箱根旅行をお得&快適に楽しめると話題の箱根フリーパス! 今回はそんな箱根フリーパスの魅力と合わせて、海賊船や仙石原など一度は訪れてほしい定番スポットを押さえたおすすめの3コースをご紹介します。 登山電車・登山バス・ケーブ […]

箱根旅行をお得&快適に楽しめると話題の箱根フリーパス!
今回はそんな箱根フリーパスの魅力と合わせて、海賊船や仙石原など一度は訪れてほしい定番スポットを押さえたおすすめの3コースをご紹介します。

登山電車・登山バス・ケーブルカー・ロープウェイといったバリエーション豊富な移動手段も魅力なので、ぜひ旅行前にチェックしてみてくださいね!

※移動時間はGoogleMAPをもとに算出しています
※この記事は2021年4月2日時点での情報です。休業日や営業時間など掲載情報は変更の可能性があります。日々状況が変化しておりますので、事前に各施設・店舗へ最新の情報をお問い合わせください。
記事配信:じゃらんニュース

箱根フリーパスを利用してお得に旅しよう

箱根フリーパスとは

大人一人分4600円から、2日間or3日間の間、箱根エリアの8つの乗り物が何回でも乗り降り自由になるチケットです。
小田急線区間(発駅~小田原駅)の往復料金込みで、さらに箱根周辺の温泉や観光施設など、約70のスポットが優待・割引料金で利用可能なのも大きな魅力です!

<8つの乗り物>
箱根登山電車・箱根登山ケーブルカー・箱根ロープウェイ・箱根海賊船・箱根登山バス(指定区間)、観光施設めぐりバス・小田急箱根高速バス(指定区間)・東海バス(指定区間)
※発駅によって金額が異なるため、詳細は下記を確認

箱根フリーパス

箱根フリーパスはどこで買える?

下記スポットにて購入可能です。
小田急線各駅、小田急トラベル各営業所、主な旅行代理店、全国のセブンイレブン(セブンチケット)、MaaSアプリ「EMot」、箱根登山電車(箱根板橋駅、風祭駅、入生田駅、箱根湯本駅、大平台駅、小涌谷駅、彫刻の森駅、強羅駅、早雲山駅)、箱根登山バス(小田原駅前案内所、湯本営業所、元箱根案内所、箱根町案内所、宮城野営業所、仙石案内所、桃源台案内所、湯河原駅前案内所)、東海バス(三島駅前案内所)、三島観光案内所(三島市観光協会)、富士山御殿場・はこね観光案内所(御殿場市観光協会)など

箱根フリーパスでどれくらいお得になる?

<2日間の箱根定番コースの場合>
新宿(小田急線)往復1800円

箱根湯本(箱根登山電車)320円

強羅(箱根登山電車)410円

早雲山(箱根登山ケーブルカー)430円

大涌谷~桃源台(箱根ロープウェイ)1550円

箱根町港・元箱根港(箱根海賊船)1200円

箱根湯本(箱根登山バス)1200円

小田原(箱根登山電車)320円

上記は通常7230円かかるコースですが、箱根フリーパスなら5700円なので1530円もお得!
箱根エリアの8つの乗り物は乗り降り自由なので、途中下車して寄り道したり、気分で行先を変えてみたり…と、気ままに移動できるのもフリーパスのよいところ。
※2021年4月時点の金額です

では、箱根フリーパスも活用できる、おすすめのモデルコースを3つご紹介いたします!

大涌谷&芦ノ湖を巡る大自然堪能コース

大涌谷と芦ノ湖、富士山のコラボレーションが見どころ!箱根ロープウェイや海賊船、遊覧船など山と湖それぞれの魅力を満喫できます。箱根ならではの豊かな自然を体感したい人におすすめ

【モデルコース】
<1日目>
箱根ロープウェイ 大涌谷駅/大涌谷くろたまご館
↓(ロープウェイ16分)
芦ノ湖
↓(徒歩1分)
箱根海賊船
↓(船25分、徒歩2分)
箱根駅伝ミュージアム
↓(バス7分)
箱根芦ノ湖成川美術館
箱根海賊船 元箱根港周辺で宿泊

<2日目>
箱根海賊船 元箱根港周辺
↓(徒歩15分)
箱根神社、箱根神社・お休み処
↓(徒歩10分、箱根芦ノ湖遊覧船 元箱根港から船で15分)
箱根園水族館

箱根ロープウェイ 大涌谷駅/大涌谷くろたまご館

噴煙が昇る峡谷はまさに地獄谷。味・見た目ともに抜群の「黒たまご」にも注目!

(画像提供:小田急箱根ホールディングス)
(画像提供:小田急箱根ホールディングス)

箱根ロープウェイの中で最も標高の高い位置にあり、一年を通して観光客が大勢訪れる大涌谷駅。
荒々しい大地から絶えず噴煙が昇り、独特の香りが立ち込める大迫力の景観から「地獄谷」と呼ばれていました。

天気がいい日には雄大な富士山や大涌谷、芦ノ湖といった名所を、パノラマビューで楽しむこともできます。
130mの谷を越える箇所があり、噴煙地を眼下に望みながらのロープウェイは、これから始まる旅への期待感を高めてくれるはずです!

