毎年11月頃から紅葉の見頃を迎える東京には、紅葉の名所が実はたくさんあります。今回は、そんな東京の紅葉スポットを集めました。 イチョウ並木など、各名所の紅葉がきれいに見えるおすすめスポットをはじめ、木々の特徴や例年の見頃 […]

毎年11月頃から紅葉の見頃を迎える東京には、紅葉の名所が実はたくさんあります。今回は、そんな東京の紅葉スポットを集めました。

イチョウ並木など、各名所の紅葉がきれいに見えるおすすめスポットをはじめ、木々の特徴や例年の見頃時期、2020年のライトアップ情報も紹介しています。

秋のお出かけ前にぜひチェックしてみてください!

この記事は2020年9月2日時点での情報です。休業日や営業時間など掲載情報は変更の可能性があります。日々状況が変化しておりますので、事前に各施設・店舗へ最新の情報をお問い合わせください。

記事配信:じゃらんニュース

六義園【文京区】

風情豊かな橋を艶やかに彩るモミジの紅葉

(画像提供:六義園)
(画像提供:六義園)

江戸の二大庭園にも数えられていた六義園。和歌の趣味を基調とする庭園内を、イロハカエデやイチョウ、ハゼノキ等、多彩な樹々が美しく彩っています。

(画像提供:六義園)
(画像提供:六義園)

紅葉の見頃は11月中旬~12月上旬。この時期には随所で色とりどりの紅葉を眺めることができるのですが、特におすすめなのがつつじ茶屋と山陰橋です。

この2スポットにはモミジが多く、つつじ茶屋から見る山陰橋も、山陰橋から見るつつじ茶屋もどちらも真っ赤な紅葉を見ることができるのでおすすめです。

■六義園【文京区】
[住所]東京都文京区本駒込6-16-3
[見頃時期]11月中旬~12月上旬
[見頃時期の開園時間]9時~17時(入園16時30分まで)
[料金]一般300円/65歳以上150円
[アクセス]【電車】山手線「駒込」駅から徒歩7分、三田線「千石」駅から徒歩10分
[駐車場]無
「六義園」の詳細はこちら
「六義園」の口コミ・周辺情報はこちら

日比谷公園【千代田区】

美しい1枚を残せる歴史薫る鶴の噴水と紅葉

(画像提供:日比谷公園)
(画像提供:日比谷公園)

ビジネス街に佇む近代的な洋風公園として、長く親しまれてきた「都市の公園」。

設計者の本多静六が自らの首を賭けて移植した樹齢400年以上と言われる「首賭けイチョウ」の黄葉や、霞門から桜門にかけての開園当時からのイチョウ並木、国内の噴水の中でも特に歴史の深い雲形池を彩るモミジが見事です。

(画像提供:日比谷公園)
(画像提供:日比谷公園)

11月中旬~12月上旬に紅葉の見頃を迎えるこちらの公園。雲形池の周りのモミジは鶴の噴水と一緒に撮影すると和の風景と美しく映えるので、ぜひ思い出に残る一枚を撮ってみてくださいね。

■日比谷公園【千代田区】
[住所]東京都千代田区日比谷公園1
[見頃時期]11月中旬~12月上旬
[見頃時期の開園時間]24時間
[料金]無料
[アクセス]【電車】東京メトロ「日比谷」駅から徒歩2分、東京メトロ「霞ヶ関」駅(丸の内線)から徒歩1分、JR「有楽町」駅から徒歩10分
[駐車場]無
「日比谷公園」の詳細はこちら
「日比谷公園」の口コミ・周辺情報はこちら

浜離宮恩賜庭園【中央区】

260本もの紅葉・黄葉の木が美しく彩る大名庭園

(画像提供:公益財団法人 東京都公園協会)
(画像提供:公益財団法人 東京都公園協会)

江戸時代から続く大名庭園として知られる浜離宮。海水を引き入れた潮入の池と2つの鴨場が特徴です。一歩足を踏み入れると、ビル群に囲まれながらも自然を感じることのできる都会のオアシスが広がります。

(画像提供:公益財団法人 東京都公園協会)
(画像提供:公益財団法人 東京都公園協会)

