城の天守の屋根を飾る「しゃちほこ」。名古屋城の金鯱が有名ですが、その由来や意味をご存知ですか?海にいる「シャチ」から来ていると思われる方もいますが、それは大きな誤解。この記事では、「しゃちほこ」の基本的な情報から、全国に […]

城の天守の屋根を飾る「しゃちほこ」。名古屋城の金鯱が有名ですが、その由来や意味をご存知ですか?海にいる「シャチ」から来ていると思われる方もいますが、それは大きな誤解。この記事では、「しゃちほこ」の基本的な情報から、全国に数多くある「しゃちほこ」を見られるお城についてご紹介します。

※この記事は2021年4月12日時点での情報です。休業日や営業時間など掲載情報は変更の可能性があります。日々状況が変化しておりますので、事前に各施設・店舗へ最新の情報をお問い合わせください。

記事配信:じゃらんニュース

しゃちほこ・金鯱とは?

(画像提供:ピクスタ)
(画像提供:ピクスタ)

「しゃちほこ」とは、城の天守や櫓などの屋根に使われる装飾の一つです。

鯱(しゃち)は、想像上の生き物で、頭は龍または虎とも言われ、胴体は魚、空に向かってそり返る尾を持っています。

「しゃちほこ」の「ほこ」とは、この尾の形が鉾(ほこ)のように上にそそりたっていることからつけられたもの。

つまり鉾のような鯱=「しゃちほこ」という名になったのです。

しゃちほこは、建物が火事になると口から水を吐きだして消してくれるという伝説があることから、屋根の上に乗せられ、鬼瓦と同様に守り神として大切にされてきました。

この鯱に金色に装飾を施したものは「金鯱(きんしゃち、きんこ、きんのしゃちほこ)」と呼ばれ、名古屋城のシンボルとしても知られています。

しゃちほこの由来

(画像提供:写真AC)
(画像提供:写真AC)

木造建築が中心の日本で、大敵となるのが火事。そこで、もともとは寺院などで、火除けの守り神としてしゃちほこを飾るようになりました。

それを城に取り入れたのは、織田信長の安土城と言われており、城跡からは鯱瓦の破片も見つかっています。

その後、豊臣秀吉が大阪城の天守に金鯱を飾って権威を示し、全国の大名たちにもしゃちほこが普及していったと言われています。

全国のしゃちほこが見られるお城

弘前城【青森県】

(画像提供:弘前市)
(画像提供:弘前市)

現存12天守の中で東北にあるのが、弘前城。

江戸時代に落雷によって5層の天守が焼失。このときの雷は天守の屋根に飾られていたしゃちほこに落ちたと言われています。

200年近く天守のない時代が続きましたが、1810年に再建。2021年現在は、国の重要文化財に指定されています。

(画像提供:ピクスタ)
(画像提供:ピクスタ)
■弘前城
[住所]青森県弘前市下白銀町1
[営業時間]9時~17時 ※さくらまつり期間(2021年は4月23日~5月5日)は7時~20時
[定休日]弘前城天守は11月24日~3月31日 ※天守以外の弘前城本丸・北の郭は無休
[料金]弘前城本丸・北の郭【大人】320円【子供】100円 ※11月24日~3月31日の期間は入園無料
[アクセス]【バス】JR「弘前駅」より弘南バス市役所方面行きで15分「市役所前」より徒歩4分【車】東北自動車道「大鰐弘前IC」より30分
[駐車場]なし
「弘前城」の詳細はこちら
「弘前城」の口コミ・周辺情報はこちら

新発田城【新潟県】

(画像提供:新発田市教育委員会文化行政課)
(画像提供:新発田市教育委員会文化行政課)

新発田(しばた)城は、三体のしゃちほこで知られるお城。

実質的に天守閣の役割を果たしていた三階櫓は、丁字型の屋根にあわせて三体のしゃちほこが飾られることになったのですが、なぜこのような特殊な形になったのか、明確な理由はわかっていないようです。

