じゃらん編集部が実施したアンケートによると、60%以上が自宅にレトルトカレーを常備していることが判明! いまや名店の味から、全国各地の名産品を活かしたものまで、多種多様なレトルトカレーが存在する中、今回は「ご当地レトルト […]

じゃらん編集部が実施したアンケートによると、60%以上が自宅にレトルトカレーを常備していることが判明!

いまや名店の味から、全国各地の名産品を活かしたものまで、多種多様なレトルトカレーが存在する中、今回は「ご当地レトルトカレー」のパッケージに注目。第一印象だけで買いたくなる“パケ買い”したいランキングベスト10を紹介します。

※この記事は2021年4月19日時点での情報です。休業日や営業時間など掲載情報は変更の可能性があります。日々状況が変化しておりますので、事前に各施設・店舗へ最新の情報をお問い合わせください。

記事配信:じゃらんニュース

『じゃらん』パケ買いしたい「ご当地レトルトカレー」ランキング

『じゃらん』パケ買いしたい「ご当地レトルトカレー」ランキング
【アンケート調査概要】インターネット調査/ 調査時期:2021年4月6日(火)~7日(水)/ 調査対象:47都道府県在住20代~50代/ 有効回答数:1,032名(SA、MA)

じゃらん編集部では、思わず“パケ買い”したくなるご当地レトルトカレーについてアンケートを実施。

結果は岐阜県の「飛騨牛ビーフカレー」が圧倒的支持を集め、堂々の1位を獲得。インパクトある文字と牛肉の画像が印象的なパッケージとなっています。その他にも、使用しているご当地食材のわかりやすさや、醸し出す高級感がパケ買いしたくなるポイントなのかもしれません。

全国には本格的なモノから個性的なモノまでたくさんのご当地レトルトカレーがあり、そのパッケージを見ているだけでも楽しくなります。まだまだ奥深いご当地カレーの世界、お取り寄せで楽しむこともできるのでぜひ堪能してみてください。