(画像提供:大涌谷くろたまご館)
(画像提供:大涌谷くろたまご館)

また、大涌谷に着いたら、名物「黒たまご」もお忘れなく!
地熱と火山ガスの化学反応を利用し、殻に温泉成分である鉄分が付着することで真っ黒のゆで卵に。

大涌谷温泉で茹で上げることにより、普通のお湯で作ったゆで卵と比較してうまみ成分が高いというデータもあるとか。

見た目のインパクトもさることながら、味も文句なしの名物を買って、空の旅を楽しんでみてください。

■箱根ロープウェイ 大涌谷駅
[住所]神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1251
[営業時間]9時~17時(2月~11月)、9時~16時15分(12月~1月)
[定休日]なし(荒天時のみ休み)
[料金]早雲山駅~桃源台駅(片道大人1480円※途中下車可能)。2021年4月以降1550円
[アクセス]【ロープウェイ】早雲山駅より箱根ロープウェイで8分、桃源台駅より箱根ロープウェイで16分
[駐車場]あり(有料)※早雲山駅、姥子駅、桃源台駅には無料駐車場有
「箱根ロープウェイ 大涌谷駅」の詳細はこちら
「箱根ロープウェイ 大涌谷駅」の周辺情報はこちら
■大涌谷くろたまご館
[住所]神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1251
[営業時間]くろたまSHOP:9時~16時、黒たまごの販売 9時~16時20分※黒たまごは売切れの場合もあり
[定休日]なし(荒天時のみ休み)
[料金]黒たまご500円(5個入り)
[アクセス]【ロープウェイ】早雲山駅から箱根ロープウェイで8分、桃源台駅より箱根ロープウェイで16分
[駐車場]あり(有料)
「大涌谷くろたまご館」の詳細はこちら

▼大涌谷駅よりロープウェイ16分

芦ノ湖

富士山を遠景に望む箱根火山のカルデラ湖

(画像提供:箱根全山)
(画像提供:箱根全山)

ロープウェイで桃源台駅についたらすぐ目の前に広がる芦ノ湖は、約3100年前に誕生したと考えられる、周囲19km、面積6.9平方kmを誇る湖です。
岸辺に芦がたくさん生えていたことから「芦ノ湖」という名前が付けられたとされています。

特徴的なのはなんといっても湖の澄んだ美しさ。作家の司馬遼太郎が水の青さを「箱根権現の神の衣の色」と讃えるほど。

また、晴れた日には南岸の杉並木街道から水面に富士山が映る「逆さ富士」を見ることもでき、箱根の絶景スポットとして欠かせない場所です。

■芦ノ湖
[住所]神奈川県足柄下郡箱根町
[アクセス]【電車】<箱根・元箱根>小田原駅・箱根湯本駅より箱根登山バス・伊豆箱根バス箱根町行きで元箱根港または終点下車、<湖尻・桃源台>小田原駅・箱根湯本駅より箱根登山バス湖尻桃源台行きで終点下車
[駐車場]桃源台駅にあり(無料40台・有料200台)
「芦ノ湖」の詳細はこちら

▼芦ノ湖(桃源台駅・港)より徒歩1分

箱根海賊船

色鮮やかな海賊船に乗って、芦ノ湖の雄大な自然と非日常のひと時を!

(画像提供:小田急箱根ホールディングス)
(画像提供:小田急箱根ホールディングス)

芦ノ湖の魅力を思う存分満喫するなら、箱根海賊船がおすすめです!
箱根町港、元箱根港、桃源台港から出航し、芦ノ湖の四季折々の景色を、波に揺られながらゆったりと堪能できます。特に元箱根港出航後、富士山と芦ノ湖、箱根神社の鳥居が揃う絶景ポイントは必見です。

フランス艦隊の旗艦として活躍した第一級戦艦ロワイヤル・ルイがモデルの「ロワイヤルII」、イギリス国民のシンボル的な戦艦がモデルの「ビクトリー」、クラシックなデザインで上質な旅気分を味わえる「クイーン芦ノ湖」の3隻が運航中。
豪華な海賊船に乗り、非日常的なクルーズをお楽しみください。

■箱根海賊船
[住所]神奈川県足柄下郡箱根町箱根161
[営業時間]9時30分~17時※季節・その他の事由により運航ダイヤを変更する場合があります
[定休日]なし(荒天時運休有)
[料金]2021年3月末まで:【大人(中学生以上)】片道1050円、往復1930円【子供(小学生)】片道520円、往復940円、2021年4月1日以降改定:【大人(中学生以上)】片道1200円、往復2220円【子供(小学生)】片道600円、往復1110円※特別船室の利用は、普通運賃の他に特別船室料金が必要
[アクセス]【電車】箱根湯本駅より箱根登山バス箱根町線45分
[駐車場]箱根町港・桃源台港:無料 元箱根港:有料、無料それぞれ有
「箱根海賊船」の詳細はこちら
「箱根海賊船」の周辺情報はこちら

(画像提供:小田急箱根ホールディングス)

▼箱根海賊船(桃源台駅・港)より船25分、徒歩2分

箱根駅伝ミュージアム

映像・写真・エピソードで、手に汗握る箱根駅伝の名シーンが蘇る

(画像提供:箱根駅伝ミュージアム)

