6月から7月、8月にかけて見頃を迎える「ラベンダー」。 ラベンダーの本場・北海道はもちろん、全国のあちこちにおすすめのラベンダースポットがあります。 一面のラベンダーの花はまさに紫色のじゅうたん!初夏を彩る絶景と爽やかな […]

6月から7月、8月にかけて見頃を迎える「ラベンダー」。
ラベンダーの本場・北海道はもちろん、全国のあちこちにおすすめのラベンダースポットがあります。

一面のラベンダーの花はまさに紫色のじゅうたん!初夏を彩る絶景と爽やかな香りにも癒されますよ♪
ぜひおでかけして、フォトジェニックな写真をたくさん撮ってください。

※スポット&口コミは、旅行に行った方の口コミ情報が掲載されたじゃらんnet観光ガイドから抜粋!北から順に掲載しています。

※この記事は2021年3月15日時点での情報です。休業日や営業時間など掲載情報は変更の可能性があります。日々状況が変化しておりますので、事前に各施設・店舗へ最新の情報をお問い合わせください。

記事配信:じゃらんニュース

ファーム富田【北海道】

夏の北海道の大地を覆う、ラベンダー&花々のグラデーション!

(画像提供:ファーム富田)
(画像提供:ファーム富田)

国内でも指折りのスケールを誇るラベンダー畑といえば、空知郡の中富良野町にあるファーム富田。
園内5haにわたって咲き誇るラベンダーは6月下旬頃から早咲のものが色づき始め、7月中旬~下旬頃に見頃を迎えます。その後、遅咲きの花も8月中旬頃まで楽しめます。

香り豊かで可憐なラベンダーの花が一面に広がり、「北海道に来た!」という気分が高まりますよ。

「彩りの畑」では、咲く花の種類や並びは例年異なりますが、ピンク色のコマチソウ、白いカスミソウ、赤いポピーなどの花が虹のように並びます。彩りの畑は、7月中旬から下旬が見頃のピークなので、夏休みのおでかけにもおすすめです。

\口コミ ピックアップ/
丘の上にあるので、ラベンダーと周りの山の景色が楽しめる。風にのってラベンダーの香りが楽しめた。色々お店がありラベンダー商品とトウモロコシ、メロンパンを買った。メロンパンは、今まで食べた中で一番美味しいと感じた。
(行った時期:2019年7月)

遠景の山々と真っ青な空をバックに紫色のラベンダー畑の絨毯と各種花々のカラフルな花の絨毯。とても綺麗です。晴れの日に訪れるととっても綺麗です。
(行った時期:2019年7月)

■ファーム富田
[住所]北海道空知郡中富良野町基線北15号
[営業時間]【4月中旬~下旬】9時30分~16時30分【5~6月中旬】9時~17時【6月下旬~8月中旬】8時30分~18時【8月下旬~9月】9時~17時【10~11月】9時30分~16時30分【12~4月上旬】10時~16時30分 ※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため2021年2月現在休園中。再開は同年4月頃を予定。営業時間変更の可能性があるので詳細はHPをご確認ください
[アクセス]【電車】JR富良野線中富良野駅から徒歩25分【車】道東自動車道占冠ICから70分
[駐車場]500台(無料)
「ファーム富田」の詳細はこちら
「ファーム富田」の口コミ・周辺情報はこちら

北星山 ラベンダー園【北海道】

夏になったら、色鮮やかなラベンダーのじゅうたんを見に行こう

(画像提供:北星山 ラベンダー園)

中富良野町のシンボル「北星山」にある北星山ラベンダー園です。特に例年7月~8月頃はラベンダーの花の最盛期なので、夏休みの北海道旅行ではぜひ立ち寄りたいもの。

観光リフトで北星山の頂上をめざす途中、冬季にはスキー場として営業する北星山の斜面に4種類のラベンダーのじゅうたんが目に飛び込み、その美しさは感動ものです。

(画像提供:北星山 ラベンダー園)

