熊本地震から約5年、築城者である清正公のように不屈の精神で甦る熊本城。復旧工事が進められ、2021年4月26日からは特別公開の第3弾として、天守閣の内部一般公開もスタート! さらに熊本のシンボルである熊本城の歴史的背景を […]

熊本地震から約5年、築城者である清正公のように不屈の精神で甦る熊本城。復旧工事が進められ、2021年4月26日からは特別公開の第3弾として、天守閣の内部一般公開もスタート!

さらに熊本のシンボルである熊本城の歴史的背景を深く掘り下げ、今のお城をリアルタイムに見ることができる体感型ミュージアムも紹介します!

日に日に復興が進む熊本城の現在の雄姿を、ぜひその目で確かめてみてくださいね。

※この記事は2021年1月29日時点での情報です。休業日や営業時間など掲載情報は変更の可能性があります。日々状況が変化しておりますので、事前に各施設・店舗へ最新の情報をお問い合わせください。

記事配信:じゃらんニュース

熊本城の見どころ

復興の底力を知る。

2016年4月、その光景に城ファンならずとも愕然としたのではないだろうか。熊本地震で被災したその姿は石垣が崩落し、櫓が倒壊するなどひどい状況だった。

熊本城
2016年4月熊本地震。頬当門周辺石垣が崩れた。奥は宇土櫓。写真提供:熊本城総合事務所
熊本城
2019年10月特別公開第1弾。一部エリアが公開された。写真提供:熊本城総合事務所

地震後、復旧工事が進められ現在は特別公開第2弾として特別見学通路を設置。古い石垣に新しい石垣が築き足された「二様の石垣」も間近から見ることができる。

熊本城
2020年6月特別公開第2弾。特別見学通路を新設。写真提供:熊本城総合事務所

2021年4月26日から天守閣の内部の一般公開を開始

そして2021年4月26日からは、第3弾としていよいよ天守閣の内部の一般公開を開始。大天守最上階からは、復旧工事の様子とともに市街を一望できるように。清正公のように不屈の精神で甦る熊本のシンボルを見守りたい。

熊本城
特別公開第3弾では、地上約6メートルの特別見学通路から重要文化財櫓群などが見られる。写真は2021年1月の様子。写真提供:熊本城総合事務所

熊本城の基本情報
築城開始:1599(慶長4)年頃
築城者:加藤清正
城の形態:平山城
御城印:二の丸・本丸お休み処で販売(1枚300円)

■熊本城
[TEL]096-223-5011(熊本城運営センター)
[住所]熊本県熊本市中央区本丸1-1
【特別公開第2弾】
[営業時間]9時~17時(最終入園16時30分)
[定休日]なし
[料金]高校生以上500円(4月26日から800円)
[アクセス]【電車】JR熊本駅より周遊バスで30分【車】九州道熊本ICより30分
[駐車場]二の丸駐車場210台ほか(2時間200円、以降1時間毎100円)
「熊本城」の詳細はこちら
「熊本城」のクチコミ・周辺情報はこちら

合わせて見学したい!桜の馬場 城彩苑

熊本城のふもとにある複合施設。

桜の馬場 城彩苑
江戸時代から熊本地震被災前までの熊本城の歴史や役割を迫力のVRで学べる
桜の馬場 城彩苑
「わくわく座」では石垣積み体験や参勤交代の駕籠体験などで江戸時代を体感しよう!
桜の馬場 城彩苑
城下町を再現した「桜の小路」では食べ歩きや土産探しを楽しんで

熊本城を映像や芝居で深く楽しく知ることができる。また地震被災時の状況を映像と音で再現したり、ライブカメラで復旧工事の様子も配信。

■桜の馬場 城彩苑
【熊本城ミュージアムわくわく座】
[TEL]096-288-5600
[住所]熊本県熊本市中央区二の丸1-1
[営業時間]9時~17時30分(わくわく座最終入館17時)
[定休日]12月29日~31日
[料金]大人300円、熊本城との2館共通券600円(4月26日以降大人850円)
[駐車場]58台(2時間まで200円、以降1時間毎100円)
「桜の馬場 城彩苑」の詳細はこちら
「桜の馬場 城彩苑」のクチコミ・周辺情報はこちら

