山口県旅行に行くならおすすめしたい定番の観光スポット&グルメをご紹介します。今回は、山口在住の方にアンケートを実施し、「県外の方に本当におすすめしたい山口の観光スポット」を厳選しました。角島大橋や秋吉台、錦帯橋をはじめ、 […]

山口県旅行に行くならおすすめしたい定番の観光スポット&グルメをご紹介します。今回は、山口在住の方にアンケートを実施し、「県外の方に本当におすすめしたい山口の観光スポット」を厳選しました。角島大橋や秋吉台、錦帯橋をはじめ、山口県ならではの美しい絶景や、文化を感じられるスポットなど。山口観光するなら、ぜひ参考にしてみてください。

記事配信:じゃらんニュース
※アンケート(※1)はマクロミルにて実施、口コミはじゃらんnet観光ガイドより抜粋しました

錦帯橋【岩国市】

日本を代表する木造橋。名勝に指定された錦帯橋

画像出典:じゃらん観光ガイド 錦帯橋
画像出典:じゃらん 観光ガイド 錦帯橋

山口県最東部に位置する岩国市。市内を流れる錦川に架かる錦帯橋はアーチを描いた5連の木造橋で、全長193.3メートル、幅員5メートル。

春は桜、夏は鵜飼や花火、秋には紅葉、冬には雪化粧と、美しい景観を望めます。観光には錦帯橋、岩国城ロープウエー、岩国城を一緒に回れるセット券がおすすめです。

\口コミ ピックアップ/
天下の錦帯橋だけあって、木製の橋脚の美しさに感激しました。台風の後だったが、川の水もきれいで、背後の岩国城とも調和がとれ、感激しました。また、出かけてみたいスポットです。
(行った時期:2019年8月)

毎月岩国に出張できます!すごく上品でかっこいい橋なのでみなさんもぜひ!ご当地グルメで岩国寿司があります!
(行った時期:2019年6月)

橋の下からアーチ型の橋を眺めるのも良し、橋を歩きながら周りの景色をみわたすのも良し!橋の途中に階段があるが段差が低いので苦じゃなく渡れました。
(行った時期:2019年5月)

■錦帯橋
[住所]山口県岩国市岩国1丁目
[営業時間]8時~17時(夏期19時まで)※夜間は無人、照明は22時まで
[定休日]なし
[料金]【中学生以上】310円【小学生】150円
[アクセス]【電車】JR「岩国駅」よりバスで約20分、「錦帯橋」バス停下車徒歩約1分
「錦帯橋」の詳細はこちら
「錦帯橋」の口コミ・周辺情報はこちら

角島【下関市】

映画やCMのロケ地としても名高い、北長門海岸国定公園に広がる絶景の島

画像出典:じゃらん観光ガイド 角島
画像出典:じゃらん 観光ガイド 角島

日本海に面した下関市豊北町の沖に浮かぶ小さな島で、映画のロケ地としても知られています。角島大橋を渡ると、美しい北長門海岸国定公園が広がります。

ハマユウの分布北限地であり、7月中旬~7月下旬の海岸一帯に白い花が咲き誇り見頃に。また、島内には日本海を一望できる角島灯台や海水浴場、自慢の海鮮を味わえるお店もあり、一年を通して、昼間はコバルトブルーの美しい海を、夕刻には日本海に沈む夕景を望めます。

\口コミ ピックアップ/
島のなかには、灯台、お土産屋さん、キャンプ場があるだけですが、
何より、日本海の澄んだ海の景色は、
遮る物もなく、汚れた海もなく、
心が洗われる位です。
やっぱり
綺麗なものが一番!
お土産屋さんは、結構、立派な施設です。
(行った時期:2019年7月)

豊かな自然が残っている島になっていますよ。また橋も繋がってるのでとても行きやすい場所になっていますよ。
(行った時期:2018年2月)