例年の紅葉見頃時期は11月下旬~12月上旬で、約260本の紅・黄葉木が色鮮やかに大名庭園を染め上げます。特に潮入の池周りのトウカエデ、ハゼノキ、モミジの紅葉は、水面に映る木々の色合いが見事です。

■浜離宮恩賜庭園【中央区】
[住所]東京都中央区浜離宮庭園1-1
[見頃時期]11月下旬~12月上旬
[見頃時期の開園時間]9時~17時(最終入園は16時30分)
[料金]一般300円、65歳以上150円(小学生以下と都内在住または在学の中学生は無料)
[アクセス]【電車】<大手門口まで>都営地下鉄大江戸線「築地市場」駅(E18)「汐留」駅(E19)・ゆりかもめ「汐留」駅から徒歩7分。JR・東京メトロ銀座線・都営地下鉄浅草線「新橋」駅(G08・A10)から徒歩12分。<中の衛門口まで>都営地下鉄大江戸線「汐留」駅10出口から徒歩5分。JR「浜松町」駅から徒歩15分
[駐車場]
「浜離宮恩賜庭園【中央区】」の詳細はこちら
「浜離宮恩賜庭園【中央区】」の口コミ・周辺情報はこちら

小石川後楽園【文京区】

「海・山・川・田園」を見立てた美景に広がる、500本ものイロハモミジの紅葉

(画像提供:小石川後楽園)
(画像提供:小石川後楽園)

小石川後楽園は江戸時代初期に完成した水戸徳川家ゆかりの回遊式庭園(日本庭園の形式のひとつで、大きな池などを中心に園内を回遊して鑑賞できる庭園)です。

「海・山・川・田園」を見立てた起伏に富んだ景観の中に、日本と中国の景勝地が数多く表現されています。歩くたびに目まぐるしく展開する風景の中に、イロハモミジやイチョウが配されています。

(画像提供:小石川後楽園)

紅葉最盛期は、11月下旬~12月上旬。「大堰川」「丸屋」「紅葉林」で見られるイロハモミジの紅葉と、「木曽路」のイチョウの黄葉が特に美しくおすすめです。

■小石川後楽園【文京区】
[住所]東京都文京区後楽1-6-6
[見頃時期]11月下旬~12月上旬
[見頃時期の営業時間]9時~17時(最終入園16時30分)
[料金]一般300円、65歳以上150円
[アクセス]【電車】都営大江戸線「飯田橋」駅C3出口から徒歩3分
[駐車場]無
「小石川後楽園【文京区】」の詳細はこちら
「小石川後楽園【文京区】」の口コミ・周辺情報はこちら

明治神宮外苑いちょう並木【港区】

いちょうの大木が創り出す黄葉のじゅうたん

(画像提供:明治神宮外苑)
(画像提供:明治神宮外苑)

青山通り口から外苑中央広場円周道路の街路樹として植えられたいちょう並木。地盤が青山口から絵画館寄りでは約1m下がっており、青山口から下り勾配にしたがってキレイに整えられています。

絵画館の正面階段上から眺めると立体感とスケールの大きさを実感できるのでおすすめです。

(画像提供:明治神宮外苑)
(画像提供:明治神宮外苑)

見頃の時期は11月中旬から12月上旬で、黄葉のシーズン中にはいちょうの葉のトンネルを通る非日常感を、葉が散り始める頃には、黄色のじゅうたんを楽しんでください。

■明治神宮外苑いちょう並木【港区】
[住所]東京都港区北青山1丁目・2丁目
[見頃時期]11月中旬から12月上旬
[見頃時期の開園時間]特になし
[料金]なし(施設利用の場合料金有)
[アクセス]【電車】「青山一丁目」駅から徒歩5分、「外苑前」駅から徒歩5分
[駐車場]有(有料)
「明治神宮外苑いちょう並木」の詳細はこちら
「明治神宮外苑いちょう並木」の口コミ・周辺情報はこちら

奥多摩むかしみち【奥多摩町】

樹齢200年、イロハカエデの紅葉を堪能できる約10kmのハイキングコース

(画像提供:奥多摩むかしみち)
(画像提供:奥多摩むかしみち)

JR「奥多摩」駅から奥多摩湖を繋ぐ全長9.4kmの、雄大な自然が続くハイキングコースです。全体を通してどこまでも広がる紅葉を楽しむことができます。

(画像提供:奥多摩むかしみち)