頂上の展望スペースから眺めることができる「十勝岳連邦の大パノラマ」、「富良野盆地ののどかな田園風景」、「一面広がるラベンダー畑」の3点セットを堪能してください。
ラベンダー以外にもひまわりやマリーゴールド、サルビアなどのお花畑を楽しめます。

\口コミ ピックアップ/
スキー場の斜面にラベンダーが咲いています。リフトに乗って上にあがれますが、ラベンダーを眺めながら両サイドの道を歩いて登っても15分くらいです。街並みとラベンダーが綺麗でした。
(行った時期:2019年7月)

スキー場の斜面に植えられた花畑です。毎年、麓からリフトに乗って「北の国から」のテーマソングを聴きながら北星山の頂上まで登るのを楽しみにしています。頂上に着き、10mほど歩いて下を眺めると絶景でした。近隣のラベンダー園の中では一番見晴らしの良い場所だと思います。ラベンダーと田園風景と山並みのコラボはこれぞ北海道という景観で私の大好きな場所です。頂上はかなり高い場所なので、気のせいか空気も澄んだ感じがしました。
(行った時期:2019年7月)

■北星山 ラベンダー園
[住所]北海道空知郡中富良野町宮町1-41
[営業時間]6月中旬~8月 ※一番の見頃は7月中旬~8月
[料金]【大人】400円【子供】200円
[アクセス]【電車】JR中富良野駅から徒歩15分【車】富良野ICから約20分
[駐車場]有(無料)
「北星山 ラベンダー園」の詳細はこちら
「北星山 ラベンダー園」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:北星山 ラベンダー園)

フラワーランドかみふらの【北海道】

名物のトラクターバスに乗って、大雪山とラベンダー畑を堪能!

(画像提供:フラワーランドかみふらの)

北海道の山を代表する雄大な十勝岳「大雪山国立公園」を背景にし、広大な花畑にさまざまなお花が色とりどりに咲き誇る、フラワーランドかみふらの。
夏になると一面のラベンダー畑が広がり、虹のように色鮮やかな、紫色の花の大パノラマを楽しめますよ。

敷地内を走るトラクターバスに乗って、ラベンダーなどの花々がしっかりと根付いたお花畑を鑑賞できるのも魅力です。

(画像提供:フラワーランドかみふらの)

北海道・空知の大地に広がる、すがすがしい花の彩りと香りを思う存分に体験して下さい。

■フラワーランドかみふらの
[住所]北海道空知郡上富良野町西5線北27号
[営業時間]6月~9月(6~8月:9時~18時、9月:9時~17時)
[料金]入園無料(トラクターバス料金【大人(中学生以上)】600円【小学生】400円【乳幼児】無料
[アクセス]【電車】上富良野線上富良野駅からタクシーで10分【車】富良野ICから約32分
[駐車場]有(無料) ※乗用車100台、バス20台分
「フラワーランドかみふらの」の詳細はこちら
「フラワーランドかみふらの」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:フラワーランドかみふらの)

かんのファーム【北海道】

心を込めて育てたラベンダーが、富良野の大地を鮮やかな紫に彩る

(画像提供:かんのファーム)

上富良野町と美瑛町の間に位置する「かんのファーム」は、国道237号線沿いにあり、比較的立ち寄りやすいのも魅力。「濃紫3号」や「おかむらさき」、「グロッソ」などの品種が植えられ、夏には見事な紫色のラベンダー畑になります。

標高差等の関係で、他の市街地のラベンダー畑よりも見頃が1週間ほど遅れますが、8月上旬までラベンダーを楽しめます。また、ドライフラワーなどのラベンダー加工品も販売しています。

(画像提供:かんのファーム)

近年は赤のサルビアをハート形に植えていて、写真映えスポットとしても注目されていますよ。
また、じゃがいもやとうもろこしなどの農作物も有名です。ラベンダーと一緒に売店でじゃがバターなどを味わうのもいいですね。

