気ぜわしい日常から逃れ、落ち着いた空間でゆっくりとティータイムを楽しみたい…そんなモードになっている人は多いのでは? そこで今回は、全国の重要文化財や登録有形文化財指定の建物・施設にあるカフェをご紹介。都会のオアシスのよ […]

気ぜわしい日常から逃れ、落ち着いた空間でゆっくりとティータイムを楽しみたい…そんなモードになっている人は多いのでは?

そこで今回は、全国の重要文化財や登録有形文化財指定の建物・施設にあるカフェをご紹介。都会のオアシスのような、あるいは閑静な別荘地で出合える、とっておきのお店ばかりです。

※この記事は2020年8月26日時点での情報です。休業日や営業時間など掲載情報は変更の可能性があります。日々状況が変化しておりますので、事前に各施設・店舗へ最新の情報をお問い合わせください。

記事配信:じゃらんニュース

和洋折衷喫茶 ナガヤマレスト【北海道】

ナガヤマレスト/文化財指定のカフェ
明治前半期と昭和、2つの時代の建物が共存

JR札幌駅からタクシーで約5分。2年前、旧永山武四郎邸・三菱鉱業寮内にオープンした「和洋折衷喫茶 ナガヤマレスト」。

ナガヤマレスト/文化財指定のカフェ
こちらが旧永山武四郎邸
ナガヤマレスト/文化財指定のカフェ
書院座敷(和室)と応接室(洋室)が直接つながる間取り

旧永山武四郎邸は、屯田兵の父と呼ばれ、第2代北海道庁長官を務めた永山武四郎氏が1877年(明治時代前半期)に建てた私邸です。

緑に囲まれた邸宅内は、純和風書院座敷と洋風の応接室がつながる和洋折衷様式で、開拓時代当時の北海道で多く見られた西洋建築の様式が随所に伺えます。

ナガヤマレスト/文化財指定のカフェ
旧三菱鉱業寮。ミントグリーンの外観や丸窓が印象的

そしてその隣にあるのが永山氏の逝去後、1937年頃に三菱合資会社が買い取り、増築した洋館・三菱鉱業寮。「和洋折衷喫茶 ナガヤマレスト」はこちらの1階にあります。

館内にある電話室やホール、その他、オリジナルのステンドグラスなど、どこを切り取ってもフォトジェニック。和洋折衷の空間に合わせて選ばれたクラシカルな家具もすてきです。

旧永山武四郎邸は北海道の指定有形文化財、旧三菱鉱業寮は2019年9月、国の登録有形文化財にそれぞれ指定されています。どちらも見学は無料です。

ナガヤマレスト/文化財指定のカフェ
永山邸カレー1078円。2種類のルーが味わえます

レトロな邸宅カフェで味わうのはオリジナルカレーやビーフシチュー、オムライスなど。北海道産の和牛を使ったオリジナルの厚切り牛ヒレレアカツサンドや季節のフルーツサンドなどサンドイッチも各種揃います。今回挙げたメニューはすべてテイクアウトOKです。

ナガヤマレスト/文化財指定のカフェ
十勝新得町・北広牧場のソフトクリームを使ったソフトクリームパフェ1078円~

北広牧場のソフトクリームをあしらったパフェやプリン・ア・ラ・モードなどデザートメニューもおすすめ。なんとパフェもテイクアウトOK。夜遅くまで利用できるのもうれしいですね。

和洋折衷喫茶 ナガヤマレスト
[TEL]011-215-1559、011-232-0450(札幌市旧永山武四郎邸及び札幌市旧三菱鉱業寮)
[住所]北海道札幌市中央区北2条東6-2(永山記念公園内)
[営業時間]11時~22時(LO21時)※開館・見学は9時~
[定休日]毎月第2水(祝日の場合は翌日)、年末年始
[アクセス]【電車】市営地下鉄 東西線「バスセンター駅前」駅10番出口より徒歩8分 
[駐車場]なし
「旧永山武四郎邸」の詳細はこちら
「和洋折衷喫茶 ナガヤマレスト」の詳細はこちら

