暖かくなり、お出かけが楽しみになるこの季節。 今回は春の京都でおすすめの観光スポットをご紹介! 歴史的建造と花々の共演、渡月橋や南禅寺など、定番のスポットも桜に包まれて、いつもとは異なる美しい姿を見せてくれます。今しか堪 […]

暖かくなり、お出かけが楽しみになるこの季節。
今回は春の京都でおすすめの観光スポットをご紹介!

歴史的建造と花々の共演、渡月橋や南禅寺など、定番のスポットも桜に包まれて、いつもとは異なる美しい姿を見せてくれます。今しか堪能できない京都に出かけよう!

※この記事は2020年12月25日時点での情報です。休業日や営業時間など掲載情報は変更の可能性があります。日々状況が変化しておりますので、事前に各施設・店舗へ最新の情報をお問い合わせください。

記事配信:じゃらんニュース
※口コミはじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

京都駅ビル【京都市下京区】

美しい光景を満喫できる空中径路は必見!グルメもショッピングもおまかせ

(画像提供:京都駅ビル開発株式会社)
(画像提供:京都駅ビル開発株式会社)

京都の玄関口として、国内外の観光客を迎える京都駅ビル。百貨店やホテル、劇場、専門店街などが揃う、地上16階、地下3階、東西に470mも続く巨大な商業施設です。

ショッピングやグルメなど一か所ですべて楽しめるほか、地上45mから京都市内を一望できる空中径路も魅力。中央コンコースの巨大アトリウム部分に一直線に走る通路で、近未来感のある光景にワクワクするはずです。

時期ごとに開催している多彩なイベントも見逃せませんよ。

\口コミ ピックアップ/
京都らしい和菓子のお店や小物、豆腐のお店などすごく充実しています。京都がぎゅっと凝縮されていますね。
(行った時期:2019年3月)

京都駅ビルといえば大階段。夜は階段自体に仕組まれた電飾が光って様々な芸術を見せてくれる。屋上からは京都の街が一望できるので、昼と夜、両方で訪れてほしい。
(行った時期:2020年12月)

■京都駅ビル
[住所]京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町901
[営業時間]10時~19時(インフォメーション)
[アクセス]【電車】JR京都駅直結、京都市営地下鉄京都駅から徒歩1分【車】名神高速道路京都南ICから約10分
[駐車場]有(有料)
「京都駅ビル」の詳細はこちら
「京都駅ビル」の口コミ・周辺情報はこちら

京都タワー【京都市下京区】

市街を一望できる京都のシンボルタワー。レストランや大浴場も楽しんで!

(画像提供:京阪ホテルズ&リゾーツ株式会社)
(画像提供:京阪ホテルズ&リゾーツ株式会社)

海のない京都の街を照らす灯台をイメージした「京都タワー」。

京都市街で一番高い建物で、まさに京都のランドマーク。地上100メートルにある展望室からは市街地を360度見渡すことができ、時間や季節によって様変わりする美しい眺望は必見です!

さらに京都タワービル内にはレストラン、自分用にも嬉しいお土産が買えるKYOTO TOWER SANDO、そして大浴場も!

展望室にはマスコットキャラクター「たわわちゃん」がモチーフの「たわわちゃん神社」があるので、ぜひお参りしてみてください。

\口コミ ピックアップ/
久しぶりに京都タワーに行きました。1階のお土産売り場が新しくなっていて、また駅とかに売っているお土産よりもセンスのよい新作ばかり。何度も京都に来ている私にとっては新鮮でたくさん買い物できました。
(行った時期:2019年9月)

京都全体が見渡せて、街の雰囲気を感じました。夜はまた違った感じがして、見比べると楽しいです。夜景が凄く綺麗でした。
(行った時期:2019年4月)

■京都タワー
[住所]京都府京都市下京区烏丸通七条下る 東塩小路町 721-1
[営業時間]9時~21時20分(最終入場21時)※2020年12月現在:11時~19時(最終入場18時30分)に短縮 ※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、施設により営業時間変更の可能性あり
[定休日]なし
[料金]【大人】800円【高校生】650円【小・中学生】550円【幼児(3歳以上)】150円 【障がい者(手帳提示)】400円
[アクセス]【電車】JR京都駅より徒歩2分
[駐車場]無
「京都タワー」の詳細はこちら
「京都タワー」の口コミ・周辺情報はこちら

京都水族館【京都市下京区】

幻想的なクラゲの展示コーナーは必見!家族でもカップルでも楽しめる水族館

(画像提供:京都水族館)
(画像提供:京都水族館)

「水と共につながる、いのち。」をコンセプトに、一滴のしずくが川になって海に注ぎ、雲となって里山に戻る…という水のつながりを通じて命の美しさを感じ、大切さを学ぶ水族館です。