※掲載の価格は全て税込み価格です。
※新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行われている可能性があります。ご利用の際には、あらかじめ最新の情報をご確認ください。また、感染拡大の防止に充分ご配慮いただくようお願いいたします。
※お出かけの際は、お住まいやお出かけされる都道府県の要請をご確認の上、マスクの着用、手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスの徹底などにご協力ください。



出典元

出典元:じゃらんニュース

【じゃらん】有名温泉から穴場まで温泉旅館・ホテル5,000件以上が予約OK!


人気の国内ツアー

関連記事

旅行新聞 最新ニュース速報!

国内旅行ニュース

  1. 駅なのに降りられない、人より動物が多い!? 全国で見つけた「変な駅」10選
  2. 皇室ゆかり泉沸寺の特別拝観、京都のホテルが団体ツアーを企画、吉田神社では神職同行
  3. リゾナーレ熱海、現役漁師と本格的な漁を体験する新プログラム発売、夏休みの自由研究向けに
  4. ソラーレ、沖縄・古宇利島に新ブランドホテルを開業、ヴィラ含む44室で
  5. オリックス、地域の観光資源の強化に本腰、ロケ誘致や長期的な地域ファン獲得へ
  6. ~森の中の秘密基地~sleepy cafe NICO
  7. JR東日本、地域密着の体験ツアー発売、ヒューマンツーリズム推進へ
  8. 御坂農園グレープハウス

海外旅行ニュース

  1. G20観光大臣会合、「観光の未来」ガイドラインを採択、新型コロナ対策は7つの政策で

エアライン最新情報

  1. シンガポール航空、ロサンゼルス6月再開 成田経由で週5往復
  2. 米国、「母の日」の空港利用者が昨年3月以降で最多に、2019年比で29%減まで回復
  3. ANA、3月の国内線搭乗率53.7% 国際線は13.9%
  4. キャセイ、燃油サーチャージ引き上げ 21年6-7月分
  5. キャセイ、燃油サーチャージ引き上げ 21年6-7月分
  6. 五輪旗運んだANAの777、早期退役し米国へ 事業改革で売却
  7. ANA、米国行きで「IATAトラベルパス」実証実験 ホノルルとNY、参加者募集
  8. ANA担当者に「デジタル健康認証アプリ」導入への取り組みを聞いてきた、「IATAトラベルパス」も実証開始へ
楽天トラベルは旅行新聞

ホテル・旅館情報

  1. 宿泊・旅行業の苦境あらわに、2019年比で予約7割減の事業者多数、旅行業者は一層の厳しさ
  2. オリックス、地域共創プロジェクト始動、ホテルなど観光21施設に担当者任命、観光資源発掘やロケ誘致など
  3. プリンスホテル、PCR検査付きの宿泊プラン発売、陰性者には館内利用券プレゼント
  4. 平日の旅館・ホテル空室を、住まい・オフィスとして格安販売する新サイト、温泉宿の長期滞在を1泊2000円台など
  5. お手伝いをビジネス化して関係人口づくり、「おてつたび」が生み出す都市から地方への人の流動、その成功の秘訣を聞いてきた
  6. ゴルフ場にグランピング施設をオープン、北海道・室蘭ゴルフ俱楽部に、夕食はフレンチBBQ
  7. メズム東京、ホテル客室で深夜24時までコース料理を楽しむ日帰りプラン、最大3時間、1室2名で3万9800円
  8. 北海道ニセコに豪華リゾート開業へ、2023年にローズウッド系が日本初進出、日本初進出、長期滞在に対応する224室
Facebookでシェア twitterでツイート Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly ページ上部へ戻る