立春(りっしゅん)は、二十四節気において春の始まりとされる日。節分の翌日です。 2021年の立春は、2月3日。この36年間ずっと2月4日だったのですが、2021年は「1分差」で3日です。 春分の日との違いや、「立春大吉」 […]

立春(りっしゅん)は、二十四節気において春の始まりとされる日。節分の翌日です。
2021年の立春は、2月3日。この36年間ずっと2月4日だったのですが、2021年は「1分差」で3日です。

春分の日との違いや、「立春大吉」の意味、旬の食べ物まで、立春のいろんなことをご紹介します。

※この記事は2020年12月1日時点での情報です。休業日や営業時間など掲載情報は変更の可能性があります。日々状況が変化しておりますので、事前に各施設・店舗へ最新の情報をお問い合わせください。
記事配信:じゃらんニュース

2021年の立春はいつ?

立春

2021年の立春は、2月3日。
1985(昭和60)年以来、2月4日が続いていたのですが、37年ぶりに日付が変動します。

現代の日本では、国立天文台の観測によって、「太陽黄経が315度になった瞬間が属する日」を立春としています。

2021年の立春の瞬間は、2月3日23時59分。あと1分で2月4日でした。

立春

2022年~2026年の立春は以下の通りです。
・2022年 2月4日
・2023年 2月4日
・2024年 2月4日
・2025年 2月3日
・2026年 2月4日
※国立天文台ホームページより

2月3日になるのは、1897(明治30)年以来124年ぶりです。あと100年ぐらいは、3日か4日のどちらかになるそうですよ。
ちなみに1984(昭和59)年は2月5日でした。

立春とは?

立春とは、二十四節気(にじゅうしせっき)において、春の始まりであり、1年の始まりとされる日です。

二十四節気は紀元前の中国で生まれた、太陽の動きに基づいたこよみです。1年を4つの季節に分け、さらにそれぞれの季節を6つに分割しています。
4×6=24なので、二十四節気…ということですね。

四季の最初が、立春、立夏、立秋、立冬。この4つは「四立(しりゅう)」と呼ばれています。

二十四節気

古代中国では冬至日を1年の区切りにしていましたが、だんだんと「春から1年が始まる」という考えになりました。国民に季節の運行を知らせることは、王の大事な役目であり、冬よりも春の方が重要な季節だったのです。

四立の前日が「節分」。節分って、本来は1年に4回あるんですね。
その中で、1年の終わりであり、大みそかともいえる立春の前日が、今も豆まきなど節分の行事を行う大事な日として残っています。

春分の日との違い

春

春分は、昼と夜の長さがほぼ同じ日。だいたい3月23日ごろです。地方によっては桜などもほころび始め、春たけなわというイメージですね。

二十四節気の算出の基準となるのが、日時計で観察しやすかった、夏至、冬至、春分、秋分の4つの日。この4つを「四至(しし)」と呼びます。

この4つの日のちょうど中間点が「四立」。立春は、冬至と春分の中間点です。

太陽の動きだけから算出されたこよみなので、実際の地球上で暑いか寒いか…というのは、あまり考慮されていません。日本において2月初旬は1年で最も寒いころですが、それでも「立春」。でも冬至よりぐっと日が長くなっていることを、そろそろ体感できる時期です。

イメージ

立春の行事

立春大吉

立春大吉

禅宗のお寺などでは「立春大吉」とかかれたお札を、家の入口に貼る風習があります。
一年の始まりに、招運来福を願う意味があるとされ、門をくぐって家に入ってきた鬼もこのお札を見ると出ていくのだとか。

家の入口や、勉強部屋など大切な部屋の入口に、目より高い位置に貼り付けます。
大きなお寺や、神社などでも購入できるほか、自分で書いて貼ってもいいそうです。

節分

節分

正しくは立春前日の行事ですが、大みそかと元旦のように、節分と立春は密接な関係があります。立春の日が変動すれば節分の日も変わります。
2021年の節分は、2月2日です。

古来、季節の変わり目には「邪気が生じる」と信じられていたため、豆まきをしたり、柊の枝にイワシの頭を刺したりなどの行事で鬼を追い払います。

旬の食べ物

シロウオ

シロウオ

立春のころに旬を迎えるのがシロウオ(素魚)。透き通った体を持つハゼ科の魚で、早春に産卵のため川の河口域に遡上してきます。
キュウリウオ科のシラウオ(白魚)とは見た目も食べ方も似ていますが、別の種類です。

