実際に行ってみて感じた「サンシャイン水族館」の魅力をお伝えします! 営業時間・所要時間・混雑情報・チケット料金などの基本情報から、館内のまわり方、おすすめのイベントやお土産まで。周辺の観光スポットやランチ・カフェ・ディナ […]

実際に行ってみて感じた「サンシャイン水族館」の魅力をお伝えします!
営業時間・所要時間・混雑情報・チケット料金などの基本情報から、館内のまわり方、おすすめのイベントやお土産まで。周辺の観光スポットやランチ・カフェ・ディナーに使えるお店も!

ペンギンやカワウソなど愛らしい海の生き物たちや、色あざやかな美しい魚たちに癒されに、池袋へお出かけしてみてはいかがでしょう♪
ちょっとお出かけしたい時に気軽に行けて、デートでも友達とでも、一人でだって楽しめちゃうサンシャイン水族館はおすすめです!

記事配信:じゃらんニュース

サンシャイン水族館ってどんなところ?

草原のペンギン

サンシャイン水族館は都会の真ん中、地上40mのビルの屋上にある水族館です。
空と光と水と緑に満ちた非日常空間=“天空のオアシス”を基本コンセプトに、透明で潤いのある水中空間が広がり多種多様な生き物たちの愛らしさや美しさを感じられる、大人も楽しめる施設です!

ビルの屋上という限られたスペースの中で、魚や生き物たちが生き生きと生活する様子を見ることができるように工夫された、他では見られない変わった形の水槽や展示スペース。
ペンギンやアシカ、クラゲを真下から眺めたり、餌を食べている様子を間近に見られるのもサンシャイン水族館ならでは。

屋内は、海の中の生き物をテーマにした1階の「大海の旅」エリアと河川や湖などの水辺に棲む生き物を中心とした2階の「水辺の旅」エリアに分かれており、屋外のマリンガーデン「天空の旅」ではペンギンやアシカなどの海獣を見ることができます。

まずは3つの見どころから、サンシャイン水族館の魅力をお伝えします!

3つの見どころをご紹介!

世界初!「天空のペンギン」水槽

サンシャイン水族館

屋外のマリンガーデンエリアには、正面から頭上にかけて大きくオーバーハングした幅約12mの水槽が!その水槽ではペンギンたちが泳ぎまわり、水槽の向こうには都会のビル群が見えます。

正面にはビル群を背景にしたペンギンの姿、真上にも飛び回るように泳ぐペンギンの姿。まるでペンギンが空を羽ばたいているように感じられるサンシャイン水族館にしかない空間です!

ペンギンたちが飛ぶように泳ぎまわる豪快な姿をご覧ください♪

水容量約240トン(お風呂1300杯分)の大水槽「サンシャインラグーン」

サンシャイン水族館

2011年のリニューアルで誕生したビルの10階にあるとは思えない大水槽「サンシャインラグーン」。

「大海の旅」エリアを進むと現れる巨大な水槽に、思わず「おおっ!」と声が出てしまいました。様々な魚たちが大きな水槽の中で優雅に泳ぐ姿にうっとりしてしまいます。

南国の海をイメージした水槽の底には真っ白な砂が敷き詰められており、魚たちの姿を引き立てていました。

一際目立つ大きなヒョウモンオトメエイやトラフザメも優雅に泳いでいて、大迫力。

水槽の前に座ってゆっくり眺めている人も多く、何時間でも眺めていられそうな癒しの空間です。

日没後は幻想的な光の空間に!ライトアップされたマリンガーデン

サンシャイン水族館

太陽と青空に照らされて清々しい屋外エリア「マリンガーデン」は、極上の大人リゾートに変身します。青と緑を基調とした光が照らし出す幻想的な姿に。

水面の波が光に照らされゆらゆらと輝き、その向こうには都会の夜景が。夕方になるとイルミネーションが灯り、光に満ちた幻想的な都会のオアシスはデートにぴったりです。

サンシャイン水族館には、ほかにもペンギンやアシカたちのパフォーマンスタイムや季節によって開催される水族館だからできるイベントも充実しています!

※当面の間各パフォーマンスは中止。詳細は公式ホームページをご確認ください

営業時間・アクセス・チケット料金。混雑情報も

営業時間

時期によって営業時間が異なります。詳細は公式ホームページをご確認ください
https://sunshinecity.jp/aquarium/ticket/calendar.html

池袋駅からサンシャイン水族館までのアクセス

サンシャイン水族館の最寄り駅は東京メトロ有楽町線「東池袋駅」か、JR・東京メトロ・西武池袋線・東武東上線「池袋駅」です。

東京メトロ有楽町線「東池袋駅」からは約5分ほど、「池袋駅(JR・東京メトロ・西武線・東武線)」からは歩いて約10分ほどで到着します。

「池袋駅」東口を出て“サンシャイン60通り”を直進。しばらく歩くと右側に“東急ハンズ”があります。

“東急ハンズ”の横にサンシャインシティ地下通路入口があり、そのエスカレーターで下へ下りるとサンシャインシティに到着です。

ワールドインポートマートビル1階のエレベーターを見つけ、「水族館行きエレベーター」で屋上に到着するとサンシャイン水族館にたどり着きます。

詳細は公式ホームページをご確認ください

通常チケット料金

大人(高校生以上)2400円
こども(小中学生)1200円
幼児(4歳以上)700円

サンシャイン水族館年間パスポート

なんと水族館2回分の入場料金で、一年間何度でも入れる年間パスポートもあります!