■角島
[住所]山口県下関市豊北町角島
[アクセス]【電車】JR山陰本線「特牛駅」からバスで20分
「角島」の詳細はこちら
「角島」の口コミ・周辺情報はこちら

角島大橋【下関市】

窓を開けて潮風を受け、コバルトブルーの海を滑るように橋を渡る

画像出典:じゃらん観光ガイド 角島大橋
画像出典:じゃらん 観光ガイド 角島大橋

離島に架かる通行料無料の橋としては、日本屈指の長さ1780mを誇る角島大橋。

透き通るコバルトブルーの海士ヶ瀬(あまがせ)をまたぎ、自然と調和したその姿は「土木学会デザイン賞2003」の優秀賞を受賞。北長門海岸地域随一の景勝地として注目を集め山口県を代表する観光スポットとなっています。

風に吹かれ海を眺めながら島を渡る爽快感をぜひ味わってみてください。

\口コミ ピックアップ/
訪れた日は、やや天気が怪しかったのですが、角島大橋につくころにはとてもいい天気になりました。
橋の長さはもちろんのこと、両サイドの真っ青な海。もう絶景としかいいようがありませんでした。
これまた幸いにも、観光客がほとんどいなく(後から増えてきましたが)橋もスイスイ、写真もバシバシ撮りまくりました。
橋の先にある灯台にも登り、上からの景色も眺められ二度感激しました。
(行った時期:2019年6月)

本当に海が綺麗でCMで見たり雑誌でみたとおりの綺麗さ!島に渡る間運転に集中していた為良く見れなかったのでムービーを撮ってもらいました。
(行った時期:2019年9月)

車で通りすぎるだけなのですが、テレビで見た通りの景色が見られてとてもよかったです。
島に渡っても、道路はきれいに整備され、快適なドライブコースでした。
(行った時期:2019年8月)

■角島大橋
[住所]下関市豊北町神田~角島
[料金]無料
[アクセス]【電車】JR「滝部駅」からバスで25分、または「特牛駅」からバスで15分「ホテル西長門リゾート入口」下車、徒歩3分【車】下関I.Cから車で70分
「角島大橋」の詳細はこちら
「スポット名」の口コミ・周辺情報はこちら

秋芳洞【美祢市】

大自然の創った芸術に感嘆。太古に想いを馳せ、約1kmの洞内を歩く

画像出典:美祢市観光協会
画像出典:美祢市観光協会

秋吉台国定公園の山麓にある国内最大級の鍾乳洞。洞口の高さ24m、横巾8m、洞内の最も広いところは200m、天井は最高80mにも!歩いてまわれる一般観光ルートは約1kmという大鍾乳洞です。

洞内の気温は年間を通じて約17℃、いつ訪れても快適に観賞できます。スポットごとに音声案内があり見ごたえ充分。たくさんの皿が並んだような百枚皿や、秋芳洞のシンボル黄金柱は必見です。

\口コミ ピックアップ/
入り口から雰囲気が最高。
何万年もかけてできた洞窟。
歴史を感じます。
長崎からのお友達と行きました。
とっても喜んでもらえました。
(行った時期:2019年8月)

山口県秋芳洞、王道な観光スポットだけあり外国の方も非常におおく見学に来られており、夏場のギンギンの日差しとは対照的に洞窟の中は少し肌寒いくらい、何億年もの歳月を経て出来上がった鍾乳石の数々、いままで行った中でも最大の広さで圧巻でした。
(行った時期:2019年9月)

山口県と言えば秋芳洞、秋芳洞と言えば瓦蕎麦、秋芳洞大満喫の3時間強、秋芳洞の近くには呼び込み系を含め沢山駐車場があるので困らないかと。秋芳洞入口から見せてくれます。よく旅番組などで見たことある景色、中はとてもひんやり、寒がりな人は1枚羽織る物を持っていった方が良いかも。長い年月をかけてできた鍾乳石、洞窟の広さも、鍾乳石の大きさもピカイチ。じっくり観賞、解説が欲しい人は観光ガイドの方もいるので説明を受けながらの鍾乳探索もできます。秋芳洞の後はそこから地上へ山道を登ると今度はカルスト台地、洞窟の冷気から今度は夏の太陽光線と、山道は少し大変ですが、カルスト台地観賞して損はなし。自然満喫な旅になりました。もちろん瓦蕎麦も駐車場近くのお店で頂きました。
(行った時期:2019年9月)