箱根と言えば箱根駅伝という人も多いのでは?
こちらでは第1回から今日にいたるまで、長年開催されてきた箱根駅伝の名シーン写真や映像、選手の愛用品などを展示。

(画像提供:箱根駅伝ミュージアム)

ミュージアム内は展示物の内容ごとにいくつかのゾーンに分かれており、箱根駅伝の貴重な写真とともに歴史を振り返るヒストリーゾーンや、真剣勝負の裏側で起きていた出来事を紹介するエピソードゾーンなど、様々な角度から箱根駅伝を知ることができます。
次回大会のシート校のユニフォームも展示されおり、間近で楽しむこともできますよ。

また、ミュージアムショップでは箱根駅伝ミュージアムオリジナルグッズも!
各大学限定グッズなどもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

■箱根駅伝ミュージアム
[住所]神奈川県足柄下郡箱根町箱根167
[営業時間]【平日】10時~16時30分【土・日・祝】9時30分~17時※入館は閉館の30分前まで
[定休日]なし
[料金]大人550円、中学生・小学生350円
[アクセス]【電車】小田急線箱根湯本駅より箱根登山バス箱根町港行きで35分。箱根町港下車すぐ
[駐車場]あり(敷地内はハンディキャップ専用。他、隣接の県営無料観光駐車場利用可能)
「箱根駅伝ミュージアム」の詳細はこちら
「箱根駅伝ミュージアム」の周辺情報はこちら

(画像提供:箱根駅伝ミュージアム)

▼箱根駅伝ミュージアムより箱根登山バス7分

箱根芦ノ湖成川美術館

芦ノ湖を一望する絶景×現代日本画のコラボレーション

(画像提供:箱根芦ノ湖成川美術館)

芦ノ湖のすぐ近く、小高い丘の上に立つこちらの美術館。

4000点もの現代日本画の名品に加え、特に魅力的なのが抜群のロケーションです。
目の前に広がる芦ノ湖と遠景の富士山とともに、四季に合わせて変わる様々な現代日本画を鑑賞できます。

周りが木々に囲まれているので、鑑賞の合間にガラス扉から外にでて庭園を散策するのもおすすめ。

(画像提供:箱根芦ノ湖成川美術館)

展望ラウンジは総長50mにも及ぶ一面ガラス張りに。
まるで一枚の絵のような箱根の街をぜひ体感してみてください。

■箱根芦ノ湖成川美術館
[住所]神奈川県足柄下郡箱根町元箱根570
[営業時間]9時~17時
[定休日]なし
[料金]大人1300円、大学生・高校生900円、中学生・小学生600円、幼児無料
[アクセス]【電車】箱根湯本駅より箱根登山バス箱根町線32分、徒歩3分
[駐車場]あり(無料)
「箱根芦ノ湖成川美術館」の詳細はこちら
「箱根芦ノ湖成川美術館」の周辺情報はこちら

(画像提供:箱根芦ノ湖成川美術館)

箱根海賊船 元箱根港周辺で宿泊

▼元箱根港より徒歩15分

箱根神社/箱根神社 お休み処 権現からめもち

大自然に囲まれた歴史深いパワースポットでご利益を

(画像提供:箱根ナビ)

かつては関東における山岳信仰の一大霊場であった箱根山。その中心地であった箱根神社は757年に創建された神社です。
本殿へ向かう参道にそびえたつ樹齢600年を超える老杉が、神秘的な雰囲気を作りだしています。

境内にある宝物殿には、奈良~明治時代の箱根神社に関する貴重な宝物(国の重要文化財)が数多く展示されています。
開運厄除・心願成就・交通安全など、運開きの神様として知られる神社で、運気アップをお祈りしてみては?

(画像提供:箱根ナビ)

参拝後には、神社のご神水を使った料理を味わえるお休み処で一休み。

店主が厳選したもち米とご神水を使用し、毎朝3時から作る「権現からめもち」はおすすめの一品!つきたてのお餅を是非、店内でご賞味ください。

また、パワースポットより名前をもらった「大きな幸せのお福わけ(こし餡、味噌餡、粒餡の3色かしわ餅)」、頑張っている大切なあの人へ!という気持ちで作られた「神社声援(ジンジャエール)」の二品は箱根神社奉納品にもなっており、参拝記念のお土産にもぴったりです。

■箱根神社
[住所]神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80-1
[営業時間]参拝自由(駐車場7時~17時、御守処8時30分~17時)
[定休日]なし ※ただし、宝物殿は展示替などによる臨時休館あり
[料金]無料 ※宝物殿拝観料は別途必要、大人(中学生以上)500円、子ども300円
[アクセス]【電車】箱根湯本駅より箱根登山バス(HまたはK路線)30分、箱根神社入口バス停下車徒歩10分
[駐車場]あり(無料)
「箱根神社」の詳細はこちら
「箱根神社」の周辺情報はこちら
■箱根神社 お休み処 権現からめもち
[住所]神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80-1
[営業時間]10時~17時※無くなり次第終了
[定休日]不定休
[料金]権現からめもち(5色もち)750円、大きな幸せのお福わけ1150円、神社声援(ジンジャエール)500円
[アクセス]【電車】箱根湯本駅より箱根登山バス(HまたはK路線)30分、箱根神社入口バス停下車徒歩10分
[駐車場]あり(無料)
「箱根神社 お休み処 権現からめもち」の周辺情報はこちら