大人(高校生以上)4800円
こども(小中学生)2400円
幼児(4歳以上)1400円

「サンシャイン水族館年間パスポート」があれば水族館でのさまざまな特典や、同伴者の入場料割引だけでなく、サンシャインシティ内のアミューズメント施設やお買物・お食事でも割引や特典が受けられるそうです。

その他のチケット情報

・2020年7月9日より当面の間、WEB上での日時指定予約によるご入場となります
・当面の間、年間パスポートの新規販売並びにサンシャイン60展望台とのセット券の販売は中止しています

上記に関する詳細は公式ホームページをご確認ください

お得な割引情報

サンシャイン水族館+サンシャイン60展望台 セット券

サンシャイン水族館と合わせて楽しみたいSKY CIRCUS サンシャイン60展望台とのセット券も販売しています。セットだと入館料が最大600円もお得になるのでおすすめです!(同日利用に限る)

大人 3600円→3000円
学生(高・大・専門) 3300円→2750円
こども(小中学生)1800円→1500円
幼児(4歳以上)1000円→800円

・2020年7月9日より当面の間、WEB上での日時指定予約によるご入場となります
・当面の間、年間パスポートの新規販売並びにサンシャイン60展望台とのセット券の販売は中止しています

上記に関する詳細は公式ホームページをご確認ください

混雑情報

土日や祝日など、休日は大変混み合うのでやはり平日がおすすめ!

午後は混んでいることがあるので午前中に回ると比較的空いているそう。生き物たちも午前中の方が元気に動き回っていることが多いようです。

所要時間

だいたい1時間から2時間ほどで館内全体を回ることができます。

ペンギンやアシカのパフォーマンスなどをみても2時間ほどで回ることができるので、ちょっとしたお出かけに最適ですね。

※当面の間各パフォーマンスは中止。詳細は公式ホームページをご確認ください

アシカ・パフォーマンスタイム

ここからは、取材に行ってみて感じたおすすめポイントもおさえながら、サンシャイン水族館の館内を紹介していきますね。

南国の雰囲気漂うエントランス

エレベーターを下りると、なにやら南国のリゾートに訪れたような空間に。

目の前には滝が流れ、ワクワクを演出してくれます。

サンシャイン水族館
エレベーターを下りると迎えてくれる滝の演出
サンシャイン水族館
南国のリゾートを思わせるエントランス

エントランスを進みチケットを購入!いよいよ館内へ。

サンシャイン水族館
館内入り口

1階「大海の旅」エリアで、海の生き物たちとの海中散歩

入り口を進むと照明のトーンがグッと下がり、海の底を思わせる青い光と影の世界が広がっています。

まずは1階、たくさんの魚たちとサンゴやクラゲ、イカなどの海の生き物たちに会える、「大海の旅」エリアを散歩しましょう。

大海の旅
1階「大海の旅」エリア

色鮮やかなサンゴ礁と大海に生きる様々な生き物たち

サンゴ礁の水槽「サンゴ礁の海」が迎えてくれました。

サンゴ礁の海
目にも鮮やかな「サンゴ礁の海」

サンゴ礁はたくさんの生き物が暮らす「海のゆりかご」と呼ばれています。南国の海に広がる鮮やかなサンゴ礁とそこに生きる魚たちは見る人の心を奪うほどの美しさです。

近年温暖化や環境汚染などの影響を受け、サンゴ礁は死滅する数が増え、減少しているそうです。
サンシャイン水族館ではサンゴ礁の再生に向けたサンゴプロジェクトに取り組んでおり、その一環としてサンシャインシティでイベントなども開催しています。

水槽の底に敷き詰められた砂の中から顔をだすのは、チンアナゴ♪くいっと顔をあげてどこかを見つめています。

大量のマイワシの群れを見ることができる水槽「生命の躍動」が。マイワシの群れが水槽いっぱいに広がり、すごい迫力です。

生命の躍動
マイワシの群れを展示した「生命の躍動」

東日本ではサンシャイン水族館でしか見られないというゾウギンザメの水槽へ。

冷たい海
貴重なゾウギンザメのいる「冷たい海」水槽

2019年6月時点ではサンシャイン水族館はベビーラッシュで、なんとゾウギンザメの卵を見ることができました。

ゾウギンザメの卵
ゾウギンザメの卵

中々見られないゾウギンザメの卵。卵の孵化まで約8ヶ月もかかるそうです。2020年1月~2月にかけて赤ちゃんが5匹孵化しました。現在一般公開中です。

サンシャイン水族館のフラッグシップ水槽「サンシャインラグーン」

見どころの一つ、巨大な水槽「サンシャインラグーン」に到着。

サンシャインラグーン
サンシャインラグーン

温暖で浅い海中「ラグーン」をイメージして作られた、たくさんの色鮮やかな魚や生き物が共存する本当の海のような巨大な水槽です。

サンシャインラグーン
優雅に泳ぐトラフザメ

たくさんの魚たちが泳ぐ「サンシャインラグーン」の中で存在感を放つトラフザメ。トラフザメは温厚な性格のサメで、このラグーンの中で他の魚たちと一緒に優雅に泳いでいました。