■秋芳洞
[住所]山口県美祢市秋芳町秋吉3506-2
[営業時間]【通常期3月~11月】8時30分~17時30分(閉洞18時30分)【閑散期12月~2月】8時30分~16時30分(閉洞17時30分)
[定休日]なし
[料金]【大人(高校生以上)】1300円【中学生】1050円【小学生】700円
[アクセス]【電車】JR「新山口駅」からバスで約40分「秋芳洞」下車【車】中国自動車道「美祢東JCT」経由小郡萩道路「秋吉台IC」から車で5分
「秋芳洞」の詳細はこちら
「秋芳洞」の口コミ・周辺情報はこちら

秋吉台【美祢市】

石灰岩がまるで羊の群れのよう!360度大パノラマの爽快ドライブ。

画像出典:じゃらん観光ガイド 秋吉台
画像出典:じゃらん 観光ガイド 秋吉台

標高200~400mの高台に位置する国内最大級のカルスト台地。

海の中でサンゴ礁として生まれた石灰岩が3億年もの年月を経て現在の地形に。4502ヘクタールが国定公園に、1384ヘクタールが特別天然記念物に指定されています。

県道242号「カルストロード」を駆け抜けるドライブは爽快そのもの。撮影スポットも多いので記念撮影をお忘れなく。

\口コミ ピックアップ/
サイクリングやツーリングを楽しむ方々を道中沢山見かけました。見渡す限りの緑に点々と見える岩??……なんだか上手く伝えられている気がしませんが、ファンタジーの世界に迷い込んだかのような気持ちになるような、何時間でも見ていられそうな景色でした。展望台の近くのカフェでジェラートを頂きましたが、とても美味しかったですよ。
(行った時期:2019年8月)

ドライブの好きな方は、
カルストロードを走って見てください
ススキのころや、新緑の頃は、最高です。
展望台があり、気楽に全体の雰囲気を味わえます。
(行った時期:2019年7月)

冬は暖かく、夏は涼しいので、旅行にとても適している観光地と言えます。子供の冒険心をくすぐる場所でもあるので、子連れにもおススメです。
(行った時期:2019年7月)

■秋吉台
[住所]山口県美祢市
[アクセス]【電車】山陽新幹線「新山口駅」からバスで約40分 、秋芳洞バス停から徒歩で30分【車】中国道美祢東JCT経由小郡萩道路秋吉台ICから車で約10分、美祢ICから車で20分
「秋吉台」の詳細はこちら
「秋吉台」の口コミ・周辺情報はこちら

下関市立しものせき水族館・海響館【下関市】

珍しいフグの仲間の展示も

画像出典:じゃらん観光ガイド 下関市立しものせき水族館・海響館
画像出典:じゃらん 観光ガイド 下関市立しものせき水族館・海響館

75もの水槽に550種35000点の海の生き物を展示。下関らしいフグコーナー、関門海峡を再現し海底散策気分が味わえる「関門海峡潮流水槽」も見ごたえ抜群です。

また、日本最大級のペンギン展示施設「ペンギン村」も!

イルカが泳ぐ様子を水槽から眺めつつ食事ができるレストラン・イルカの見えるレストランはランチやキッズメニューも充実しています。

※現在、新型コロナウイルス感染症の予防対策として、すべてのイベントを当面の間中止しております。ご来館の際には、HPでコロナ対策やイベント再開等の最新情報を確認ください。

\口コミ ピックアップ/
子供はもちろん、大人もとても楽しめました!!ペンギンと触れ合えたり(申し込みが必要)、生き物たちの展示の仕方が面白く、水槽もとても綺麗でした。
(行った時期:2019年7月)

周りには駐車場も充実して、唐戸市場が近くにあり観光に最高。船で対岸の門司にも気軽に行けて楽しさ満載。
(行った時期:2019年6月)