(画像提供:箱根ナビ)

▼箱根神社より徒歩10分、箱根芦ノ湖遊覧船 元箱根港より船15分

箱根園水族館

山の上にある森の水族館

(画像提供:箱根ナビ)

淡水魚から海水魚まで、世界中の魚を見ることができるこちらの水族館。
中央には高さ7m、1255トンの海水が入った自然の光が射し込むオープンエアーの大水槽があり、多種多様な魚たちが優雅に泳いでいる様子を見ることができます。

(画像提供:箱根ナビ)

また、毎日開催されるイベントの中でも特に人気なのがアザラシショーです!
ロシア出身の淡水に生息しているバイカルアザラシと、オホーツク海に生息しているゴマフアザラシの2種類を一緒に見ることができるのは箱根水族館ならでは。

その他にもダイバーの餌やりやコツメカワウソとの握手など、時間ごとに様々なイベントが開催されているので、ぜひチェックしてみてください。

■箱根園水族館
[住所]神奈川県足柄下郡箱根町元箱根139
[営業時間]9時~16時30分(最終入館は閉館30分前まで)※季節により営業時間が変更になる場合があります
[定休日]なし
[料金]大人1500円、子ども(4才~小学生)750円
[アクセス]【電車】小田原駅より伊豆箱根バスで1時間20分、箱根湯本駅より伊豆箱根バスで1時間5分
[駐車場]あり(有料)
「箱根園水族館」の詳細はこちら
「箱根園水族館」の周辺情報はこちら

(画像提供:箱根ナビ)

箱根市内をのんびり散策コース

箱根中心地に広がる強羅公園や美術館などを巡ります。箱根登山ケーブルカーと徒歩がメインなので移動も少なく楽ちん。箱根をゆったり回りたい人におすすめ

【モデルコース】
<1日目>
早雲山駅 箱根登山ケーブルカー
↓(ケーブルカー10分、徒歩3分)
田むら銀かつ亭
↓(徒歩7分)
箱根強羅公園
↓(敷地内)
箱根クラフトハウス
強羅駅周辺で宿泊

<2日目>
強羅駅周辺
↓(徒歩5分)
箱根写真美術館
↓(徒歩5分)
箱根美術館
↓(ケーブルカー・電車10分)
彫刻の森美術館

早雲山駅 箱根登山ケーブルカー

車窓から望む、四季折々の箱根の山の絶景

(画像提供:小田急箱根ホールディングス)

箱根ロープウェイのりばの早雲山駅から終点強羅駅までの標高差209m、1.2kmを約10分で結ぶケーブルカーです。
現在運行している車両は2020年3月にデビューした5代目のケーブルカーで、箱根の景色に調和するシンプルなデザインとなっています。

(画像提供:小田急箱根ホールディングス)

公園下、公園上、中強羅、上強羅と4つの駅に停車しながら、箱根の美しい山々の景色を見せてくれます。春は桜、夏には青々とした緑、秋は紅葉、冬は雪景色と、季節ごとの楽しみがあるのも魅力。

車内は傾斜に合わせた階段状となっており、各車内の行き来ができるので、それぞれの場所で異なる眺望をお楽しみください。

■箱根登山ケーブルカー
[住所]神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300-329
[営業時間]8時25分~18時20分(2021年3月ダイヤ改正後)
[定休日]なし
[料金]430円(強羅~早雲山)
[アクセス]【車】小田原厚木道路小田原西ICより車40分
[駐車場]強羅駅:なし 早雲山駅:あり(無料)
「箱根登山ケーブルカー」の詳細はこちら
「箱根登山ケーブルカー」の周辺情報はこちら

(画像提供:小田急箱根ホールディングス)

▼早雲山駅より箱根登山ケーブルカー10分、徒歩3分

田むら銀かつ亭

特注豆腐で作った絶品豆腐かつ煮をご賞味あれ!

(画像提供:箱根ナビ)
(画像提供:箱根ナビ)
(画像提供:田むら銀かつ亭)
(画像提供:田むら銀かつ亭)

昭和48年に開業した老舗のとんかつ屋さん。

こちらでぜひ食べてほしいのが、名物の豆腐かつ煮。
箱根で美味しいと評判の「銀豆腐」で豚ひき肉を挟み、米油で揚げて土鍋で玉子とじした、ヘルシーながらも食べ応えがあるメニューです!