11月いっぱいが見頃。樹齢約200年ともいわれる大スケールの「いろは楓の巨樹」と67mもの長さを誇り色づいた惣岳渓谷を見下ろす「しだくら吊橋」は外せない紅葉スポットです。

■奥多摩むかしみち【奥多摩町】
[住所]東京都西多摩郡奥多摩町境・氷川
[見頃時期]11月中旬~下旬
[見頃時期の開園時間]終日
[料金]無料
[アクセス]【電車】JR青梅線奥多摩駅すぐ
[駐車場]有(無料)
「奥多摩むかしみち」の詳細はこちら

砧公園【世田谷区】

芝生の緑、イチョウの黄、紅葉の赤のコントラストが見どころ

(画像提供:砧公園)
(画像提供:砧公園)

環八通り沿いに広がる砧公園は広大な芝生があり、散策などを気軽に楽しむことができる公園です。園内のいたるところで、芝生の上に際立つ色づいた木や黄色く染まった並木など、様々な紅葉シーンを見ることができます。

紅葉の見頃は11月下旬~12月中旬で、ファミリーパークの紅葉と常緑樹の緑とのコントラストがとてもきれいなので、ぜひ立ち寄ってみてください。

■砧公園【世田谷区】
[住所]東京都世田谷区砧公園1-1
[見頃時期]11月下旬~12月中旬
[見頃時期の開園時間]常時開園
[料金]無料(一部有料施設あり)
[アクセス]【電車】東急田園都市線「用賀」駅から徒歩20分
[駐車場]有(有料)
「砧公園」の詳細はこちら
「砧公園」の口コミ・周辺情報はこちら

九品山 唯在念仏院 淨眞寺【世田谷区】

枯山水と仁王門に落葉する紅葉が見どころ

(画像提供:九品山 唯在念仏院 淨眞寺)
(画像提供:九品山 唯在念仏院 淨眞寺)

歴史は1678年からと古く、「九品仏」の名で親しまれているように、名前の由来ともなっている9体の阿弥陀仏如来坐像が揃っていることで有名です。入り口には風格漂う仁王門があり、赤・黄・黒の美しいコントラストを楽しむことができます。

(画像提供:九品山 唯在念仏院 淨眞寺)
(画像提供:九品山 唯在念仏院 淨眞寺)

また、本堂からは広々とした枯山水を眺めることができます。波紋を表現した砂紋に大きなイチョウの木から落葉する様子は、雅やかな日本の風流を感じられます。

紅葉の見ごろは12月上旬頃で、この時期になると境内の随所で紅葉を間近で眺めることができます。拝観料はお賽銭でとの事なので気軽に訪れてみてください。

■九品山 唯在念仏院 淨眞寺【世田谷区】
[住所]東京都世田谷区奥沢7-41-3
[見頃時期]12月上旬頃
[見頃時期の開門時間]6時~16時30分
[料金]無料
[アクセス]【電車】東急大井町線「九品仏」駅から徒歩 5 分
[駐車場]有(無料)
「九品山 唯在念仏院 淨眞寺【世田谷区】」の詳細はこちら
「九品山 唯在念仏院 淨眞寺【世田谷区】」の口コミ・周辺情報はこちら

五島美術館【世田谷区】

武蔵野の豊かな自然を残す、約 5000 坪の庭園で眺める紅葉

(画像提供:五島美術館)
(画像提供:五島美術館)

世田谷の閑静な住宅地に佇む美術館です。約5000坪の庭園を鮮やかなもみじが彩るまさに都会のオアシスです。館内には日本・東洋の古美術を中心に国宝や重要文化財を含む約5000件もの収蔵品の中から展覧会ごとに様々な作品が展示されています。

庭園の中でも特におすすめの紅葉スポットは、国分寺崖線の斜面に広がるもみじです。散策路に点在する「大日如来」や「六地蔵」をめぐりながら紅葉を楽しむことができます。

見頃は11 月下旬から 12 月上旬。芸術と自然を満喫する贅沢な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