西日本最多となる約20種5000匹のクラゲが展示されている「クラゲワンダー」や、オオサンショウウオの大型展示コーナー、約500tの水量を誇る「京の海」大水槽など盛りだくさん。毎日開催されるイルカパフォーマンスは必見です。

\口コミ ピックアップ/
久しぶりに行った水族館ですが、イルカショーに感激しました。イルカが飼育員さんに喜んでもらいたくて頑張ってるなあと思えたり、イルカもジャンプする姿がのびのびとしていて歓声の連続でした!ペンギンも1羽ずつにお魚をあげるなど、見ていても微笑ましい姿でした。是非、また行きたいです!
(行った時期:2019年5月)

初めて行きました!夜に行ったのでペンギンさんは寝ていましたが(笑)あまり見たことの無い光景で大変良かったです。イルカショーも見ごたえが有り、また観に行きたいと思います。
(行った時期:2019年11月)

■京都水族館
[住所]京都府京都市下京区観喜寺町35-1(梅小路公園内) 
[営業時間]日により異なる(詳細は営業カレンダーで確認)
[定休日]なし(年中無休)※施設点検、気象状況などで臨時休業をする場合あり
[料金]【大人(大学生含む)】2200円【高校生】1700円【中・小学生】1100円【幼児(3歳以上)】700円
[アクセス]【電車】京都駅中央口より西へ徒歩約15分、またはJR山陰本線梅小路京都西駅より徒歩約7分
[駐車場]無
「京都水族館」の詳細はこちら
「京都水族館」の口コミ・周辺情報はこちら

清水寺【京都市東山区】

桜に包まれた「清水の舞台」で春を満喫。桜のお守りにも注目

(画像提供:ピクスタ)
(画像提供:ピクスタ)

京都を代表する観光スポット・清水寺。世界文化遺産にも登録された名所で、釘を一本も使わない懸造りの本堂舞台は「清水の舞台」と称されていることで有名です。

春は境内に山桜やソメイヨシノなどあわせて約1500本の桜を見ることができます。舞台から眼下に桜を眺めるもよし、奥の院から桜に包まれた本堂を見渡すのもよし。

毎年3月下旬~4月上旬の夜の特別拝観期間中(予定)はライトアップも楽しめます。
桜が描かれた可愛い鈴のお守り「桜鈴」も、ぜひいただいて帰りましょう。

\口コミ ピックアップ/
有名なお寺になっています。高いところからの景色も美しいものになっていますよ。迫力のある景色でしたよ。
(行った時期:2019年2月)

どの季節、どの時間に行っても、景色が楽しめます。できれば夜間拝観をやっている時期に行くと、清水の舞台から京都の街並みが輝いて見えて綺麗だと思います。
(行った時期:2019年3月)

■清水寺
[住所]京都府京都市東山区清水一丁目294
[拝観時間]6時~18時(季節により変動あり)【夜間特別拝観期間中】~21時(受付終了)
[料金]【大人】400円【小・中学生】200円
[アクセス]【バス】JR京都駅からバスで五条坂下車徒歩10分
[駐車場]無
「清水寺」の詳細はこちら
「清水寺」の口コミ・周辺情報はこちら

八坂神社【京都市東山区】

厄除け・縁結びの神「祇園さん」。朱色に桜が映える趣深い景色を満喫!

(画像提供:八坂神社)
(画像提供:八坂神社)

八坂神社は、全国の祇園社の総本社です。厄除け・縁結びの神で、「祇園さん」の呼び名で親しまれています。創祀は斉明天皇2年(656年)。京の都に大流行した疫病を鎮めたと伝わり、以来、厄除けの社として信仰を集めています。

師走の風物詩「をけら詣り」で有名ですが、春は朱塗りの南楼門と桜のコントラストが美しく風情たっぷり!八坂神社を抜けた先にある円山公園の桜とセットで、春の風物詩を楽しみましょう。

\口コミ ピックアップ/
八坂神社自体、見応えのある観光地ですが、神社の周辺にはお店や食事処がたくさんあり、古い京都の街並みが多く見られます。八坂神社周辺に行けば、京都に求めている要素の多くは揃っています。
(行った時期:2019年7月)

有名な京都の八坂神社です。京都駅前のバス停で、バス一日券を購入しバスで移動しました。今回は、八坂神社常磐新殿で、厄除ぜんざいを頂きました。厄除になると思います。
(行った時期:2019年5月)

■八坂神社
[住所]京都府京都市東山区祇園町北側625
[参拝時間]24時間可能
[アクセス]【電車】京阪祇園四条駅より徒歩約5分、阪急京都河原町駅より徒歩約8分【車】JR京都駅より約15分【バス】JR京都駅より市バス206番祇園バス停下車すぐ
[駐車場]無 
「八坂神社」の詳細はこちら
「八坂神社」の口コミ・周辺情報はこちら