また、新発田城は、自衛隊の駐屯地と隣接している全国でも珍しいお城。三階櫓は、一般公開されていないため内部には入れませんが、外観を眺めることができます。

(画像提供:新発田市教育委員会文化行政課)
(画像提供:新発田市教育委員会文化行政課)
■新発田城
[住所]新潟県新発田市大手町6丁目
[営業時間]9時~17時(11月のみ16時30分閉門)
[定休日]12月~3月は冬季閉鎖期間
[料金]無料
[アクセス]【電車】JR白新線・羽越本線「新発田駅」より徒歩25分【車】日本海東北自動車道「聖籠新発田IC」より10分
[駐車場]あり(無料)
「新発田城」の詳細はこちら
「新発田城」の口コミ・周辺情報はこちら

名古屋城【愛知県】

(画像提供:名古屋市観光文化交流局名古屋城総合事務所)
(画像提供:名古屋市観光文化交流局名古屋城総合事務所)

名古屋城のシンボルとも言えるのが、天守閣を飾る金のしゃちほこ。

1612年に天守閣が完成した際、徳川家康の支配力や尾張徳川家の権威を誇示するため、絢爛豪華な金鯱が載せられました。

明治時代には日本国内やウィーンの博覧会に金鯱が出品され、大きな話題に。

その後も昭和まで長きにわたって名古屋城を守ってきた金鯱ですが、残念ながら名古屋大空襲にて焼失。2021年現在は、復元されたものが飾られています。
※2021年4月現在、金鯱は地上での展示のため屋根の上から取り外されています。2021年8月頃に天守に再設置予定です。

名古屋城の金鯱の特徴は、木造のしゃちほこに金板を貼って作られていること。金箔押のしゃちほこよりも重く、一体あたりで総重量は約1.2トン、約44キロもの金が使われているそうです。

(画像提供:名古屋市観光文化交流局名古屋城総合事務所)
(画像提供:名古屋市観光文化交流局名古屋城総合事務所)
■名古屋城
[住所]愛知県名古屋市中区本丸1番1号
[営業時間]9時~16時30分(本丸御殿への入場は16時まで)※天守閣は閉館しています
[定休日]12月29日~1月1日 ※催事等により変更となる場合あり
[料金]【大人】500円【中学生以下】無料
[アクセス]【電車】名城線「市役所駅」より徒歩5分【車】名古屋高速1号楠線「黒川」出口より8分
[駐車場]あり(有料)
「名古屋城」の詳細はこちら
「名古屋城」の口コミ・周辺情報はこちら

犬山城【愛知県】

(画像提供:犬山市観光協会)
(画像提供:犬山市観光協会)

室町時代の1537年に建てられ、現存天守を有する国宝五城の一つである犬山城。

天守の上に飾られた2体のしゃちほこは、暴風雨よる落下や修理などで何度か交換されてきました。

2021年現在、南側のしゃちほこは1964年製のもの。北側のしゃちほこは、2017年7月の落雷で破損したため、2018年に新たに制作されたものです。

江戸、昭和、平成に制作された3体のしゃちほこが現存しており、犬山市の「城とまちミュージアム(犬山市文化資料館内)」で見ることができます。

(画像提供:ピクスタ)
(画像提供:ピクスタ)
■国宝犬山城
[住所]愛知県犬山市犬山北古券65-2
[営業時間]9時~17時(入場は16時30分まで)
[定休日]12月29日~12月31日
[料金]【一般】550円【小中学生】110円
[アクセス]【電車】名鉄犬山線「犬山駅」より徒歩20分、名鉄犬山線「犬山遊園駅」より徒歩15分【車】東名高速道路「小牧IC」より25分、中央自動車道「小牧東IC」より25分
[駐車場]あり(有料)
「国宝犬山城」の詳細はこちら
「国宝犬山城」の口コミ・周辺情報はこちら