■五島美術館【世田谷区】
[住所]東京都世田谷区上野毛 3-9-25
[見頃時期]11 月下旬~12 月上旬
[見頃時期の開園時間]10時~17時(入館受付 16時30分 まで)。定休日は毎月曜日(ただし11月23日は開館)、11月24日(火)、11月30日(月)~12月4日(金)
[料金]一般1000円 入園のみ300円(中学生以下無料)
[アクセス]東急大井町線「上野毛」駅から徒歩 5 分
[駐車場]有/無料※障害者用を含め10台分の駐車スペースのみ
「五島美術館」の詳細はこちら
「五島美術館」の口コミ・周辺情報はこちら

御岳渓谷【青海市】

霊峰・御岳山の紅葉と多摩川の清流による絶景

(画像提供:青梅市観光協会)
(画像提供:青梅市観光協会)

多摩川と御岳山の美しい自然に囲まれた渓谷。JR「御嶽」駅を中心に、上流は御嶽駅と川井駅の中間あたりから、下流は沢井駅まで続いている遊歩道があり、ゆっくり紅葉を楽しむことができます。

この遊歩道を通って玉堂美術館、櫛かんざし美術館、澤乃井 小澤酒造をめぐることができます。

(画像提供:青梅市観光協会)
(画像提供:青梅市観光協会)

両岸を彩るモミジやイチョウは11月に見頃を迎え、特に玉堂美術館前の大イチョウは彩り美しくスケール感があり、見ごたえ抜群です。駅からも近く、歩きやすいよう整備されているので、気軽に四季折々の渓谷美を楽しめるスポットです。

■御岳渓谷【青海市】
[住所]東京都青梅市御岳
[見頃時期]11月頃
[見頃時期の開園時間]特になし
[料金]無料
[アクセス]【電車】JR「御嶽」駅から徒歩3分
[駐車場]有(有料)
「御岳渓谷」の詳細はこちら
「御岳渓谷」の口コミ・周辺情報はこちら

向島百花園【墨田区】

庭門に大きく広がるモミジと、たくさんのウメの紅葉が彩る庭園

(画像提供:向島百花園)
(画像提供:向島百花園)

江戸の町人文化が開花した文政期に造られた庭園。秋が深まるにつれて、園を代表する樹木ウメをはじめ、ハゼやサクラ、イチョウやモミジなどの樹々が景色に彩りを添えてくれます。

(画像提供:向島百花園)
(画像提供:向島百花園)

紅葉の見頃は11月中旬頃。庭門周辺に大きく葉を広げる様子は見ごたえ抜群です。紅葉だけでなく、キクやサザンカ、ツバキの花、ヤブコウジ、カラタチバナ、センリョウ、マンリョウの赤い実なども一緒にお楽しみください。

■向島百花園【墨田区】
[住所]東京都墨田区東向島3-18-3
[見頃時期]11月中旬~12月上旬
[見頃時期の開園時間]9時~17時(最終入園は16時30分)
[料金]150円(65歳以上は70円、小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)
[アクセス]【電車】東武スカイツリーライン「東向島」駅から徒歩8分
[駐車場]無
「向島百花園」の詳細はこちら
「向島百花園」の口コミ・周辺情報はこちら

江戸東京たてもの園【小金井市】

貴重な歴史的建造物を華やかに彩る紅葉は必見

(画像提供:江戸東京たてもの園)
(画像提供:江戸東京たてもの園)

文化的価値の高い歴史的建造物を移築して、復元・保存・展示するとともに貴重な文化遺産として次の世代に継承することを目指している江戸東京たてもの園。

園内には都内に存在した江戸時代前期~戦後までの建物が展示されていて、当時の情景を想像しながら紅葉を堪能できます。

(画像提供:江戸東京たてもの園)
(画像提供:江戸東京たてもの園)

11月中旬~12月上旬に見頃を迎えます。数多くの見どころがありますが、高橋是清邸庭園や三井八郎右衞門邸前、前川國男邸のモミジが色づきよくおすすめです。

ライトアップ情報

11月22日・23日には「夜間特別開園 紅葉とたてもののライトアップ」を実施予定です。(16時30分~20時※開園は9時30分、入園は19時30分まで)

■江戸東京たてもの園【小金井市】
[住所]東京都小金井市桜町3-7-1 都立小金井公園内
[見頃時期]11月中旬~12月上旬
[見頃時期の開園時間]10月~3月/9時30分~16時30分(入園は閉園30分前まで)
[料金]一般400円、大学生320円、65歳以上・高校生・中学生(都外)200円、中学生(都内在住・在学)・小学生以下無料
[アクセス]【電車】JR中央線「武蔵小金井」駅北口からバス5分、「小金井公園西口」下車徒歩5分
[駐車場]無(小金井公園に有料駐車場あり)
「江戸東京たてもの園」の詳細はこちら
「江戸東京たてもの園」の口コミ・周辺情報はこちら

