約2万平米の舞鶴公園にある福岡城跡が、インタラクティブな光のアート空間に変わる「チームラボ 福岡城跡 光の祭 2019-2020」が開催中です! 光で描かれた黒い八咫烏が石垣を飛び回る作品など、新たな4作品を含む計7作品 […]

約2万平米の舞鶴公園にある福岡城跡が、インタラクティブな光のアート空間に変わる「チームラボ 福岡城跡 光の祭 2019-2020」が開催中です!

光で描かれた黒い八咫烏が石垣を飛び回る作品など、新たな4作品を含む計7作品が展示されています。開催期間は2020年2月2日(日)までなので、気になる方はぜひ足を運んでみてください。作品について紹介します。

記事配信:じゃらんニュース

「呼応する木々と自立しつつも呼応する生命」

チームラボ福岡城跡 光の祭 2019-2020

城跡に置かれた卵の形をした球体と城跡の木々が光り輝く作品。球体に触れると美しい音色と色が変化していきます。周りの球体や木々との共鳴がみどころです!

「呼吸し呼応する石垣 – 石城跡」

チームラボ福岡城跡 光の祭 2019-2020

1607年に築かれた福岡城石垣が、全長約630mに渡って光り輝きます。本丸跡の「呼応する木々と自立しつつも呼応する生命」の伝播してきた光に呼応し、強く輝き、連続して広がっていく様子を楽しめます。

「石垣の追われるカラス、追うカラスも追われるカラス – 石城大天守台跡」

チームラボ福岡城跡 光の祭 2019-2020

福岡城の大天守台跡の石垣を使ったインスタレーション作品。光で描かれた黒い八咫烏が空間を飛び回り、その軌跡が空間に書を描きます。カラスがぶつかり合うと散って花となる、儚くも美しい作品です。

「大天守台跡の石垣に住まう花と共に生きる動物達」

チームラボ福岡城跡 光の祭 2019-2020

全長60m、高さ約10mの福岡城大天守台跡の石垣に住まう動物がゆっくりと生まれ、また消えていく作品。体に花々が生えた動物たちは、人々が近づくと、花々が散るとともに、ゆっくりと消えていきます。

「お絵かき黒田官兵衛」

チームラボ福岡城跡 光の祭 2019-2020

みんなの描いた黒田官兵衛たちが歩き回ったり、踊ったりする作品です。紙に自由に黒田官兵衛にゆかりのある歴史上の人物を描くと、描いた絵に命が吹き込まれ、目の前の巨大な草原で歩き出すんだとか!歴史上の人物に触ると、その人物の名言を喋るのでぜひ触って遊んでみてくださいね♪

「自立しつつも呼応する生命の森」

チームラボ福岡城跡 光の祭 2019-2020

光の卵形の球体に埋め尽くされた空間作品。球体をかき分けながら中に入っていくと、色や音を変化させます。向こうの方から光が変化してきたら、誰か人が来たことがわかり、見て触って聞いて楽しめる作品です。

「石垣の反転無分別 – 石城跡」

福岡城の石垣を使ったインスタレーション作品。光で描かれる書の黒は、光がないことを意味し、数百年の長い時間による風化が生んだ石垣がつくる影と区別がつきません。書と石垣の影は一体となって、石垣に空間に書く書「空書」を永遠に書き続けます。

■チームラボ 福岡城跡 光の祭 2019-2020
[開催期間]2019年11月29日(金)~2020年2月2日(日)
[開催時間]18時~22時(最終入場21時30分) ※12月31日は25時まで開催
[開催場所]舞鶴公園・福岡城跡(福岡市中央区城内)
[入場料]大人 1200円、中・高校生 800円、小学生 400円、3歳以下無料
「チームラボ 福岡城跡 光の祭 2019-2020」の詳細はこちら

まとめ

1601年から7年の歳月をかけて築かれた九州一の巨城、福岡城が光のアート空間に変わる「チームラボ 福岡城跡 光の祭 2019-2020」。見て楽しむだけではなく、触って聞いて、写真を撮って…と楽しみ方は無限大!2019年の終わりと2020年の始まりを、儚く美しい光と色のアートで飾ってくださいね♪

■舞鶴公園・福岡城跡
[アクセス]福岡市地下鉄 赤坂駅・大濠公園駅より徒歩8分
「舞鶴公園・福岡城跡」の詳細はこちら

情報提供元/チームラボ

※この記事は2019年11月時点での情報です



出典元

出典元:じゃらんニュース

【じゃらん】有名温泉から穴場まで温泉旅館・ホテル5,000件以上が予約OK!


人気の国内ツアー

関連記事

旅行新聞 最新ニュース速報!

国内旅行ニュース

  1. かき氷 山田屋
  2. 大空町ひまわり畑
  3. 写真提供:吉田 利栄
  4. チームラボ
  5. 天空の城ラピュタ 肩のせエコバッグ キツネリス
  6. ベイクドマロウ

海外旅行ニュース

  1. 高速バス「ウィラー」、混雑状況の見える化を開始、便や座席の変更にも対応、運行便数も拡大へ
  2. 5G・電磁波対策2020年、健康意識の高いオーストリア人はこれをしている!

エアライン最新情報

  1. JAL、8月は国内線9割運航まで回復 お盆需要視野に
  2. JAL、企業サイトをリニューアル
  3. JALのCA、目の表情から察して接客 特集・新型コロナと機内サービス
  4. アメリカン航空、羽田/ロサンゼルス線を再開、新規就航のダラス・フォートワース線は11日から週3便で
  5. 2040年の旅行のカタチは? 20年後の旅行予約の進化から「5G対応の都市交通」まで予測
  6. JAL国内線、払戻手数料のみでキャンセル可能 10月24日搭乗分まで
  7. ANA国内線、取消・払戻手数料無料「あんしん変更キャンペーン」 9月末搭乗分まで
  8. ANA、被災自治体をふるさと納税で支援 令和2年7月豪雨
楽天トラベルは旅行新聞

ホテル・旅館情報

  1. カラカミ観光、8月に社名を変更、新たな宿泊様式やサービス観の構築へ
  2. ブルガリのホテルがローマに開業へ、2022年に、今後さらに東京、パリ、モスクワでも
  3. 星野リゾート「OMO7旭川」、道内の長期滞在者向けに特別プラン、15泊以上で1泊3000円から、テレワーク需要を見込む
  4. ハイアット、日本国内14軒で、ステイケーション(近場旅)の特別プラン、レイトチェックアウトや朝食付き
  5. 東急不動産、グループ関連3社を統合でホテル事業の新会社、「東急リゾート&ステイ」を立ち上げ
Facebookでシェア twitterでツイート Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly ページ上部へ戻る