また、この中で一際目立っていたのは、巨大な水槽の中を優雅に泳ぐ大きなヒョウモンオトメエイ。ヒョウ柄をしたおしゃれな体で、尾の先まで入れると3.5mもの大きさがあるそうです。

そして、なんとこちらにも赤ちゃんが。

サンシャインラグーン
ヒョウモンオトメエイの赤ちゃん

赤ちゃんのヒョウモンオトメエイにも会うことができました。
タイミングが合えば、お母さんのエイと一緒に泳ぐ小さな赤ちゃんエイの姿を見ることができるかもしれませんよ。

サンシャインラグーン
親子で泳ぐヒョウモンオトメエイ(2019年6月時点)

新エリア「海月空間(くらげくうかん)」が2020年7月9日にオープン!

「クラゲパノラマ」

一番の見どころは、国内最大級の横幅約14mの「クラゲパノラマ」水槽。ゆったりとした動きのミズクラゲが視界いっぱいに広がります。

また、新しい水槽としてデビューした長く伸びた触手が美しいシーネットルの仲間を鑑賞できる「クラゲスクリーン」も必見!

「クラゲスクリーン」

これまでのクラゲ展示エリアもリニューアル。360度クラゲに囲まれる浮遊感を楽しめる「クラゲトンネル」に加え、「クラゲルーペ」、「クラゲドロップ」、「夢幻海月(むげんくらげ)」の計6つの水槽が非日常空間を演出します。

「クラゲトンネル」
「クラゲドロップ」
「夢幻海月(むげんくらげ)」

音響・アロマ・照明まで、全て癒しを追及してこだわったという「海月空感(くらげくうかん)」。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、オープンから当面の間入場制限があります。



出典元

出典元:じゃらんニュース

【じゃらん】有名温泉から穴場まで温泉旅館・ホテル5,000件以上が予約OK!


人気の国内ツアー

関連記事

旅行新聞 最新ニュース速報!

国内旅行ニュース

  1. 玉森 裕太さん
  2. 玉森 裕太さん
  3. (画像出典:大谷資料館)
  4. (画像出典:大谷資料館)
  5. グランフロント大阪「台湾グルメパンフェア」が開催!
  6. 長崎
  7. みなとみらい21

海外旅行ニュース

  1. オーストラリア政府観光局、プロ旅人活用で魅力発信キャンペーン、ミツバチワークスと共同で
  2. オーストラリア政府観光局、プロ旅人活用で魅力発信キャンペーン、ミツバチワークスと共同で
  3. テレビ局が旅番組をパックツアー化、公式サイト「テレ東トラベル」開設、クラブツーリズムと協業で

エアライン最新情報

  1. ANAとJALが中国線を再開、成田/広州線で、ANAは成田/青島線も
  2. ZIPAIR、初の旅客便は成田-ソウル線 10月就航へ
  3. ANAの国際線、Googleで予約可能に 決済・座席指定も
  4. 世界で航空券の検索量が増加傾向に、日本と韓国では国内線で顕著、日本では直近旅行も大幅増加、旅行比較スカイスキャナーが検索データで分析
  5. JAL、成田-広州10月開設へ 週1往復
  6. ANAウイングスのQ400、除氷系不具合表示で引き返し 18日の新千歳発新潟行き
  7. ANA、中国2路線再開へ 成田-青島・広州、週1往復ずつ
楽天トラベルは旅行新聞

ホテル・旅館情報

  1. 「withコロナ時代の観光×デジタル」テーマで無料オンラインセミナー、10月6日開催、DMO・観光・宿泊事業者向けに3密回避の事例紹介など(PR)
  2. 東急、会員制シェアオフィス事業に自社ホテル活用、リモート会議スペースとして客室提供
  3. TKP、熱海に高級路線でホテル「ISHINOYA熱海」開業、露天風呂付きなど全34室で、ワーケーションや貸切研修に対応
  4. GoToトラベル事務局、宿泊事業者向け感染防止対応の動画公開、発熱対応や食事時の注意点をわかりやすく
  5. グーグルの民泊検索サービス、ブッキングが再参画、エアビーは離脱、その背景には何が【外電】
  6. グーグルの民泊検索サービスで変わり続けるOTAとの連携、ブッキング・ドットコムが再度参画、エアビーは離脱【外電】
  7. 三井不動産、ホテルでのシェアオフィス事業を開始、10分単位で利用可能、スマホで予約や入退室
Facebookでシェア twitterでツイート Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly ページ上部へ戻る