伏見稲荷大社【京都市伏見区】

稲荷神社の総本宮。優美な社殿と有名な千本鳥居を巡って

(画像提供:伏見稲荷大社)
(画像提供:伏見稲荷大社)

全国に3万社あるといわれる稲荷神社の総本宮。奈良時代・711年に鎮座されてから1300年を超える歴史ある神社です。

五穀豊穣・商売繁昌・家内安全・諸願成就の神として崇められ、現在でも「庶民の篤い信仰の社」として多くの人々から親しまれています。

「打越流造」と呼ばれる本殿は、重要文化財に指定。鮮やかな朱色の社殿に意匠に富んだ装飾が施されており、気品と優華な趣が漂います。

奥社への参道には、“願いが通る”または“願いが通った”感謝のしるしとして奉納された「千本鳥居」が続きます。時間に余裕がある方はお山巡りもおすすめです。

\口コミ ピックアップ/
友人の話や写真である程度想像していたが 実際の千本鳥居は本当に圧巻だった!境内の様々な格好のキツネを見るのも楽しみの一つでした。絵馬もキツネで可愛い。
(行った時期:2020年3月)

テレビで何度か観たので絶対行ったみたいスポットでした、パワースポットだけに御利益もらえた気がします。
(行った時期:2020年7月)

■伏見稲荷大社
[住所]京都府京都市伏見区深草藪之内町68
[参拝時間]24時間可能
[アクセス]【電車】JR奈良線稲荷駅から徒歩すぐ、京阪電鉄京阪本線伏見稲荷駅から徒歩5分【バス】市バス伏見稲荷大社前から徒歩7分
[駐車場]有(無料)
「伏見稲荷大社」の詳細はこちら
「伏見稲荷大社」の口コミ・周辺情報はこちら

出町ふたば【京都市上京区】

出町柳の老舗和菓子屋名物の名代豆餅(豆大福)を、春の花見のお土産に

(画像提供:出町ふたば)
(画像提供:出町ふたば)

京都で連日行列ができるほど話題のお土産といえば、出町通本店にある「出町ふたば」の名代豆餅。

赤ちゃんのお肌みたいにやわらかなお餅の中には、ふっくらと炊きあげた大粒の赤えんどうがぎっしりと詰まっています。ひと口食べたらほっぺたが落ちそうな美味しさ!お花見のおやつなどにも喜ばれます。

本店では前日までに電話で予約すれば購入できます。出町まで行く時間がない…という人は、京都駅内の京都伊勢丹「京銘菓」でも購入できるので、ぜひ早めに立ち寄ってくださいね。

保存料などを使っていないので、当日中に食べましょう♪

\口コミ ピックアップ/
豆餅と水無月を購入。京都に来たなら食べた方がいいと思います。水無月は丹波黒豆が乗った抹茶味も食べたのですが、これまた美味でした!
(行った時期:2020年6月)

季節のモノがまた楽しみ。今回は筍の入った春のおこわと、桜餅を買いました。おこわに桜の塩漬けが載せられ、ほのかに春の香がします。桜餅はます山桜の葉をゆっくりと剥がして、その淡いピンク色からして春って感じでした。美味しかったです。
(行った時期:2019年4月)

■出町ふたば
[住所]京都府京都市上京区青竜町236
[営業時間]8時30分~17時30分
[定休日]火・第4水曜(祝日の場合は翌日)
[アクセス]【電車】出町柳駅徒歩4分
[駐車場]有 ※店舗の向かいに市営駐車場・コインパーキング有(1500円以上購入で30分無料)
「出町ふたば」の口コミ・周辺情報はこちら

北野天満宮(天神さん)【京都市上京区】

全国天満社の総本社。2月は春を告げる「天神さんの梅開き」へ

(画像提供:北野天満宮)
(画像提供:北野天満宮)

学問の神様として知られる菅原道真公を祀る、全国役1200社を数える天満宮の宗祀(本社)の神社。国宝の御本殿・拝殿は桃山文化を代表する神社建築であり、境内は梅や紅葉の名所としても有名です。

2月上旬頃には梅苑が公開され、開苑期間は例年2月初旬から3月下旬となります。白梅、紅梅、一重、八重と、とりどりに咲く梅の間を縫うように散策路が延び茶屋も開かれる予定。

毎年菅公の祥月命日である2月25日には梅花祭と梅花祭野点大茶湯も行われ、毎年観梅者が訪れます。(※2021年は未定)

初めて訪れる方はもちろん、リピーターさんも趣ある新しい梅苑を楽しんでくださいね。

\口コミ ピックアップ/
梅の季節に行きました。木は多いのですが種類も多く、早咲き、遅咲きがあるようで、咲いている場所はまばらでした。それでもよく手入れされていて、素敵でした。
(行った時期:2019年2月)