■下関市立しものせき水族館・海響館
[住所]下関市あるかぽーと6番1号
[営業時間]【平日】9時30分~17時30分(最終入館17時)
[定休日]なし
[料金]【高校生以上】2090円【小・中学生】940円【3歳以上】410円
[アクセス]【電車】JR下関駅からバスで「海響館前」バス停から徒歩で3分【車】中国自動車道下関ICより車で15分
「下関市立しものせき水族館・海響館」の詳細はこちら
「下関市立しものせき水族館・海響館」の口コミ・周辺情報はこちら

元乃隅神社【長門市】

123基もの朱色の鳥居が連なり、海の青と緑の中に映える神秘の地

画像出典:じゃらん観光ガイド 元乃隅神社
画像出典:じゃらん 観光ガイド 元乃隅神社

この地域の網元が白狐のお告げにより昭和30年に建立した神社が評判を呼び、今や国内外から観光客が訪れる一大観光スポットに!

波打ち寄せる龍宮の潮吹から朱色の鳥居が123基、100m以上も続き、神秘的。商売繁盛、開運厄除はじめ、様々な願いにご利益があるとされています。

\口コミ ピックアップ/
写真では見たことある景観、自分の目で是非見てみたいと思い、近くの角島大橋とセットで見物、早朝のため参拝者は他に1組だけだったので、誰に気遣うことなく楽しめました。
(行った時期2019年5月)

平日の午前中に行きましたが沢山の人が訪れていて流石だと思いました  
写真で見るのと違い迫力が違います  わざわざで行っても満足すると思います 駐車場、トイレも綺麗に整備されていました
(行った時期:2019年4月)

■元乃隅神社
[住所]山口県長門市油谷津黄498
[営業時間]5時30分~17時30分 ※夜間の立ち入り、撮影は禁止
[アクセス]【電車】JR山陰本線「長門古市駅」または「人丸駅」からタクシーで約20分【車】中国自動車道美祢ICから車で60分
「元乃隅神社」の詳細はこちら
「元乃隅神社」の口コミ・周辺情報はこちら

関門トンネル【下関市】

車道と人道が2階建てになった本州と九州をつなぐ珍しいトンネル

画像出典:じゃらん観光ガイド 関門トンネル
画像出典:じゃらん 観光ガイド 関門トンネル

本州・下関と九州・北九州を結ぶ全長3461mの海底トンネルで、上部は車が通る車道、下部が人やバイクなどが通行できる人道(780m)に分かれており、世界的にも珍しい2階建ての海底トンネルです。

車道の入口は愛嬌たっぷりのふぐのイラストが迎えてくれます。車道、人道ともに山口県と福岡県の県境を示す標識があり、旅情をそそります。

\口コミ ピックアップ/
九州と本州を繋ぐなくてはならない道路も今年で60周年です。車道にも人道にも大きく山口県と福岡県の県境の文字が書いてあり、みんなでワイワイ行くと盛り上がります。
(行った時期:2018年5月)

下関市と北九州市の間の関門海峡の海底にあるトンネルです。このトンネルは自動車専用と歩行者専用の2層型のトンネルになっています。歩いて海峡を渡りましたが、780メートルと手頃な長さだったので程良い運動になり良かったです。
(行った時期:2018年12月)

九州に渡るには、橋で渡るか、トンネルで渡るのか方法があります。
(行った時期:2019年4月)

■関門トンネル
[住所]山口県下関市みもすそ川町
[料金]普通車160円
[アクセス]【電車】JR下関駅からバスで12分、「御裳川」バス停から徒歩で「関門トンネル人道入口」、JR「新下関駅」からバスで27分「御裳川」バス停から徒歩で「関門トンネル人道入口」
「関門トンネル」の詳細はこちら
「関門トンネル」の口コミ・周辺情報はこちら

