み物ですよね。文喫ではなんと、コーヒーと煎茶が無料で飲めて、しかもおかわり自由!どちらも、ホットとアイス両方飲むことができますよ。これは嬉しいサービスですよね!「喫茶室」の入り口でもらうことができます。

料金は別途になりますが、他にもカフェラテやロイヤルミルクティー、ジュース、アルコール(11:30~)の販売もあります。これらは、先ほどの「選書室」以外は持ち込みOK!

【魅力4】集中できる気しかしない!コンセント付きの「閲覧室」

話題の文喫

話題の文喫

店内にはいくつかの読書エリアがありますが、一番集中したいときはここ「閲覧室」!全部で12席あり、ゆったりとしたスペースで、イスの座り心地も抜群です。レトロなランプも可愛い♪

話題の文喫

ひと席ごとにコンセントが付いているので、携帯の充電に困ることはなさそうです♪さらに、店内にはWi-Fiがとんでいるので、パソコンを持ち込んでの作業もできちゃいます。受付でもらったバッチの裏に、Wi-Fiのパスワードが書かれていますよ。

店内は人がいても基本的には静かなので、すごく集中できそうですよね。本も読めて、作業もできる。あれ…文喫いいなぁ。

話題の文喫

ちなみに、席を離れる時に荷物が心配!という方はこちらの無料で使えるロッカーが「喫茶室」にあります。

続いては、旅行の相談など会話OKなスペースも!?>>



出典元

出典元:じゃらんニュース

【じゃらん】有名温泉から穴場まで温泉旅館・ホテル5,000件以上が予約OK!


人気の国内ツアー

関連記事

旅行新聞 最新ニュース速報!

国内旅行ニュース

  1. アウトドアグッズ
  2. ご当地ばらソフトクリーム
  3. フロストフラワー
  4. ヤフー、入場予約チケット発行で感染者確認の通知へ、名古屋・東山動物園で新型コロナ感染防止策として
  5. オンライン帰省のお供に「グランスタ」イチオシのスイーツ
  6. 下関グランドホテル テイクアウトサービス

海外旅行ニュース

  1. 欧州各国が旅行再開へ規制緩和、夏休暇シーズンを焦点に、感染リスクと背中合わせも国内旅行から 【外電】

エアライン最新情報

  1. エア・アスタナが国際貨物部門を設立、767-300をセミカーゴに改造
  2. アイベックス、6月に福岡/仙台線など7路線で減便 4路線でダイヤ変更
  3. ピーチ、無菌病室で使用するフィルター採用 機内の換気性能をアピール
  4. エティハド航空、平均6年未満のA380退役か?A350は運用せず!?
  5. フィジー・エアウェイズ、従業員の半数以上を削減 コロナによる打撃で
  6. オリエンタルエアブリッジ、長崎と福岡発着4路線で1日9往復を運航
  7. AIRDO、6月14日まで一部問い合わせ窓口は土日祝日を休業
  8. ラタム・エアラインズ、チャプター11申請で経営再建 運航は継続
楽天トラベルは旅行新聞

ホテル・旅館情報

  1. 下関グランドホテル テイクアウトサービス
  2. ワンコイン ホテルめし
  3. テイクアウト始めました
  4. OCTAVARテイクアウト始めました
  5. 【TO GO“BENTO”】テイクアウトのご案内
  6. お届け弁当
  7. 【テイクアウト料理】中国料理「万陽華」のお料理をお値打ちにご自宅で
  8. 老舗旅館・加賀屋の分煙への取り組み、若女将が語った改正健康増進法への対応とは?(PR)
Facebookでシェア twitterでツイート Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly ページ上部へ戻る