大正浪漫喫茶室【青森】

大正浪漫喫茶室/文化財指定のカフェ
弘前公園に隣接する「藤田記念庭園」の中にあります

JR弘前駅からタクシーで約10分。「藤田記念庭園」にある洋館の中に、モダンな喫茶室があるのを知っていますか。

大正浪漫喫茶室/文化財指定のカフェ
赤いとんがり屋根が目を引きます

こちらのかわいい洋館は1921年、弘前出身の実業家・藤田謙一氏の別邸として建てられました。館内にはステンドグラスや窓ガラスなど大正時代の建築の粋が当時のまま保存されていて、2003年には国の登録有形文化財に指定されています。

大正浪漫喫茶室/文化財指定のカフェ
光が注ぐ窓際席。家具もタイルもおしゃれ

写真は“特等席”と評判の大広間の窓際席。サンルームから陽光がたっぷり注ぎ、心地いい空間です。岩木山を借景にした庭園も望めます。ペパーミントグリーンの家具や窓枠、モザイクタイルの床など目に映るもの全部、かわいいですね。

庭園の開園期間は毎年4月中旬から11月23日ですが、洋館は通年利用OK。ステンドグラスは1階の大ホール・玄関で見られます。

大正浪漫喫茶室/文化財指定のカフェ
手前から「タムラファーム」、「ないすらいふ」のアップルパイ

喫茶室の人気メニューはアップルパイとドリンクのスイーツセット660円~825円。市内7店舗のアップルパイとドリンクをそれぞれ1品ずつ選べます。

大正浪漫喫茶室/文化財指定のカフェ
「洋館のプリンアラモード」770円

この夏は新メニューも仲間入り。まずは今年じわじわキテいる固めのプリンと、洋館風クッキーをあしらった昔懐かしいプリンアラモード。

大正浪漫喫茶室/文化財指定のカフェ
オリジナルソーダ。写真は大人メロンソーダ605円

こちらも懐かしいオリジナルソーダ。メロンソーダと桜バージョンがあり、どちらも洋館風クッキー付き。レトロな空間に合います♪

大正浪漫喫茶室/文化財指定のカフェ
りんごガレット660円

他にも白神産そば粉を使用したそば粉のガレットをはじめスイーツ、ドリンク、軽食までメニューはいろいろ楽しめます。

大正浪漫喫茶室(たいしょうろまんきっさしつ)
[TEL]0172-37-5690
[住所]青森県弘前市上白銀町8-1(藤田記念庭園 洋館 内)
[営業時間]9時~17時
[定休日]なし
[アクセス]【電車】JR 弘前駅より土手町循環100円バス利用、市役所前停下車、徒歩5分【車】東北道大鰐ICより25分
「大正浪漫喫茶室」の詳細はこちら

VERT CAFE(ヴェール カフェ)【埼玉】

VERT CAFE/文化財指定のカフェ
「VERT」とはフランス語で緑の意味

2016年12月に行田市の有形文化財に指定された「旧忍町信用組合店舗」。1922年、地場産業を支える足袋商のオーナーらが出資し創業した地元金融機関の建物で、木造洋風のハイカラな造りです。

VERT CAFE/文化財指定のカフェ
写真は1階。現在、席数を減らし全席非対面の形をとっています

2018年9月、市内にある水城公園の東側園地に移築(一部リノベーション)。「VERT CAFE(ヴェールカフェ)」としてオープン以降、水城公園を含め、市民の憩いの場となっています。

VERT CAFE/文化財指定のカフェ
プレートの左手前がご当地グルメのゼリーフライ

カフェでは“行田の魅力を発信する”をコンセプトに地元の食材を使ったご当地グルメを提供。おすすめは、ゼリーフライピタパンサンド(780円)や行田古代米カレー(880円)など。ちなみにゼリーフライとは行田のご当地グルメで、パン粉などの衣は使わずに素揚したおからコロッケのようなものだそう。

VERT CAFE/文化財指定のカフェ
アフタヌーンティーセットは1人1650円(2名から受付)

レトロな空間にぴったりのアフタヌーンティーセットも好評です。14時~16時限定。利用日の3日前までに電話予約が必要です。

VERT CAFE/文化財指定のカフェ
メロンソーダ528円、他

今夏は4種のフロートがリニューアル。右上から時計回りに昔ながらのメロンソーダ「ヴェールフロート」、「ほろ苦コーヒーフロート」、ブルーソーダの「浮城フロート」、イチゴソーダの「甲斐姫フロート」。