大阪城【大阪府】

(画像提供:大阪城天守閣)
(画像提供:大阪城天守閣)

1583年から1598年にかけて豊臣秀吉が築城した大坂城。天下人にふさわしい絢爛豪華な天守には、金のしゃちほこが飾られていました。

その後、大坂城は大坂夏の陣で落城し、江戸時代に再築された2代目も落雷により焼失。昭和初期に3代目天守閣が復興された際、金鯱も推定復元されました。

8階にある展望台からは、金鯱を間近で見ることができます。

(画像提供:ピクスタ)
(画像提供:ピクスタ)
■大阪城
[住所]大阪府大阪市中央区大阪城1-1
[営業時間]【平日】9時~17時(入館は16時30分まで)※状況に応じて16時30分よりも前にチケット購入列へ制限をかけることがあります
[休館日]12月28日から翌年1月1日
[料金]【大人】600円【中学生以下】無料 ※要証明(生徒手帳など)
[アクセス]【電車】JR大阪環状線「大阪城公園駅」より徒歩20分、大阪メトロ 谷町線「谷町4丁目駅」より徒歩20分、他【車】阪神高速 13号東大阪線「法円坂出口」「森之宮出口」より5分
[駐車場]あり(有料)
「大阪城」の詳細はこちら
「大阪城」の口コミ・周辺情報はこちら

姫路城【兵庫県】

(画像提供:姫路市)
(画像提供:姫路市)

通常、しゃちほこは雄と雌で一対になっていますが、姫路城は全国でも珍しく、二体とも同じ形をしています。

姫路城は江戸時代から残る現存天守ですが、「昭和の大修理」の際、姫路城に残る最も古いしゃちほこを基に同じ形のものを作成して載せたことが理由だそう。造形の比較対象がないため、雄雌は定かではありません。

(画像提供:姫路市)
(画像提供:姫路市)
■姫路城
[住所]兵庫県姫路市本町68番地
[営業時間]9時~16時(閉門は17時)※夏季(4月27日~8月31日)は9時~17時(閉門は18時)
[定休日]12月29日・30日
[料金]【大人(18才以上)】1000円【小人(小学生・中学生・高校生)】300円【小学校就学前】無料
[アクセス]【電車】JR「姫路駅「山陽姫路駅」より徒歩20分【バス】姫路駅北口より神姫バス乗車「大手門前」停留所より徒歩5分【車】姫路バイパス「姫路南ランプ」より10分、播但連絡自動車道「花田IC」より15分、他
[駐車場]あり(有料)
「姫路城」の詳細はこちら
「姫路城」の口コミ・周辺情報はこちら

広島城【広島県】

(画像提供:広島城)
(画像提供:広島城)

広島城で必見のしゃちほこは、天守閣に展示されている金鯱。

天守閣から400mほど離れた広島城内の武家屋敷地の遺跡から発見された、雌雄一対の金箔のしゃちほこと鬼瓦を見ることができます。

その形などから毛利輝元が城主だった16世紀後半に作られたものと考えられており、ほぼ完全な形と鮮やかな色彩を留めて発見された例はほとんどないため、歴史的にも価値のある非常に貴重な資料です。

(画像提供:広島城)
(画像提供:広島城)
■広島城
[住所]広島県広島市中区基町21-1
[営業時間]【天守閣】3月~11月:9時~18時、12月~2月:9時~17時【二の丸】4月~9月:9時~17時30分、10月~3月:9時~16時30分 ※どちらも入場は閉館の30分前まで
[定休日]【天守閣】12月29日~12月31日【二の丸】12月29日~1月2日 ※臨時休館あり
[料金]【天守閣】大人370円、高校生・シニア(65歳以上※)180円、中学生以下無料 ※年齢確認ができるものを提示【二の丸】無料 
[アクセス]【電車】市内電車「紙屋町東」「紙屋町西」電停より徒歩15分、JR「新白島駅」より徒歩17分【車】山陽自動車道「広島IC」から20分
[駐車場]なし(周辺に有料駐車場あり)
「広島城」の詳細はこちら
「広島城」の口コミ・周辺情報はこちら