※園内でのドローンの使用は禁止されています。掲載の写真は許可を得て撮影しています。

\口コミ ピックアップ/
国道237号線沿いの上富良野町と美瑛町の境界にある無料のかんのファーム。たくさんの花がこの丘に咲いており、大変美しかったです。また、こちらでは売店があり、ラベンダーなどを使用したグッズ販売のほか、じゃがいもやとうもろこしなどをいただくこともできました。お花をゆっくり見ながら、ホクホクのじゃがバターを食べて幸せでした。
(行った時期:2019年10月)

8月下旬でラベンダーは終わっていますが、サルビアやクレオメ、マリーゴールド等が今は盛りで咲いていました。花畑の赤やピンク、黄色が初秋を感じさせる空の青い色と見事にマッチしていました。
(行った時期:2019年8月)

■かんのファーム
[住所]北海道空知郡上富良野町西12北36号
[開園時間]9時~17時(6月中旬~10月初旬無休) ※季節や天候により延長・短縮となる場合があります
[定休日]【冬期休業】10月中旬~6月上旬
[料金]無料
[アクセス]【電車】JR美馬牛駅から徒歩15分【車】富良野ICから約35分
[駐車場]有(無料)
「かんのファーム」の詳細はこちら
「かんのファーム」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:かんのファーム)

かなやま湖【北海道】

湖畔に咲き誇る珍しいラベンダー畑は一見の価値あり!

(画像提供:かなやま湖)
(画像提供:かなやま湖)

南富良野町内には「かなやま湖」周辺に、まとまったラベンダー畑があります。
ラベンダーの花は、いずれも7月20日頃に満開となり、大地を鮮やかな紫色の花で彩ります。

富良野と狩勝峠の中間あたりを流れる空知川上流の人造ダム湖である「かなやま湖」のラベンダーは、国内では珍しい「湖に面して咲くラベンダーの花畑」です。

釣りやキャンプなどのアクティビティも楽しめて、ハスカップも栽培されています。
静かな園地内でゆったり散策しながら、ラベンダーの光景を楽しんでください。

\口コミ ピックアップ/
まだラベンダーは咲き始めでしたがほのかに良い香りを放っていました。ラベンダー畑から湖に続く景色がきれいでした。休日であるにもかかわらず人が少なくゆっくりと時間が流れていました。
(行った時期:2019年6月)

■かなやま湖
[住所]北海道空知郡南富良野町字幾寅
[アクセス]【電車】JR東鹿越駅からタクシーで5分
[駐車場]有(無料)
「かなやま湖」の詳細はこちら
「かなやま湖」の口コミ・周辺情報はこちら

ふらのワイン【北海道】

ワイナリーの敷地内に、富良野の大地を彩るラベンダー畑が

(画像提供:ふらのワイン)
(画像提供:ふらのワイン)

ワイン工場の敷地内にあり、ワインハウスに隣接している穴場的なラベンダー畑は、「富良野駅から最も近いラベンダースポット」としても知られています。
レンタサイクルでも気軽に行けるので、夏に富良野観光で訪れたら、ぜひ立ち寄ってみては?

実り豊かなぶどうを育む大地に咲き誇るラベンダーは本当に美しく、息をのむほどの感動に包まれますよ。

また、富良野産のぶどうを100%使用したふらのワインは、全国的に有名な地ワインで、地元でも愛されています。ラベンダー畑のラベルが愛らしいワインもお土産にどうぞ。

\口コミ ピックアップ/
富良野市郊外のワイン工場を訪れました。ここは地元の富良野ワインを作っている工場ですが、試飲や直販コーナーもあります。お目当ては敷地内のラベンダー園です。メジャーな観光スポットではないので観光客は少ないのですが、美瑛・富良野方面では一番早くラベンダーが咲くので毎年楽しみにしています。今年もきれいに咲いていました。風に乗って甘い香りも漂ってきます。ラベンダー園のすぐ隣の丘陵には何と遅咲きの種類だと思うのですが、広い斜面に広大な菜の花畑が広がっています。この時期に見られるのは得をした気分でした。
(行った時期:2019年7月)

■ふらのワイン
[住所]北海道富良野市清水山
[営業時間]9時~17時
[定休日]なし
[料金]無料
[アクセス]【電車】JR富良野駅からタクシーで10分
[駐車場]有(無料)
「ふらのワイン」の詳細はこちら
「ふらのワイン」の口コミ・周辺情報はこちら

ハイランドふらの【北海道】

富良野屈指の広さを誇る「ラベンダーの海」を露天風呂から一望!