国営昭和記念公園【立川市】

彩り鮮やかな300本ものカエデの紅葉とイチョウ並木の黄葉

(画像提供:国営昭和記念公園)
(画像提供:国営昭和記念公園)

都内とは思えない広大な自然が広がる国営昭和記念公園。

広い園内でも特におすすめの紅葉スポットが、それぞれ約100本ものイチョウが一面黄色で彩る「カナール」「かたらい」のイチョウ並木と、伝統文化とともに庭園美を感じられる日本庭園を彩る300本ものカエデです。

(画像提供:国営昭和記念公園)
(画像提供:国営昭和記念公園)

見頃時期は11月上旬~11月下旬で、赤と黄のコントラストを存分にお楽しみください。

ライトアップ情報

11月7日~11月29日にライトアップを予定しています(中止の可能性もある為、来園前にお問合せください)

■国営昭和記念公園
[住所]東京都立川市緑町3173
[見頃時期]11月上旬~11月下旬
[見頃時期の開園時間]9時30分~16時30分
[料金]入園料450円(中学生以下無料)
[アクセス]【電車】JR青海線「西立川」駅から徒歩2分
[駐車場]有(有料)
「国営昭和記念公園」の詳細はこちら
「国営昭和記念公園」の口コミ・周辺情報はこちら

秋川渓谷【あきる野市】

橋から望むパノラマの紅葉と大銀杏に注目を

(画像提供:あきる野市観光協会)
(画像提供:あきる野市観光協会)

秋川渓谷は、あきる野市網代橋付近から隣接する檜原村までの20kmに及ぶ渓谷です。川沿いの紅葉、広徳寺の大銀杏、秋川渓谷瀬音の湯に繋がる石舟橋からの景観などおすすめスポットが点在するので、ウォーキングを楽しみながらの秋の散策がおすすめです。

(画像提供:あきる野市観光協会)

例年の見頃は11月中旬~12月上旬。広徳寺の山門脇にある2本の大銀杏や、秋川に架かった小和田橋から眺める紅葉をゆっくりとお楽しみください。

※紅葉祭り、ライトアップは未定

■秋川渓谷【あきる野市】
[住所]東京都あきる野市
[見頃時期]11月中旬~12月上旬
[見頃時期の開園時間]特になし
[料金]無料
[アクセス]【電車】JR「武蔵五日市」駅からバスで10分
[駐車場]有(有料・無料※駐車場点在)
「秋川渓谷」の詳細はこちら
「秋川渓谷」の口コミ・周辺情報はこちら

上野恩賜公園【台東区】

名所を染め上げる紅葉・黄葉のグラデーション

(画像提供:上野恩賜公園)
(画像提供:上野恩賜公園)

桜の名所として知られる上野恩賜公園ですが、秋になるとイチョウやモミジが色づき、黄と赤のグラデーションで彩られます。

(画像提供:上野恩賜公園)

紅葉の見頃は11月下旬~12月上旬。大噴水広場や不忍池では美しい水辺に写る紅葉、西郷隆盛銅像周辺では一面黄金色に染まるイチョウをお楽しみください。

■上野恩賜公園【台東区】
[住所]東京都台東区上野公園5-20
[見頃時期]11月下旬~12月下旬
[見頃時期の開園時間]5時~23時
[料金]無料
[アクセス]【電車】JR京成線「上野」駅から徒歩2分、メトロ銀座線「上野」駅から徒歩5分
[駐車場]有(有料)
「上野恩賜公園」の詳細はこちら
「上野恩賜公園」の口コミ・周辺情報はこちら

深大寺【調布市】

ゆっくりとした時間が流れる歴史深いお寺で愉しむ紅葉

(画像提供:深大寺)
(画像提供:深大寺)

奈良時代からと長い歴史を誇るこちらのお寺。都内とは思えないほど広大な敷地内は豊かな自然に囲まれ、散策しながらゆっくりと紅葉を眺めることができます。

(画像提供:深大寺)
(画像提供:深大寺)