その他、とんかつやお刺身など様々な和食に加え、駐車場内の「銀かつ工房」では銀かつサンドや三色丼、ロースかつ弁当などテイクアウトメニューも充実。

がっつりランチはもちろん軽食もできるので、お腹が空いたらまずはこちらに訪れてみてはいかがでしょうか。

■田むら銀かつ亭
[住所]神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300-739
[営業時間]11時~L.O.14時30分、17時~L.O.19時、火曜日は11時~L.O.14時30分
[定休日]水曜日・火曜日夜の部
[料金]豆腐かつ煮御膳2310円
[アクセス]【電車】強羅駅より徒歩3分
[駐車場]あり(無料)
「田むら銀かつ亭」の詳細はこちら
「田むら銀かつ亭」の周辺情報はこちら

▼田むら銀かつ亭より徒歩7分

箱根強羅公園

桜や紫陽花、モミジなど春夏秋冬の草花が広がる公園

(画像提供:小田急箱根ホールディングス)
(画像提供:小田急箱根ホールディングス)

1914年に開園した歴史ある公園。
春の桜に始まり、つつじ、しゃくなげ、ローズガーデンのバラ、紫陽花、秋の紅葉、熱帯植物館の植物など四季折々の花木が楽しめる場所として長く愛されてきました。

植物以外にも広大な敷地内では様々な体験を楽しむことができます。

その中の一つである白雲洞茶苑は1916年ごろ創設された国登録記念物で、近代三茶人(益田鈍翁・原三渓・松永耳庵)の遺構。
こちらでは700円でお茶の体験もできるので、庭園を眺めながらの優雅なひと時を過ごしてください。

■箱根強羅公園
[住所]神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300
[営業時間]9時~17時※季節変動あり
[定休日]不定休
[料金]中学生以上550円、小学生以下無料※箱根フリーパスの利用者は無料
[アクセス]【電車】強羅駅より徒歩5分
[駐車場]あり(有料)
「箱根強羅公園」の詳細はこちら
「箱根強羅公園」の周辺情報はこちら

(画像提供:小田急箱根ホールディングス)

▼箱根強羅公園の敷地内

箱根強羅公園・クラフトハウス

吹きガラスや陶芸などバリエーション豊富なものづくり体験を開催

(画像提供:小田急箱根ホールディングス)
(画像提供:小田急箱根ホールディングス)

箱根強羅公園内にあるクラフトハウス。
こちらでは吹きガラス、陶芸、サンドブラスト、とんぼ玉、切子、ポタリーペィンティング、ヴィンテージビーズといった多種多様なものづくり体験を楽しむことができます。
スタッフがマンツーマンでサポートしてくれるので、初めての人や工作が苦手な人でも安心!

2階にある「こまものや 箱根」では吹きガラス、陶芸の作家作品をはじめ、アクセサリーや小物が充実しているので、お土産にもおすすめです。

■箱根強羅公園・クラフトハウス
[住所]神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300
[営業時間]9時~17時※季節変動あり
[定休日]不定休
[料金]吹きガラス体験3800円~(体験内容や選ぶ素材、形によって金額が異なる為、詳細は問合せを)
[アクセス]【電車】強羅駅より徒歩5分
[駐車場]あり(有料)
「箱根強羅公園・クラフトハウス」の詳細はこちら
「箱根強羅公園・クラフトハウス」の周辺情報はこちら

(画像提供:小田急箱根ホールディングス)

強羅駅周辺で宿泊

▼強羅駅より徒歩5分

箱根写真美術館

箱根の自然とアートをゆっくり感じられる、落ち着いた空間

(画像提供:箱根写真美術館)

箱根出身の写真家「遠藤桂」の作品が展示されている小美術館。
風光明媚な観光地である箱根に生まれ、風景写真家の祖父と営業写真を専門とする父を持つ遠藤桂が撮り続けているのが富士山作品です。

(画像提供:箱根写真美術館)

2階にある展示室は自然素材で造られていて、木の温もりを感じながら四季折々の富士山を収めた写真と向き合うことができる空間です。

併設しているカフェにはテラス席もあり、天気のいい日には青空の下でパウンドケーキやチキンカレーを味わうことができます。

■箱根写真美術館
[住所]神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300-432
[営業時間]10時~17時
[定休日]火曜日
[料金]大人500円、小中学生300円、6歳以下:無料
[アクセス]【電車】強羅駅より徒歩5分
[駐車場]なし
「箱根写真美術館」の詳細はこちら
「箱根写真美術館」の周辺情報はこちら

(画像提供:箱根写真美術館)

▼箱根写真美術館より徒歩5分

箱根美術館

縄文土器など歴史的価値の高い焼き物と、700坪の苔庭は必見

(画像提供:箱根美術館)

縄文土器をはじめ、猿投・備前・丹波・信楽といった長い歴史を誇る焼き物を多数展示する美術館。

2階ロビーの大きな窓の先には、国の名勝に指定された庭園「神仙郷」と季節や時間で表情が異なる箱根外輪山の眺望が広がります。

(画像提供:箱根美術館)

また敷地内には茶室もあり、700坪にも及ぶ深い緑が特徴的な苔庭の風景を眺めながら季節のお菓子と抹茶を味わうことも。

箱根の旅にふさわしい、四季を色濃く映し出す景色を存分に満喫してみてください。

■箱根美術館
[住所]神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300
[営業時間]9時30分~16時30分(12月~3月は16時まで)※入館は閉館30分前まで
[定休日]木曜日(祝休日は開館)、年末年始、11月は無休
[料金]一般900円、大学生・高校生400円、中学生以下無料、シニア割引700円、障がい者割引400円
[アクセス]【電車】強羅駅より徒歩10分、ケーブルカー公園上駅より徒歩1分
[駐車場]あり(無料)
「箱根美術館」の詳細はこちら
「箱根美術館」の周辺情報はこちら

