「チームラボ 高知城 光の祭 2019-2020」が今年も開催されます。チームラボが日本三大夜城の高知城をインタラクティブな光のアート空間に変えるこのイベント。江戸時代の姿を今に伝え、現在も高知の街の象徴である高知城がデ […]

「チームラボ 高知城 光の祭 2019-2020」が今年も開催されます。チームラボが日本三大夜城の高知城をインタラクティブな光のアート空間に変えるこのイベント。江戸時代の姿を今に伝え、現在も高知の街の象徴である高知城がデジタル技術によって彩られます。

2019年11月8日(金)~2020年1月13日(月・祝)まで開催されるイベントの展示作品をご紹介します!

記事配信:じゃらんニュース

「呼応する木々と自立しつつも呼応する生命」

チームラボ高知城 光の祭

こちらは、城跡に置かれた卵の形をした球体と城跡の木々が光り輝く作品。球体に触れると美しい音色と色の変化を楽しむことができます。周りの球体や木々との共鳴がみどころです!

「浮遊する、呼応する球体」

チームラボ高知城 光の祭

浮遊する光の球体が強く輝いたり消えたりして、まるでゆっくりと呼吸しているかのような作品。人が触れて衝撃を受けると、球体は光の色を変化させ、色特有の音色を響かせます。周りの球体も呼応して同じ光の色に変化し、音色を響かせます。

「世界はこんなにもやさしく、うつくしい – 高知城の石垣」

チームラボ

高知城の石垣を使ったインスタレーション作品。光で描かれる書が、石垣の影と一体化しながら降り注ぎます。人々が文字に近づくと、それぞれの文字がもつ世界が現れ、互いに影響し合い、1つの世界を創っていきます。自然の景色に同じ瞬間がないように、同じ絵は二度と見ることができないそうです!

「呼吸し呼応する石垣 – 高知城」

チームラボ高知城 光の祭

日本で唯一、天守だけではなく本丸全体の建築物がほぼ現存する高知城。その石垣の全長500mをライトアップした作品です。石垣の光はそれぞれ自立していて、まるで呼吸しているかのよう。

「呼応する木々と自立しつつも呼応する生命」から伝わってきた光にも呼応し、強く輝き、連続して広がっていく様子はまさに圧巻です。

「呼応する高知城」

チームラボ高知城 光の祭

高知城の本丸の光は自立し、ゆっくりと呼吸するかのようにきらめきます。二ノ丸・三ノ丸の「呼応する木々と自立しつつも呼応する生命」、追手門から三ノ丸・二ノ丸・本丸へと続く石垣の「呼吸し呼応する石垣-高知城」から伝わってきた光に呼応し強く輝きます。荘厳な姿をぜひ写真に抑えたいですね。

「お絵かき龍馬たち」

チームラボ高知城 光の祭

高知にゆかりのある歴史上の人物や、男の子や女の子の絵を紙に描いてみましょう。すると、描いた絵に命が吹き込まれ、目の前に広がる巨大な草原で歩き出します!動いてる絵に触れると、様々なリアクションをしてくれるんだとか。

「Waves of Light Kochi Castle」

チームラボ高知城 光の祭

高知城の本丸と二ノ丸を結ぶ渡り廊下の襖に波を描いたインスタレーション作品です。波は水の動きをシミュレーションし構築されています。水は、無数の水の粒子の連続体で表現し、粒子間の相互作用が計算されているそう。チームラボが生み出す立体的な波、じーっと眺めていたくなりますね。

展示期間/2019年11月8日(金)~12月19日(木)

「自立しつつも呼応する生命の森」

チームラボ高知城 光の祭

ここは、光の卵形の球体に埋め尽くされた空間。球体をかき分けながら中に入っていくことができます。球体は触れると色や音を変化させ、向こうの方から光が変化してきたら、誰か人が来たことがわかるなど、見て触って聞いて楽しめる作品です。

■チームラボ 高知城 光の祭 2019‐2020
[開催期間]2019年11月8日(金)~2020年1月13日(月・祝)
[開催時間]17時30分~21時30分(最終入場21時)
[開催場所]高知城・高知公園
[料金]当日券:大人1100円、中・高校生900円、小学生500円
「チームラボ 高知城 光の祭 2019‐2020」の詳細はこちら

まとめ

日本三大夜城の高知城をいつもとは違った視点で体感できる「チームラボ 高知城 光の祭 2019‐2020」。アートを見るだけではなく、触って聞いて、写真を撮って…と様々な楽しみ方ができるのが魅力ですね。江戸時代の歴史と現代の最新技術が融合した話題のイベントをお見逃しなく!

■高知城・高知公園
[TEL]088-854-7100
[住所]高知県高知市丸ノ内1-2-1
[アクセス]【電車】とさでん交通 路面電車 高知城前駅より徒歩3分
【車】高知ICより15分
「高知城」の詳細はこちら

情報提供元/チームラボ

※この記事は2019年10月時点での情報です



出典元

出典元:じゃらんニュース

【じゃらん】有名温泉から穴場まで温泉旅館・ホテル5,000件以上が予約OK!


人気の国内ツアー

関連記事

旅行新聞 最新ニュース速報!

国内旅行ニュース

  1. 品川駅近の絶品「パン屋」さん
  2. 鉄道カメラマンが選ぶ「乗りたい列車」
  3. 河童橋
  4. シンガポールの有名老舗「Ya kun Kaya Toast」新宿に上陸!
  5. 2020真夏のパフェフェア
  6. ロフトおすすめ旅先の「リラックスアイテム」
  7. 沖縄県、スポーツイベントの開催を支援、今期の秋冬の実施で上限1000万円を補助
  8. medelu

海外旅行ニュース

  1. トルコ、「セーフ・ツーリズム認証」プログラムを開始、外国人旅行者向けに健康保険パッケージも
  2. モルディブ、日本含む世界から観光客の受入れ再開、7月15日から、住民のいない島で滞在先1か所が条件

エアライン最新情報

  1. エールフランス、22年末までに7580人削減 24年まで需要回復困難
  2. ルフトハンザ、羽田・関空-ミュンヘン10月までに再開へ
  3. エアアジア・ジャパン、福岡8月就航 国内線4カ月ぶり再開へ
  4. JAL、成田-シンガポール再開 帰国や赴任需要などで
  5. ジェットスター・ジャパン、就航8周年 片岡社長、旅客と社員に感謝
  6. ジェットスター・ジャパン、年内の国内全便復便「厳しい」
  7. アメリカン航空、感染防止策をさらに強化、オンラインチェックインでは症状の有無の申告を義務化
楽天トラベルは旅行新聞

ホテル・旅館情報

  1. ハイアット、日本国内14軒で、ステイケーション(近場旅)の特別プラン、レイトチェックアウトや朝食付き
  2. 東急不動産、グループ関連3社を統合でホテル事業の新会社、「東急リゾート&ステイ」を立ち上げ
  3. ふるさと納税サイトで宿泊予約を可能に、体験型「さといこ」が宿泊予約管理システムと連携、OTAと在庫連動
  4. 東京都、テレワーク促進でホテルと連携、地域別に利用可能なプランを検索可能に
  5. 京都中心地に寺院と一体型ホテル、朝のお勤め体験も提供、「三井ガーデンホテル京都河原町浄教寺」が9月28日開業へ
  6. 「星野リゾート リゾナーレ小浜島」が7月1日に開業、八重山の絶景スポットへ抜群のアクセス
  7. 大阪・難波にマリオットホテルの日本初進出ブランド、7月1日に開業決定、コワーキング利用も
Facebookでシェア twitterでツイート Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly ページ上部へ戻る