松山城【愛媛県】

(画像提供:松山城)
(画像提供:松山城)

黒船来航の翌年に落成した松山城。

2021年現在のしゃちほこは、平成の大改修で交換され、3~4代目のものと考えられています。

しゃちほことセットで注目して見たいのは、その下にある瓦。徳川家とゆかりのある親藩・松平家が築城したため、天守の紋章として「丸に三つ葉葵」(通称:葵の御紋)が付されています。

天守最上階からは、小天守のしゃちほこと「葵の御紋」の瓦を見ることができます。

(画像提供:ピクスタ)
(画像提供:ピクスタ)
■松山城
[住所]愛媛県松山市丸之内1
[営業時間]【天守】2月~7月、9月~11月:9時~17時、8月:9時~17時30分、12月~1月:9時~16時30分(入場は終了30分前まで)※本丸広場は5時~21時(11月~3月 5時30分~21時)
[定休日]【天守】12月第3水曜 ※本丸広場は無休
[料金]【天守】大人520円、小人(小学生)160円
[アクセス]【電車】JR「松山駅」より、道後温泉行き市内電車で10分「大街道」電停より徒歩5分【車】松山自動車道「松山IC」より20分
[駐車場]あり(有料)
「松山城」の詳細はこちら
「松山城」の口コミ・周辺情報はこちら

高知城【高知県】

(画像提供:高知城管理事務所)
(画像提供:高知城管理事務所)

高知城は、江戸時代以前に建設された天守が残る現存12天守の一つ。

高知城のしゃちほこの魅力は、何よりもその美しい姿をすぐ近くからじっくり眺められること。

通常、しゃちほこは天守の上に飾られているため間近で見るのは難しいものですが、高知城の場合、東西南北の4か所に設置されており、南北の2体を天守の4階の窓から間近に見ることができます。

(画像提供:高知城管理事務所)
(画像提供:高知城管理事務所)
■高知城
[住所]高知県高知市丸ノ内1-2-1
[営業時間]9時~17時(最終入館16時30分まで)
[定休日]12月26日~1月1日
[料金]【18歳以上】420円【18歳未満】無料※学生証等を提示
[アクセス]【バス】JR「高知駅」より、とさでん交通バス「高知城前」下車すぐ【車】高知自動車道「高知IC」より15分
[駐車場]あり(有料)
「高知城」の詳細はこちら
「高知城」の口コミ・周辺情報はこちら

熊本城【熊本県】

(画像提供:熊本城総合事務所)
(画像提供:熊本城総合事務所)

熊本地震で大きな被害を受けた熊本城の天守閣。2008年に新たに制作されたしゃちほこも、地震による落下で破損しましたが、2018年4月に天守閣最上部への設置工事が完了しました。

2021年春には天守閣が完全復旧する熊本城。

2021年4月26日(月)から「特別公開第3弾」として、天守閣内部の一般公開を開始します。※詳細は公式ホームページをご覧ください。

(画像提供:熊本城総合事務所)
(画像提供:熊本城総合事務所)
■熊本城
[住所]熊本県熊本市中央区本丸1-1
[営業時間]9時~17時(最終入園16時30分)
[料金]第2弾特別公開(2021年4月25日まで)【高校生以上】500円【小・中学生】200円【未就学児】無料
第3弾特別公開(2021年4月26日から)【高校生以上】800円【小・中学生】300円【未就学児】無料 
※小・中学生は名札又は生徒手帳の提示が必要
[アクセス]【バス】JR「熊本駅」より熊本城周遊バス「しろめぐりん」で約30分「熊本城・二の丸駐車場」停留所下車すぐ【車】九州自動車道「熊本IC」より約30分
[駐車場]あり(有料)
「熊本城」の詳細はこちら
「熊本城」の口コミ・周辺情報はこちら