関門橋【下関市】

昼も夜のライトアップも壮観!迫力に息を呑む関門海峡のかけ橋

画像出典:じゃらん観光ガイド 関門橋
画像出典:じゃらん 観光ガイド 関門橋

本州と九州をつなぐかけ橋として昭和48年に通行できるようになって以来、下関のシンボルとして親しまれてきた関門橋。

全長1068m、海面からの高さ約61m。関門海峡を通過する多数の大型船がゆとりを持って航行できる造りとなっています。

火の山公園、みもすそ川公園、壇之浦パーキングなど絶景スポットも多く、年間を通して夜間はライトアップされるので、昼も夜も美しい勇姿を眺めることができます。

\口コミ ピックアップ/
下関から北九州へ行くのに、関門橋を渡った。橋からは関門海峡が眺められて絶景。思ったより橋のドライブはあっという間だった。
(行った時期:2019年5月)

関門橋絶景です。
高速道路の料金がリーズナブルだったので2往復しました。
関門トンネルも利用しましたが、景色の見える関門橋の方がお薦めです。
何度でも行きたい場所です。
(行った時期:2019年4月)

子供の頃から見慣れている関門橋ですが、大人になって帰省するとやはりあの大きさと美しさに感動します。
下関に帰ってきたなあとつくづく感じられます。
観光できた方はぜひ見てください!
おすすめは日没後の暗くなり始めた頃が、夕日と関門橋のライトが両方見られて最高ですよ。
(行った時期:2018年12月30日)

■関門橋
[住所]山口県下関市みもすそ川町
[アクセス]【電車】JR「下関駅」からバスで12分、「御裳川」バス停から徒歩で「みもすそ川公園」、JR「新下関駅」からバスで27分「御裳川」バス停から徒歩で「みもすそ川公園」
「関門橋」の詳細はこちら
「関門橋」の口コミ・周辺情報はこちら

海峡ゆめタワー【下関市】

最上階展望室は360度の大パノラマ。関門海峡から九州、日本海を一望!

画像出典:じゃらん観光ガイド 海峡ゆめタワー
画像出典:じゃらん 観光ガイド 海峡ゆめタワー

そびえ立つシンボルタワーは高さ153m、展望室は球形総ガラス張りとなっています。

西日本有数の高さを誇る最上階の展望室へは、シースルーエレベーターで景色を眺めながら70秒で到着!関門海峡の向こうに北九州、宮本武蔵と佐々木小次郎が決闘した巌流島、響灘に日本海まで360度のパノラマを一望できます。

曜日、時間ごとに違うライトアップも必見です。

\口コミ ピックアップ/
ライトアップされたタワーを遠くから眺めることもできるし、タワーから市街の夜景を楽しむこともできました。
(行った時期:2018年10月)

■海峡ゆめタワー
[住所]山口県下関市豊前田町3-3-1
[営業時間]9時30分~21時30分(最終入館21時)
[定休日]1月第4土曜休、他無休
[料金]【大人】600円【小・中学生】300円
[アクセス]【電車】JR山陽本線「下関駅」より徒歩7分【車】中国道下関ICより唐戸経由、下関方面へ15分
「海峡ゆめタワー」の詳細はこちら
「海峡ゆめタワー」の口コミ・周辺情報はこちら

防府天満宮【防府市】

境内に文化財や史跡も多数。学問の神様として親しまれる天満宮

画像出典:防府天満宮
画像出典:防府天満宮

平安時代に建立され、学問の神様として名高い菅原道真を祀った天満宮。京都の北野天満宮、福岡の太宰府天満宮と並んで有名な天満宮のうちのひとつ。

本殿をはじめとする、建造物は国の登録有形文化財、県の有形文化財、県の史跡などに指定されているものが多く、見所も満載。

西日本屈指の荒祭として名高い御神幸祭 裸坊祭など、年間を通して様々な祭事や行事が行われ賑わっています。

\口コミ ピックアップ/
立派な石の階段を上がると、雲の上にあるかのような神風吹くお社がありました。何と気持ちの良いところ。ユーモアたっぷりのおみくじもありました。
(行った時期:2019年9月)

幕末志士ゆかりの歴史ある建物が多く、思っていた以上にとても見応えがありました。特に春風楼からは防府市内が一望できて絶景です。
(行った時期:2019年5月)

■防府天満宮
[住所]山口県防府市松崎町14-1
[営業時間]拝観自由
[アクセス]【電車】JR「山陽本線防府駅」から徒歩で15分
「防府天満宮」の詳細はこちら
「防府天満宮」の口コミ・周辺情報はこちら

角島灯台【下関市】

140年以上現役で海を照らす灯台。螺旋階段を上ると日本海が眼前に!