■北野天満宮(天神さん)
[住所]京都府京都市上京区馬喰町
[拝観時間]6時30分~17時
[アクセス]【バス】JR京都駅から北野天満宮前バス停下車すぐ
[駐車場]有(無料)
「北野天満宮(天神さん)」の詳細はこちら
「北野天満宮(天神さん)」の口コミ・周辺情報はこちら

京都御所【京都市上京区】

人びとの崇敬を集めてきた京都御所で、桜の花に想いを寄せて

(画像提供:宮内庁)
(画像提供:宮内庁)

明治維新まで天皇陛下がお住まいだった京都御所。紫宸殿をはじめ清涼殿、小御所、御学問所、御常御殿など、平安時代以降の建築様式の変遷をつぶさに見ることができます。

京都御所は申込手続不要で、誰でも自由に参観でき、地元の人たちや観光客に広く開放されているので、お花見散歩にもぴったり。

平安宮内裏の紫宸殿の前庭にある桜の樹「左近の桜」(ヤマザクラ)は、桓武天皇が平安京遷都の際に植えた梅の木が、戦火による焼失で桜に植え替えられ、時代を乗り越えてきた歴史ある桜です。桜と橘(タチバナ)で有名な「左近の桜」「右近の橘」をぜひ鑑賞してみてください。

\口コミ ピックアップ/
広くて四季が楽しめて、人も少なくておすすめです。敷地内には子供が遊べる公園、遊具があるので楽しめます。
(行った時期:2020年11月)

まずは入口。蛤御門のように歴史的に有名な門もあるけど、予想以上に蛤御門の入り口は小さかった。中は公園のようになっていて、梅が見頃だった。梅に鶯が二羽戯れていて、とても風情があった。広くて散策にはいい。
御所の中は大きな門や建物が有り、庭も綺麗だった。
(行った時期:2020年2月)

■京都御所
[住所]京都府京都市上京区京都御苑1
[営業時間]【4月~8月】9時~17時(入門は16時20分まで)【3月・9月】9時~16時30分(入門は15時50分まで)【10月~2月】9時~16時(入門は15時20分まで)
[定休日]月曜日(祝日の場合は翌日火曜日)、12月28日~1月4日
[アクセス]【地下鉄】烏丸線今出川駅徒歩5分
[駐車場]有(有料)
「京都御所」の詳細はこちら
「京都御所」の口コミ・周辺情報はこちら

南禅寺【京都市左京区】

「三門と桜」の組み合わせは春の風物詩。京都屈指の桜名所を訪れて

(画像提供:ピクスタ)
(画像提供:ピクスタ)

臨済宗南禅寺派の大本山。正応4年(1291年)、亀山法皇が無関普門禅師(大明国師)を開山に迎えて開創した古刹です。

歌舞伎「山門(さんもん)」の舞台にもなっている三門は「天下竜門」とも呼ばれ、上層の五鳳楼からは京都市街や周辺の塔頭など絶景を見渡せます。

春になると「山門と桜」の有名なショットが見られるため、美しい景色を愛でに花見客が訪れます。満開の桜と花吹雪、初夏の新緑など、どの光景も絵になります。

三門の奥にある法堂には本尊の釈迦如来、文殊菩薩、普賢菩薩の三尊像が安置されています。江戸初期の代表的な枯山水庭園「方丈庭園」やレンガ造りのレトロな「水路閣」も見どころです。

\口コミ ピックアップ/
南禅寺の入り口正面に三門というとても大きな門があり、思わず見上げてしまう程の大きな木造建築で、迫力があります。
(行った時期:2019年3月)

何時間でもいられるほど気持ちのいいところで心が洗われました。ここだけ時間がストップしているかのようでした。
(行った時期:2019年3月)

■南禅寺
[住所]京都府京都市左京区南禅寺福地町
[参拝時間]【12月~2月】8時40分~16時30分【3月~11月】8時40分~17時 ※12月28日~12月31日は一般の拝観不可 
[料金]【境内】無料【三門】一般600円、高校生500円、小中学生400円【方丈庭園】一般600円、高校生500円、小中学生400円
[アクセス]【電車】地下鉄東西線蹴上駅下車徒歩10分【バス】東天王町下車または南禅寺・永観堂道下車徒歩10分【車】名神高速道路京都東ICより16分
[駐車場]有料(2時間以内1000円、以降1時間毎に500円増し)
「南禅寺」の詳細はこちら
「南禅寺」の口コミ・周辺情報はこちら

平安神宮【京都市左京区】

平安遷都の歴史を映す重要文化財。はんなり便りに春の訪れを感じて

(画像提供:平安神宮)
(画像提供:平安神宮)