(画像提供:ハイランドふらの)

富良野市郊外にある温泉施設には、「ラベンダーのうみ」と名付けられたラベンダー園があります。こちらは富良野市内では屈指の規模を誇るラベンダー畑で、夏になると名前の通り、見事な『ラベンダーの海』が広がります。

7月上旬~下旬の時期は、露天風呂からは雄大な十勝連峰とともに、大地を色鮮やかな紫色に染めるラベンダー畑を楽しめます。

(画像提供:ハイランドふらの)

宿泊施設ですが、温泉は日帰りも可能です。ぜひ立ち寄って、露天風呂からの絶景を楽しんでくださいね。

■ハイランドふらの
[住所]北海道富良野市島の下
[営業時間]6時~21時(20時30分までに入場)
[定休日]なし(春・秋にメンテナンス休館有)
[料金]【大人】600円【中学生】410円【小学生】260円
[アクセス]【電車】JR富良野駅からタクシーで20分
[駐車場]有(無料)
「ハイランドふらの」の詳細はこちら
「ハイランドふらの」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:ハイランドふらの)

四季彩の丘【北海道】

季節の花で彩られる丘。夏は涼しげな紫のラベンダーシーズン

(画像提供:(有)ウイズユー 四季彩の丘)

雄大な大雪山連峰と丘の景色を背景に、14haの花畑が広がる四季彩の丘。春から秋にかけて30種類以上の花が咲き誇り、6月下旬から8月にかけてはラベンダーのシーズン。
特に7月上旬頃からラベンダーの花が見頃となり、大地がきれいな紫色に染まります。

(画像提供:(有)ウイズユー 四季彩の丘)

園内の移動はトラクターバス(有料)や自由に散策できるカート(有料)が便利。心地よい風を感じながら、丘の一面に広がる花畑を楽しんで♪
アルパカ牧場で、可愛いアルパカの餌やり体験をして癒されてもいいですね。

\口コミ ピックアップ/
丘を利用して綺麗に整備されている花畑の風景は見事でした。農業の営みから作り出されたパッチワークの風景とは一味違った感じですがこの美しさも有りですね。
(行った時期:2020年8月)

整備されたきれいな丘。きれいな花に心癒されました。広大な大地に咲く花は一見の価値ありと思います。
(行った時期:2019年8月)

■四季彩の丘
[住所]北海道上川郡美瑛町字新星第3
[営業時間]8時30分~18時(季節により異なる HP参照)
[定休日]12月31日、1月1日
[料金]入園料(7月~9月)【一般】500円【子供】300円 ※そのほかの期間は無料 ※募金箱設置 200円程度
[アクセス]【電車】JR美瑛駅からタクシーで12分
[駐車場]有(350台・500円)7月~9月 ※そのほかの期間は無料
「四季彩の丘」の詳細はこちら
「四季彩の丘」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:(有)ウイズユー 四季彩の丘)

幌見峠展望駐車場【北海道】

ラベンダー畑&札幌市内が一望できる絶好の穴場スポット

(画像提供:スナップマート)
(画像提供:スナップマート)

名前の通り、札幌市街を見渡すことのできる幌見峠には約7000株ものラベンダー園があり、自分たちで刈り取り体験ができます。
さらに峠の上にある幌見峠展望駐車場は、絶景&ラベンダーを楽しめる穴場的なスポットとしても有名です。

青空の下に広がる昼のラベンダー畑はもちろん、開花時期の夕暮れ時には満開のラベンダー越しに、きらめく夜景が広がり、とてもロマンチックですよ。
景色とラベンダーのコラボを車の中から見ることができるのも嬉しいですね。

■幌見峠展望駐車場
[住所]北海道札幌市中央区盤渓471番地110(幌見峠頂上)
[営業時間]24時間営業
[アクセス]【電車】地下鉄円山公園駅からタクシーで10分
[駐車場]有(3時~17時:500円、17時~3時:800円)
「幌見峠展望駐車場」の詳細はこちら
「幌見峠展望駐車場」の口コミ・周辺情報はこちら