その他、各種ドリンクやゼリーフライ120円、梨アイスバー220円などもあり、フロートを含めテイクアウトもOKです。

VERT CAFE(ヴェールカフェ)
[TEL]048-556-4330
[住所]埼玉県行田市水城公園2305
[営業時間]11時~16時(L.O.15時30分)
[定休日]木、祝日
[アクセス]【電車】JR 行田駅より市内循環バス(右回り)利用、水城公園停下車 【車】東北道羽生ICより25分
[駐車場]水城公園南側駐車場(無料)またはバスターミナル駐車場を利用。徒歩3分
「VERT CAFE」の詳細はこちら

蘇山荘(そざんそう)【愛知】

蘇山荘/文化財指定のカフェ
中心市街地にあるとは思えない…

名古屋市東区の閑静な住宅街の一角。尾張徳川家の邸宅跡にある池泉回遊式の日本庭園「徳川園」。こちらの園内にあるのが「蘇山荘」です。

蘇山荘/文化財指定のカフェ
風格ある佇まい。大名屋敷の名残が伺えます
蘇山荘/文化財指定のカフェ
まさに都会のオアシス

1937年に地元、名古屋市で開かれた汎太平洋博覧会(はんたいへいようはくらんかい)の迎賓館を移築した歴史的建造物で、2014年10月には国の登録有形文化財に指定されています。

蘇山荘/文化財指定のカフェ
縁側だけでなく奥の席からも庭が望めます

和の格調ある空間にソファーがゆったり並んでいます。座って庭を眺めていると時間が経つのを忘れそう。

蘇山荘/文化財指定のカフェ
名古屋ハヤシライス1100円
蘇山荘/文化財指定のカフェ
季節のクレームブリュレ550円

現状は、お昼のみ営業しています。気になるカフェのメニューは地元、愛知県産の牛肉を使用したハヤシライスから、季節のクレームブリュレまで。品格ある和風建築や庭園をゆっくりと愛でながら味わいたいですね。

蘇山荘(そざんそう)
[TEL]052-932-7882
[住所]愛知県名古屋市東区徳川町1001
[営業時間]10時~17時(L.O.16時30分)
[休み]月※祝日の場合翌日※土日祝は貸切の場合あり
[アクセス]【電車】JR 大曽根駅南口より徒歩10分、または地下鉄 名城線大曽根駅3番出口より徒歩15分 【車】名古屋第二環状道引山出口より20分
[駐車場]徳川園公共駐車場などを利用
「蘇山荘」の詳細はこちら

六華苑(ろっかえん)【三重】

六華苑/文化財指定のカフェ
夏空に映えるパステルブルーと白の外観

鹿鳴館を手がけたイギリス人建築家・ジョサイア・コンドル氏によるレトロな洋館と、池泉回遊式庭園を有する和館からなる「六華苑」。1911年~1913年にかけ、地元の山林王として高名な実業家・二代 諸戸清六氏の新居として建てられました。

六華苑/文化財指定のカフェ
4層の塔屋を持つ天然スレート葺きの洋館
六華苑/文化財指定のカフェ
写真は洋館1階のホール
六華苑/文化財指定のカフェ
ハート矢印の模様があしらわれています

広報の石崎さんによると、コンドル設計の洋館の特徴として、1階の中心にホールを設け、その周りに部屋を配置するスタイルが多く見られるのだそう。「一見シンプルな印象ですが、よく見ると階段の手摺りにハートモチーフの装飾があしらわれていたり、見所は多いです」。

六華苑/文化財指定のカフェ
和館 一の間。縁側に座り庭をゆっくり眺めるのもおすすめなんだとか
六華苑/文化財指定のカフェ
釘の頭を隠すための装飾具・釘隠し

洋館に続いてぜひ見学したいのが和館。「当時はこれほど大きな和館と洋館がひと続きの造りになっている例は稀少で、洋館に合わせているため、和館の天井が高くなっているのが特徴です」と石崎さん。建築美はもちろん、欄間の一枚板や、菊と桐をあしらった釘隠しなど和館も見所満載。

明治・大正時代の建築で、ほぼ創建当時のまま。1997年に洋館と和館が国の重要文化財に、2001年にはその他6棟が三重県の有形文化財に指定。そして庭園も国の名勝に指定されています。

