雨でもお出かけや観光を楽しみたいあなたに! 山形県の室内でゆっくり過ごせるおすすめスポットとクチコミ情報をお届けします。 美術館や博物館はもちろん、体験型スポットもたくさん! おすすめのスポットとあわせて、クチコミも参考 […]

雨でもお出かけや観光を楽しみたいあなたに!
山形県の室内でゆっくり過ごせるおすすめスポットとクチコミ情報をお届けします。

美術館や博物館はもちろん、体験型スポットもたくさん!
おすすめのスポットとあわせて、クチコミも参考にしてみてください。

※スポット&口コミは、旅行に行った方の口コミ情報が掲載されたじゃらんnet観光ガイドから抜粋!エリアごとに掲載しています。

※この記事は2021年3月19日時点での情報です。休業日や営業時間など掲載情報は変更の可能性があります。日々状況が変化しておりますので、事前に各施設・店舗へ最新の情報をお問い合わせください。

記事配信:じゃらんニュース

霞城セントラル展望ロビー【山形市】

山形駅に直結するランドマーク。最上階の展望ロビーからは市内を一望

(画像提供:霞城セントラル)

JR山形駅と2階の連絡通路で直結している、地上約115mのランドマーク「霞城セントラル」。体験学習ができる産業科学館、ホテルなども併設している複合施設です。

最上階・24階の展望ロビーは山形市を一望できる絶景スポットで、市街地や霞城公園、田園、遠くには蔵王連峰、朝日連峰を望むことができます。

(画像提供:霞城セントラル)

ロマンチックな夜景を楽しめる夜に訪れるのもおすすめです。景色を楽しんだあとは、館内の映画館やレストランでゆっくりと。

\口コミ ピックアップ/
山形駅の西口に隣接した霞城セントラルの24階の展望ロビー。エレベーターで上がれます。夜に上がったので夜景がキレイでした。ちょうど霞城公園の桜のライトアップが観られてとても良かったです。
(行った時期:2019年4月)

■霞城セントラル展望ロビー
[住所]山形県山形市城南町1-1-1
[開館時間]7時~22時
[アクセス]【電車】JR山形駅から連絡通路で2F直結徒歩5分
[駐車場]有(有料)
「霞城セントラル展望ロビー」の詳細はこちら
「霞城セントラル展望ロビー」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:霞城セントラル)

山形県産業科学館【山形市】

子どもと一緒のお出かけにもぴったり!大人もドキドキ&ワクワクの科学館

(画像提供:山形県産業科学館)

フロアごとにテーマが分かれており、2階は「暮らし・産業と環境」。手回し発電体験装置で発電のメカニズムを学べます。ワークショップでは、身近な材料を使用しての工作・実験を開催。

3階は「山形県の工業」、4階の「科学の広場」では、山形城の石垣づくりをモチーフに力の科学原理を紹介。光・電気・水など、科学の不思議を体感できる「たいけん科学ランド」でも、楽しい時間を過ごせます。

(画像提供:山形県産業科学館)

また、各フロアは産業タイムトンネルでつながっており、江戸から現代まで、山形県の産業の発展をわかりやすく展示。タイムトンネルは吹き抜けのらせん通路で、ぐるぐる歩くのもワクワクです!

\口コミ ピックアップ/
4階は科学の広場となっており、人が入れる「ジャンボシャボン玉」やペダルを漕いで発電体験が楽しめる「人力発電機」など、面白い展示が盛りだくさん。
(行った時期:2019年7月)

■山形県産業科学館
[住所]山形県山形市城南町1-1-1 霞城セントラル内
[営業時間]10時~18時
[休館日]月曜日(祝日の場合は翌平日)、12月29日~1月3日
[料金]無料
[アクセス]【電車】JR山形駅から徒歩2分(直結連絡通路あり)【車】山形自動車道山形蔵王ICから約20分
[駐車場]無(近隣に有料駐車場あり)
「山形県産業科学館」の詳細はこちら
「山形県産業科学館」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:山形県産業科学館)