\こちらの記事もチェック!/
全国の行ってよかった日本のお城ランキングTOP20!
日本の現存天守12城!一度は訪れたい国宝に指定された天守閣をめぐってみよう
日本の天空の城。一度は見たい雲海と城の絶景!おすすめ時期や眺望ポイントも
天空の城・竹田城の楽しみ方!雲海に出会うコツや絶景ポイントなど解説
一度は行きたい日本の世界遺産!登録年や文化遺産・自然遺産別のまとめ一覧も

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行われている可能性があります。ご利用の際には、あらかじめ最新の情報をご確認ください。また、感染拡大の防止に充分ご配慮いただくようお願いいたします。
※お出かけの際は、お住まいやお出かけされる都道府県の要請をご確認の上、マスクの着用、手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスの徹底などにご協力ください。
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。
※掲載の価格は全て税込価格です。



出典元

出典元:じゃらんニュース

【じゃらん】有名温泉から穴場まで温泉旅館・ホテル5,000件以上が予約OK!


人気の国内ツアー

関連記事

旅行新聞 最新ニュース速報!

国内旅行ニュース

  1. バリアフリー設備が充実している駅を厳選! 知る人ぞ知る究極のバリアフリー駅はどこ?
  2. メナード青山リゾート ハーブガーデン
  3. 【花】東北の大地に百花繚乱!
  4. 鬼怒川プラザホテル
  5. 日本人の国内旅行消費額、2020年は55%減の9兆9700億円に、旅行者数も半減、旅行単価は9%減に 
  6. ミシュランガイド北陸2021、発売前に全掲載店を動画配信、全世界に日英2か国語で
  7. 観光庁、「観光DX」推進の採択事業を発表、XRテーマパークや鹿島アントラーズなど5事業
  8. 知ってた? 実は東京や首都圏にもある「無人駅」

海外旅行ニュース

  1. 欧州連合、今夏にワクチン接種者による域内旅行の制限緩和へ、域外の状況で「緊急ブレーキ」も

エアライン最新情報

  1. GW国内線、利用率5割以下 外出自粛で大幅落ち込み
  2. シンガポール航空、A350と787元手に1637億円調達 セール&リースバックで
  3. スターフライヤー、最終赤字100億円 21年3月期
  4. マレーシア航空もA380退役へ
  5. 就航9年で50機超 特集・JAL 787客室の変遷
  6. ルフトハンザ、A350-900と787-9追加発注 787は未納入機買い付け
  7. JTA、3月旅客数30.5%減 利用率53.9%
  8. プレエコなくした国際線中型機 写真特集・JAL 11代目CA新制服と主要機材(3)787-8 E12編
楽天トラベルは旅行新聞

ホテル・旅館情報

  1. メズム東京、ホテル客室で深夜24時までコース料理を楽しむ日帰りプラン、最大3時間、1室2名で3万9800円
  2. 北海道ニセコに豪華リゾート開業へ、2023年にローズウッド系が日本初進出、日本初進出、長期滞在に対応する224室
  3. ゴルフ場にグランピング施設開業へ、北海道・室蘭ゴルフ俱楽部に、夕食はフレンチBBQ
  4. 2021年3月の日本人延べ宿泊者数、前年比増も2019年比で半減、客室稼働率は34%に ―観光庁(速報)
  5. 観光庁、宿泊事業者に総額1000億円の追加支援、感染防止対策やワーケーション設備投資が対象
  6. ヤフー、アパホテルの日帰りプラン、デジタルチケット販売「PassMarket」で取り扱い開始
  7. 京都・二条城の北側に高級ホテル「シャングリ・ラ」が開業へ、街並みに融合する低層ホテル、2024年12月に
  8. 国際航空運送協会、航空・旅行会社向けにサービス拡充、決済手段やホテル在庫の選択肢を増強
Facebookでシェア twitterでツイート Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly ページ上部へ戻る