四つ手網

宮城県南三陸町の伊里前川や、和歌山県湯浅町の広川、山口県萩市の橋本川、大分県佐伯市・番匠川などでは、今でも「四つ手網」を使った漁を見ることができます。

トラフグ

トラフグ

ふぐの王様・トラフグは、厳しい冬の寒さが終わりかける立春のころが旬。成長したトラフグが産卵のため日本沿岸に近づいてきたころが食べごろです。

ちり鍋

体の温まるちり鍋や、キリッと締まったふぐ刺しは濃厚な味わいです。
山口県下関市は、明治時代からの歴史を持つトラフグの名所。また、兵庫県南あわじ市の「3年とらふぐ」や、福井県の「若狭ふぐ」など、各地にブランドトラフグがあります。

旬の植物

フキノトウ

フキノトウ

早春、雪の中から小さな頭を出すフキノトウ。蕗(フキ)の花の部分で、花が終わったあと地下茎から葉が伸びてきます。
芳香とさわやかな苦みがあり、天ぷらや蕗みそにしてもおいしい山菜です。

梅

寒い時期につぼみを開かせ、よい香りを漂わせるウメ。奈良時代には花見といえば桜よりも梅だったとか。
茨城県水戸市の偕楽園では、例年1月下旬から早咲きの種が咲き始めます。

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行われている可能性があります。
※お出かけの際は、お住まいやお出かけされる都道府県の要請をご確認の上、マスクの着用、手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスの徹底などにご協力ください。



出典元

出典元:じゃらんニュース

【じゃらん】有名温泉から穴場まで温泉旅館・ホテル5,000件以上が予約OK!


人気の国内ツアー

関連記事

旅行新聞 最新ニュース速報!

国内旅行ニュース

  1. マルモ水産
  2. 乳頭温泉はどんなところ?
  3. 銀座ロフト
  4. 10年ぶりの世界自然遺産誕生となるか?「沖縄・奄美」自然ツアーと持続可能な観光への取り組みを取材した
  5. ホテル古湧園 遥
  6. エキマルシェ新大阪Sotoe
  7. <2021>仙酔島徹底ガイド!

海外旅行ニュース

エアライン最新情報

  1. ANAとソニー銀行、777Xの模型など当たるキャンペーン
  2. スカイマーク、夏ダイヤで羽田-福岡増便 鹿児島は減便
  3. JTA、CAがZoomでおもてなし講座 2月開講
  4. スターフライヤー、国内線利用率39.2% 20年12月
  5. シンガポールで初のデジタル健康証明による入国、陰性証明書をQRコードで発行、ブロックチェーン技術の活用で
  6. ピーチ、中部-那覇・石垣就航 コロナで式典中止
  7. ANA現役CA、どの業界でも通用する就活講座 2月にライブ配信
  8. スカイマーク副操縦士、コックピットから景色撮影しTwitter投稿 国交省が厳重注意
楽天トラベルは旅行新聞

ホテル・旅館情報

  1. 旅館・ホテルの営業休止・縮小も「宿泊拒否」の理由に、観光庁が旅館業法の解釈を提示
  2. 客室から競輪レースを観戦できるホテル開業へ、岡山県・玉野競輪場にスタジアム一体型で
  3. 星野リゾート、「プライベートかまくら」を体験する宿泊プラン、家族やグループごとに時間帯分けて
  4. 京都・天橋立のグランピング施設、3密回避の屋外アクティビティ追加、調理系キャンプギアの無料レンタルし放題も
  5. JR東日本、テレワークできるホテル拡大、一部プランでは寝具や風呂の提供なしで
  6. ソラーレホテルズ、スマホで非接触型の事前チェックイン導入、名前伝えるだけでルームキー受け取り
  7. 高山陣屋前に地元発の8室限定のホテル開業、まちづくりグループと地場産業が協業、地元の森林資源を活かして
  8. 開通前のトンネルに宿泊できる新企画、大分県の景勝地・耶馬渓で、キャンピングカー利用で夕食は特別メニュー提供
Facebookでシェア twitterでツイート Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly ページ上部へ戻る