美郷町ラベンダー園【秋田県】

白と紫のコントラストが優しい、ホワイトラベンダーは必見

(画像提供:美郷町ラベンダー園)

美郷町大台野(みさとちょうおおだいの)広場内にある、約2ヘクタールもの広大な畑。
そこに約2万株ものラベンダーが咲き誇る様子は、初夏の風物詩として親しまれています。

美郷町オリジナル品種のホワイトラベンダー「美郷雪華(みさとせっか)」は、ここ美郷町のラベンダー園で発見されました。平成25年(2013年)に品種登録され、同町がラベンダーのオリジナル品種を保有しています。
ラベンダー特有の爽やかさに加え、やさしく甘い印象の香りが特徴です。

(画像提供:美郷町ラベンダー園)

白色と紫色のコントラストが美しいラベンダーは必見です。ほかの品種のラベンダーと見比べながら楽しむのもいいですね。

■美郷町ラベンダー園
[住所]秋田県仙北郡美郷町千屋字大台野
[営業時間]【冬季休業】12月~4月上旬 ※降雪状況による
[料金]入園無料(ラベンダー園)
[アクセス]【電車】JR大曲駅からタクシーで25分
[駐車場]有(無料)
「美郷町ラベンダー園」の詳細はこちら
「美郷町ラベンダー園」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:美郷町ラベンダー園)

猪苗代ハーブ園【福島県】

磐梯高原に広がる、広大なラベンダーの楽園へようこそ!

(画像提供:猪苗代ハーブ園)
(画像提供:猪苗代ハーブ園)

猪苗代ハーブ園は4月下旬頃から花のシーズンを迎え、カラフルな花々とすがすがしい香りに包まれます。

ハーブの種類も65種類から約500種類へと大幅に増え、特に夏の大地を紫色に染めるラベンダー畑は有名です。ラベンダーの見頃は例年6月中旬~7月中旬頃で、ラベンダーの花摘みも体験できるのでぜひ体験してみて(1回600円)。

香り豊かなラベンダーソフトクリーム(350円)もショップで注文できます。磐梯高原や猪苗代湖、鮮やかなラベンダー園を眺めながら、ラベンダーの香りのソフトクリームをどうぞ。

\口コミ ピックアップ/
ハーブ畑に行きましたがとても良い香りが広がりきれいでした。ハーブのお土産も購入できるのがいいと思いました
(行った時期:2019年5月)

■猪苗代ハーブ園
[住所]福島県耶麻郡猪苗代町川桁リステルパーク内
[営業時間]【4月下旬~10月上旬】9時~17時 ※2021年度は4月29日に開園予定
[定休日]5月中旬に1日休園日あり
[料金]【大人】350円【子供】250円
[アクセス]【電車】JR磐越西線猪苗代駅から送迎バス(要予約)で15分【車】磐越道猪苗代磐梯高原ICより10分
[駐車場]有(200台・無料)
「猪苗代ハーブ園」の詳細はこちら
「猪苗代ハーブ園」の口コミ・周辺情報はこちら

久喜市 菖蒲総合支所庁舎前のラベンダー【埼玉県】

埼玉県でラベンダーを楽しむならここ!紫の花畑に北海道気分

(画像提供:久喜市)

「埼玉県内で北海道みたいなラベンダー畑を見られる場所があるって本当?」と気になる人は、ぜひ久喜市菖蒲総合支所庁舎前にあるラベンダーを見に出かけてみて。
見頃は6月中旬~下旬頃です。

(画像提供:久喜市)

もともと久喜市菖蒲地区(旧菖蒲町)は花しょうぶの名所でしたが、ラベンダーも植えられるようになり、今では約1万1300株ものラベンダーが植えられています。
初夏になると、のどかな田園風景にラベンダーの花が次々と咲き、紫と緑の爽やかなコントラストを楽しめます。