1895年、平安遷都1100年を記念して創建された神社。国の登録有形文化財である、24mの高さの大鳥居が神宮道をまたぎます。

重要文化財の社殿「大極殿」は、平安京の大内裏の正庁である朝堂院の正殿で、即位、朝賀をはじめ国の主要な儀式が行われています。

春風に誘われて平安神宮へ立ち寄ったら、朱色の社殿を彩る紅枝垂れを愛でてください。公式ホームページには神苑の開花状況をお知らせする「はんなり便り」があるので、事前に確認して行くのもおすすめです。

\口コミ ピックアップ/
何度も行ってますが、広い境内に、大きな鳥居。行くだけで、いつも心が洗われるような気がします。まわりに土産物屋や飲食店もありますが、静かな雰囲気で落ち着いています。
(行った時期:2019年4月)

大きな朱色の鳥居が目立ちます。とても境内は広々としています。桜の時期は、垂れ桜がとても綺麗に咲いています。三条から歩いて行けるのでいきやすいですね。
(行った時期:2019年4月)

■平安神宮
[住所]京都府京都市左京区岡崎西天王町97
[拝観時間]6時~18時(季節により異なる)
[アクセス]【電車】地下鉄東西線東山駅徒歩10分【車】名神高速道路京都東ICより20分
[駐車場]無
「平安神宮」の詳細はこちら
「平安神宮」の口コミ・周辺情報はこちら

渡月橋【京都市右京区】

嵐山一帯を桜色に染める、“京都らしい“優雅な雰囲気を満喫できるスポット

(画像提供:ピクスタ)
(画像提供:ピクスタ)

嵯峨野と嵐山を隔てて流れる桂川に架かる渡月橋(とげつきょう)。

承和年間(834~848)に僧道昌によって架橋されたのが最初とされ、亀山上皇が橋の上空を移動していく月を眺め、「くまなき月の渡るに似る」と述べたことから渡月橋と名付けられました。

現在使われている橋は1934年6月に完成したものであり、嵐山を代表する観光名所の一つ。ゆったりと流れる桂川に桜と渡月橋が映える様は、まさに感動的。

嵐山の豊かな自然と、情緒あふれる古い街並み、風情ある渡月橋が融和して作り出す風光明媚な景色をぜひ一度体感してみてください。

\口コミ ピックアップ/
嵐山のシンボル!!桂川の素晴らしい流れを間近で感じることができました。 嵐山公園や北側には天龍寺や嵐電の駅、有名な竹林があり行く価値ありです。
(行った時期:2019年9月)

橋と川と山のコントラストが素晴らしく川縁にしばらく座って楽しみました。橋を見て感動したのは初めてで渡月橋に来て良かったと思いました。涼しくて時間を忘れるほどゆっくり川の流れを見ていました。必ずまた行きたいと思います。
(行った時期:2019年7月)

■渡月橋
[住所]京都府京都市右京区嵯峨中ノ島町
[アクセス]【電車】京福電車(嵐電)嵐山駅より徒歩2分、阪急嵐山駅より徒歩8分、JR嵯峨嵐山駅より徒歩11分
「渡月橋」の詳細はこちら
「渡月橋」の口コミ・周辺情報はこちら

嵯峨野トロッコ列車【京都市右京区】

保津川沿いを走るトロッコに乗って、春の渓谷美を楽しもう!

(画像提供:嵯峨野観光鉄道株式会社)
(画像提供:嵯峨野観光鉄道株式会社)

今は使われていない旧山陰本線の一部であり、トロッコ嵯峨駅からトロッコ亀岡駅までの保津川沿いを結ぶ、片道約7.3kmの道のりを走る観光列車です。

平均時速は約25kmと、自転車で駆け抜けるくらいの程よい速さ。ゴトゴトと揺れるトロッコ列車の旅は、観光やデートにぴったり♪

春は優雅な桜、夏は涼感の川のせせらぎとセミ時雨、秋は絢爛の紅葉、冬は時には雪景色と、四季折々の美しさを肌で感じられます。心地よい春風に吹かれて、保津川の渓谷美を満喫してくださいね。

\口コミ ピックアップ/
保津川に沿って走る観光列車。車内からちょうど保津川下りをする舟も見えました。車掌さんのアナウンスも軽快で、車内にいる時間があっという間でした。今度は桜か紅葉の時期に乗りたいです。
(行った時期:2019年3月)

■嵯峨野トロッコ列車
[住所]京都府京都市右京区嵯峨天竜寺車道町
[営業時間]トロッコ嵯峨駅発・トロッコ亀岡駅行(下り)嵯峨野1~15号(奇数号)嵯峨駅発 9時2分~16時2分(毎時2分発)
[定休日]水曜日(但し春休み、GW、8月、紅葉時期は運行)※臨時列車運転日はHPで要確認 ※冬期運休(12月30日~2月末)
[料金]【大人】630円【子供】320円
[アクセス]【電車】JR嵯峨野線嵯峨嵐山駅隣接
[駐車場]無 
「嵯峨野トロッコ列車」の詳細はこちら
「嵯峨野トロッコ列車」の口コミ・周辺情報はこちら

