阪神淡路大震災を機に、鎮魂と追悼と街の復興を願って毎年開催されている神戸ルミナリエ。25回目を迎える今年の作品テーマが、「希望の光に導かれて、25年」に決定しました。開催期間は2019年12月6日(金)~15日(日)の1 […]

阪神淡路大震災を機に、鎮魂と追悼と街の復興を願って毎年開催されている神戸ルミナリエ。25回目を迎える今年の作品テーマが、「希望の光に導かれて、25年」に決定しました。開催期間は2019年12月6日(金)~15日(日)の10日間。

今回は初回開催時の白熱電球が復活。会場には震災語り部ブース、飲食ブース34店舗の他、公式グッズや銘菓を販売するブースが登場する予定です。そのほかジャズなどのステージや兵庫・神戸のグルメイベントも行われます。「第25回 神戸ルミナリエ」について詳しく紹介します。

記事配信:じゃらんニュース

作品テーマは「希望の光に導かれて、25年」

神戸ルミナリエ

阪神淡路大震災の鎮魂と追悼のためにスタートした神戸ルミナリエ。「旧外国人居留地」および「東遊園地」で開催される本イベントは、今では神戸観光を代表するイベントの一つです。

25回という節目を迎えた神戸ルミナリエの今回の作品のテーマが「希望の光に導かれて、25年」に決定しました。作品には約50万個の電球が使われるそうです。

注目ポイントは、ルミナリエ史上最大級のドーム!

神戸ルミナリエ

神戸ルミナリエ

今年の神戸ルミナリエの見どころをお伝えします。

●ルミナリエ史上最大級のドーム設置
東遊園地の広場に毎年設置されている光の聖堂(カッサアルモニカ)を包み込む、高さ約21mの巨大ドーム状の作品が初めて設置されます。また「慰霊と復興のゾーン」では「1.17希望の灯り」が今回初めて高さ約4mのアーチで飾られるそうです。

●あたたかさを感じる白熱電球の復活
25回を記念した特別な演出として、伊藤町筋から東に向かう一角を「メモリアルゾーン」に設定。初回開催時に使用していた白熱電球による壁状の作品が展示されます。白熱電球の光はあたたかく、ぬくもりが感じられるところが魅力です。

●花時計広場では幻想的な作品が登場
東遊園地南側の花時計広場には、藤棚に沿って点滅する「スパッリエーラ」が登場。この作品では、音楽に合わせて光が躍動するように点滅し、幻想的な雰囲気が体験できます。このほかにも、来場者を会場へ誘導する小作品やフォトスポット作品設置が予定されています。

●体験を風化させないために語り部ブースが設置
「慰霊と復興のゾーン」に「震災語り部ブース」が開設されます。月日が流れ阪神淡路大震災を経験していない世代の来場も増える中、神戸ルミナリエが始まった理由や趣旨の理解を深め、震災経験者の話をリアルに伝えます。

●継続開催のための100円募金を実施
神戸ルミナリエが、今後も多くの方の理解と協力に支えられて継続して開催できるよう、会場では「一人100円募金」が行われます。

■第25回神戸ルミナリエ
[開催期間]2019年12月6日(金)~15日(日)
[開催時間]点灯時間【月~木】18時頃〜21時30分【金】18時頃〜22時【土】17時頃〜22時【日】17時頃〜21時30分
※混雑状況により点灯時間が繰り上がることがあり、特に土・日は薄暮時に点灯する可能性があります。また荒天の場合、点灯を見合わせることがあります
[開催場所]旧外国人居留地および東遊園地(神戸市中央区)

まとめ

今年で25回目を迎える神戸ルミナリエは、大震災の鎮魂と追悼、神戸の復興が目的のイベントです。今回のテーマは「希望の光に導かれて、25年」。今年はぬくもりが魅力の白熱電球が復活し、巨大なドーム状の作品も設置されます。

また、震災体験を風化させないために震災語り部のブースが開設され、イベント継続のための「一人100円募金」も行われるそうです。この機会に神戸を訪れ、ルミナリエの趣旨を改めて理解するのもいいかもしれませんね。

情報提供元/一般財団法人 神戸観光局

※この記事は2019年10月時点での情報です



出典元

出典元:じゃらんニュース

【じゃらん】有名温泉から穴場まで温泉旅館・ホテル5,000件以上が予約OK!


人気の国内ツアー

関連記事

旅行新聞 最新ニュース速報!

国内旅行ニュース

  1. かき氷 山田屋
  2. 大空町ひまわり畑
  3. 写真提供:吉田 利栄
  4. チームラボ
  5. 天空の城ラピュタ 肩のせエコバッグ キツネリス
  6. ベイクドマロウ

海外旅行ニュース

  1. 高速バス「ウィラー」、混雑状況の見える化を開始、便や座席の変更にも対応、運行便数も拡大へ
  2. 5G・電磁波対策2020年、健康意識の高いオーストリア人はこれをしている!
  3. 旅ライターも驚いた!自宅で旅行が楽しめる「海外旅行2.0」時代の旅

エアライン最新情報

  1. アメリカン航空、羽田/ロサンゼルス線を再開、新規就航のダラス・フォートワース線は11日から週3便で
  2. 2040年の旅行のカタチは? 20年後の旅行予約の進化から「5G対応の都市交通」まで予測
  3. JAL国内線、払戻手数料のみでキャンセル可能 10月24日搭乗分まで
  4. ANA国内線、取消・払戻手数料無料「あんしん変更キャンペーン」 9月末搭乗分まで
  5. ANA、被災自治体をふるさと納税で支援 令和2年7月豪雨
  6. ANA、令和2年7月豪雨の被災地支援 無償航空券や物資輸送
  7. FDA、新役員体制 20年6月22日付
  8. ハイフライのA380、エコノミークラスを臨時貨物室に 新型コロナで
楽天トラベルは旅行新聞

ホテル・旅館情報

  1. カラカミ観光、8月に社名を変更、新たな宿泊様式やサービス観の構築へ
  2. ブルガリのホテルがローマに開業へ、2022年に、今後さらに東京、パリ、モスクワでも
  3. 星野リゾート「OMO7旭川」、道内の長期滞在者向けに特別プラン、15泊以上で1泊3000円から、テレワーク需要を見込む
  4. ハイアット、日本国内14軒で、ステイケーション(近場旅)の特別プラン、レイトチェックアウトや朝食付き
  5. 東急不動産、グループ関連3社を統合でホテル事業の新会社、「東急リゾート&ステイ」を立ち上げ
  6. ふるさと納税サイトで宿泊予約を可能に、体験型「さといこ」が宿泊予約管理システムと連携、OTAと在庫連動
Facebookでシェア twitterでツイート Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly ページ上部へ戻る