画像出典:公益社団法人燈光会
画像出典:公益社団法人燈光会
画像出典:公益社団法人燈光会
画像出典:公益社団法人燈光会

洋式灯台として明治9年に点灯して以来、今も現役の灯台です。イギリス人技師により建てられ、総御影石造りで高さ29.6m。105段のらせん階段で踊り場まで上ると大海原が広がります。

付近一帯が角島灯台公園として整備され、店舗、休憩所なども。隣接の灯台記念館は、職員宿舎であった建物を利用し、日本各地の灯台や角島の歴史を紹介。灯台長の部屋の復元もあり、当時を感じさせます。

\口コミ ピックアップ/
小さめの灯台の狭い階段を登り切ると壮大な日本海と対面できます。なかなか見ごたえがありました。景色が良かったです。
(行った時期:2019年7月)

角島大橋を目的に行きましたが、その先にこんなに良い観光ポイントがありました。
石造りの灯台からの景色は素晴らしく、角島大橋を見に行ったら少し足を伸ばして是非とも行って下さい。
(行った時期:2019年2月)

普段、灯台の内部を見学することがないので、とてもいい経験になりました。とても美しい海を見ることができました。
(行った時期:2018年10月)

■角島灯台
[住所]山口県下関市豊北町大字角島2343-2
[営業時間]【3~9月】9時00分~17時00分、【10~2月】9時00分~16時30分
[定休日]なし(天候により参観中止の場合あり)
[料金]灯台参観寄付金/中学生以上300円
[アクセス]JR山陰本線特牛駅からバスで30分 「灯台公園前」バス停から徒歩で3分 /下関I.Cから車で75分
「角島灯台」の詳細はこちら

松下村塾【萩市】

松下村塾を訪ね、幕末期の志士たちに思いを馳せる

画像出典:じゃらん観光ガイド 松下村塾
画像出典:じゃらん 観光ガイド 松下村塾

幕末期に吉田松陰が開いた私塾が、松陰神社境内に残されています。

木造瓦ぶき平家建て、八畳1室、四畳半1室、三畳2室と土間や中二階からなる小さな家屋で、松陰が下級武士や庶民の子弟を教育。高杉晋作や久坂玄瑞、伊藤博文など多くの逸材が輩出されました。

講義室として使われた八畳間には松陰の像と机、肖像画が置かれ、往時に想いを馳せることができます。

\口コミ ピックアップ/
ひっそりと、風情のある趣
学びの道に書いてあるおことばを読むのが楽しかったです。
松陰神社もパワーもらいました。
(行った時期:2019年9月)

松下村塾の建物周辺は、当時を思い起こすことができるよう保存維持されていて吉田松陰先生の佇まいを感じることができ、感動しました!
(行った時期:2019年8月)

ここで素晴らしい人たちが巣立った場所にいるかと思うと感無量でした!!長州は素晴らしいですね。近くには久坂のお墓があったりと、見所満載です。
(行った時期:2019年8月)

■松下村塾
[住所]萩市椿東1537(松陰神社敷地内)
[営業時間]外観のみ見学自由
[アクセス]【電車】JR山陰本線「東萩駅」から徒歩で10分【車】中国自動車道美祢東JCTから車で20分、小郡萩道路絵堂ICから車で20分(JCTと直結する小郡萩道路利用で萩市街地へ) 松陰神社から徒歩で1分
「松下村塾」の詳細はこちら
「松下村塾」の口コミ・周辺情報はこちら