東映太秦映画村【京都市右京区】

テレビや映画の世界が目の前に!俳優たちのアクションもセットも大迫力

(画像提供:東映太秦映画村)
(画像提供:東映太秦映画村)

オープンセットやイベント、アトラクションを通じて、時代劇の世界をリアルに体験できる「東映太秦映画村」。実際の撮影でも使うセットで、本物の時代劇と同じ扮装で写真撮影ができます。

東映の歴代特撮ヒーローの世界が体験できる施設、からくり忍者屋敷、謎解き迷路まぼろし砦などのアトラクションも揃い、親子連れにもおすすめです。

テレビや映画の世界に入り込んで、舞台裏を楽しんだり、魅力を再発見してみてくださいね。

\口コミ ピックアップ/
色々なジャンルのキャラクターとのコラボが楽しい。巡っている間に出会う町人姿のスタッフさんも優しく声をかけてくれます。土日はヒーローショーがあるため子供さんが多いけれど、大人は平日まったりと巡るのがおススメです。
(行った時期:2019年7月)

30年ほど前に訪れた時は、まだよく撮影も行われていたようでしたが、現在はテーマパークといった感じです。それでも、みせる工夫や努力は感じられ、あちこちで演じている役者さんも一生懸命で良かったです。変身写真館は昔と変わらない様子でやっており、懐かしかったので娘と二人で撮ってもらいました。
(行った時期:2019年5月)

■東映太秦映画村
[住所]京都府京都市右京区太秦東蜂岡町10
[営業時間]9時~17時 ※新型コロナウイルス感染症拡大防止対策により、10時~17時に短縮中
[定休日]なし ※営業時間・定休日ともに詳細はHPを要確認
[料金]【大人】2400円【中・高生】1400円【子ども(3歳以上)】1200円
[アクセス]【電車】JR嵯峨野線 太秦駅から徒歩5分【車】名神高速道路京都南ICから40分
[駐車場]有(有料)
「東映太秦映画村」の詳細はこちら
「東映太秦映画村」の口コミ・周辺情報はこちら

元離宮二条城【京都市中京区】

白い城壁に約300本の桜が映える。京都の名城・二条城へ春を探しに

(画像提供:元離宮二条城)
(画像提供:元離宮二条城)

慶長8年(1603)に徳川家康によって造営され、徳川家の栄枯盛衰と日本の長い歴史を見つめてきた平城です。徳川幕府における京都の拠点となり、慶応3年(1867)の大政奉還の場と意思が表明された場となったことは、特に有名。1994年には、ユネスコ世界遺産に登録されました。

二の丸御殿(国宝)、二の丸庭園、唐門など、桃山文化の栄華を反映した絢爛豪華な建築と内装は、目をみはるばかりの美しさ。

春には里桜やしだれ桜など50品種・約300本の桜が次々と咲き誇ります。お城と桜の組み合わせを楽しみながら散策してください。

\口コミ ピックアップ/
二条城内の梅園にて梅が咲き誇っておりましたので撮影しました。
雨水が滴る梅花もまた粋なものです。これはこれで風情があったかなと感じました。
(行った時期:2020年3月)

素晴らしい建物と庭園は見どころが多いです。特に、二の丸御殿の内部の豪華絢爛さは徳川幕府の力の大きさを物語っていて、じっくり見ていて飽きることがありません。障壁画や欄間などとても凝っています。大広間の大きさに将軍の権威を感じました。徳川家康からの長い江戸時代の歴史を感じる場所でした。
(行った時期:2019年3月)

■元離宮二条城
[住所]京都府京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
[営業時間]8時45分 ~ 16時(閉門17時)
[定休日]12月29日~12月31日 ※毎年12月、1月、7月、8月の毎週火曜日、12月26日~28日、1月1日~3日は二の丸御殿は観覧不可
[アクセス]【地下鉄】東西線二条城前駅下車すぐ
[駐車場]有(有料)
「元離宮二条城」の詳細はこちら
「元離宮二条城」の口コミ・周辺情報はこちら

中村藤吉本店【宇治市】

これぞ京都の味と香り。宇治の銘茶を春風を感じながら味わう!