ランキングベスト10の「ご当地レトルトカレー」を紹介

1位:飛騨牛ビーフカレー【岐阜県】

飛騨牛ビーフカレー

飛騨牛の旨みを活かすため、煮込む前に肉の表面を焼いて旨みを封じ込め、5種類の野菜と共にじっくり煮込んだ飛騨牛がたっぷり入ったほど良い辛さのカレー。

2位:比内地鶏とししとうのカレー【秋田県】

比内地鶏とししとうのカレー

北秋田市の特産品である比内地鶏とししとうを使用したカレー。ししとうの風味と比内地鶏のジューシーな旨みを感じることができる。

3位:奥出雲和牛カレー【島根県】

奥出雲和牛カレー

奥出雲和牛の霜降り肉を使用し、じっくり煮込んだこだわりカレー。奥出雲和牛の柔らかな口当たり、深いコクと風味豊かな味わいが特徴。

4位:広島名産かきカレー中辛【広島県】

広島名産かきカレー中辛

瀬戸内海でとれる広島県産の牡蠣をソテーオニオンと牛乳、バター、ココナッツで仕上げたカレーソースで煮込んだこだわりの一品。

5位:三右衛門カレー【茨城県】

三右衛門カレー

銘柄豚「三右衛門」の肩ロースを塊肉150g使用した贅沢なカレー。ほろっとほぐれる柔らかさでスパイシーな味わい。桐箱入りセットは高級感も◎。

6位:猟師工房ジビエ鹿肉カレー【埼玉県】

猟師工房ジビエ鹿肉カレー

猟師工房で狩猟した国産鹿肉を使用し東京大学「狩人の会」と共同で開発したジビエ鹿肉カレー。脂肪の少ない鹿肉であっさり野趣あふれる味わい。

7位:五島の鯛で出汁をとったプレミアムな高級カレー【長崎県】

五島の鯛で出汁をとったプレミアムな高級カレー

シリーズの中でも久賀島の車海老は、殻ごと食べることもできる有頭海老を2尾使用。魚介の旨みを存分に感じられるリッチなカレー。

8位:ねぎにらグリーンカレー【栃木県】

ねぎにらグリーンカレー

栃木県で開発された野菜「ねぎにら」をたっぷり使ったカレー。青唐辛子が効いた本格グリーンカレーに餃子の風味が加わり、クセになりそうな味わい。

9位:能登牡蠣ブラックカリー【石川県】

能登牡蠣ブラックカリー

能登産の牡蠣5つ分をミンチ加工した牡蠣の旨みたっぷりのシーフードカレー。パスタやピザソースとしてアレンジもできるのも嬉しい、濃厚な味わい。

10位:黄金三日月カレー【山梨県】

黄金三日月カレー【山梨県】

甲府市特産の糖度が高いスイートコーン「きみひめ」を使用。クミンコリアンダーなどのスパイスがしっかり効いた、コーンの甘みの中にスパイスが香るカレー。 

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行われている可能性があります。
※お出かけの際は、お住まいやお出かけされる都道府県の要請をご確認の上、マスクの着用、手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスの徹底などにご協力ください。



出典元

出典元:じゃらんニュース

【じゃらん】有名温泉から穴場まで温泉旅館・ホテル5,000件以上が予約OK!


人気の国内ツアー

関連記事

旅行新聞 最新ニュース速報!

国内旅行ニュース

  1. ゆこゆこ、旅行予約しない「おしゃべり専用」の電話サービス提供、会員8割が「何気ない会話や雑談をもっとしたい」
  2. ANA、「航空+地上交通」のMaaSプラットフォーム構築、出発地からの経路検索で航空予約が可能に
  3. 平日の旅館・ホテル空室を格安販売する新サイト、住まい・オフィスに、温泉宿の長期滞在が1泊2000円台など
  4. お手伝いをビジネス化して「関係人口」づくり、マッチングサービス「おてつたび」が生み出す都市から地方への人の流動、その成功の秘訣を聞いてきた
  5. 富田林市農業公園 サバーファーム
  6. スイーツマニアが選ぶ「浅草スイーツ」おすすめ
  7. 原田農園
  8. 秋の宮 鷹の湯温泉

海外旅行ニュース

  1. G20観光大臣会合、持続可能な観光回復へ国際連携を議論、観光大臣宣言とガイドライン採択
  2. 欧州連合(EU)、今夏にワクチン接種者による域内旅行の制限緩和へ、域外の状況で「緊急ブレーキ」も
  3. 世界で最も美しい建築物ランキング、1位は英・セントポール大聖堂、大阪城が4位、金閣寺は21位に、黄金比で分析
  4. 欧州連合、今夏にワクチン接種者による域内旅行の制限緩和へ、域外の状況で「緊急ブレーキ」も

エアライン最新情報

  1. ANA、「航空+地上交通」のMaaSプラットフォーム構築、出発地からの経路検索で航空予約が可能に
  2. JALの次世代旗艦A350-1000、客室はどう進化するのか
  3. JAL、国内8割・国際4割回復で黒字化も 21年3月期は最終赤字2866億円
  4. JAL、春秋航空日本を6月子会社化 中計で正式発表、LCC事業売上倍増へ
  5. ピーチ、手数料免除5月末まで 緊急事態宣言延長で
  6. JAL、A350-1000は計画通り23年度就航 ZIPAIRも新造機受領へ
楽天トラベルは旅行新聞

ホテル・旅館情報

  1. お手伝いをビジネス化して関係人口づくり、「おてつたび」が生み出す都市から地方への人の流動、その成功の秘訣を聞いてきた
  2. ゴルフ場にグランピング施設をオープン、北海道・室蘭ゴルフ俱楽部に、夕食はフレンチBBQ
  3. メズム東京、ホテル客室で深夜24時までコース料理を楽しむ日帰りプラン、最大3時間、1室2名で3万9800円
  4. 北海道ニセコに豪華リゾート開業へ、2023年にローズウッド系が日本初進出、日本初進出、長期滞在に対応する224室
  5. ゴルフ場にグランピング施設開業へ、北海道・室蘭ゴルフ俱楽部に、夕食はフレンチBBQ
  6. 2021年3月の日本人延べ宿泊者数、前年比増も2019年比で半減、客室稼働率は34%に ―観光庁(速報)
  7. 観光庁、宿泊事業者に総額1000億円の追加支援、感染防止対策やワーケーション設備投資が対象
  8. ヤフー、アパホテルの日帰りプラン、デジタルチケット販売「PassMarket」で取り扱い開始
Facebookでシェア twitterでツイート Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly ページ上部へ戻る