近年はNHK大河ドラマをはじめ、ドラマや映画のロケ地としても引っ張りだこです。

六華苑/文化財指定のカフェ
お抹茶とお菓子のセット1席400円
六華苑/文化財指定のカフェ
和館1階のロビーに併設。現在は席数を減らし、ゆったり

重要文化財をひと通り見物した後はカフェでいっぷく。お抹茶とお菓子のセット(写真)のほか、諸戸家で実際に使われていた器で味わうオリジナルコーヒーとミニクッキーのセットもあります。和菓子は地元の老舗「花乃舎」謹製のお菓子です。

写真提供/桑名市 観光課

六華苑(ろっかえん)
[TEL]0594-24-4466
[住所]三重県桑名市大字桑名663-5
[営業時間]9時~17時(入苑は16時)、カフェは~16時
[休み]月 ※祝日の場合翌日、12/29~1/3
[入苑料]高校生以上460円、他
[アクセス]【電車】JR・近鉄・養老鉄道 桑名駅東口・バスターミナル2出口より三重交通バス・長島温泉行き利用、田町停より徒歩10分 【車】東名阪道桑名東ICより10分
[駐車場]2カ所79台
「六華苑」の詳細はこちら

デザートカフェ長楽館【京都】

デザートカフェ長楽館/文化財指定のカフェ
1階、アフタヌーンティー専用の「迎賓の間」

京都東山、八坂神社近く。「長楽館」は1909年、「煙草王」と呼ばれた実業家・村井吉兵衛氏により、国内外の賓客をもてなすための迎賓館として建てられました。

デザートカフェ長楽館/文化財指定のカフェ
写真は1階、「球戯の間」。正面には当時のステンドグラスも

洋館の1階、2階の部屋は現在カフェとして利用できます。

デザートカフェ長楽館/文化財指定のカフェ
こちらは中2階、「喫煙の間」
デザートカフェ長楽館/文化財指定のカフェ
「喫煙の間」入口にかかる扁額(へんがく)は竣工当時からのもの

館の中央に位置する喫煙室は「煙草王」の迎賓館ならでは(現在は全館禁煙です)。

部屋ごとに意匠が異なるため、マントルピースや鏡、天井や壁の漆喰細工など各部屋、見所がいっぱい。アンティークの家具や調度品もその多くが当時のものだそう。目に映るものすべてにワクワク。

デザートカフェ長楽館/文化財指定のカフェ
西洋の建築様式を取り入れ建てられた「長楽館」

1986年には建物や家具調度品を含め、京都市有形文化財に指定されています。

ちなみに「長楽館」という名前は伊藤博文氏による命名で、1909年に宿泊した際、名付けられたそう。同館が刻んできた華麗なる歴史を感じます。

デザートカフェ長楽館/文化財指定のカフェ
かつて応接間として使われていたという「迎賓の間」。シャンデリアはバカラ社製

アフタヌーンティー専用の「迎賓の間」と、フレンチレストラン「LE CHENE」内の見学はそれぞれの利用者に限定。3階は通常非公開のため見学できませんが、それ以外のカフェスペースは同館のカフェやレストランを利用すると自由に見学できます。

デザートカフェ長楽館/文化財指定のカフェ
ミルフォイユと、ブレンド紅茶またはブレンドコーヒーのセット2309円(税サ込)※単品1573円(同)

写真は「デザートカフェ長楽館」の看板スイーツ、ミルフォイユ。ナイフが要らないほどのサクサクのパイ生地で有精卵の濃厚カスタードクリームをサンド。お口直しにビターなキャラメルアイスが添えられています。

もう一つのおすすめが「迎賓の間」で味わえるアフタヌーンティーセット。3段スタンドに上から季節のスイーツ&フルーツ、スコーン、軽食が並びます。初めにアペリティフ(食前酒)が付き、紅茶やコーヒーはお代わりも茶葉の変更も可能です。2名から利用できます(中学生以上に限ります)。

なお、2020年9月1日(火)~12月13日(日)の「第56回京都非公開文化財特別公開」期間中は、通常非公開の3階「御成の間」と「茶室長楽庵」が特別公開されます。