(画像提供:中村藤吉本店)
(画像提供:中村藤吉本店)

安政元年に創業以来、165年以上も京都で愛され続けている茶商「中村藤吉本店」。形や見た目にとらわれず、いつの時代も飲んで美味しいと思えるお茶を提供し続けています。

それぞれのお茶の「らしさ」を追い求め、覆いをしない露地栽培の煎茶は清々しい清涼感に溢れ、しっかりと手間ひまをかけた覆下栽培の玉露は、重厚で深みのある旨みをもたらします。

趣あるのれんが迎える宇治本店では多彩なお茶を取り扱っており、独自にブレンドした「中村茶」も好評です。

2001年には、明治・大正期の製茶工場を改装した建物をカフェとしてオープン。樹齢約200年の見事な宝来舟松や、桜色に染まる春の景色を眺めながら、一服のお茶を愉しんでください。

\口コミ ピックアップ/
抹茶カフェが多い京都ですが、甘くない抹茶が食べたい人には絶対におすすめ。抹茶、ほうじ茶そのものの味が堪能できます。デザートからランチまで、メニューも豊富です。
電車に乗る前に、抹茶ゼリーを購入して持ち帰りにしたり、香り高い茶葉をお土産にしています。京都へ帰ったら、必ず足を運んでしまいます。
(行った時期:2019年12月)

京都エリア散策時に立ち寄り。中村屋藤吉本店のお薦めスイーツは、やっぱり「生茶ゼリイ」。定番の抹茶やほうじ茶の生茶ゼリイはお土産リピート品ですが、今回は、「季節限定~涼香の生茶ゼリイ」を購入。
爽やかな酸味の夏みかんピューレを練り込んだいよかん餡と抹茶ゼリイの相性も抜群で、美味しい逸品でした。
(行った時期:2019年6月)

■中村藤吉本店
[住所]京都府宇治市宇治壱番10
[営業時間]【平日】10時~17時30分【土・日】10時~18時 ※季節により変動あり(カフェラストオーダー16時30分)
[定休日]元日のみ
[アクセス]【電車】路線名JR奈良線宇治駅より徒歩3分 【車】宇治西ICより10分
[駐車場]有(15台/2時間まで無料)
「中村藤吉本店」の詳細はこちら
「中村藤吉本店」の口コミ・周辺情報はこちら

平等院【宇治市】

鳳凰堂をぐるりと囲むように植えられた桜の木々。春には見事な満開に

(画像提供:平等院)
(画像提供:平等院)

平安時代の後期に宇治関白藤原頼通が、父道長の別荘を寺院に改めたもので、1994年には世界遺産に登録されました。

「鳳凰堂(ほうおうどう)」の大屋根には鳳凰が飾られ、内部は絢爛な宝相華文様や極彩色の扉絵で装飾されています。二重の天蓋や雲中供養菩薩像も必見です。池を配した広い庭園(史跡・名勝)には四季折々の花が咲き誇り、春は桜や枝垂桜、藤の花やツツジを愛でながら散策できます。

敷地内には本格宇治茶を堪能できる茶房「藤花」もあるので、お店オリジナルの和菓子と共にほっと一服してもいいですね。

\口コミ ピックアップ/
藤原頼道が父道長より譲り受けた別荘を寺院に改め開創。阿字池の中島に建てられた鳳凰堂は浄土式庭園ともに当時の栄華がしのばれます!!
(行った時期:2020年2月)

10円のお金にものっている場所になっていますよ。人生の中で、1度は行ってみたい場所ともいうことができるでしょうね。心も落ち着く。
(行った時期:2019年2月)

■平等院
[住所]京都府宇治市宇治蓮華116
[参拝時間]8時30分~17時30分(最終入場17時15分)※ミュージアム鳳翔館は9時~17時(最終入場16時45分)
[料金]600円
[アクセス]【電車】JR奈良線宇治駅より徒歩10分【車】京滋バイパス宇治西ICより15分
[駐車場]無
「平等院」の詳細はこちら
「平等院」の口コミ・周辺情報はこちら

天橋立【宮津市】

股のぞきで見える「天に架かる橋」は、京都観光やおでかけの思い出に

(画像提供:天橋立観光協会)
(画像提供:天橋立観光協会)

京都府北部、日本海の宮津湾にある「天橋立」は「日本三景」の一つと称される絶景スポットです。

幅は約20~170m・全長約3.6kmの砂洲(さす)でできた砂浜で、約5000本もの松が茂っています。展望所から股のぞきで見ると「天に架かる橋のよう」ということから、その名がつきました。

成相山中腹の傘松公園にあり、天橋立を北側から一望できる「傘松展望所」、文珠山山上から天橋立を南側から一望できる「天橋立ビューランド」、春にはみつばつつじが山肌をピンク色に染める獅子崎稲荷神社の「雪舟観展望所」などのビュースポットがいくつもあります。

ぜひ股のぞきにチャレンジしてみてください。

\口コミ ピックアップ/
年寄りから子供までいろいろ楽しめるところだと思います。初めてではないですが、いつ行っても素晴らしい景色です。
(行った時期:2020年1月)

宿で自転車を借りて行きましたが、お散歩にもとても良さそうです。
神社もあるので朝がお勧めです^_^ ぼ~っと出来る場所が沢山ありますよ
(行った時期:2020年2月)