11月中旬~12月初旬にかけて見頃を迎えますが、特に深沙大王堂と延命観音の周辺が紅葉スポットとしておすすめです。紅葉の色づきが美しいことに加え、本堂から少し離れた場所にあるので、周りを気にすることなく風情を感じられる居心地のよい場所です。

■深大寺【調布市】
[住所]東京都調布市深大寺元町5-15-1
[見頃時期]11月中旬~12月初旬
[見頃時期の開園時間]6時~17時
[料金]無料
[アクセス]【電車】京王線「つつじが丘」駅からバスで15分、京王線「調布駅」駅からバスで15分
[駐車場]無
「深大寺」の詳細はこちら
「深大寺」の口コミ・周辺情報はこちら

神代植物公園【調布市】

かえで園をはじめとした、多種多様な紅葉に注目を

(画像提供:神代植物公園)
(画像提供:神代植物公園)
(画像提供:神代植物公園)
(画像提供:神代植物公園)

現在約4800種類、10万本・株もの樹々が植えられている植物公園。園内はかえで園、ばら園、つつじ園、うめ園など植物の種類ごとに30ブロックに分かれており、雄大な景色とともに植物の知識を得られるのも魅力です。

11月~12月上旬の紅葉時期には、かえで園で45品約80本の様々な種類の樹々が彩る美しい景色を楽しめます。その他、本園池の岸辺に植えられたラクウショウ、メタセコイヤなど、園内の各所で紅葉を満喫してみてください。

■神代植物公園【調布市】
[住所]東京都調布市深大寺元町5-31-10
[見頃時期]11月~12月上旬
[見頃時期の開園時間]9時30分~17時 入園16時まで
[料金]一般・大人500円、65歳以上250円、中学生200円(都内在住・在学の中学生は無料)、小学生以下無料
[アクセス]【電車】京王電鉄「調布」駅からバスで15分、JR「三鷹」駅からバスで20分、神代植物公園前下車すぐ
[駐車場]有(有料)
「神代植物公園」の詳細はこちら
「神代植物公園」の口コミ・周辺情報はこちら

水元公園【葛飾区】

北欧を思わせる、レンガ色に色づくメタセコイヤの紅葉

(画像提供:水元公園)
(画像提供:水元公園)

水元公園は小合溜に沿って造られた、水郷の景観をもった公園です。園内にはメタセコイヤやモミジバフウ、ポプラ、イチョウなどの樹々があり、季節の変化とともに多彩な色合いの変化を楽しめます。

(画像提供:水元公園)
(画像提供:水元公園)

11月上旬にはモミジバフウが見頃を迎え、11月中旬~12月上旬にかけてポプラ、イチョウ、メタセコイヤなどが色づきます。特にレンガ色に色づいたメタセコイヤの森が水辺に広がる紅葉の風景は、まるで北欧の森のように神秘的です。

■水元公園【葛飾区】
[住所]東京都葛飾区水元公園3-2
[見頃時期]11月上旬~12月上旬
[見頃時期の開園時間]24時間
[料金]無料
[アクセス]【電車】JR常盤線「金町」駅からバスで約10分、バス停から徒歩7分
[駐車場]有(有料)
「水元公園」の詳細はこちら
「水元公園」の口コミ・周辺情報はこちら

大田黒公園【杉並区】

水面に映る、紅葉で色づいたモミジの樹冠は必見

(画像提供:大田黒公園)
(画像提供:大田黒公園)

大田黒公園は音楽評論家の大田黒元雄氏の屋敷跡地に、杉並区が日本庭園を整備して開園しました。園内には樹齢100年を超えるイチョウ並木をはじめ、モミジやケヤキなどの樹々が茂っています。

(画像提供:大田黒公園)

見頃時期は11月下旬~12月上旬で、イチョウやモミジの大木が織りなすスケール感のある紅葉風景が広がります。特にモミジの樹冠(樹木の上部で葉が茂っている部分)が池の水面に照り映える幻想的な光景は一見の価値あり!