デザートカフェ長楽館(ちょうらくかん)
[TEL]075-561-0001
[住所]京都府京都市東山区八坂鳥居前東入丸山町604
[営業時間]11時~18時30分(L.O.18時)※アフタヌーンティーは12時~18時(2部制)
[定休日]不定
[アクセス]【電車】JR 京都駅より市バス206または100番利用、「祇園」停下車、徒歩5分【車】名神京都東ICより20分
「デザートカフェ長楽館」の詳細はこちら」

夢二カフェ 五龍閣(ゆめじカフェ ごりゅうかく)【京都】

夢二カフェ 五龍閣/文化財指定のカフェ
現在は休業中。営業再開の情報は公式HPをチェックしてください

京都市東区、清水寺へ向かう途中、路地を奥に進むと現れる洋館。清水焼窯元を洋食器・ガイシ・陶歯の製造へと事業を発展させた明治の企業家・松風嘉定氏の邸宅・迎賓館です。

1921年建築。設計にあたったのは京都帝国大学建築学科創設者・武田五一氏で、今なお京都を代表する住宅遺構として受け継がれています。

夢二カフェ 五龍閣/文化財指定のカフェ
モザイクタイルのテーブルやアンティーク、レトロな建具などどれも絵になる
夢二カフェ 五龍閣/文化財指定のカフェ
そこかしこに設えられたステンドグラスも見所

1999年に国の登録有形文化財に指定されました。現在は湯どうふで有名な「順正」のカフェレストラン「五龍閣」として活用されていて、京ランチやスイーツを味わいながら貴重な建築物に触れることができます。

夢二カフェ 五龍閣/文化財指定のカフェ
写真は抹茶とうふスイーツ650円
夢二カフェ 五龍閣/文化財指定のカフェ
隣接する「おかべ家」の豆乳を採り入れたクリームソースの京野菜パスタ(とうふサラダ付き)1400円

メニューは京野菜を採り入れたカレーやパスタなどのフードから、できたての豆腐や絞りたての豆乳、おぼろ豆腐や抹茶、きなこなど和の素材を生かしたヘルシーなスイーツまで揃います。

残念ながら現在、「五龍閣」は休業中で、一部のカフェメニューは隣接する系列店「清水順正おかべ家」にて提供中(14時30分~17時※LO16時)です。営業再開に関する情報は公式ホームページをチェックしてみてください。

夢二カフェ 五龍閣(ごりゅうかく)
[TEL]075-514-7111
[住所]京都府京都市東山区清水寺門前清水2-239
[営業時間]11時~15時(L.O. 14時)
[定休日]不定
[アクセス]【電車】JR 京都駅より市バス206系統または100系統利用、五条坂停下車、徒歩10分 【車】名神京都東ICより20分
[駐車場]周辺の有料駐車場利用
「夢二カフェ 五龍閣」の詳細はこちら
「清水順正おかべ家」の詳細はこちら

tearoom Liz(ティールーム リズ)【山口】

tearoom Liz/文化財指定のカフェ
玄関上の外壁には建設年にあたる「1906」の刻印入りの石板が見られます

下関市唐戸地区のランドマークの一つ、赤レンガ造りの外観が美しい旧下関英国領事館。

日本に現存する最古の領事館建築で、1901年、当時の駐日英国公使、アーネスト・サトウ氏の本国・イギリスへの意見具申により、西日本における外交・経済・交通の拠点、下関に設置されました。現在の建物は1906年、領事業務拡大に伴い新たに建設されたものだそう。

1999年5月には国の重要文化財に指定されています。

tearoom Liz/文化財指定のカフェ
玄関上部には英国王家の紋章も。2008年からの保存修理工事の際、英国王室に許可を得て復元されました
tearoom Liz/文化財指定のカフェ
屋根より高い位置に見られる階段状の妻壁=ステップゲーブル

外観正面のステップゲーブルや、建物裏手で見られる2階ベランダの3連アーチなど、クイーン・アン様式の特徴が伺えます。

tearoom Liz/文化財指定のカフェ
写真は1階、旧海事監督官室。当時のレンガや幣串など貴重な展示品も

本館1階とティールームを含む2階、および本館北にある附属屋ギャラリーは見学可能。iPadやタッチモニターを取り入れた案内のほか、施設スタッフのホスピタリティーあふれるガイド付き見学(無料)も好評です。

tearoom Liz/文化財指定のカフェ
写真は2段セット(2名用)1人1650円。ドリンク付き

ひと通り見学した後は2階のカフェへ。おすすめはイギリス伝統のアフタヌーンティーセット。スコーンとスイーツが付いた2段セットと、ベーグルのサンドイッチが加わる3段セット2200円(お一人様の場合は特別スタンドによる2段)から選べます。