(画像提供:箱根美術館)

▼箱根美術館よりケーブルカー・電車10分

彫刻の森美術館

緑に囲まれながら、近代・現代を代表する彫刻作品をじっくり鑑賞

(画像提供:彫刻の森美術館)

ロダンをはじめとした、近代・現代を代表する作家の彫刻作品が展示されているこちらの美術館。

一番の魅力は、箱根の山々を感じながらアートを楽しめる野外展示作品です。
豊かな自然と陽光に彩られた、彫刻の魅力を存分に感じられる落ち着いた空間が広がります。

(画像提供:彫刻の森美術館)

また、絵画や陶芸など、300点余りのピカソ作品が順次公開されているピカソ館にも注目を。
多彩な技法を用いて制作された、ピカソの芸術的作品を見てみてください。

■彫刻の森美術館
[住所]神奈川県足柄下郡箱根町ニノ平1121
[営業時間]9時~17時(入館は16時30分まで)
[定休日]なし
[料金]一般1600円、大学生・高校生1200円、中学生・小学生800円
[アクセス]【電車】彫刻の森駅より徒歩2分
[駐車場]あり(有料)
「彫刻の森美術館」の詳細はこちら
「彫刻の森美術館」の周辺情報はこちら

(画像提供:彫刻の森美術館)

仙石原の絶景とアートをとことん楽しむコース

雄大な仙石原の景色と有名美術館を思いっきり楽しめる!箱根の主要観光地を押さえた箱根登山バスや観光施設めぐりバスで移動も快適。芸術にどっぷり浸かりたい人におすすめ

【モデルコース】
<1日目>
箱根湯本駅 箱根登山バス
↓(箱根登山バス35分)
仙石原すすき草原
↓(箱根登山バス、観光施設めぐりバス12分)
ポーラ美術館
↓(観光施設めぐりバス5分)
箱根ガラスの森美術館/カフェ&リストランテ ラ・カンツォーネ
↓(観光施設めぐりバス3分)
星の王子さまミュージアム
星の王子さまミュージアム周辺で宿泊

<2日目>
星の王子様ミュージアム周辺
↓(徒歩6分)
箱根ラリック美術館
↓(徒歩8分)
箱根湿生花園

箱根登山バス

季節の風景とともに、箱根の主要観光地を回遊!

(画像提供:小田急箱根ホールディングス)
(画像提供:小田急箱根ホールディングス)

箱根の主要な美術館や観光スポットを巡る際には、箱根湯本駅を起点に箱根の各エリアを幅広くカバーしている箱根登山バスがおすすめ!
バスの車窓からは、四季やエリアによって変化する自然豊かな箱根をご覧いただけます。

手ぶらで気軽に旅を満喫したい方は、旅の起点である箱根湯本駅内にあるキャリーサービスがおすすめ。手荷物を預けると当日宿泊するホテル・旅館まで届けてくれます。

また、強羅駅を起点に強羅・仙石原地区の美術館や観光施設、御殿場プレミアム・アウトレットを結ぶ「観光施設めぐりバス」
も運行しているので、箱根登山電車に乗った際にはこちらも便利です!

■箱根登山バス(湯本営業所)
[住所]神奈川県足柄下郡箱根町湯本706-35
[営業時間]8時30分~17時
[定休日]なし
[料金]行先により異なる為、詳細はHPで確認を
[アクセス]【電車】小田原駅より箱根登山線で15分【車】小田原厚木道路小田原西ICより15分、新宿より小田急線特急ロマンスカーで最速73分
[駐車場]なし
「箱根登山バス」の詳細はこちら
「箱根登山バス」の周辺情報はこちら

(画像提供:小田急箱根ホールディングス)

▼箱根湯本駅より箱根登山バス35分

仙石原すすき草原

「かながわの景勝50選」「かながわの花の名所100選」にも選ばれている名所

(画像提供:箱根ナビ)
(画像提供:箱根ナビ)

箱根のすすきの名所として外せないのがこちらの仙石原すすき草原。

台ヶ岳の斜面を覆い尽くすように広がるすすきに、驚く人も多いとか。
すすき草原の中はすすきをかき分けるように道が続いているので、見渡す限りすすき一色の幻想的な景色を楽しむこともできます。

9月から11月に見頃を迎え、秋が深まるにつれて穂が開いた金色の草原へと変わっていきます。
すすきの穂が風に揺れる、美しい光景を見に訪れてみてください。

■仙石原 すすき草原
[住所]神奈川県足柄下郡箱根町仙石原
[営業時間]なし
[定休日]なし
[料金]無料
[アクセス]【電車】箱根湯本駅よりバス35分
[駐車場]なし(見頃の時期に合わせて無料の臨時時駐車場があり)
「仙石原すすき草原」の詳細はこちら
「仙石原すすき草原」の周辺情報はこちら

▼仙石原すすき草原より箱根登山バス、観光施設めぐりバス12分

ポーラ美術館

アートの森で響き合う。森にとけこむ美しい美術館

(画像提供:ポーラ美術館)