ライトアップ情報

11月27日~12月6日はライトアップを開催します。※今年度は時間や料金など未定

■大田黒公園【杉並区】
[住所]東京都杉並区荻窪 3-33-12
[見頃時期]11月下旬~12月上旬
[見頃時期の開園時間]9時~17時(入園は16時30分まで)
[料金]入園無料(茶室は有料・事前予約制※ライトアップ期間の料金は未定)
[アクセス]【電車】JR・東京メトロ「荻窪」駅より徒歩10分
[駐車場]無
「大田黒公園」の詳細はこちら
「大田黒公園」の口コミ・周辺情報はこちら

殿ヶ谷戸庭園【国分寺市】

紅葉亭から望む、紅葉と池が織りなす美景

(画像提供:殿ヶ谷戸庭園)
(画像提供:殿ヶ谷戸庭園)

武蔵野の自然の地形を活かし、崖の上に広がる明るい芝生と崖下の湧水池、樹林など場所ごとに異なる雰囲気を楽しめる殿ヶ谷戸庭園。

(画像提供:殿ヶ谷戸庭園)
(画像提供:殿ヶ谷戸庭園)

園内には紅葉亭という数寄屋造り風の茶室があり、そこから見下ろすイロハモミジの紅葉が次郎弁天池に写る様子はまさに絶景です。

見頃である11月下旬~12月上旬には紅葉亭や次郎弁天池、芝生会場を美しく彩る紅葉を見に訪れてみてはいかがでしょうか。

■殿ヶ谷戸庭園【国分寺市】
[住所]東京都国分寺市南町2-16
[見頃時期]11月下旬~12月上旬
[見頃時期の開園時間]9時~17時(最終入園は16時30分まで)
[料金]一般150円、65歳以上70円
[アクセス]【電車】JR中央線「国分寺」駅南口から徒歩2分
[駐車場]無
「殿ヶ谷戸庭園」の詳細はこちら
「殿ヶ谷戸庭園」の口コミ・周辺情報はこちら

府中の森公園【府中市】

日本庭園に紅葉が美しく映える、都民に愛されてきた公園

(画像提供:府中の森公園)
(画像提供:府中の森公園)

森・丘・水辺と自然豊かなこちらの公園は、都民の憩いの場所として長く愛されてきました。公園内にはクヌギ、ケヤキ、コナラ、ヒマラヤスギなど多くの樹々があり、季節ごとに様々な表情を見せてくれます。

(画像提供:府中の森公園)
(画像提供:府中の森公園)

紅葉の見頃は11月下旬~12月上旬。風情豊かな日本庭園を中心に、修景施設の水とモミジの赤が相まって、美しい情景を楽しむことができます。

■府中の森公園【府中市】
[住所]東京都府中市浅間町1-3-1
[見頃時期]11月下旬~12月上旬
[見頃時期の開園時間]24時間開園
[料金]無料
[アクセス]【電車】京王線「東府中」駅から徒歩15分、JR「武蔵小金井」駅から京王バス府中駅行き(一本木経由)で「天神町2丁目」15分、京王線「府中」駅から京王バス武蔵小金井駅南口行きで「天神町2丁目」10分
【車】中央高速調布インターから車で15分
[駐車場]有(有料)
「府中の森公園」の詳細はこちら
「府中の森公園」の口コミ・周辺情報はこちら

目白庭園【豊島区】

池を中心に、様々な目線から眺めることができる紅葉

(画像提供:目白庭園)
(画像提供:目白庭園)

庭の中心に大きな池がある伝統的な池泉回遊式の日本庭園。庭園内の池の周りを巡りながら、紅葉など四季折々の風景を楽しむことができます。

紅葉の見頃は11月後半~12月初旬で、この時期になると庭園内のあらゆる場所からモミジやカエデが眺められます。それぞれの場所や時間で異なる表情を見られるのが魅力です。

ライトアップ情報

11月21日~29日まで、ライトアップを開催予定。期間中は音楽・落語などのイベントも開催予定です(今後の状況により中止の可能性もあり。来園前に問合せを)

■目白庭園【豊島区】
[住所]東京都豊島区目白3-20-18
[見頃時期]11月後半~12月初旬
[見頃時期の開園時間]9時~17時(11月21日~29日のライトアップ期間は17時30分~21時に開園時間延長予定)
[料金]無料(赤鳥庵の利用は有料。ライトアップイベントは入園料あり)
[アクセス]【電車】JR「目白駅」から徒歩5分、JR「池袋駅」から徒歩15分
[駐車場]無
「目白庭園」の詳細はこちら
「目白庭園」の口コミ・周辺情報はこちら