セットの紅茶もポットで出されるのでたっぷり楽しめます。

tearoom Liz/文化財指定のカフェ
手作りスコーン(2個)550円も人気です
tearoom Liz/文化財指定のカフェ
写真が2階にある「tearoom Liz」

イギリスゆかりの歴史的建造物内のカフェで味わうアフタヌーンティーはきっと格別…。

1階・玄関ホール左手には同館公式キャラクター・ピーターラビット(TM)グッズを扱うショップもあるのでぜひ覗いてみましょう。

tearoom Liz(ティールーム リズ)
[TEL]083-242-2017
[住所]山口県下関市唐戸町4-11 旧下関英国領事館2階
[営業時間]10時~18時(L.O.17時30分)※アフタヌーンティーは~17時
[休み]火※祝日の場合は翌日・年末年始
[アクセス]【電車】JR 下関駅より長府・小月方面へサンデン交通バス利用、唐戸停下車、徒歩すぐ【車】中国道下関ICより5分
[駐車場]1台(身障者用)。他、周辺の有料駐車場利用
「tearoom Liz」の詳細はこちら

まとめ

歴史を感じる意匠や美術品のようなアンティークの家具に囲まれて過ごす、贅沢なティータイム。

非日常感を味わえる文化財のカフェを訪れてみてください。

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行われている可能性があります。
※お出かけの際は、お住まいやお出かけされる都道府県の要請をご確認の上、マスクの着用、手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスの徹底などにご協力ください。



出典元

出典元:じゃらんニュース

【じゃらん】有名温泉から穴場まで温泉旅館・ホテル5,000件以上が予約OK!


人気の国内ツアー

関連記事

旅行新聞 最新ニュース速報!

国内旅行ニュース

  1. 道の駅 とよはし
  2. 道の駅 とよはし
  3. BAKERS gonna BAKE
  4. まかない家 MATSU
  5. まかない家 MATSU
  6. TDR待望の新エリアグッズを紹介♪
  7. TDR待望の新エリアグッズを紹介♪
  8. 奥渋谷さんぽ

海外旅行ニュース

  1. プリンセス・クルーズ、利益率低い2隻を売却、サン・プリンセス、シー・プリンセス全キャンセルに

エアライン最新情報

  1. 羽田空港、ANA・JALら6社が合同見送り「20年で初めて見た」
  2. ANA、赤い羽根共同募金に協力 デカール機は見送り
  3. スターフライヤー、8月の国内線利用率33.8%
  4. ピーチ、ワーケーション導入 社員の健康状態測り課題抽出
  5. JAL、中部-那覇に就航30周年運賃 早期割引で8300円から
  6. ジェットスター・ジャパン、10月は成田-長崎・宮崎・鹿児島運休
  7. ANA、フランクフルト貨物臨時便を定期化 777Fで冬ダイヤから
  8. ANA、フランクフルト貨物臨時便を定期化 777Fで冬ダイヤから
楽天トラベルは旅行新聞

ホテル・旅館情報

  1. 観光庁、令和2年7月豪雨の被災観光地の復興へ公募、専門家派遣など観光戦略の再構築へ
  2. 「withコロナ時代の観光×デジタル」テーマで無料オンラインセミナー、10月6日開催、DMO・観光・宿泊事業者向けに3密回避の事例紹介など(PR)
  3. 東急、会員制シェアオフィス事業に自社ホテル活用、リモート会議スペースとして客室提供
  4. TKP、熱海に高級路線でホテル「ISHINOYA熱海」開業、露天風呂付きなど全34室で、ワーケーションや貸切研修に対応
  5. GoToトラベル事務局、宿泊事業者向け感染防止対応の動画公開、発熱対応や食事時の注意点をわかりやすく
  6. グーグルの民泊検索サービス、ブッキングが再参画、エアビーは離脱、その背景には何が【外電】
  7. グーグルの民泊検索サービスで変わり続けるOTAとの連携、ブッキング・ドットコムが再度参画、エアビーは離脱【外電】
Facebookでシェア twitterでツイート Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly ページ上部へ戻る