ガラス張りで温かな自然光が射し込むこちらの美術館。
モネやルノワールといった西洋絵画を中心に、日本の絵画や現代アート、東洋陶磁、ガラス工芸、化粧道具まで多岐に渡る展示が特徴です。

(画像提供:ポーラ美術館)

2013年にオープンした「森の遊歩道」は、屋外の樹木に囲まれ森林浴におすすめのスポットです。
ブナ・ヒメシャラが群生する富士箱根伊豆国立公園内の自然の中で、野鳥のさえずりを聴きながらさまざまな動植物や彫刻作品に出会えます。

■ポーラ美術館
[住所]神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
[営業時間]9時~17時(入館は16時30分まで)
[定休日]なし(臨時休館あり)
[料金]大人1800円、シニア(65歳以上)1600円、大学生・高校生1300円、中学生・小学生無料
[アクセス]【電車】箱根湯本駅よりバス35分
[駐車場]有(有料)
「ポーラ美術館」の詳細はこちら
「ポーラ美術館」の周辺情報はこちら

(画像提供:ポーラ美術館)

▼ポーラ美術館より観光施設めぐりバス5分

箱根ガラスの森美術館/カフェ&リストランテ ラ・カンツォーネ

ヴェネチアン・グラスの作品に注目。青空の下で楽しめるカフェも併設

(画像提供:箱根ナビ)

15世紀から18世紀にかけてヨーロッパ貴族を熱狂させたヴェネチアン・グラスや、現代ガラスアートを展示している美術館。

卓越した技術を用いて作り上げられたヴェネチアン・グラスは美の極みと称されるほど。
屋内・外で繊細な輝きを放つ作品を鑑賞できます。

(画像提供:箱根ナビ)

また館内には、緑いっぱいの庭園と箱根の山々を見渡せるテラス付のカフェレストランも。
イタリアのサンドイッチ「パニーニ」やカプチーノ、季節のドルチェなどを味わう優雅なひと時を。

■箱根ガラスの森美術館/カフェ&リストランテ ラ・カンツォーネ
[住所]神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940-48
[営業時間]10時~17時30分(入館は17時まで)
[定休日]成人の日の翌日から11日間は冬季休館
[料金]大人1800円、大学生・高校生1300円、中学生・小学生600円
[アクセス]【電車】箱根湯本駅よりバスで22分
[駐車場]あり(有料・無料どちらもあり)
「箱根ガラスの森美術館」の詳細はこちら
「箱根ガラスの森美術館」の周辺情報はこちら

(画像提供:箱根ナビ)

▼箱根ガラスの森美術館より観光施設めぐりバス3分

星の王子さまミュージアム

童話『星の王子さま』をテーマにした世界でも希少なミュージアム

(画像提供:箱根ナビ)
(画像提供:箱根ナビ)

名作『星の王子さま』の作者、サン=テグジュペリ生誕100年を祝した、世界的記念事業の一環として1999年にオープンしたこちらのミュージアム。

エントランスを抜けると、サクラ・アジサイ・バラ・クリスマスローズの4つの花をテーマに構成されたヨーロピアン・ガーデンが広がります。

作者が生きた時代のフランスの街並みを再現した園内は、建物や看板、マンホールにいたるまで『星の王子さま』やサン=テグジュペリにゆかりのモチーフがちりばめられており、まるでフランスの街並みを歩いているような気分に。

写真や手紙、愛用品など資料展示もあるので、ぜひ作者の軌跡をたどりながら、物語の世界を感じてみてください。

■星の王子さまミュージアム
[住所]神奈川県足柄下郡箱根町仙石原909
[営業時間]10時~18時(最終入園17時)、展示・映像ホール開館時間10時~17時30分※気象状況等の事情により営業時間の変更や臨時休園の可能性あり
[定休日]第2水曜日(3月と8月は無休)
[料金]大人1600円、シニア(65歳以上)1100円、大学生・高校生・専門学校生など1100円(要学生証提示)、中学生・小学生700円、未就学児は無料
[アクセス]【電車】箱根湯本駅よりバス26分
[駐車場]あり(有料)
「星の王子さまミュージアム」の詳細はこちら
「星の王子さまミュージアム」の周辺情報はこちら

星の王子さまミュージアム周辺で宿泊

▼星の王子さまミュージアムより徒歩で6分

箱根ラリック美術館

香りの魅力をデザインで表現した香水瓶が見どころ

(画像提供:箱根ラリック美術館)
(画像提供:箱根ラリック美術館)

ジュエリーやガラス工芸など、様々なジャンルの作品を手掛けたフランスの芸術家ルネ・ラリック(1860年~1945年)の作品を展示。

モダンジュエリーの先駆けとなったジュエリーやダイナミックな花器など、1500点ものコレクションの中から選び抜かれた約230点の作品を鑑賞することができます。

その中でも特に代表作とされるのが香水瓶で、目には見えない香りの魅力やイメージを、瓶の造形やデザインで表現した作品は、今もなお多くの人の心を掴んでいます。

■箱根ラリック美術館
[住所]神奈川県足柄下郡箱根町仙石原186-1
[営業時間]9時~17時(入館は16時30分まで)
[定休日]なし(展示替のため臨時休館あり)
[料金]大人1500円、大学生・高校生・シニア(65歳以上)1300円、中学生・小学生800円、障害者手帳ご持参の方750円
[アクセス]【電車】箱根湯本駅よりバス30分
[駐車場]あり(無料)
「箱根ラリック美術館」の詳細はこちら
「箱根ラリック美術館」の周辺情報はこちら