■天橋立
[住所]京都府宮津市文珠天橋立公園
[アクセス]【車】京都縦貫自動車道宮津天橋立ICより約10分
[駐車場]有(有料)
「天橋立」の詳細はこちら
「天橋立」の口コミ・周辺情報はこちら

長岡天満宮(八条ヶ池)のキリシマツツジ【長岡京市】

春の梅、桜に続いて、真紅に燃えるようなキリシマツツジに圧巻

(画像提供:長岡天満宮)
(画像提供:長岡天満宮)

学問の神様として知られる長岡天満宮の境内に、約80mにわたって植えられている「キリシマツツジ」は約100株。樹高が約2.5mあり、樹齢は170年前後と推定されていて、市の天然記念物に指定されています。

4月末頃になると見事なまでの真紅の花を咲かせ、八条ヶ池のほとりが真っ赤に染まる光景は圧巻です。中堤と中ノ島を結ぶ総檜造りの水上橋を含む一帯は、「八条ケ池ふれあい回遊のみち」と名付けられ、多くの人々に親しまれています。

公式ホームページに紹介されている「キリシマツツジ開花情報」を事前に確認して訪れて。

\口コミ ピックアップ/
長岡天満宮へ行き、キリシマツツジを見てきました。
数年前にも1度見にきましたが、今回も見事な花を見る事ができました。
(行った時期:2019年4月)

■長岡天満宮(八条ヶ池)のキリシマツツジ
[住所]京都府長岡京市天神2-15-13
[参拝時間]24時間可能、社務所受付時間 9時~17時、八条ケ池ふれあい回遊のみち【4月~9月】7時~18時【10月~3月】8時~17時
[アクセス]【電車】阪急長岡天神駅から徒歩10分
[駐車場]有(有料)
「長岡天満宮(八条ヶ池)のキリシマツツジ」の詳細はこちら
「長岡天満宮(八条ヶ池)のキリシマツツジ」の口コミ・周辺情報はこちら

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行われている可能性があります。ご利用の際には、あらかじめ最新の情報をご確認ください。また、感染拡大の防止に充分ご配慮いただくようお願いいたします。
※お出かけの際は、お住まいやお出かけされる都道府県の要請をご確認の上、マスクの着用、手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスの徹底などにご協力ください。
※参拝の際は、参拝時期・時間の分散のほか、マスクの着用や手指の消毒、会話は控える等、新型コロナウイルス感染症拡大防止策に協力をお願いします。
※掲載の価格は全て税込価格です。



出典元

出典元:じゃらんニュース

【じゃらん】有名温泉から穴場まで温泉旅館・ホテル5,000件以上が予約OK!


人気の国内ツアー

関連記事

旅行新聞 最新ニュース速報!

国内旅行ニュース

  1. 仙台うみの杜水族館
  2. Gallirallus_okinawa
  3. 絶景が楽しめる海カフェ
  4. 東京で買えるおすすめホワイトデースイーツ
  5. 東京近郊のいちごブッフェおすすめ
  6. 変若水の湯 つたや
  7. 鎌倉・鶴岡八幡宮の参拝徹底ガイド!
  8. 「谷根千」のおすすめお散歩スポット

海外旅行ニュース

エアライン最新情報

  1. JAL、周遊チャーター機で春休み航空教室 成田と中部発着
  2. ソラシドエア、那覇-福岡は多客期限定運航
  3. JAL、部長級人事 21年4月1日付、6月1日付
  4. ピーチ、バニラデザイン残した特別塗装機 “黄色い”A320再び
  5. 新型コロナで退役機年5%以上に ボーイング予測、貨物堅調も777BCF計画なし
  6. スカイマーク、羽田-神戸期間増便 夜9時台発、6月まで1日8往復に
  7. スターフライヤー、国内線利用率30.4% 21年1月
楽天トラベルは旅行新聞

ホテル・旅館情報

  1. 変なホテル舞浜、子ども向けプログラミング学習プラン、客室のロボホン利用で日帰りも
  2. 軽井沢プリンス、4月に新客室棟と温泉棟をオープン、ワーケーション体制も完備
  3. 三井不動産、好きなホテルを毎日選べる月額定額プランを販売、多拠点生活やテレワークでの利用を提案
  4. ホテル宿泊客のスマホがTVリモコンに、アルメックス社が新システム、滞在状況を可視化も
  5. 米著名旅行誌「トラベル+レジャー」誌の親会社、日本市場でタイムシェア販売を強化
  6. 今年、米国で上場した著名旅行誌の運営会社、日本法人が国内タイムシェア販売を開始
  7. 湯快リゾート、愛犬と泊まる温泉旅館を開業へ、石川県片山津温泉で
Facebookでシェア twitterでツイート Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly ページ上部へ戻る