山寺焼 ながせ陶房【山形市】

山寺散策とあわせて訪れたい!陶芸体験もよし、店内の作品を眺めてもよし

(画像提供:山寺焼 ながせ陶房)

山形を代表する観光地のひとつ松尾芭蕉ゆかりの名所「山寺」。その参道入口・階段の中腹にあるのが「山寺焼 ながせ陶房」です。

陶芸体験は、初めてでも気軽に参加でき、ろくろを回してお皿やカップなどを作れます。自分だけの器をイメージしながら、粘土をこねて伸ばし、どんな作品が完成するか楽しみいっぱい。

(画像提供:山寺焼 ながせ陶房)

また、陶房の店内にはたくさんの作品が並んでおり、眺めるだけでも色合いや質感にうっとり。何度も訪れて、陶芸の世界をもっと知りたい、素敵な作品を作りたい、そんな気分になれる陶房です。

\口コミ ピックアップ/
マグカップを作ったのですが、丁寧に教えてくださりとてもよいものができました!作っている最中はスマホで写真や動画を撮ってくださり、とてもありがたかったです。余った土で小皿も作りました。自分で作ったものなのでとても愛着が湧きました。届くのが楽しみです。素敵な時間を過ごすことができて、ながせ陶房さんに来てよかったです。また暖かくなったら行きたいと思います!
(行った時期:2020年12月)

■山寺焼 ながせ陶房
[住所]山形県山形市大字山寺4469
[営業時間]【4月~11月】10時~15時【12月~3月】10時30分~14時30分
[定休日]不定休
[料金]【大人(中学生以上)】2200円(粘土1kg)【子供】1100円(粘土500g)      
[アクセス]【電車】JR山寺駅から徒歩約8分【車】山形自動車道山形北ICより30分
[駐車場]有(2台/無料)
「山寺焼 ながせ陶房」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:山寺焼 ながせ陶房)

山形県郷土館「文翔館」【山形市】

 

国の重要文化財に指定された、大正ロマンの薫りを今に伝えるレンガ造りの遺構

(画像提供:山形県郷土館「文翔館」)

1916年に建てられた英国近世復興様式のレンガ造りの建物は、1975年まで県庁舎及び県会議事堂として使用されていました。
1984年に国の重要文化財に指定され、10年の歳月をかけて当時の工法を復原し、現在は山形県郷土館(愛称「文翔館」)として無料公開しています。

(画像提供:山形県郷土館「文翔館」)

文翔館のシンボルである4面の時計塔は、札幌の時計台に次いで2番目に古いものです。
時計職人が大切にメンテナンスしているおかげもあり、現在まで時を刻み続けています。
建物内部も豪華な装飾の数々が当時のままで残され、天井には職人の細やかな技が光る漆喰飾りの中に、紅花やさくらんぼなどが隠されています。

\口コミ ピックアップ/
外観の美しさもすばらしいですが、内装も本当に素敵でした。映画の撮影に使われていることを聞き、納得しました。
(行った時期:2019年11月)

旧県庁舎と旧県会議事堂の2棟のモダンな建物を無料で見学できます。郷土館とあるように、山形の歴史に関わる資料と、モダンな建物と両方を楽しめます。
(行った時期:2019年5月)

■山形県郷土館「文翔館」
[住所]山形県山形市旅篭町3-4-51
[開館時間]9時~16時30分
[休館日]第1・3月曜日(祝休日の場合は翌日)、12月29日~1月3日
[料金]無料
[アクセス]【車】山形自動車道山形蔵王ICから約10分
[駐車場]有(約40台/無料)
「山形県郷土館「文翔館」」の詳細はこちら
「山形県郷土館「文翔館」」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:山形県郷土館「文翔館」)

米沢市上杉博物館【米沢市】

歴史好きなら訪れたい!国宝をはじめ、上杉氏ゆかりの貴重な品々に出会える博物館

(画像提供:米沢市上杉博物館)

「米沢市上杉博物館」は、数千に及ぶ上杉氏ゆかりの貴重な品々を収蔵。常設展示室内「上杉文華館」では、国宝「上杉本洛中洛外図屏風(※1)」と「上杉家文書」を常時展示しています。