赤間神宮【下関市】

源平合戦ゆかりの神宮へは、龍宮城のような鮮やかな水天門を目指して

画像出典:じゃらん観光ガイド 赤間神宮
画像出典:じゃらん 観光ガイド 赤間神宮

通りからも一際目を引く朱塗りの水天門は、さながら龍宮城のよう。ここは、源平壇ノ浦の合戦でわずか数え8歳にして二位の尼に抱かれ入水された安徳天皇を祀った神宮です。

境内には平家一門の墓や安徳天皇阿弥陀寺御陵の他、小泉八雲の怪談「耳なし芳一」ゆかりの芳一堂、「源平合戦図」はじめ貴重な資料がある宝物殿等があります。

日没から21時まで一帯がライトアップされ、幻想的です。

\口コミ ピックアップ/
唐戸市場から徒歩で行くことができます。
境内には安徳天皇の御陵や平家一門の墓があります。
作りが「和」っぽくなくて面白いです。
下関駅方面から来るバスは赤間神宮直ぐ前のバス停で停車しますが、下関駅方面へ向かうバス停は赤間神宮から100mくらい離れています。
(行った時期:2019年8月)

唐戸市場から徒歩圏内です。
源平合戦や、日本史に興味がある方はとても興味深いでしょう。
海を眺めると、九州が海の向こうに見えます。
平氏のお墓や、耳なし芳一の像があります。
どうやら耳なし芳一の舞台はここ赤間神宮のようです。
とても歴史に触れることができるスポットでした。
(行った時期:2019年1月)

場所も分かりやすく龍宮城のような立派な神社でした。他の神社ではあまり見る事のないつくりで楽しめました。
(行った時期:2019年5月)

■赤間神宮
[住所]下関市阿弥陀寺町4-1
[料金]参拝無料、宝物殿100円
「赤間神宮」の詳細はこちら
「赤間神宮」の口コミ・周辺情報はこちら


出典元

出典元:じゃらんニュース

【じゃらん】有名温泉から穴場まで温泉旅館・ホテル5,000件以上が予約OK!


人気の国内ツアー

関連記事

旅行新聞 最新ニュース速報!

国内旅行ニュース

  1. 道の駅 とよはし
  2. 道の駅 とよはし
  3. BAKERS gonna BAKE
  4. まかない家 MATSU
  5. まかない家 MATSU
  6. TDR待望の新エリアグッズを紹介♪
  7. TDR待望の新エリアグッズを紹介♪
  8. 奥渋谷さんぽ

海外旅行ニュース

  1. プリンセス・クルーズ、利益率低い2隻を売却、サン・プリンセス、シー・プリンセス全キャンセルに

エアライン最新情報

  1. 羽田空港、ANA・JALら6社が合同見送り「20年で初めて見た」
  2. ANA、赤い羽根共同募金に協力 デカール機は見送り
  3. スターフライヤー、8月の国内線利用率33.8%
  4. ピーチ、ワーケーション導入 社員の健康状態測り課題抽出
  5. JAL、中部-那覇に就航30周年運賃 早期割引で8300円から
  6. ジェットスター・ジャパン、10月は成田-長崎・宮崎・鹿児島運休
  7. ANA、フランクフルト貨物臨時便を定期化 777Fで冬ダイヤから
  8. ANA、フランクフルト貨物臨時便を定期化 777Fで冬ダイヤから
楽天トラベルは旅行新聞

ホテル・旅館情報

  1. 観光庁、令和2年7月豪雨の被災観光地の復興へ公募、専門家派遣など観光戦略の再構築へ
  2. 「withコロナ時代の観光×デジタル」テーマで無料オンラインセミナー、10月6日開催、DMO・観光・宿泊事業者向けに3密回避の事例紹介など(PR)
  3. 東急、会員制シェアオフィス事業に自社ホテル活用、リモート会議スペースとして客室提供
  4. TKP、熱海に高級路線でホテル「ISHINOYA熱海」開業、露天風呂付きなど全34室で、ワーケーションや貸切研修に対応
  5. GoToトラベル事務局、宿泊事業者向け感染防止対応の動画公開、発熱対応や食事時の注意点をわかりやすく
  6. グーグルの民泊検索サービス、ブッキングが再参画、エアビーは離脱、その背景には何が【外電】
  7. グーグルの民泊検索サービスで変わり続けるOTAとの連携、ブッキング・ドットコムが再度参画、エアビーは離脱【外電】
Facebookでシェア twitterでツイート Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly ページ上部へ戻る