▼箱根ラリック美術館より徒歩8分

箱根湿生花園

湿地帯の植物から高山植物まで多種多様な植物が点在する植物園

(画像提供:箱根ナビ)

箱根湿生花園は、湿原や川、湖沼などの水湿地に生育している植物を中心とした植物園です。

日本各地に点在する湿地帯の植物200種と、草原や林、高山植物1100種に加え、珍しい外国の山草も含め約1700種もの植物が花を咲かせます。

(画像提供:箱根ナビ)

3月から春の訪れを知らせるマンサクやザゼンソウが咲き始め、GW明けから6月にかけては色とりどりの花々が最も咲きそろい見頃を迎えます。

低地から高山へ、低層湿原から高層湿原へと、順に植物を見てまわれる園路になっているので、立地・環境による植物の変化を楽しんでみてくださいね。

■箱根湿生花園
[住所]神奈川県足柄下郡箱根町仙石原817
[営業時間]9時~17時(最終入園16時30分)
[定休日]12月1日~3月19日
[料金]大人700円、小学生400円
[アクセス]【電車】箱根湯本駅より箱根登山バスで25分、「仙石案内所前」バス停下車徒歩10分
[駐車場]あり(無料)
「箱根湿生花園」の詳細はこちら
「箱根湿生花園」の周辺情報はこちら

(画像提供:箱根ナビ)

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行われている可能性があります。ご利用の際には、あらかじめ最新の情報をご確認ください。また、感染拡大の防止に充分ご配慮いただくようお願いいたします。
※お出かけの際は、お住まいやお出かけされる都道府県の要請をご確認の上、マスクの着用、手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスの徹底などにご協力ください。
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。
※掲載の価格は全て税込価格です。



出典元

出典元:じゃらんニュース

【じゃらん】有名温泉から穴場まで温泉旅館・ホテル5,000件以上が予約OK!


人気の国内ツアー

関連記事

旅行新聞 最新ニュース速報!

国内旅行ニュース

  1. バリアフリー設備が充実している駅を厳選! 知る人ぞ知る究極のバリアフリー駅はどこ?
  2. メナード青山リゾート ハーブガーデン
  3. 【花】東北の大地に百花繚乱!
  4. 鬼怒川プラザホテル
  5. 日本人の国内旅行消費額、2020年は55%減の9兆9700億円に、旅行者数も半減、旅行単価は9%減に 
  6. ミシュランガイド北陸2021、発売前に全掲載店を動画配信、全世界に日英2か国語で
  7. 観光庁、「観光DX」推進の採択事業を発表、XRテーマパークや鹿島アントラーズなど5事業
  8. 知ってた? 実は東京や首都圏にもある「無人駅」

海外旅行ニュース

  1. 欧州連合、今夏にワクチン接種者による域内旅行の制限緩和へ、域外の状況で「緊急ブレーキ」も

エアライン最新情報

  1. GW国内線、利用率5割以下 外出自粛で大幅落ち込み
  2. シンガポール航空、A350と787元手に1637億円調達 セール&リースバックで
  3. スターフライヤー、最終赤字100億円 21年3月期
  4. マレーシア航空もA380退役へ
  5. 就航9年で50機超 特集・JAL 787客室の変遷
  6. ルフトハンザ、A350-900と787-9追加発注 787は未納入機買い付け
  7. JTA、3月旅客数30.5%減 利用率53.9%
  8. プレエコなくした国際線中型機 写真特集・JAL 11代目CA新制服と主要機材(3)787-8 E12編
楽天トラベルは旅行新聞

ホテル・旅館情報

  1. メズム東京、ホテル客室で深夜24時までコース料理を楽しむ日帰りプラン、最大3時間、1室2名で3万9800円
  2. 北海道ニセコに豪華リゾート開業へ、2023年にローズウッド系が日本初進出、日本初進出、長期滞在に対応する224室
  3. ゴルフ場にグランピング施設開業へ、北海道・室蘭ゴルフ俱楽部に、夕食はフレンチBBQ
  4. 2021年3月の日本人延べ宿泊者数、前年比増も2019年比で半減、客室稼働率は34%に ―観光庁(速報)
  5. 観光庁、宿泊事業者に総額1000億円の追加支援、感染防止対策やワーケーション設備投資が対象
  6. ヤフー、アパホテルの日帰りプラン、デジタルチケット販売「PassMarket」で取り扱い開始
  7. 京都・二条城の北側に高級ホテル「シャングリ・ラ」が開業へ、街並みに融合する低層ホテル、2024年12月に
  8. 国際航空運送協会、航空・旅行会社向けにサービス拡充、決済手段やホテル在庫の選択肢を増強
Facebookでシェア twitterでツイート Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly ページ上部へ戻る