大切に育てられたラベンダーの花を愛で、すがすがしい香りを楽しんでください。

■久喜市 菖蒲総合支所庁舎前のラベンダー
[住所]埼玉県久喜市菖蒲町新堀38
[営業時間]6月中旬~6月下旬
[料金]無料
[アクセス]【バス】JR高崎線桶川駅東口から新堀バス停下車徒歩10分
[駐車場]有(無料)
「久喜市 菖蒲総合支所庁舎前のラベンダー」の詳細はこちら
「久喜市 菖蒲総合支所庁舎前のラベンダー」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:久喜市)



出典元

出典元:じゃらんニュース

【じゃらん】有名温泉から穴場まで温泉旅館・ホテル5,000件以上が予約OK!


人気の国内ツアー

関連記事

旅行新聞 最新ニュース速報!

国内旅行ニュース

  1. ゆこゆこ、旅行予約しない「おしゃべり専用」の電話サービス提供、会員8割が「何気ない会話や雑談をもっとしたい」
  2. ANA、「航空+地上交通」のMaaSプラットフォーム構築、出発地からの経路検索で航空予約が可能に
  3. 平日の旅館・ホテル空室を格安販売する新サイト、住まい・オフィスに、温泉宿の長期滞在が1泊2000円台など
  4. お手伝いをビジネス化して「関係人口」づくり、マッチングサービス「おてつたび」が生み出す都市から地方への人の流動、その成功の秘訣を聞いてきた
  5. 富田林市農業公園 サバーファーム
  6. スイーツマニアが選ぶ「浅草スイーツ」おすすめ
  7. 原田農園
  8. 秋の宮 鷹の湯温泉

海外旅行ニュース

  1. G20観光大臣会合、持続可能な観光回復へ国際連携を議論、観光大臣宣言とガイドライン採択
  2. 欧州連合(EU)、今夏にワクチン接種者による域内旅行の制限緩和へ、域外の状況で「緊急ブレーキ」も
  3. 世界で最も美しい建築物ランキング、1位は英・セントポール大聖堂、大阪城が4位、金閣寺は21位に、黄金比で分析
  4. 欧州連合、今夏にワクチン接種者による域内旅行の制限緩和へ、域外の状況で「緊急ブレーキ」も

エアライン最新情報

  1. ANA、「航空+地上交通」のMaaSプラットフォーム構築、出発地からの経路検索で航空予約が可能に
  2. JALの次世代旗艦A350-1000、客室はどう進化するのか
  3. JAL、国内8割・国際4割回復で黒字化も 21年3月期は最終赤字2866億円
  4. JAL、春秋航空日本を6月子会社化 中計で正式発表、LCC事業売上倍増へ
  5. ピーチ、手数料免除5月末まで 緊急事態宣言延長で
  6. JAL、A350-1000は計画通り23年度就航 ZIPAIRも新造機受領へ
楽天トラベルは旅行新聞

ホテル・旅館情報

  1. お手伝いをビジネス化して関係人口づくり、「おてつたび」が生み出す都市から地方への人の流動、その成功の秘訣を聞いてきた
  2. ゴルフ場にグランピング施設をオープン、北海道・室蘭ゴルフ俱楽部に、夕食はフレンチBBQ
  3. メズム東京、ホテル客室で深夜24時までコース料理を楽しむ日帰りプラン、最大3時間、1室2名で3万9800円
  4. 北海道ニセコに豪華リゾート開業へ、2023年にローズウッド系が日本初進出、日本初進出、長期滞在に対応する224室
  5. ゴルフ場にグランピング施設開業へ、北海道・室蘭ゴルフ俱楽部に、夕食はフレンチBBQ
  6. 2021年3月の日本人延べ宿泊者数、前年比増も2019年比で半減、客室稼働率は34%に ―観光庁(速報)
  7. 観光庁、宿泊事業者に総額1000億円の追加支援、感染防止対策やワーケーション設備投資が対象
  8. ヤフー、アパホテルの日帰りプラン、デジタルチケット販売「PassMarket」で取り扱い開始
Facebookでシェア twitterでツイート Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly ページ上部へ戻る