新宿区立甘泉園公園【新宿区】

都会の喧騒を忘れさせてくれる、静かな泉に映し出される紅葉

(画像提供:新宿区みどり公園課)
(画像提供:新宿区みどり公園課)

泉の水がお茶に適していたところからその名がつけられたとされる甘泉園公園。モミジの紅葉をはじめ、ツツジやアジサイの花、新緑や冬の雪吊りなど、四季折々の見どころがあり、池の周囲を散策しながらゆったりとした時間を過ごせる場所です。

紅葉の見頃は11月中旬~下旬。池を囲むように広がるモミジの色づきが特に美しく、水面に写る紅葉を存分にお楽しみください。

■新宿区立甘泉園公園【新宿区】
[住所]東京都新宿区西早稲田3-5
[見頃時期]11月中旬~下旬
[見頃時期の開園時間]11月~2月/7時~17時、3月~10月/7時~19時
[料金]無料
[アクセス]【電車】都電荒川線「面影橋」駅から徒歩1分、東京メトロ東西線「早稲田」駅から徒歩7分
[駐車場]無
「新宿区立甘泉園公園」の詳細はこちら
「新宿区立甘泉園公園」の口コミ・周辺情報はこちら

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行われている可能性があります。
※お出かけの際は、お住まいやお出かけされる都道府県の要請をご確認の上、マスクの着用、手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスの徹底などにご協力ください。
※掲載の価格は全て税込価格です 



出典元

出典元:じゃらんニュース

【じゃらん】有名温泉から穴場まで温泉旅館・ホテル5,000件以上が予約OK!


人気の国内ツアー

関連記事

旅行新聞 最新ニュース速報!

国内旅行ニュース

  1. STICKY WAFFLES
  2. 湯原温泉 砂湯
  3. 南東北在住ラーメンマニア 伊藤孝彦さん
  4. 休日の体験の計画・予約をおまかせで、計画から予約して当日朝に知らせる新サービス
  5. シロノワール くまもとモンブラン
  6. 長浜鮮魚市場
  7. OH MY CAFE
  8. 観光タクシー会社がGoTo対象ツアー発売、観光タクシーでプライベート空間売り、現地施設の料金をセットに

海外旅行ニュース

エアライン最新情報

  1. 【動画】JAL 737-800 クラスJ新シート
  2. 【動画】JAL 737-800 クラスJ新シート
  3. ANA、紙の時刻表を廃止、完全デジタル化へ、2021年2月上旬から
  4. 【動画】飛行機に右から乗り降り スターフライヤー羽田R1ドア運用見納め
  5. 【動画】飛行機に右から乗り降り スターフライヤー羽田R1ドア運用見納め
  6. スターフライヤー、機内プラネタリウム鑑賞フライト追加開催 12月に北九州発着
  7. スターフライヤー、機内プラネタリウム鑑賞フライト追加開催 12月に北九州発着
  8. JAL、737用新クラスJシート公開 USB電源新設
楽天トラベルは旅行新聞

ホテル・旅館情報

  1. 3泊以上の長期滞在型の宿泊予約アプリ登場、予算提示でマッチング、ワーケーション利用など見込む
  2. 生まれ変わる「かんぽの宿」、地域とのコラボ重視や「誰でも泊まれる宿」に、伊豆高原と鴨川の施設を大規模リニューアル
  3. JR東日本とプリンスホテル、ワーケーション専用商品で連携、「新幹線+滞在」で
  4. ワーケーションの定額サービスが誕生、東急系14施設で、稼働率低い平日利用で
  5. 最高級ホテル「アマン」創業者が日本旅館を開業へ、国際的な旅行者の満足などで「旅館を再定義」、第1号は瀬戸内エリアに
  6. ホテルニューオータニ、withコロナ時代の「新・立食パーティプラン」発売、定員半数、マイトングや飲食可能なフェースシールド導入
  7. 民泊の事業廃止、半年での廃止件数は2倍に、国内の届出住宅は約2万件に減少
  8. 民泊の事業廃止が増加、7カ月で2倍に拡大、国内の届出住宅は約2万件に減少
Facebookでシェア twitterでツイート Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly ページ上部へ戻る