ほかにも「鷹山シアター」では、9代藩主・上杉鷹山の藩政改革の功績を振り返ることができ、ドラマ仕立てのシアター、当時の置賜地方や米沢城下をイメージしたジオラマには見入ってしまいます。

(画像提供:米沢市上杉博物館)

置賜の歴史、文化、郷土ゆかりの作家を取り上げた展示など、歴史や美術に関する企画展なども開催。また、野外施設を見渡せる展望室もあり、置賜に生きた先人たちの自然に対する思いや知恵をうかがい知ることができます。

※1…特別期間以外は複製展示

\口コミ ピックアップ/
こちらの博物館には大興奮してしまったほどでしたよ。たくさん展示物があるので、まったく飽きないで、良かったですよ。
(行った時期:2019年5月)

■米沢市上杉博物館
[住所]山形県米沢市丸の内1-2-1 伝国の杜
[営業時間]9時~17時(入館は16時30分まで)
[休館日]【4月~11月】第4水曜日【12月~3月】月曜日(祝休日の場合は翌平日)、年末年始 ※そのほか臨時休館あり
[料金]常設展【一般】410円【高校・大学生】210円【小・中学生】110円 ※企画展・特別展は異なる
[アクセス]【バス】JR米沢駅から11分【車】東北中央自動車道米沢中央ICから15分
[駐車場]有(120台/無料)          
「米沢市上杉博物館」の詳細はこちら
「米沢市上杉博物館」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:米沢市上杉博物館)

酒造資料館 東光の酒蔵【米沢市】

創業400年、米沢藩御用達をつとめた造り酒屋。歴史的建造物の土蔵は必見!

(画像提供:酒造資料館 東光の酒蔵)
(画像提供:酒造資料館 東光の酒蔵)

創業は安土桃山時代、米沢藩上杉家御用酒屋をつとめた老舗です。江戸時代に「禁酒令」が出された中でも酒造りを許されていたといわれています。「東光」とは「米沢城の東側、朝の光が昇るところの酒」を意味しています。

「東光の酒蔵」は、東北最大級の酒造資料館。古い酒蔵の原型を保ちながら復元し、タイムスリップしたかのような趣ある空間が広がります。東北一の広さという大きな土蔵には、昔ながらのみちのくの酒造りが展示されています。お酒のお買い物も楽しめますよ。

■酒造資料館 東光の酒蔵
[住所]山形県米沢市大町2-3-22
[営業時間]【平日】9時30分~16時【土日祝】9時~16時30分
[定休日]【冬期間(1・2月)】火曜日(祝日の場合は翌日休館)
[料金]【個人一般】350円【中・高校生】250円【小学生】150円
[アクセス]【車】東北中央自動車道米沢八幡原IC・米沢北ICから約15分
[駐車場]有(無料)
「酒造資料館 東光の酒蔵」の詳細はこちら
「酒造資料館 東光の酒蔵」の口コミ・周辺情報はこちら

土門拳記念館【酒田市】

昭和を代表する写真家・土門拳の作品を展示。建物や庭園なども見ごたえあり

(画像提供:土門拳記念館)
(画像提供:土門拳記念館)

リアリズム写真家として世界的に名高い土門拳の作品を展示する写真専門の美術館。ライフワークであり、最高傑作といわれる「古寺巡礼」をはじめ、「ヒロシマ」「風貌」「筑豊のこどもたち」など、気迫のこもった不朽の名作を随時鑑賞することができます。

全作品約7万点を収蔵しており、年4~5回テーマごとに展示されているので、何度も足を運ぶのもおすすめ。また、土門拳と親交のあった芸術家たちが手がけた空間設計・オブジェなども見どころです。

\口コミ ピックアップ/
堅牢な扉。入ると作品約七万点を収蔵する土門拳の世界が広がっている。接写でなければ撮影が許されているのは嬉しい。
(行った時期:2020年10月)

リアリズムの巨匠、土門拳。土門の作品を全て管理している記念館だからこそ出来る様々な企画展。建物もロケーションも最高。何度でも訪れたくなる、写真好きには垂涎三尺です!
(行った時期:2019年10月)

