ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、2020年の東京五輪前のオープンをめざす、世界初の任天堂をテーマにした「SUPER NINTENDO WORLD」の、キックオフ・プレゼンテーションが行われ、新エリアでの体験内容など […]

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、2020年の東京五輪前のオープンをめざす、世界初の任天堂をテーマにした「SUPER NINTENDO WORLD」の、キックオフ・プレゼンテーションが行われ、新エリアでの体験内容などが発表されました。

記事配信:じゃらんニュース

新エリア「SUPER NINTENDO WORLD」とは

SUPER NINTENDO WORLD

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、任天堂のキャラクターとその世界観をテーマにした、世界初となる壮大なエリア「SUPER NINTENDO WORLD」を2020年の東京五輪前にオープンします。

マリオカートや人気キャラクターのヨッシーをテーマにした、家族で楽しめるライド・アトラクションのほか、レストラン、ショップなど充実したエリアとなる予定です。

スマートフォンと連動!新時代のテーマパーク体験

SUPER NINTENDO WORLD
「SUPER NINTENDO WORLD」では、現実世界にいながら、まるでマリオのように全身を駆使し、躍動できるアクティビティを体験することができます。この新技術は、スマートフォンにユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアプリをダウンロードし、エリア内で購入できるバンドを連動させることで、体験をより一層革新的なものにします。

SUPER NINTENDO WORLD

エリア内には「ハテナブロック」をはじめ、ポイントが数十か所以上設置されています。パワーアップバンドを着用し、ハテナブロックを実際に叩くなどの体験によって、ゲストはマリオのゲームの世界のように、実際にコインを集めることができます。

SUPER NINTENDO WORLD

アプリにおいても設定された様々な条件を達成することで、マリオのキャラクタースタンプなどのコレクタブルアイテムを獲得することができます。ゲストとリアルタイムに競い合いながら、ゲームを楽しめます!

他にも、エリア内には「キーチャレンジ」と呼ばれるアトラクションが登場。「キーチャレンジ」をクリアすると入手できる「キー(鍵)」を一定数集めることで、他のゲストと協力しながら様々な敵キャラクターと対決する「ボスバトル」に挑戦することもできます。エリア内で得た経験によって、パークでの体験価値もどんどん成長することができるという、まさに“新時代テーマパーク体験”です。

「SUPER NINTENDO WORLD」の開業を記念したMVが発表

SUPER NINTENDO WORLD

SUPER NINTENDO WORLD

2020年1月14日(火)に世界同時解禁された「SUPER NINTENDO WORLD」の開業を記念したミュージックビデオ「WE ARE BORN TO PLAY」は、“マリオのゲームの世界を現実にしたい”という想いを表現した映像になっています。

「WE ARE BORN TO PLAY」の映像はこちら

■ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」の詳細はこちら

情報提供元/合同会社ユー・エス・ジェイ

※この記事は2020年1月時点での情報です



出典元

出典元:じゃらんニュース

【じゃらん】有名温泉から穴場まで温泉旅館・ホテル5,000件以上が予約OK!


人気の国内ツアー

関連記事

旅行新聞 最新ニュース速報!

国内旅行ニュース

  1. 春秋航空日本、天津から中国復便検討 樫原社長「拡大プラン頭の中に」
  2. MIYASHITA PARK
  3. MIYASHITA PARK
  4. 湯原温泉 砂湯
  5. 湯原温泉 砂湯
  6. 千成屋珈琲
  7. どんだけ自己中
  8. TDL新エリアのフードメニューを紹介♪

海外旅行ニュース

  1. プリンセス・クルーズ、利益率低い2隻を売却、サン・プリンセス、シー・プリンセス全キャンセルに

エアライン最新情報

  1. JAL、成田発着で「星空フライト」 国際線767活用、即日完売
  2. 羽田空港、ANA・JALら6社が合同見送り「20年で初めて見た」
  3. ANA、赤い羽根共同募金に協力 デカール機は見送り
  4. スターフライヤー、8月の国内線利用率33.8%
  5. ピーチ、ワーケーション導入 社員の健康状態測り課題抽出
  6. JAL、中部-那覇に就航30周年運賃 早期割引で8300円から
  7. ジェットスター・ジャパン、10月は成田-長崎・宮崎・鹿児島運休
  8. ANA、フランクフルト貨物臨時便を定期化 777Fで冬ダイヤから
楽天トラベルは旅行新聞

ホテル・旅館情報

  1. 観光庁、令和2年7月豪雨の被災観光地の復興へ公募、専門家派遣など観光戦略の再構築へ
  2. 「withコロナ時代の観光×デジタル」テーマで無料オンラインセミナー、10月6日開催、DMO・観光・宿泊事業者向けに3密回避の事例紹介など(PR)
  3. 東急、会員制シェアオフィス事業に自社ホテル活用、リモート会議スペースとして客室提供
  4. TKP、熱海に高級路線でホテル「ISHINOYA熱海」開業、露天風呂付きなど全34室で、ワーケーションや貸切研修に対応
  5. GoToトラベル事務局、宿泊事業者向け感染防止対応の動画公開、発熱対応や食事時の注意点をわかりやすく
  6. グーグルの民泊検索サービス、ブッキングが再参画、エアビーは離脱、その背景には何が【外電】
  7. グーグルの民泊検索サービスで変わり続けるOTAとの連携、ブッキング・ドットコムが再度参画、エアビーは離脱【外電】
Facebookでシェア twitterでツイート Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly ページ上部へ戻る