■土門拳記念館
[住所]山形県酒田市飯森山2-13 飯森山公園内
[営業時間]9時~17時 ※入館は16時30分まで
[定休日]4月~11月無休、年末年始休業、12月~3月毎週月曜日 ※展示替え等で臨時休館の場合あり(詳細は公式ホームページで要確認)
[料金]【大人】700円【高校生】350円 ※中学生以下無料(特別展期間中は変更の場合あり)
[アクセス]【電車】JR酒田駅から約20分【車】日本海東北自動車道酒田ICから約5分
[駐車場]有(無料)
「土門拳記念館」の詳細はこちら
「土門拳記念館」の口コミ・周辺情報はこちら

オランダせんべいFACTORY【酒田市】

パリッと焼いたり、味付けしたり、自分だけの美味しいおせんべいを作ろう!

(画像提供:酒田米菓株式会社)

酒田米菓の「オランダせんべい」は、昭和37年の発売以来、東北のソウルフードとして親しまれています。

「オランダせんべいFACTORY」では、パリッとした歯ごたえの薄焼きせんべいの生地を自分で焼いて味わえる「手焼き体験」や、15種類程のフレーバーから2種類選んで好みの味に仕上げる「味付け体験」ができます。自分だけのオリジナルおせんべい作りにチャレンジしましょう!

(画像提供:酒田米菓株式会社)

全長545mの工場を見学したあとは、売店でここならではのお土産を買うこともでき、美味しく楽しい一日が過ごせます。

\口コミ ピックアップ/
楽しめます!小さいお子さんがいても、シャカシャカ振るだけで、味付け体験ができます!薄味なのでお子様に良さそうでした!
(行った時期:2019年4月)

■オランダせんべいFACTORY
[住所]山形県酒田市両羽町2-24
[営業時間]【工場見学】9時30分~16時(最終入場15時40分まで)【売店】9時~17時【カフェ】9時~17時(ラストオーダー16時)
[定休日]火曜日(工場見学)、12月31日、1月1日 ※そのほか臨時休業あり
[料金]【工場見学】無料【手焼き体験】400円【味付け体験】600円
[アクセス]【電車】JR酒田駅からタクシーで10分
[駐車場]有(40台/無料)
「オランダせんべいFACTORY」の詳細はこちら
「オランダせんべいFACTORY」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:酒田米菓株式会社)

朝日町ワイン城【西村山郡】

ワインのお城で地元産ブドウのワインやブランデーなど、試飲があれこれ楽しめる!

(画像提供:朝日町ワイン城)
(画像提供:朝日町ワイン城)

ヨーロッパのお城を思わせる、朝日町ワインの製造所は「朝日町ワイン城」として知られています。地元でとれたぶどうから製造した、赤・白・ロゼ、山形県産ぶどう100%のスパークリングワイン、朝日町ブランデー、さくらんぼや桃などのフルーツワインのほか、添加物を一切含まない、ぶどう液もあります。

ワイン城では、商品が次々に造られる様子が見学でき、色々なワインの試飲が無料でできる売店もあります。テイスティングして、お気に入りのワインを見つけましょう!

■朝日町ワイン城
[住所]山形県西村山郡朝日町大字大谷字高野1080
[営業時間]【4月~10月】9時~17時【11月~3月】9時~16時
[定休日]年末年始
[料金]無料
[アクセス]【車】山形自動車道寒河江ICから20分
[駐車場]有(無料)
「朝日町ワイン城」の詳細はこちら
「朝日町ワイン城」の口コミ・周辺情報はこちら

さくらんぼタントクルセンター【東根市】

ドキドキ・ハラハラの遊具から、小さい滑り台まで。親子での屋内遊びならココ!

(画像提供:さくらんぼタントクルセンター)
(画像提供:さくらんぼタントクルセンター)

1階の屋内遊びセンター「けやきホール」は年齢制限がなく、小さな子どもはもちろん、大学生も童心にかえって色々な遊具で遊べます。

東根市のシンボル「大けやき」をモチーフにした大型遊具で、のびのびと体を動かし遊ぶことができるのが魅力です。

※開館状況は変更の場合あり(最新情報は公式サイトで要確認)

■さくらんぼタントクルセンター
[住所]山形県東根市中央1-5-1
[営業時間]けやきホール:9時~18時30分 ※開館状況は変更の場合あり(最新情報は公式サイトで要確認)
[アクセス]【電車】奥羽本線さくらんぼ東根駅から徒歩22分
[駐車場]有(無料)
「さくらんぼタントクルセンター」の詳細はこちら
「さくらんぼタントクルセンター」の口コミ・周辺情報はこちら


出典元

出典元:じゃらんニュース

【じゃらん】有名温泉から穴場まで温泉旅館・ホテル5,000件以上が予約OK!


人気の国内ツアー

関連記事

旅行新聞 最新ニュース速報!

国内旅行ニュース

  1. ゆこゆこ、旅行予約しない「おしゃべり専用」の電話サービス提供、会員8割が「何気ない会話や雑談をもっとしたい」
  2. ANA、「航空+地上交通」のMaaSプラットフォーム構築、出発地からの経路検索で航空予約が可能に
  3. 平日の旅館・ホテル空室を格安販売する新サイト、住まい・オフィスに、温泉宿の長期滞在が1泊2000円台など
  4. お手伝いをビジネス化して「関係人口」づくり、マッチングサービス「おてつたび」が生み出す都市から地方への人の流動、その成功の秘訣を聞いてきた
  5. 富田林市農業公園 サバーファーム
  6. スイーツマニアが選ぶ「浅草スイーツ」おすすめ
  7. 原田農園
  8. 秋の宮 鷹の湯温泉

海外旅行ニュース

  1. G20観光大臣会合、持続可能な観光回復へ国際連携を議論、観光大臣宣言とガイドライン採択
  2. 欧州連合(EU)、今夏にワクチン接種者による域内旅行の制限緩和へ、域外の状況で「緊急ブレーキ」も
  3. 世界で最も美しい建築物ランキング、1位は英・セントポール大聖堂、大阪城が4位、金閣寺は21位に、黄金比で分析
  4. 欧州連合、今夏にワクチン接種者による域内旅行の制限緩和へ、域外の状況で「緊急ブレーキ」も

エアライン最新情報

  1. ANA、「航空+地上交通」のMaaSプラットフォーム構築、出発地からの経路検索で航空予約が可能に
  2. JALの次世代旗艦A350-1000、客室はどう進化するのか
  3. JAL、国内8割・国際4割回復で黒字化も 21年3月期は最終赤字2866億円
  4. JAL、春秋航空日本を6月子会社化 中計で正式発表、LCC事業売上倍増へ
  5. ピーチ、手数料免除5月末まで 緊急事態宣言延長で
  6. JAL、A350-1000は計画通り23年度就航 ZIPAIRも新造機受領へ
楽天トラベルは旅行新聞

ホテル・旅館情報

  1. お手伝いをビジネス化して関係人口づくり、「おてつたび」が生み出す都市から地方への人の流動、その成功の秘訣を聞いてきた
  2. ゴルフ場にグランピング施設をオープン、北海道・室蘭ゴルフ俱楽部に、夕食はフレンチBBQ
  3. メズム東京、ホテル客室で深夜24時までコース料理を楽しむ日帰りプラン、最大3時間、1室2名で3万9800円
  4. 北海道ニセコに豪華リゾート開業へ、2023年にローズウッド系が日本初進出、日本初進出、長期滞在に対応する224室
  5. ゴルフ場にグランピング施設開業へ、北海道・室蘭ゴルフ俱楽部に、夕食はフレンチBBQ
  6. 2021年3月の日本人延べ宿泊者数、前年比増も2019年比で半減、客室稼働率は34%に ―観光庁(速報)
  7. 観光庁、宿泊事業者に総額1000億円の追加支援、感染防止対策やワーケーション設備投資が対象
  8. ヤフー、アパホテルの日帰りプラン、デジタルチケット販売「PassMarket」で取り扱い開始
Facebookでシェア twitterでツイート Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly ページ上部へ戻る